1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ウェンディーツアーさん
  4. ホテル・宿泊の記事一覧

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

なんでもタイブログ

プロフィール
ニックネーム:
ウェンディーツアー
居住地:
アジア>タイ>バンコク
会社名:
ウェンディーツアー・バンコク
会社英字名:
Wendy Tour Bangkok
会社所在地:
アジア>タイ>バンコク
会社電話番号:
66-2216-2201
業種:
旅行業
自己紹介:
タイ在住の旅行会社スタッフがフレッシュな情報をお届け致します。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(7件中)

ミラマー・ホテル・バンコク
ミラマー・ホテル・バンコク
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:ホテル・宿泊 グルメ 
投稿日:2009/06/12 16:10
コメント(0)
こんにちは。
今日は、40年以上営業している超老舗ホテル「ミラマー ホテル バンコク (MIRAMAR HOTEL BANGKOK)」をご紹介させて頂きます。

40年以上営業していると言うので、一昔前に流行ったバンコクを舞台にした小説に出てくるようなホテルか、中国人宿泊客用に未だに痰壺を客室に用意しているような場末感しか感じられないホテルと思っていました。初めて外観とロビーを見たときには、ロビーの綺麗さ加減に驚きました。そして、最近バンコクで増加傾向にある、外観とロビーだけ改装して、客室は改装しない老舗ホテルではないかと邪推していました。

いざホテル見学を開始すると、不安と場末感に対する期待が完全に裏切られました。2008年9月にホテルの客室及び施設の全面改装を終えたとのことでした。但しエレベーターだけは改装できなかったとか・・・
現在では40年以上の老舗ホテルとは誰も信じられないようなプチ・ブティックホテルになっていました。

○入口
ミラマーホテルバンコクミラマーホテルバンコク
ミラマー・ホテル・バンコクミラマー・ホテル・バンコク

○ロビー
ミラマー・ホテル・バンコクミラマー・ホテル・バンコク

○レセプション
ミラマー・ホテル・バンコクミラマー・ホテル・バンコク

○客室
ミラマーホテルバンコクミラマーホテルバンコク
ミラマー・ホテル・バンコクミラマー・ホテミラマー・ホテル・バンコク

場所は王宮周辺地域のチャルン・クルン通りとマハチャイ通りの交差点にあります。ワット・ポーやワット・プラケオ&王宮にも徒歩約15分。その他沢山の寺院や政府施設、更にはローカル市場(クロントム(泥棒市場)、パフラット市場等)やショッピングセンター(オールドサイアム、セントラル等)もあります。交通の便は良いとは決して言えませんが、歩き回るにはスクンビットやシーロムなどのエリアより魅力的です。古き良きバンコクを感じるには最適の場所かもしれません。オフィスを含め常々バンコク都心にいる者にとってはタイムスリップをしたような感覚に陥りました。

是非とも、時間のある人はこのホテルに滞在し、そして拠点として一眼レフと地球の歩き方を手に歩き回って欲しいです。素晴らしい写真が沢山撮れると思います。因みに、馳星周の小説”マンゴーレイン“にもこのホテルの周辺についての記述が少しですがありました。

このミラマーホテルバンコクの地上階にある Mレストラン はとてもお勧めです。この価格帯(上記URLから価格を確認下さい)のホテルでは中々探すことが困難な味付けとサービス。そして料理の値段は良心的。このMレストランの料理は新鮮な野菜を沢山使ったヘルシータイ料理と言って過言ではないような料理が多いです。この日は5,6品を食したのですが、全て納得!! 次回は仕事ではなく個人的に来ることを心に誓いました。ドリンクでは青マンゴーシェ-クは絶品です。是非ともお試しを・・・

ミラマー・ホテル・バンコクミラマー・ホテル・バンコク

ミラマー・ホテル・バンコクミラマー・ホテル・バンコク
ミラマー・ホテル・バンコクミラマー・ホテル・バンコク
ミラマー・ホテル・バンコクミラマー・ホテル・バンコク
ミラマー・ホテル・バンコクミラマー・ホテル・バンコク

