1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ベトナム
  5. ホーチミン
  6. 観光地
  7. VAM SAT自然保護区

インドチャイナのリゾート・クルーズ
プロフィール
ニックネーム:
Seven I
居住地:
アジア>ベトナム>ホーチミン
性別:
男性
会社名:
Seven I Co.,Ltd
会社英字名:
Seven I Co.,Ltd
会社所在地:
アジア>ベトナム>ホーチミン
業種:
旅行業
自己紹介:
当社SEVEN I CO.,LTD ではインドチャイナ、特にベトナムのホテル及び観光施設の日本市場向け販売・マーケティング代理を行っております。マイナー化しているインドチャイナにて新たな観光素材を捜しだし、日本市場向けの宣伝・販売を行っております。現在、契約している企業は以下の3社となりますが、現在、ベトナム中部及びラオスにてリゾートホテルとの交渉を行っております。
御社サイトを通して、日本市場ではまだ、認知度が低い新しい観光素材を紹介できればと考えております。

- SIX SENSES VIETNAM
ベトナムでもトップクラスのビーチリゾート(現在ニャチャンにて2つのホテルを運営及び2011年にはホーチミン、フーコック島、コンダオ島にオープン)

- Heritage Line
インドチャイナでは全く新しい観光素材となる、メコン川をクルーズする豪華客船(2009年10月下旬に就航、ホーチミンとシムリアップの間を結ぶ豪華客船。2泊、3泊、4泊、7泊のコースがあります。昼間はメコンデルタの村々を訪れ、夕方から夜にかけてのクルーズとなりますので、決して時間を持て余す事がありません)

- BLUE DIAMOND HOTEL
営業コンサルタント事業。

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

VAM SAT自然保護区

2010/02/14 01:54
エリア:
  • アジア > ベトナム > ホーチミン
テーマ:
  • 観光地
  • / 街中・建物・景色
  • / テーマパーク
Can Gio地区にある自然公園に行って来ましたのでご報告します。
ベトナム戦争時代に枯葉剤などの影響でほぼ絶滅したマングローブ林を再生し、元の自然の状態に戻した自然保護区となります。
ホーチミンから約1時間強でこんな自然を体験出来る事に驚きました。

VAM SAT (Exological Tourist Site)
http://www.vamsat.com/ (日本語あり)

http://photozou.jp/photo/list/305281/1120311 (各種写真:私が携帯で撮影。サイト内にもいっぱいあります)

行き方:
- ホーチミンから4区、7区(ホーチミン博物館)の前の道をひたすら、まっすぐ15キロ位進むと、カーフェリー乗り場に着きます。
- フェリーに乗る時間は約15分程。
- フェリーを降りたらひたすら道なりに真っ直ぐ20キロ位進みます。交通量は非常に少なく、道も整備されている途中なので、完成したら更にアクセスが良くなります。
今回、船着場に行ったら他に客がいなかったので約50万ドンと言われたので、”高い”と言ったら、バイクでも行けるとの事で7キロ位戻った道を左折→塩田の中を約1時間進むのですが、道が非常に悪く、そして車で行けるような道ではないので、お勧めしません。50万ドンをケチったばかりに、えらい目に合いました。


Vam Sat自然保護区:
日曜なのに、訪れている人は私一人でした。。。

死海
プールがありましたが、この事でしょう。水が少ししか張っておらず、もちろん誰も入っていませんでした。

鰐釣り
中心から約600メートル。鰐の孵化過程もリクエストしたら見れるようです。池の前には大きさ別に分かれた柵の中に鰐が寝てました。
鰐釣りの船は勇気がなく、乗りませんでした。

コウモリ
小船で蝙蝠のいる所に案内してくれるようです。今回は訪問者が私しかおらず、船頭も不在だったので見れませんでした。

鳥庭(バードウォッチング)
中心から約600メートル。暑くて見る気になれず。

蟹釣り
リクエストをしておけば、アレンジしてくれるようです。

鹿
野生っぽい鹿が放し飼いにされており、怖くて近づけず。。。柵の前には大中小の鰐がいます。リクエストすれば産卵風景も見れるようです。

マングローブ植林
教育実習としていいかもしれません。

レストラン
鰐肉料理もあり値段は格安でした。キッチンの奥では豚をばらしてました。(熱湯をかけて包丁で削ぐと毛がきれいに取れるようです)


ジャヤバルマン号が定期運行を行っていない時期に1泊2日にてこの自然公園を含めたツアーを企画する予定です。
  • この記事が参考になった人(3)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。