1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヨーロッパ
  4. グルジア
  5. 世界遺産
  6. 新装なったアハルツィヘのラバト要塞宮殿博物館

コーカサスの真実

~コーカサスのカオス(客好き・停滞・やさしさ・粗野・無償・強欲・一途さ・怠惰)を探るの巻~

トビリシ企画
グルジア全土を歩いています。おとなりのアルメニア・アゼルバイジャン・トルコにもときどき行きます。手配もします。
プロフィール

ニックネーム:
やぶ蚊
居住地:
ヨーロッパ>グルジア>トビリシ
会社名:
トビリシ企画
会社英字名:
Tbilisi Planning
会社所在地:
ヨーロッパ>グルジア>トビリシ
会社電話番号:
+995 32 296 3680
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
ソビエト時代終了直前の1988年秋、初めてのコーカサス周遊旅行を敢行。以後、ソビエト崩壊後のグルジアの苦悩を毎年、見てきました。99年からトビリシに住み、大学で教鞭を8年、とったのち、市内の旅行代理店で旅行業の修行を治め、12年10月に独立しました。アルメニア、アゼルバイジャンも定期的に訪問し、最新情報の入手をこころがけています。

カレンダー
7月<2022年8月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

新装なったアハルツィヘのラバト要塞宮殿博物館

2013/08/24 17:31
新装なったアハルツィヘのラバト要塞宮殿
エリア:
  • ヨーロッパ > グルジア
テーマ:
  • 世界遺産
  • / 歴史・文化・芸術
  • / 自然・植物
少し改善された軍用道路展望台アラグビ川を左岸に渡って少し行きますと、左側にこの展望台があります。天気しだいで絶景が望めます。
朝のシャティリ全景いまだにおとずれる人が少ないヘブスレティの秘境シャティリ。この先11kmのところの廃村ムツォもぜび見学したいところです。身体と頭がが中世に戻ります。
  • この記事が参考になった人(4)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
  • イヤーあれほど高かったのに、景色で怖さがなくなった所。
    何度も行きたいとまでは思いませんが、一度は見ておきたいところです。 Posted by dinosman 【2013/08/30 23:54:56】
  • ラバト要塞の塔よりはメスティアのハルギアニまたはマルギアニのハウス美術館の塔を登ったほうがいいよ。 Posted by やぶ蚊 【2013/08/31 00:10:50】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
ヨーロッパ
グルジア(136)
アルメニア(18)
アゼルバイジャン(11)