1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. nobuさんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

nobuのバンコク現地だより

プロフィール

ニックネーム:
nobu
居住地:
アジア>タイ>バンコク
性別:
女性
自己紹介:
元スチュワーデスで現在バンコク在住。バンコクからの現地情報をお届けします。

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

記事一覧

1 - 5件目まで(25件中)

ルーシーダットン
タイでもう一度足を運びたいスポット!
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
  • アジア>タイ>ピピ島
テーマ:観光地 ホテル・宿泊 その他 
投稿日:2009/03/31 18:52
さて、前回に引き続き、本帰国を前にして、タイでもう一度訪れておきたいスポットをご紹介しますね。以前のネタとかぶるスポットもあるかもしれませんがご了承くださいませ!

●ワットポーのルーシーダットン
バンコクでタイの伝統や文化をディープに感じられる体験。今になって、もう一度行っておきたいなぁって思っています。ルーシーダットンは日本でもけっこう講座があったりするみたいですが、やっぱりワットポーでやるのとは雲泥の差、なのではないかと。動きは同じでも、精神面で大きく違いそうな気がします。


ルーシーダットン
「仙人体操」とも言われ、自分で自分の身体の歪みを直し、体調を整え、精神のセルフコントロールをするヨガのような健康法!


●オリエンタルホテル・バンコク
ミーハーと言われそうですが、そしてバンコクには他にもラグジュアリーホテルはたくさん出来てるんですが、やっぱりオリエンタルに最後に足を運んでおきたいのは、。伝統と格式、筋の通ったオリエンタルスピリットが感じられるホスピタリティによるところが大きいかな。ただただ川沿いのテラス席でまったりして、オリエンタルの空気にどっぷりつかりたい。

●フォーシーズンズ・チェンマイ
北タイの美しい田園風景が広大な敷地内に広がるホテル。実際に田植えをしていたり牛が草を食んでいたり、牧歌的な風景を楽しみながらとる朝食は最高でした。数年前にできたチェンマイ・オリエンタル・ダラデヴィと比べられることが多いけれど、テーマパークっぽいオリエンタルより、私はフォーシーズンズのほうが好きです。

●ピピ島
津波以前にいったので、復興されているとはいえ、現在どういう状態かはわかりませんが。
素朴で特に繁華街もないピピ島では、日の出とともに起床、エメラルドグリーンの海で泳いで、日没を見ながら食事をして・・・と、自然のリズムで生活する気持ちよさを体感できました。


ピピ島
エメラルドグリーンの海が美しい!


・・・書いているうちに、あれもこれもと浮かんでくるのですが、ひとまず代表格はこの4つ!ほんとはエメラルド寺院もサムイ島もルンピニパークも、街のタラート(市場)も、シリラート病院の死体博物館(!)も、クラビもメソットも、書ききれないくらいあるんだけど。

こうして書いてみると、タイは本当に魅力のつきない国だなぁと改めて思います。
最後に、ブログに遊びに来てくださった皆様、今までありがとうございました!

バンコクのおすすめレストランタイトル
バンコクのおすすめレストラン!
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:グルメ 
投稿日:2009/03/11 11:00
6年近く住んだバンコクを後にし、日本に本帰国することになりました。
そこで最後2回にわたって、帰国前にもう一度行っておきたいスポットをいくつかご紹介したいと思います。
今回はレストラン編

【ジャンニ】
まずはイタリアンレストラン『ジャンニ』。
同じ敷地内のコンドミニアムに住んでたこともあり、何度も足を運んだお気に入りの一軒です。
イタリア人シェフのジャンニ氏が腕をふるう料理はどれも美味。ただしランチはタイ人スタッフが作っているのかイマイチなこともあり、さらにデザートは、極甘すぎなこともあるので、ディナータイムに行って、デザートはとらないのが、私のジャンニの鉄則!
●ジャンニ
BTSチットロム駅徒歩5分 ソイ・トンソンを奥に20mほど進んだ右手
http://www.giannibkk.com/map.htm