このホテルはバンコクの喧騒が余り好きでなく、伝統的な地域で静かに古き良きバンコクを体験したい人にはぴったりです。そして徒歩15分程度の距離にあるワット・ポーマッサージスクールに通う人にもお勧めできます。そして、このホテルはワット・ポースクール唯一の日本人講師宮原先生の推薦のホテルでもあります。

このホテルのご予約はウェンディーツアーのウェブサイトからも可能です。
今度このホテルに行った時には周辺のローカル市場探検をしてみたいと思います。それでは、また。
タグ:
ホテル バンコク チャイナタウン ブティックホテル デザインホテル 

PR
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
アウトリガー・プーケット
アウトリガーセレニティーテラスリゾート in プーケット
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:ホテル・宿泊 
投稿日:2009/05/29 15:18
コメント(0)
こんにちは。
今日はプーケットで一番新しい?リゾート「アウトリガー セレニティー テラス リゾート (OUTRIGGER SERENITY TERRACES RESORT)」をご紹介させて頂きます。

アウトリガーはハワイでとても有名なホテルだそうです・・・ ハワイにはちょっと無知なのでどれ位有名かはわからないですが・・・

今日見学した部屋は セレニティー2ベッドルーム・シービュー・スイート。

感想は綺麗で大きい。なんと約250?・・・・ リビングルームだけで私の自宅より大きい。そして、バルコニーも大きい。本格的なキッチンまで付いています。

今年の7月にグランドオープンを迎えるこのホテル。今はソフトオープニング期間中のお得なプロモーションがあります。

詳しくはフリーペーパーWOM(ワム) または、ウェンディーツアーまでメール、電話にてお問い合わせください。広告では分かりにくいですが、小さいリゾートだけあって、ホテルスタッフの対応もかなり好感がもてました。

ホテルのウェブサイト www. outrigger .com でもご確認頂けます。

それでは、撮りたての写真をお楽しみください。 写真よりもっと良い感じのリゾートです。

アウトリガー・プーケット
アウトリガー・プーケット
アウトリガー・プーケット
アウトリガー・プーケット
アウトリガー・プーケット
アウトリガー・プーケット
アウトリガー・プーケット
アウトリガー・プーケット
アウトリガー・プーケット
アウトリガー・プーケット

ウェンディーツアーでも、販売を開始致しました。
それでは、また。
タグ:
リゾート プーケット ホテル アウトリガー ハワイ 

PR
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
ヒンダー温泉
タイで温泉 in ヒンダー
エリア:
  • アジア>タイ>カンチャナブリ
テーマ:観光地 スパ・エステ ホテル・宿泊 
投稿日:2009/05/15 10:59
コメント(0)
こんにちは。
今日は、バンコクから250Km程いったところ、カンチャナブリーから130Km程先に行ったところにあるヒンダー温泉に行って来ましたのでご紹介いたします。日曜日という事もあり、バンコクからカンチャナブリーまでの車渋滞が結構断続的にあったせいで、約5時間ほどかかってしまいましたが、通常は4時間程だそうです。

今回は、1泊2日の温泉旅行です。ヒンダー温泉から車で5分程のところにある、グリーン・ワールド・ホットスプリング・ホテル・リゾート&ゴルフクラブに泊まりました。名前の通りホテルの裏手には、ゴルフ場も併設しております。

