1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. Seven Iさん

  海外エリア: アジア > カンボジア の他のブログはこちら|

インドチャイナのリゾート・クルーズ

プロフィール
ニックネーム:
Seven I
居住地:
アジア>ベトナム>ホーチミン
性別:
男性
会社名:
Seven I Co.,Ltd
会社英字名:
Seven I Co.,Ltd
会社所在地:
アジア>ベトナム>ホーチミン
業種:
旅行業
自己紹介:
当社SEVEN I CO.,LTD ではインドチャイナ、特にベトナムのホテル及び観光施設の日本市場向け販売・マーケティング代理を行っております。マイナー化しているインドチャイナにて新たな観光素材を捜しだし、日本市場向けの宣伝・販売を行っております。現在、契約している企業は以下の3社となりますが、現在、ベトナム中部及びラオスにてリゾートホテルとの交渉を行っております。
御社サイトを通して、日本市場ではまだ、認知度が低い新しい観光素材を紹介できればと考えております。

- SIX SENSES VIETNAM
ベトナムでもトップクラスのビーチリゾート(現在ニャチャンにて2つのホテルを運営及び2011年にはホーチミン、フーコック島、コンダオ島にオープン)

- Heritage Line
インドチャイナでは全く新しい観光素材となる、メコン川をクルーズする豪華客船(2009年10月下旬に就航、ホーチミンとシムリアップの間を結ぶ豪華客船。2泊、3泊、4泊、7泊のコースがあります。昼間はメコンデルタの村々を訪れ、夕方から夜にかけてのクルーズとなりますので、決して時間を持て余す事がありません)

- BLUE DIAMOND HOTEL
営業コンサルタント事業。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(11件中)

記事
ジャハーン造船現場
エリア:
  • アジア>カンボジア>シアヌークビル
  • アジア>カンボジア>プノンペン
  • アジア>ベトナム>ホーチミン
テーマ:クルーズ ホテル・宿泊 世界遺産 
投稿日:2011/07/27 23:28
コメント(0)
記事2

ロゴ
ライフ ウェルネスリゾート クイニョン
エリア:
  • アジア>ベトナム>クイ ニョン
テーマ:スパ・エステ ビーチ・島 ホテル・宿泊 
投稿日:2011/03/28 22:29
コメント(0)
この度、ベトナム中部に位置するクイニョンを訪れて来ましたのでご報告します。地理的には、ホイアンとニャチャンの中間に位置しており、今回は仕事の関係でホイアンから陸路にてクイニョン入りしました。
ホイアンから一号線を南下する事、約6時間。途中でよったレストランには20人前後のヨーロッパ人旅行者がいました。ヨーロッパ人はホイアン、ニャチャン間を陸路で移動し、途中のクイニョンで数泊、休憩するようです。

ホイアンからクイニョンまでの距離は約350キロですが、スピード規制が厳しく、街中を通る際は最高時速が40キロ位になってしまう為、思ったより時間がかかります。時間に余裕がない場合、ホーチミン或いはハノイからクイニョン空港への直行便も飛んでいます。

クイニョンにある、唯一のインターナショナルレベルである、ライフウェルネスリゾートに着いたのは日も沈んだ後の7時頃。ビーチリゾートと聞いていたので、真っ暗の海を予想していたのですが、無数の漁船の灯りが散らばり、沖合いに村があるようも見えました。漁村としても有名なクイニョンですが、これにはかなり驚きました。

は
正面入口

しう
夜景

リゾートは63部屋と大型リゾートと異なり、ホームスタイル的で、全ての部屋がオーシャンビュー。食事、プール、スパ施設も充実しています。食事の料金も10ドル弱のメインコースが殆どで、何の心配も要らずにリゾートライフが楽しめます。

6

7

9


翌日はプライベートを歩き、隣の漁村を歩いて回りました。全部で50戸位の小さな漁村ですが、外国人が訪れるのが珍しいようで、かなり注目されました。
日曜日という事もあり、子供達がベトナム特有の円形の船を起用に操り、網をしかけて、魚を捕っる風景を2時間程、見てました。隣では地元の人が釣りをしていましたが、2時間の間での釣果はありませんでした。


