1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. インド
  5. ベナレス(ワーラーナシー)
  6. 観光地
  7. ヒンドゥー教徒の聖地といえば・・・

インド旅行専門 バイシャリトラベルズ♪
VAISHALI TRAVELS
インド現地発着のアレンジツアーやあなただけのオーダーメイドインド旅行、インド一人旅、などなど何でもインド旅行専門店バイシャリトラベルズにおまかせ!!
プロフィール

ニックネーム:
ラニー
居住地:
アジア>インド>デリー/ニューデリー
性別:
女性
年代:
30代
会社名:
バイシャリトラベルズジャパン
会社英字名:
VAISHALI TRAVELS JAPAN
会社所在地:
アジア>インド>デリー/ニューデリー
業種:
旅行業
自己紹介:
私たちバイシャリトラベルズはおかげ様で、日本開業20周年を迎えました!

社長のサニーを始め、スタッフ一同、皆様が安全で楽しいインド旅行をしていただけます様、心から願い努めております。

★一人じゃ不安・・・けど、インドに一生に一度は行ってみたい!!
★オーダーメイドの私だけのインド旅行がしたい!
★魅惑のインドにどっぶりハマってみたい!
★インド現地発着のアレンジ旅行がしたい! 
★インドのマニアックな秘境に行ってみたい!
★現地の家庭をのぞいてみたい、ホームステイがしたい!
★現地でインドの民族衣装サリーやパンジャビスーツを着てみたい!

などなど・・・

魅力たっぷりの国ですが、そこは、インド・・・

残念ながら、自分で現地で列車やホテルを手配するのは日本や他の先進国に比べて極めて困難です。
デリーの空港から見知らぬ旅行会社へつれてこられてしまい高額なツアーを組まされるなどの被害が多発しています。

そんな被害にあわないように到着して空港からホテルまでの送迎や、一泊目のホテルなど、限られた時間の中で効率よく旅行していただくには、日本から予約をしておくことをおススメします。

そこで、私たちバイシャリトラベルズにお任せ下さい!!

お客様のご要望に合わせてインドのアレンジツアーが可能です!

日本とインドの首都ニューデリーにオフィスを構えておりますので、日本とインドとの連携でインドの現地情報もいち早くお知らせいたします。
また、旅行中の万が一のことがあっても、デリーにオフィスがございますので安心です。

スタッフもインドをこよなく愛するマニアばかりです。

今、もっともアツイインドへ、みなさんも出発してみませんか??

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ヒンドゥー教徒の聖地といえば・・・

2009/06/19 12:21
SHIVA JI
エリア:
  • アジア > インド > ベナレス(ワーラーナシー)
テーマ:
  • 観光地
インドに行ったら、一度は訪れてみたいヒンドゥー教の聖地ベナレス。(ヴァラナシ、ワーラーナーシともいう)

ここでは、インドの他の都市や地域とは、またちょっと違ったインドが見えると思います。
みなさんが想像しているインドらしいインド、「ザ・インド」といった感じでしょうか。

道にはゴミがたくさん〜、牛さんもたくさん〜、人もたくさん〜、人も車もリキシャも自転車もごちゃごちゃ・・・・

ベナレス1

ベナレス2

しかし、なぜか惹かれてしまうベナレス。

それは、やっぱり母なる河、ガンジス河があるからではないでしょうか。

ベナレスには、ガンジス河のガート(沐浴所)が80あります。80のガートにすべて名前がつけられていて、それぞれのガートから見るガンジス河の景色は全て違います。

ガンガー

ヒンドゥー教の考えによると、ガンジス河の聖なる水で沐浴すれば、すべての罪は洗い流される、と考えられていて、朝なると早くから沐浴しにガンジス河へ向う人々を見かけ、ガートではたくさんのヒンドゥー教徒が沐浴している姿を目にすることができます。

沐浴


朝のガートは沐浴する人々であふれ、昼のガーでは散歩をしている人々や犬、牛、ヤギなどを出会い、夕方のガートではプージャと呼ばれる儀式が行われ、一日ガートにいるだけでも「ザ・インド」を感じることができるでしょう。

夕日のガンジス河
夕日のガンガー

プージャが行われてます
プージャ2

ガンジス河から見るとこんな感じ
プージャ1


ベナレスにも様々な観光場所がありますが、今回はベナレスにあるBARANASI HINDU UNIVERSITYを紹介いたします。
実はこの大学、アジアで一番面積が広い敷地を持つ大学なんです。ですから、とにかく広い!!!!!

ここが正門。ここから中に入ります。
BHU

大学構内は歩いては廻りきれません。ですので、現地の人もリキシャーやオート、自転車などで移動。構内には教室はもちろんのこと、病院、美術館、お寺、食堂、ティーショップ、郵便局、スタジアム、植物園、住宅世帯などもあるんです。さすがアジア1の面積の大学です。大学生以外の人々ももちろん入って、施設をる用することができます。

構内でも観光ポイントになっているのが、このヴィシュナワート寺院。
ヴィシュナワート寺院

白くて堂々とそびえ立ってるこの寺院は、中に入場観光ができるので、是非中に入ることをおススメします。土足禁止なので、必ず靴を所定の場所に預けて入ります。

寺院内には、たくさんのヒンドゥー教の神様がいて、現地の人々が熱心に神様を拝んでいる姿をよく見かけます。寺院内にパンディージーと呼ばれる司祭の人がいて、その人から寺院に足を運んだ証ということで額に赤いティッカをつけてもらうのが一般的。その時に右手で自分の頭の上に手を置いて、尊敬の意を表してティッカを額につけてもらうのがインド人流。

暑い季節に裸足で、寺院の大理石の床を歩くのは、とても気持ちがいいですよ。
寺院敷地内には芝生やベンチもあり、そこではインド人の子供連れの家族や、友達グループ、恋人同士などが集まり憩いの場にもなっています。

ガートでも、寺院でも、時間がゆ〜ったりと流れているベナレスへ是非足を運んでみてください。自分の目で「ザ・インド」を感じて見てください☆
  • この記事が参考になった人(13)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
  • 「夕日のガンジス河」の写真がとても素敵!!。
    部屋に飾っておきたいくらいですね。
    他の写真もすばらしいです。 Posted by Pasri 【2009/06/24 12:57:00】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。