1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ウェンディーツアーさん
  4. スパ・エステの記事一覧

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

なんでもタイブログ

プロフィール
ニックネーム:
ウェンディーツアー
居住地:
アジア>タイ>バンコク
会社名:
ウェンディーツアー・バンコク
会社英字名:
Wendy Tour Bangkok
会社所在地:
アジア>タイ>バンコク
会社電話番号:
66-2216-2201
業種:
旅行業
自己紹介:
タイ在住の旅行会社スタッフがフレッシュな情報をお届け致します。

カレンダー
10月<2022年11月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

prettycoxy2
おすすめのネイルサロン
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:スパ・エステ 
投稿日:2009/11/06 17:40
コメント(0)
美容天国のバンコク。
スパもマッサージもネイルサロンもいーーーっぱいありますが、
久々にヒットのネイルサロンを発見したのでご紹介!

場所はおしゃれスポットトンローのソイ16。
Jアベニューの向かいにあるPenn's Balconyの2階にある
「Pretty Cozy」です♪

店内は水色を基調としたいてさわやか〜。

prettycozy1prettycoxy2

お得で丁寧なトリートメントはペディキュア450バーツで、
スクラブや角質取り、マッサージまでしっかりとやってくれます。
私の担当の方は特に丁寧で、なんと足だけで1時間半!
コストパフォーマンスの高さにビックリで、
「いいサービスを受けたなあ」と心底思えた午後でした。

★Pretty Cozy★
場所: 2nd Floor,Penny's Balcony Thonglor16
電話: 02-714-9657
定休日: 水曜日

4席しかないので、予約をおすすめします☆
タグ:
バンコク ネイル 

PR
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
ヒンダー温泉
タイで温泉 in ヒンダー
エリア:
  • アジア>タイ>カンチャナブリ
テーマ:観光地 スパ・エステ ホテル・宿泊 
投稿日:2009/05/15 10:59
コメント(0)
こんにちは。
今日は、バンコクから250Km程いったところ、カンチャナブリーから130Km程先に行ったところにあるヒンダー温泉に行って来ましたのでご紹介いたします。日曜日という事もあり、バンコクからカンチャナブリーまでの車渋滞が結構断続的にあったせいで、約5時間ほどかかってしまいましたが、通常は4時間程だそうです。

今回は、1泊2日の温泉旅行です。ヒンダー温泉から車で5分程のところにある、グリーン・ワールド・ホットスプリング・ホテル・リゾート&ゴルフクラブに泊まりました。名前の通りホテルの裏手には、ゴルフ場も併設しております。

周りには森林で、ホテルと呼べそうなところはここしかありません。ホテルはスタンダードホテルです。
ホテル正面の写真です。
ヒンダー温泉

ホテルのロビーです。
ヒンダー温泉

お部屋は5階でした。建物は8〜9階建てです。
ヒンダー温泉

通路からホテル正面方面を撮った写真です。
ヒンダー温泉

お部屋内です。
ヒンダー温泉ヒンダー温泉

バスタブとシャワーブースが分かれていました。
ヒンダー温泉ヒンダー温泉

お部屋のテラスから撮ったゴルフ場の写真です。
ヒンダー温泉

地下には、フィットネスとスパ(温泉風呂)がありました。温泉風呂の利用は無料で、短パンとバスタオルの貸出が無料です。タイ人はお風呂に裸で入りませんので、短パンをはきます。勿論、鍵付きのロッカールームもあります。
温泉風呂は、ホテルでは温泉水利用と言っておりましたが、本当に温泉水か分かりませんでした。また、タイ人は熱い温泉水には入りませんので、非常にぬるかったです。お風呂はジャクジー付きで、泡がブクブク出ていました。夕方は結構人がいましたので、朝方の人が少ない時に利用した方が良いでしょう。
残念ながら温泉風呂の横にサウナがありましたが、壊れている様でした。
ヒンダー温泉ヒンダー温泉

ロビー階には屋外プールがあり、ロビーから階段で下りたところにはコーヒーショップがあります。食事は田舎のホテルといった感じです。
ヒンダー温泉ヒンダー温泉

2日目、ホテルから車で5分程のところにある、ヒンダー温泉に行きました。車で専用駐車場に車を止める時に20バーツ/台取られました。
ヒンダー温泉

屋外の温泉プールは、先程払った車代?以外にはお金がかからない様です。休日ということもあり、家族連れ等で結構混んでいました。
ヒンダー温泉ヒンダー温泉

こちらの建物は、1人用の専用ルームです。小さいお部屋にバスタブが1つあります。代金は1人50バーツです。
ヒンダー温泉

こちらの建物は、今回利用した大人数(7〜8人)用の専用ルームです。1部屋200バーツです。時間制限はありません。全部で8〜10部屋くらいはあった気がします。温泉の効能はよく分かりませんでしたが、温水は38度くらいでしょうか、40度はなかった感じがします。因みに、肌が少しスベスベした感じになったのと、とても背中がかゆくなり、驚くほどの垢が沢山出ました。ここのヒンダー温泉は、元々は第二次世界大戦中に日本軍が掘りあてたものとも言われています。
ヒンダー温泉ヒンダー温泉

