1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ラニーさん

  海外エリア: アジア > インド の他のブログはこちら|

インド旅行専門 バイシャリトラベルズ♪

VAISHALI TRAVELS
インド現地発着のアレンジツアーやあなただけのオーダーメイドインド旅行、インド一人旅、などなど何でもインド旅行専門店バイシャリトラベルズにおまかせ!!
プロフィール

ニックネーム:
ラニー
居住地:
アジア>インド>デリー/ニューデリー
性別:
女性
年代:
30代
会社名:
バイシャリトラベルズジャパン
会社英字名:
VAISHALI TRAVELS JAPAN
会社所在地:
アジア>インド>デリー/ニューデリー
業種:
旅行業
自己紹介:
私たちバイシャリトラベルズはおかげ様で、日本開業20周年を迎えました!

社長のサニーを始め、スタッフ一同、皆様が安全で楽しいインド旅行をしていただけます様、心から願い努めております。

★一人じゃ不安・・・けど、インドに一生に一度は行ってみたい!!
★オーダーメイドの私だけのインド旅行がしたい!
★魅惑のインドにどっぶりハマってみたい!
★インド現地発着のアレンジ旅行がしたい! 
★インドのマニアックな秘境に行ってみたい!
★現地の家庭をのぞいてみたい、ホームステイがしたい!
★現地でインドの民族衣装サリーやパンジャビスーツを着てみたい!

などなど・・・

魅力たっぷりの国ですが、そこは、インド・・・

残念ながら、自分で現地で列車やホテルを手配するのは日本や他の先進国に比べて極めて困難です。
デリーの空港から見知らぬ旅行会社へつれてこられてしまい高額なツアーを組まされるなどの被害が多発しています。

そんな被害にあわないように到着して空港からホテルまでの送迎や、一泊目のホテルなど、限られた時間の中で効率よく旅行していただくには、日本から予約をしておくことをおススメします。

そこで、私たちバイシャリトラベルズにお任せ下さい!!

お客様のご要望に合わせてインドのアレンジツアーが可能です!

日本とインドの首都ニューデリーにオフィスを構えておりますので、日本とインドとの連携でインドの現地情報もいち早くお知らせいたします。
また、旅行中の万が一のことがあっても、デリーにオフィスがございますので安心です。

スタッフもインドをこよなく愛するマニアばかりです。

今、もっともアツイインドへ、みなさんも出発してみませんか??

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(12件中)

ガンディーアシュラム
ガンジーの故郷 グジャラート州
エリア:
  • アジア>インド>アーメダバード
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2012/05/30 10:56
コメント(0)
【ガーンディー・アーシュラム(アーメダバード)】
インド人と言われて日本人のほとんどが思い浮かべる名前、ガンジー。彼はインドの西、ジャイプールがあるラジャスターン州の左下隣に位置するグジャラート州の出身です。彼はグジャラートで育ち、若くしてロンドンへ渡りました。そこで法律を学んだのち南アフリカで弁護士をしていましたが、その後インドへ戻り、イギリスへ対し不服従運動を行い、インド独立に大きく貢献しました。彼が運動の拠点として選んだのがアーメダバードでした。この街では至るところでガンジーの肖像を見つけることができます。

街中のモザイク
<街中のモザイク>

彼が過ごしていた家はそのまま残され、無料で見学することができます。(ガーンディー・アーシュラム)このほかにもガンジーのことを紹介する館があります。
家の入り口ではスタッフが糸つむぎの実演をしており、体験もできます!


ガンジーの部屋
<ガンジーの部屋>


入り口
<家の入り口>

糸つむぎ
糸つむぎ体験!


