1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ベネチア(イタリア)観光地
  5. 鐘楼 (サンマルコ広場)の現地クチコミ
ベネチア (イタリア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Campanile 鐘楼 (サンマルコ広場)

ベネチアの展望台に上って、素晴らしい街並みと運河のパノラマを堪能

  • 観光おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 定番人気

サンマルコ寺院の脇に建つ高さ約98mの鐘楼で、イタリアで最も高い鐘楼のひとつ。鐘楼は当初、9世紀に見張り台として建てられ12世紀に完成するも、その後の火災や地震などで何度か修復され、16世紀に現在の形となりました。その後も何度か火災や雷などの被害に遭い、その度に修復されてきましたが、1902年には鐘楼に入ったヒビにより完全に崩壊。がれきの山と化した鐘楼は、1912年に再建されました。

毎冬に行われるベネチア名物のカーニバルでは、「天使の飛行」という盛大なイベントがあります。これは華やかに着飾った女性が鐘楼の上からサンマルコ広場まで、ロープを伝ってゆっくりと降りてくるというものです。

このイベントは大変人気なので、見に行く場合は飛行が始まる1時間前までには、サンマルコ広場で待機しておくことをお勧めします。イベント開始時間が近づくにつれ、飛行を見ようとするたくさんの観光客でサンマルコ広場までの道が大渋滞で牛歩状態になりますので、広場に着いたら飛行が終わっていた、ということになりかねません。

鐘楼にはエレベーターで鐘のあるところまで上ることができ、そこからはベネチアの町と周辺のラグーナの素晴らしい眺望が広がります。外観見学だけではなく、是非上ってみて下さい。

ベネチアとその周りの島々が綺麗に見える最高の場所

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

他の写真も見る(全5枚)

ベネチアで一番背の高い建物といえばサンマルコ教会付属のこの鐘楼です。

頂上の金色に輝く天子の像までの高さは102メートル。
エレベーターで60メートルほどの高さまで登ることができますが、
そこからの眺めは快晴の日ならまさに絶景。
ベネチアの街と周辺のラグーンが一望にできるだけではなく、
北の方向にはアルプスの麓の山岳地帯を望むこともできます。

もともとこの場所にはサンマルコ教会の鐘楼が早くから存在していました。
13世紀には当時の鐘楼が地震で倒壊したという記録もあります。
現在のものは1489年に建造されたものを基にしていますが、
オリジナルは1902年の7月に倒壊しています。
当時の新聞には神のご加護で犠牲者はいなかったと記されています。
その後、およそ10年の歳月をかけて、かつてと同じ高さ、形態に建て直されました。

興味深いのは、倒壊する前の鐘楼には幅の広い螺旋階段があり、ベネチア共和国の時代には、
緊急に元老院を召集する必要があるときなど、馬で駆け上って鐘を突いたということです。

毎年1月中旬にはエレベーターのメンテナンスのため2週間ほど閉鎖されますが、
それ以外の時期は濃霧で視界がさえぎられない限り、
日曜祝日も含めて毎日朝9時から日没近くまで入館可能です。

ただし予約制ではないので、列に辛抱強く並ぶしかありませんが、
午後は比較的列も短め。また、夏の夕方は行列もなく、簡単に入場できます。

  • ジャンル
    モニュメント・記念碑
  • エリア
    ベネチア
  • 住所
  • 電話番号
    +39-041-2708311
  • 営業時間
    [5月・6月・10月]9:30-17:00
    [7-9月]9:00-21:00
    [11-3月]9:00-15:45
  • 定休日
    無休
  • 予算
    大人 8ユーロ
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。