【ビスコッティ】
もう一軒はフォーシーズンズホテルのイタリアン『ビスコッティ』。ここはランチの前菜ビュッフェが充実してておいしいので、駐妻友達とよく利用するところ。本帰国した友人がバンコクに遊びにきたときにリクエストが多いレストランでもあります。彼女たち曰く「日本じゃこの値段でこの味は食べられないもん」とのこと。
●ビスコッティ
BTSラチャダムリ駅徒歩5分 フォーシーズンズホテル
http://www.fourseasons.com/jp/bangkok/dining/biscotti.html

【ザノッティ】
イタリアンレストラン『ザノッティ』はタイ皇室ご用達!
もちろん、味も量も満足できるおすすめのお店です。


バンコクのおすすめレストラン
前菜のビュッフェ♪



デザート
スイーツも美味しい

●ザノッティ
BTSサラデーン駅徒歩5分 サラデーンプレイスホテル近く
住所:21/2 1stFloor,Saladaeng Colonnade Condominium,
   Saladaeng Road,Silom,Bangrak,Bangkok 10500

【ハーベィ】
カリフォルニア料理『ハーベィ』も押さえておきたいところ。ランチしか行ったことないけれど、若きアメリカ人シェフが腕をふるうお料理は、盛りつけもバランスも味もレベル高いです。
加えて前菜からデザートまでのコースが600バーツ(約1800円程度)と、コストパフォーマンスもなかなか。おすすめです。
●ハーベィ
BTSトンロー駅から車で5分
http://www.harvey.in.th/

【エノテカ】
イタリアンバール『エノテカ』も、もう一度いっておきたいかなぁ。
若いイタリア人シェフが作る創作メニューもセンスいいし、もちろん伝統的なメニューも美味でした。
ただしワインの品揃えは豊富ですが、タイ人スタッフが勧めるワインはあまり当てにしないほうがいいかも。
以前はイタリア人ソムリエがいたんだけどなぁ。
●エノテカ
BTSアソーク駅徒歩10分
スクムビット・ソイ31を20mほど進むと左手に看板が見えるので、そこを左折。少しわかりづらいですが看板に沿って進めばOK
http://www.bangkok.com/tatler/restaurants/enotecaitaliana.html

こうして書き出してみるとタイ料理、ちっともないですね…。
というのもタイ料理は高級店で食べてもフードコートで食べても、
それなりにどこもおいしいので、ココってとこがないんですよねぇ。
あとバンコクは国際都市だけあって中華やインド、中近東料理なんかのレストランも充実してておいしいお店、けっこうアリ!
ぜひバンコクで食い倒れてみてください〜。

お菓子
在タイ外国人マダムに人気のフランス菓子教室
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:グルメ その他 
投稿日:2009/02/05 13:35
タイでフランス菓子を習う・・・、ピンとこないかもしれませんが、ここバンコクに居を構えるフランス人パティシエ、エリック氏は、フレンチパティスリー界の世界的権威。アメリカのフランス大使館、世界のリツカールトングループで腕を磨き、ペストリー・ワールド・カップではアメリカ代表に選ばれ、また“アメリカの有力誌が選ぶパティシエ”ではベスト10に入るなど、世界を舞台に活躍しています。

タイ人の奥様との結婚を機に、タイに移り住み、フランス菓子とチョコレートのブランド『Visage』を立ち上げたのが5年ほど前。瞬く間に人気を博し、周囲の熱い要望によってお菓子教室もスタートさせました。

「フレンチペストリー」「アフタヌーンティ」「チョコレート」など、様々なコースがあり、それぞれ2日間の日程で、計15種類ほども(!)学びます。


お菓子
まるで商品のようなお菓子を自分で作れちゃう!