周りには森林で、ホテルと呼べそうなところはここしかありません。ホテルはスタンダードホテルです。
ホテル正面の写真です。
ヒンダー温泉

ホテルのロビーです。
ヒンダー温泉

お部屋は5階でした。建物は8〜9階建てです。
ヒンダー温泉

通路からホテル正面方面を撮った写真です。
ヒンダー温泉

お部屋内です。
ヒンダー温泉ヒンダー温泉

バスタブとシャワーブースが分かれていました。
ヒンダー温泉ヒンダー温泉

お部屋のテラスから撮ったゴルフ場の写真です。
ヒンダー温泉

地下には、フィットネスとスパ(温泉風呂)がありました。温泉風呂の利用は無料で、短パンとバスタオルの貸出が無料です。タイ人はお風呂に裸で入りませんので、短パンをはきます。勿論、鍵付きのロッカールームもあります。
温泉風呂は、ホテルでは温泉水利用と言っておりましたが、本当に温泉水か分かりませんでした。また、タイ人は熱い温泉水には入りませんので、非常にぬるかったです。お風呂はジャクジー付きで、泡がブクブク出ていました。夕方は結構人がいましたので、朝方の人が少ない時に利用した方が良いでしょう。
残念ながら温泉風呂の横にサウナがありましたが、壊れている様でした。
ヒンダー温泉ヒンダー温泉

ロビー階には屋外プールがあり、ロビーから階段で下りたところにはコーヒーショップがあります。食事は田舎のホテルといった感じです。
ヒンダー温泉ヒンダー温泉

2日目、ホテルから車で5分程のところにある、ヒンダー温泉に行きました。車で専用駐車場に車を止める時に20バーツ/台取られました。
ヒンダー温泉

屋外の温泉プールは、先程払った車代?以外にはお金がかからない様です。休日ということもあり、家族連れ等で結構混んでいました。
ヒンダー温泉ヒンダー温泉

こちらの建物は、1人用の専用ルームです。小さいお部屋にバスタブが1つあります。代金は1人50バーツです。
ヒンダー温泉

こちらの建物は、今回利用した大人数(7〜8人)用の専用ルームです。1部屋200バーツです。時間制限はありません。全部で8〜10部屋くらいはあった気がします。温泉の効能はよく分かりませんでしたが、温水は38度くらいでしょうか、40度はなかった感じがします。因みに、肌が少しスベスベした感じになったのと、とても背中がかゆくなり、驚くほどの垢が沢山出ました。ここのヒンダー温泉は、元々は第二次世界大戦中に日本軍が掘りあてたものとも言われています。
ヒンダー温泉ヒンダー温泉

最後に、カンチャンブリーにより、日本が建てた戦没者慰霊塔で拝みました。
ヒンダー温泉

ウェンディーツアーでも、日帰りのヒンダー温泉に行くツアーを組んでいますが、是非行かれてみては如何でしょうか。
それでは、また。
タグ:
ヒンダー 温泉 スパ 自然 カンチャナブリー 

PR
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
ザ・セントリック・ラチャダー
ザ・セントリック・ラチャダー・ホテル
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:ホテル・宿泊 
投稿日:2009/05/01 09:13
コメント(2)
こんにちは。
今日は、2008年7月にオープンした新ホテル『ザ・セントリック・ラチャダー(The Centric Ratchada)』をご紹介させて頂きます。今、ラチャダー地域界隈で一番日本人に人気のあるホテルと言っても過言では無い程、日本人の宿泊客が多いホテルで、2009年は密かにブームとなりそうなホテルです。
場所は地下鉄MRT・ラーマ9世駅より徒歩約5分。巨大ショッピングセンター&オフィスビル&ホテルのフォーチュンタウンにも徒歩約5分と言う好立地です。セブン・イレブンもホテルを出て徒歩約1分ほどの所にあり、徒歩圏内で全てが揃ってしまうホテルです。また、バンコク中心部サイアム・スクエアーへも 30分以内で行ける距離です。
このホテルは、ホテルと言うより小奇麗な一般的なタイ人庶民用のアパートのようです。新築の為、大変清潔感があります。弱点はバスタブが無いことでしょうか・・・