簡素で飾り気の全くない家ですが、周りには木々が茂り、心地よい風が吹き、とても気持ちの良い所です。

家の前
<家の前>

子供たち
<近所の子供たち>

ガンジーに興味がない方にも、ぜひ訪れて頂きたい場所です。

【Sabarmati Ashram Preservation and Memorial Trust】
Gandhi Ashram, Gandhi Smarak Sangrahalaya、Ahmedabad, Gujarat, India, 380 027

エローラ石窟群
エローラ遺跡
エリア:
  • アジア>インド>アウランガーバード
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/06/21 11:53
コメント(0)
こんにちは!

今回はエローラ遺跡の話です!

エローラ石窟群03

1983年に世界遺産に登録された当石窟群は、アウランガーバードからバスで45分、スタンドで降りてから少し歩いたところにあります。
バスを降り、遺跡に近づくにつれ段々と湿気が多くなってきます。
インドの砂埃でやられたのどを癒されつつ進むと、なんかものすごい緑と褐色の群れが現れます。

ここで少しエローラ遺跡の概要を書いておきます。(ウィキペディア情報!)
5世紀から10世紀の間につくられ、仏教・ヒンドゥー教・ジャイナ教の石窟寺院と修道院から構成されています。
東に行くほど古く、西へ行くほど新しいものになっていて、東は仏教、中央がヒンドゥー教、西はジャイナ教が主となっています。
全部で34の石窟から成っておりかなり広く、中には滝も流れていてかなり潤って(濡れて)ます。


エローラ石窟群02


海外から来た観光客が多いのかと思いきや、大半はインド人の観光客でした。家族とカップル(ラブラブ)が多い。
石窟の影で膝枕してるカップルとか沢山います。(タージマハルとアグラ城も多かった)

個人的には学生時代に彫刻を専攻していたこともあり、期待して行ったのですが、彫刻と言うよりも、信仰!という感じがしました。
これは彫刻として良くないというわけではなく、自分が普段作品に籠める想いよりももっと膨大な力がそこらじゅうの作品一つ一つに籠められていると感じたからです。


日本でもお寺や神社に行くと入った瞬間空気が変わり、厳粛さの中に安らぎがあるような不思議な雰囲気がありますが、こういった宗教建築はどこへ行っても共通する部分がありますね。


良く見ると脚の太さが明らかにおかしい象や、つくってるうちに何がどうなってるかわかんなくなったんだろうな・・・という彫刻なんかもあり、いろんな楽しみ方ができます。


最後にかわいかった獅子?の彫刻をひとつ。

エローラ石窟群01

5
リシケシュ名物レストランと言えば!
エリア:
  • アジア>インド>リシケーシュ
テーマ:観光地 グルメ 
投稿日:2011/03/29 11:50
コメント(1)
リシケシュのインド人ならだれでも知っている、地元密着型の本当のインドカレー名物レストランをご紹介します★

そのレストランの名は「CHOTI WALA(チョーティーワラ)」です!

CHOTI WALAとは、このレストランのキャラクターのことで、
このキャラクターの髪の先がチョン!と尖っている人ことをヒンディー語で
CHOTI WALAと言い表しています。

CHOTI WALAの人形(笑)

2

そして、人形だけじゃない!!
本物の人間のCHOTI WALAも!(笑)

3

しかも、2人くらいCHOTI WALAがいます。みんな写真を撮りまくりです。

子供たちはなぜか恐がっているようですね。

6

ガイドブックにも度々登場しているこのCHOTI WALA。
観光客よりも地元人には本当に大人気!

メニューを見ると人気の秘密はやっぱり安さにありか?!

4

ターリー(インドのカレー定食)は、3種類ほどあり、一番高くても100ルピー(200円ほど)!!

4種類のカレー、チャパティ、プラオ(インドの炊き込みご飯)、ライター(インドのヨーグルトサラダ)、野菜サラダ、つけもの、ラッシーがついています!!

間違いなくおいしいです!!