最後に、カンチャンブリーにより、日本が建てた戦没者慰霊塔で拝みました。
ヒンダー温泉

ウェンディーツアーでも、日帰りのヒンダー温泉に行くツアーを組んでいますが、是非行かれてみては如何でしょうか。
それでは、また。
タグ:
ヒンダー 温泉 スパ 自然 カンチャナブリー 

PR
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
パーソット・ホット・スパ
チェンライで温泉!!
エリア:
  • アジア>タイ>チエンラーイ
テーマ:観光地 スパ・エステ 
投稿日:2009/03/27 12:05
コメント(1)
こんにちは。
今日は、チェンライ県にある温泉のご紹介です。
チェンライ市内から車で1時間程で気軽に行ける温泉は何か所かある様ですが、今回はチェンライ市内から北西に22キロほど行ったところにある、温泉に行って来ました。温泉の名前が良く分からなかったのですが、他のサイトで調べたところ『Pha Soet Hot Spa』というらしいです(こちらのブログではグーグルマップの地図が貼り付けられないので、場所はトラベルノートのブログをご参照下さい)。

チェンライ市内から車で1時間弱で到着です。広いリゾートの中にある温泉です。
パーソット・ホット・スパ

温泉の成分表です。泉質は硫黄分を多く含んでいるようですが、日本の温泉のように効能を表記している看板等は見当たりませんでした。
パーソット・ホット・スパ

温泉の噴き出している温水を貯めているところ。
パーソット・ホット・スパ

こちらは、メインの共同温泉プールです。段々があって、小さな子供でも座って温泉遊びが出来ます。丁度清掃時間中で入る事が出来ませんでした。
パーソット・ホット・スパ

こちらは、サブの温泉プール。先ほどのプールの様に段々が無く、ちょっと深いので小さな子供はダメ。この日は西洋人の団体が沢山来ていました。温泉に浸かって日焼けさせを繰り返していました。プール利用料金は何処にも書かれていなかったのですが、係の人は一人30バーツと言っていました。時間は無制限です。それから、温泉といっても当然水着着用です。着替えはトイレでする事になります。
パーソット・ホット・スパ

こちらは、個室の温泉。全部で10部屋くらいあったかと思います。入口に料金表がありました。1人50バーツ,2人80バーツ,3人100バーツです。私たちは大人3人+子供1人で100バーツ支払いました。時間制限はありません。個室を借りると、外のプールも無料で利用できるようです。
パーソット・ホット・スパパーソット・ホット・スパ

個室の中のお風呂の様子です。個室には、狭い脱衣場所と、水のシャワーを浴びる場所、それにお風呂があります。温泉水は90度近くあるので、冷たい水を混ぜながら、好みの温度で入ることが出来ます。大人3人でも十分余裕を持って入ることが出来ました。
パーソット・ホット・スパ

温泉に2時間ほど浸かってリフレッシュした後で、ランチタイムです。ここではタイ料理をオーダーする事も出来ますが、メニュー等は無い様なので、お弁当持参をお勧めいたします。温泉卵は1つに3つの鶏の卵が入っているものと、鶉卵が沢山入っているものとがあり、どちらも10バーツで売っていました。 20分程ゆでましたが、君は固く白身が半熟状態で美味しかったです。
パーソット・ホット・スパパーソット・ホット・スパ

帰り際に、温泉地から車を3分程走らせたところに、なんだか小さなビューポイントがありましたので、立ち寄りました。ビューポイントには、リバー・メーコック・ビレッジと書いてありました。川の向こう側には、沢山の象さんたちがいて、トレッキングが出来るそうです。
パーソット・ホット・スパパーソット・ホット・スパ

我々は温泉に10時頃到着しましたが、この時はガラガラでした。しかし、平日であるにも関わらず、12時頃はタイ人や外国人が沢山来ており、個室は順番待ち状態で、ちょっと驚きました。
チェンライ以外にも、タイには沢山の温泉がある様ですが、外国人が気軽に利用出来る施設はまだまだ少ない様です。それから、温泉に行く際には、水着、バスタオル、着替えは必ずご持参下さい。次回は、カンチャナブリーにある温泉に行って来たいと思います。
それでは、また。
タグ:
温泉 チェンライ パーソットホットスパ 温泉卵 リバーメーコックビレッジ 

PR
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪

1 - 3件目まで(3件中)


国一覧
アジア
タイ(30)