●外観
ザ・セントリック・ラチャダーザ・セントリック・ラチャダー

●レセプション
ザ・セントリック・ラチャダーザ・セントリック・ラチャダー

●部屋
スーペリア・ルーム(左)とトリプル・ルーム(右)
ザ・セントリック・ラチャダーザ・セントリック・ラチャダー
ビズ・スイート(左)とシャワー・ルーム(右)
ザ・セントリック・ラチャダーザ・セントリック・ラチャダー

●朝食会場
ザ・セントリック・ラチャダーザ・セントリック・ラチャダー

大変お手頃なご料金で泊まれます。詳細はウェンディーツアーのウェブサイトでご確認いただけます。
それでは、また。
タグ:
ホテル アパート 格安 ラチャダー バンコク 

PR
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
パーイ旅行記
チェンマイ・メーホンソン旅行記2
エリア:
  • アジア>タイ>チェンマイ
  • アジア>タイ>メーホーンソーン
テーマ:観光地 ハイキング・登山 ホテル・宿泊 
投稿日:2009/04/17 12:41
コメント(0)
こんにちは。
今回は、前回からの続き、チェンマイ・メーホンソン旅行の3〜5日目です。

3日目
早朝、「朝日を見るわよ!」と起こされ、また湖へ。
パーイ旅行記パーイ旅行記

靄がかかってとっても幻想的な雰囲気。しかし周りのタイ人たちは写真撮影会に没頭。
なんとここで2時間近くいろんなポーズで写真撮影をしていたのでした(寒いから早く戻りたい。。。)。

この日も途中寄り道でXXXXというところに立ち寄り。ここでは泥パックが楽しめるんです。
パーイ旅行記パーイ旅行記

少しは綺麗になったでしょうか?

昼食後、メーホンソン市内のお寺の観光。ワット・チョンクラーン、ワット・チョンカムというタイ様式とミャンマー様式を折衷したような建物でした。
パーイ旅行記パーイ旅行記
パーイ旅行記

その後、謎の洞窟へ。途中までいかだに乗りいよいよ洞窟の中へ。鍾乳洞というのでしょうか?こんなおもしろい形のものもありました。
パーイ旅行記パーイ旅行記

この日はパーイへ戻り、ナイトマーケットを散策してゲストハウスへ。

4日目
いよいよ旅行も終わりに近づいてきました。最後の目的地は「XXXXXX」という町。またまた緑がきれいな山の上です。ニャンコも気持ちよさそうにゴロリ。
パーイ旅行記パーイ旅行記

近くに温泉があるというので行ってみました。温泉といっても日本のように裸で入るものではなく「温泉公園」という感じ。でも地面から沸々とお湯が噴出す光景はなかなかのものでした。
パーイ旅行記パーイ旅行記

5日目
チェンマイまで戻り、飛行機でバンコクへ。チェンマイでは忘れずに名物「ケープムー(ブタの皮の揚げたもの)」をお土産に買い、「カオソイ(カレー風味の麺)」を食べてきました。
パーイ旅行記パーイ旅行記

<今回の旅行で学んだこと>
1.タイ人との旅行にはカメラ必須!メモリーカード+バッテリーも必須!
どこに行っても、何をみても、彼女たちは写真をとりたがる。
いろんなポーズで、いろんな角度で。
いったい何百枚とったんだろう。
途中でメモリーフルになってもいいように、メモリーカードを用意しておくべし。
更に充電が切れても大丈夫なようにバッテリーも用意しておくべし。

2.ゴハンの時間におなかいっぱいになってはダメ!
さすがタイ人。ゴハンの時にはおいしいタイ料理をいっぱい注文してくれます。
どれもおいしい!ってうっかりおなかいっぱいになってしまうと後で後悔。
車に乗ったとたんに
「ミカン食べる?」
「バナナ食べる?」
「お菓子食べる?」
って次から次からでてくるんです。

ということでなかなか楽しい旅になりました。
みんなありがとう!
タグ:
チェンマイ メーホンソーン パーイ タンプラー公園 

PR
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪

1 - 5件目まで(7件中)


国一覧
アジア
タイ(30)