まずエリック氏のデモを見学し、その後自分たちで実践、というスタイル。参加者はタイ人・外国人マダムが多いですが、プロの仕事が間近で観察でき、お店に出しているものと同じレシピが習えるとあって、料理を仕事とする参加者も。温かい人柄のエリック氏がフランスなまりの英語で丁寧に教えてくれる点も人気の秘密です。

丁寧な指導でわかりやすい!
まずは先生のお手本を!生徒のマダムは先生の技を一生懸命メモメモ★


コースにもよりますが、2日間で8500バーツ(約25000円)程度。バンコクに長期滞在予定の方、こんな過ごし方もありですよ!

詳細はウェブサイト参照
http://www.macaronbkk.com/

絵付けも一つ一つ手作業!
絵付け見学も出来る!ハイクオリティなベンジャロンならココ☆
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:買物・土産 その他 
投稿日:2009/01/08 12:43
セラドン焼き、ブルー&ホワイトと並んでタイを代表する陶磁器といえばベンジャロン焼き。サンスクリット語で「5色」を表すその名の通り、金や赤、緑、黄色など、カラフルな色遣いが特徴です。タイ王室御用達の磁器という高級感と華やかな存在感で、日本人にも人気が高いですよね。


ベンジャロン焼き
タイ王室御用達!気品溢れるベンジャロン焼き


多くの工房で作られているベンジャロンのなかでも、その卓越した技術で高い評価を得ているのが、今回ご紹介する「ピンスワン・ベンジャロン」です。バンコクから車で一時間ほどのサムットソンクラン県に位置する工房では、ピンスワン氏率いる何十人もの職人さんが日々絵付けを行っています。実際に絵付けをしているところを見せてくれるので、器を所有する喜びも高まりますよね。


絵付けも一つ一つ手作業!
希望すれば名前も入れてもらえます!


工房の横にはショールームがあり、手にとって見ることができます。他のベンジャロンと比べて少し高めですが、色の美しさ、絵付けの確かさ、デザインの良さを考えると納得の値段。希望すればタイ文字で名前を入れてくれますよ。ただしこちら、オーダーメイドが基本なので、できあがるまでに数ヶ月かかる場合も。なので再度訪タイする予定がないと購入できないのが難点ですが、絵付けをみるだけでもなかなか楽しいですよ。

オーダーした場合は、バンコクまで届けてくれます(デポジット500バーツ〔約1500円〕、残りは受け取りの際に支払い)。交通手段は車です。ホテルでお願いして、タクシー運転手に住所説明をしてもらうことをおすすめします。

●Pinsuwan Bnjarong
住所:32/1 Moo7,Bangchang,Ampawa,Samutsongkram 75110
Tel:034-751322(英語OK)

バンコクおすすめ♪アフタヌーンティー
今バンコクで注目のアフタヌーンティはココ!
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:ホテル・宿泊 グルメ 
投稿日:2008/12/09 12:41
バンコクにアフタヌーンティが楽しめるホテルは数あれど、味・雰囲気・価格のバランスがとれているところって実は少なかったりします。「ミレニアム・ヒルトン」は、そんな貴重なアフタヌーンティを楽しめるホテルの一つ。2005年にオープンしたばかりの、チャオプラヤ川を臨む好立地にそびえる近代的なホテルで、高い天井の太陽光が降り注ぐロビーは何時間でもくつろげるゆったりとした空間です。

そこでいただくアフタヌーンティはスイス人パティシエによるフルーツをたっぷり使った繊細なスイーツの数々とチーズクリームのサンドイッチなど、魅力的なラインナップ。


アフタヌーンティーセット
可愛らしい盛り付けの豪華三段セット♪コレで1人分!


お茶の種類も豊富で、たっぷりのポットでサーブしてくれるのもうれしい。


紅茶
ハチミツが添えられてくるのもポイント★


毎日14時から17時半まで、1人前450バーツ(約1400円)です。また、アラカルトのフレンチ・カルヴァドス・パイはシェフのシグニチャーメニューなので、こちらもおすすめですよ。

●ミレニアムヒルトン
スカイトレイン(BTS)サパーンタクシン駅すぐの船着き場からホテル行きのボートあり。約20分

1 - 5件目まで(25件中)