5

3

4


午後は、疲れたのでスパでマッサージです。。高台にある潮風にあたりながらの、マッサージは何とも言えません。


1


2泊3日と短い滞在でしたが、リピートする事、確実です。
追記:クイニョンは浦島太郎伝説発祥の地という噂もあります。ベトナムの昔話で似たようなものがないか、調査中。見つかったら、ご紹介します。

5
ベトナム国境カジノ
エリア:
  • アジア>カンボジア>カンボジアその他の都市
  • アジア>ベトナム>モックバイ
テーマ:ホテル・宿泊 その他 
投稿日:2010/09/01 00:17
コメント(1)
ベトナムとカンボジア国境にあるカジノに行ってきましたのでご報告します。
ベトナム側の国境はモクバイ、カンボジア側はバベットとなり、カジノホテルはカンボジア側にあります。現在、9件のカジノホテルがオープンしており、更に2件が建設中です。
行き方ですが、通常、カジノ側が送迎、国境超え手続き、ホテル、滞在中の食事を無料で提供してくれるシステムです。
今回、お世話になったのは、今年2月にグランドオープンした、TITAN KING CASINOです。乱立するカジノホテルの中では、客室数及びカジノの規模が最大との事でした。

行き方
1. 各カジノと契約している、エージェントに連絡して、ホーチミン市内でのピックアップを予約。
2. モクバイの国境まで、車で約1.5時間。パスポートはエージェントの人に預け、出国・入国及びビザ手続きをしてもらいます。
3. 出国すると、カジノの車が待っており、入国・ビザ取得は全てお任せです。(車から出る必要ありません)
4.入国手続きが終わると、約3分でカジノに到着。
5. 帰りの足は出発の2,3時間前にエージェントスタッフに連絡。

両替システム
さて、エージェントは何故、無料で送迎、ビザ、宿泊、ホテルを提供してくれるのでしょうか???答えは簡単。プレー中、エージェントスタッフが張り付いており、現金を専用チップと両替してくれます(ここでは、エージェントが両替してくれるチップを専用チップ、カジノで通常使われているチップをカジノのチップと表現します)。この専用チップは現金化不可。現金化するには、専用チップにてプレーをし、カジノチップへ変える必要があります。
エージェントは専用チップへ両替する事で、5%のマージンが入るようになっています。このチップへの強制両替を設定しているエージェントが普通です(500ドル強)

ゲーム
バカラ、ブラックジャック、ルーレット、ポーカーの他、スロットマシーンがあります。TITAN KING のカジノには、パチンコ4台(冬ソナ、ジュラッシクパーク)の他、スロット10台程(北斗の拳、他)があり、懐かしさで、ついつい、手を出してしまいます。スロット、パチンコにて遊ぶ場合、コインの購入が必要です。もちろん、勝ったら現金化可能。

ホテル施設・サービス
TITAN KING HOTELには、4つのレストラン(日本食、ビュッフェ、中華、ウェスタン)、カラオケ、マッサージ、ディスコがありました。
そして、このカジノの売りは日本人スタッフが2名、常駐している事でしょう。主に2階のVIPルームを含めたカジノスペースに常駐しているようです。

雰囲気
お客さんの99%は金持ちベトナム人です。国内でカジノが禁止されている為、皆、国境を越えて遊びに来ます。プノンペンのナーガーホテルカジノも、ベトナムからの大型バスが多く出入りしています。平日の昼間で数百人、今回は週末だった事もあり、約200部屋が満室でした。

ホテル部屋
今回は、何故かスイートにアップグレードしてもらいました。新しい事もあり、部屋は清潔感があり、1泊するには十分です。水・お湯の出が少し悪かった印象です。