5

もちろん地元人は手で上手に食べるので、負けずと手で手べるのが
ターリーの食べ方の常識!^ ^


あああ〜〜、また食べたくなってきた。。。

1
癒しのスパリゾート アナンダ・イン・ザ・ヒマラヤ その2
エリア:
  • アジア>インド>リシケーシュ
テーマ:スパ・エステ ホテル・宿泊 
投稿日:2011/03/28 12:32
コメント(0)
ではでは、スイートルームにお邪魔しま〜す!


19

素晴らしいリビング!!

9


2

お庭もあります!

20

ベッドはダブルベッドのみです。

3

洗面所

1


11

レストランも屋内と野外があります。
天気がいい日は最高ですね♪

5

このホテル・・・実は、パレスビューとバリービューの他にも
この一軒家のような部屋(家とも言えそうな)があります。
かなりレアで、2、3軒しかありません。。。

残念なことに宿泊者がいたため、内観をみることはできませんでしたが、
雰囲気だけでも!!

14

このホテルのメインのスパは東洋と西洋が融合したアプローチを展開。

メニューの60パーセントは古代アーユルヴェーダのテクニックをベースとしたものです。
この他、欧米の現代的なセラピーも受けることができます。

ゲストひとりひとりにガイドがつき、コンサルテーションおよびストレス削減や毒素の排出、減量といった目的に合わせ、プログラムを設定してくれます。

スパは写真厳禁で、スパを受ける人しかスパルームには入ることができません。
ワインカラーとサフラン色でまとめられた室内にはソフトな音楽と心地よい香りが漂い、スパルームの中心には、心地よい音を出す洒落てる噴水がありました。

写真で案内できないのが大変残念ですが、スパの雰囲気は是非ご自身で確かめていただきたいです!!


疲れた体を自然の中で癒し、ちょっと現実逃避したいときには最高のホテルです★

18

6
癒しのスパリゾート アナンダ・イン・ザ・ヒマラヤ その1
エリア:
  • アジア>インド>リシケーシュ
テーマ:スパ・エステ ホテル・宿泊 
投稿日:2011/03/28 11:33
コメント(0)
本日は、インド、リシケシュにある癒しのスパリゾート アナンダ・イン・ザ・ヒマラヤの紹介をします♪

ちょっと前になりますが、2006年にロンドンブーツのテレビ番組で「世界の高級エステベスト3」でなんと第2位だったこともあるこのホテル・・・
リシケシュの町から、約40分ほど山道をぐる〜ぐる〜ひたすら車で登りたどり着きます。(ちょっと酔います(笑))


山道からだんだんホテルが近づいてくるとテンション徐々に上がります!
17


6

到着すると、ホテルスタッフが「ナマスカール(ナマステの丁寧な言い方でこんにちはという意味)」と丁寧に迎え入れてくれます。^ ^
菩提樹の実のネックレスをもらいます。

そして受付。

7

このホテルには、パレスビューとバリービューのホテルがあります。
パレスビューとは、部屋からホテルの広い庭が見える部屋で、
バリービューとは、部屋からガンジス河が見える部屋のことです。
ちなみに料金もバリービューのほうが若干高いです。

ホテルの面積も大変広く、なんと約2230平方メートル。
大自然の中にあるので、お猿さんもナマステ★

15

遠い場所には、この乗り物に乗って移動も可能!
もちろんタダ!

10

また、アナンダ・イン・ザ・ヒマラヤでは、宿泊と一緒に下記のプランもタダで受けることができます。

*ヨガ
*ストレッチ体操
*ゴルフ
*ヴェーダンタ(インド哲学)
*ジム アクティビティー
*スパオリエンテーション
*フィットネッスクラス
*瞑想
*アーユルベーダレクチャー
*カルチャーエンターテイメント
※季節や時期によって行われない場合もございます。

ヨガホール発見!!

13

これはゴルフ場?

21

いよいよ、お部屋へ。。。 廊下も綺麗!!

8


『癒しのスパリゾート アナンダ・イン・ザ・ヒマラヤ その2』へ続く・・・・

1 - 5件目まで(12件中)