1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. ケニア
  5. 観光地
  6. =フ= フラミンゴはどこへ行った?〜変化するフラミンゴ飛来地事情〜

アフリカンエクスプレス

~アフリカ旅行のインデックス~

アフロスペース リミテッド
アフリカへの個人旅行のコンサルティングから各種リサーチ、番組企画、街角情報、芸能談義など情報満載
プロフィール

ニックネーム:
アフリカンエクスプレス
居住地:
アフリカ>ケニア>ナイロビ
性別:
女性
会社名:
AFROSPACE LTD.
会社英字名:
AfroSpace Ltd.
会社所在地:
アフリカ>ケニア>ナイロビ
会社電話番号:
+254-20-2213246
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
東アフリカ そして
アフリカ大陸の
さまざまな顔を
取材・旅行手配・
リサーチなど
を通して
ご紹介します。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

=フ= フラミンゴはどこへ行った?〜変化するフラミンゴ飛来地事情〜

2016/09/28 17:39
フラミンゴ
エリア:
  • アフリカ > ケニア
テーマ:
  • 観光地
  • / 世界遺産
  • / 自然・植物
ケニアが舞台の歌謡曲「風に立つライオン」。
黙って聴いていると「百万羽のフラミンゴが来るのはビクトリア湖か」
と思うかもしれませんが、実はケニア国内で1年を通して
最も多くのフラミンゴが観察できるのはビクトリア湖の東にあるボゴリア湖。
フラミンゴはアルカリ性の湖に発生する藻を糧にする水鳥につき、
ビクトリア湖を含む淡水湖にはやってきません。

フラミンゴ
ボゴリア湖のフラミンゴ

一方、古いガイドブックには「百万羽のフラミンゴはナクル湖」
とありますが、これも×。ナクル湖はアルカリ湖ですが、
近年、湖の劇的な環境変化(水位変動、藻を食べる魚の導入など)により、
フラミンゴの数が激減。数百羽いるかいないか、という状態が続いています。

とはいえ、ボゴリア湖に常駐する公園保護官によると
「フラミンゴは月夜の晩に突如群れで移動してしまうこともある」とのこと。
フラミンゴでピンク色に染まる景色に遭遇できるか否かはちょっとした賭け。
これも野生動物相手のサファリの醍醐味、と割り切れるなら
東アフリカを満喫できること請合います。
  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
ビジネス調査・旅行&視察手配・取材コーディネートなどナイロビから。
ビジネス調査・旅行&視察手配・取材コーディネートなどナイロビから。