カジノ周辺
何も、ありません。村もありませんし、歩いて行ける所は何もありません。。。唯一、カジノ従業員達が仕事後に集まる、ローカルディスコがあります。

感想
ベトナムへ旅行に来て、わざわざ行く所ではないでしょう。現地に住んでいる日本人にとっては、たまの気晴らしで良いですが、基本的には負けるのでお財布と相談する必要がありますので、頻繁には行けません。


4
カジノフロアー(ブローシャーから転用なので、画像悪いです)

2
客室(リビング)

3
客室からの眺め(ガラス越しなので、色が変。見える建物は全て他のカジノです)

ロゴ
シックスセンス ニャチャン
エリア:
  • アジア>ベトナム>ニャチャン
テーマ:ビーチ・島 ホテル・宿泊 
投稿日:2010/07/13 22:30
コメント(0)
ベトナム中部、ニャチャンにあるシックスセンスに行って来ましたのでご連絡します。
ニャチャンには現在、エバソン・アナマンダラ・ニャチャンとシックスセンス・ハイダウェイ・ニンバンベイの2つがあります。
アクセスはホーチミンから飛行機で数年前に新しく出来たカムラン空港(CAM RANH INTERNATIONAL AIRPORT)まで約60分、市内中心まで車で約40分となります。

空港

エバソン・アナマンダラ・ニャチャン
到着すると、日本人ゲストサービスによるブリーフィングと共にウェルカムドリンク及びシャーベットのサービスがあります。今回はデラックスシービュービラ(45平米)に宿泊しましたが、細かなアメニティー及び日本語案内がが充実しており、英語・ベトナム語が出来なくても、安心して泊まれます。

入り口
正面入口

部屋から
部屋バルコニーより

バスルームもオープンスタイルで凄く開放的で、部屋も蚊帳とかがあり、ロマンチックです。


シックスセンス・ハイダウェイ・ニンバンベイ
時間があったので、こちらも見学して来ました。アナマンダラから船着場まで車で約40分。専用ボートにて約20分で完全なプライベート空間へと到着です。
各ビラが離れており、リゾート内での移動は自転車かカートとなります。
日本人のバトラーも24時間、待機していますので、こちらも安心です。
カップルであくせくせず、時間をゆっくり過ごされたい方にお勧めです。

船
船着場

ふぁ
プライベートビーチ

だ
リゾート内レストラン

少し値段ははりますが、宿泊する価値は十分あります。最近、シェラトン・ニャチャンもオープンしましたが、ホテルとは全く異なるリゾート感覚を体験できます。
余談になりますが、有名なビンバールにも行ってきましたが、こちらは完全に家族向けと言えるでしょう。ホテル施設の他、遊園地、ウォーターパークなどがありますが、ベトナム人の家族連れが多すぎて、煩いだけです。

ロゴ
新ホテル - BLUE DIAMOND HOTEL
エリア:
  • アジア>ベトナム>ホーチミン
テーマ:買物・土産 ホテル・宿泊 グルメ 
投稿日:2010/05/03 20:57
コメント(1)
今年3月にオープンした、BLUE DIAMOND HOTELをご紹介します。
場所はベンタン市場の裏手、約100メートルの絶好ロケーションです。ベンタン市場の真裏に突き当たる一方通行の道なので、非常に静かで買物、食事、観光、ビジネス目的でも全然問題無い3星ホテルとなります。料金は50ドル前後〜となっています。http://www.bluediamondhotel.com.vn(サイトは修正中の様です) 

客室は全てバスタブ付きで、インターネットも無料で利用し放題、テレビも大型フラットを利用しており、その辺の4星ホテルより、良いかもしれません。スーペリアルームだけ、窓無しとなりますが、吹き抜けからの自然光が入るようになっています。

施設はレストランの他、ビジネスセンター、バー、ジム、そして準備中のミーティングルームとDR.FISH (FISH SPA)となります。

SUPERIOR
スーペリア (22平米)

EXTERIOR
外観

RESTAURANT
レストラン

PR

1 - 5件目まで(11件中)