1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. インド
  5. アウランガーバード
  6. 観光地
  7. エローラ遺跡

インド旅行専門 バイシャリトラベルズ♪
VAISHALI TRAVELS
インド現地発着のアレンジツアーやあなただけのオーダーメイドインド旅行、インド一人旅、などなど何でもインド旅行専門店バイシャリトラベルズにおまかせ!!
プロフィール

ニックネーム:
ラニー
居住地:
アジア>インド>デリー/ニューデリー
性別:
女性
年代:
30代
会社名:
バイシャリトラベルズジャパン
会社英字名:
VAISHALI TRAVELS JAPAN
会社所在地:
アジア>インド>デリー/ニューデリー
業種:
旅行業
自己紹介:
私たちバイシャリトラベルズはおかげ様で、日本開業20周年を迎えました!

社長のサニーを始め、スタッフ一同、皆様が安全で楽しいインド旅行をしていただけます様、心から願い努めております。

★一人じゃ不安・・・けど、インドに一生に一度は行ってみたい!!
★オーダーメイドの私だけのインド旅行がしたい!
★魅惑のインドにどっぶりハマってみたい!
★インド現地発着のアレンジ旅行がしたい! 
★インドのマニアックな秘境に行ってみたい!
★現地の家庭をのぞいてみたい、ホームステイがしたい!
★現地でインドの民族衣装サリーやパンジャビスーツを着てみたい!

などなど・・・

魅力たっぷりの国ですが、そこは、インド・・・

残念ながら、自分で現地で列車やホテルを手配するのは日本や他の先進国に比べて極めて困難です。
デリーの空港から見知らぬ旅行会社へつれてこられてしまい高額なツアーを組まされるなどの被害が多発しています。

そんな被害にあわないように到着して空港からホテルまでの送迎や、一泊目のホテルなど、限られた時間の中で効率よく旅行していただくには、日本から予約をしておくことをおススメします。

そこで、私たちバイシャリトラベルズにお任せ下さい!!

お客様のご要望に合わせてインドのアレンジツアーが可能です!

日本とインドの首都ニューデリーにオフィスを構えておりますので、日本とインドとの連携でインドの現地情報もいち早くお知らせいたします。
また、旅行中の万が一のことがあっても、デリーにオフィスがございますので安心です。

スタッフもインドをこよなく愛するマニアばかりです。

今、もっともアツイインドへ、みなさんも出発してみませんか??

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

エローラ遺跡

2011/06/21 11:53
エローラ石窟群
エリア:
  • アジア > インド > アウランガーバード
テーマ:
  • 観光地
  • / 世界遺産
  • / 歴史・文化・芸術
こんにちは!

今回はエローラ遺跡の話です!

エローラ石窟群03

1983年に世界遺産に登録された当石窟群は、アウランガーバードからバスで45分、スタンドで降りてから少し歩いたところにあります。
バスを降り、遺跡に近づくにつれ段々と湿気が多くなってきます。
インドの砂埃でやられたのどを癒されつつ進むと、なんかものすごい緑と褐色の群れが現れます。

ここで少しエローラ遺跡の概要を書いておきます。(ウィキペディア情報!)
5世紀から10世紀の間につくられ、仏教・ヒンドゥー教・ジャイナ教の石窟寺院と修道院から構成されています。
東に行くほど古く、西へ行くほど新しいものになっていて、東は仏教、中央がヒンドゥー教、西はジャイナ教が主となっています。
全部で34の石窟から成っておりかなり広く、中には滝も流れていてかなり潤って(濡れて)ます。


エローラ石窟群02


海外から来た観光客が多いのかと思いきや、大半はインド人の観光客でした。家族とカップル(ラブラブ)が多い。
石窟の影で膝枕してるカップルとか沢山います。(タージマハルとアグラ城も多かった)

個人的には学生時代に彫刻を専攻していたこともあり、期待して行ったのですが、彫刻と言うよりも、信仰!という感じがしました。
これは彫刻として良くないというわけではなく、自分が普段作品に籠める想いよりももっと膨大な力がそこらじゅうの作品一つ一つに籠められていると感じたからです。


日本でもお寺や神社に行くと入った瞬間空気が変わり、厳粛さの中に安らぎがあるような不思議な雰囲気がありますが、こういった宗教建築はどこへ行っても共通する部分がありますね。


良く見ると脚の太さが明らかにおかしい象や、つくってるうちに何がどうなってるかわかんなくなったんだろうな・・・という彫刻なんかもあり、いろんな楽しみ方ができます。


最後にかわいかった獅子?の彫刻をひとつ。

エローラ石窟群01
  • この記事が参考になった人(2)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。