1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. トーホートラベルさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: 南太平洋 > フィジー の他のブログはこちら|

南太平洋旅行専門店スタッフブログ

〜フィジー、ニューカレドニア、タヒチ南太平洋の魅力あふれる最新情報、旅行社の日常などご案内しています〜

南太平洋旅行専門店トーホートラベル
フィジー・ニューカレドニア・タヒチ南太平洋専門の旅行会社です。特典豊富なツアーも満載。オリジナルツアーもおまかせください!

プロフィール

ニックネーム:
トーホートラベル
居住地:
東京都
会社名:
南太平洋旅行専門店トーホートラベル
会社英字名:
South Pacific Specialists toho travel
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5643-8032
業種:
旅行業
自己紹介:
■(株)トーホートラベルは長年の歴史と実績を誇る、国内唯一の南太平洋旅行専門店です。取扱エリアは南太平洋の人気リゾート地、タヒチ、フィジー、ニューカレドニア、クック諸島、イースター島、バヌアツの6カ国。取扱リゾートホテルも全200カ所以上。日本でどこよりも早く、幅広く取扱っている南太平洋のスペシャリストです。
■スタッフは全員、定期的な視察で現地との繋がりも深く、現地情報にも精通したスペシャリストです。最新のリアルな情報でお得な価格にて、ご提案いたします。
■専門店だからこそ、オーダーメイドの旅やツアーアレンジも自由自在!お好みのホテル、航空会社、離島めぐりもお好み次第!お見積もり無料&迅速に対応いたします。
■日本全国の空港から出発できます!成田、関空、中部、福岡、新千歳の各空港から出発できます!
■営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土曜日)日・祝日休
■東京都中央区日本橋茅場町3-8-5松村ビル2F
ご旅行のご相談は事前予約制となっておりますので、ご来店前にお電話またはメールにてご連絡ください。
トーホートラベル予約担当03-5643-8031
《最寄り駅》
日比谷線 八丁掘駅 徒歩1分
日比谷線 茅場町駅 徒歩1分、
日比谷線 日本橋駅 徒歩10分
JR東京駅 徒歩15分
半蔵門線 水天宮前駅 徒歩10分

旅行企画・実施:株式会社トーホートラベル
観光庁長官登録旅行業第1848号
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
旅行業公正取引協議会会員

カレンダー

11月<2017年12月    
12
34567 89
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

記事一覧

1 - 5件目まで(1134件中)

1
祝!直行便復活決定!フィジー〜成田線★2018年7月就航!
エリア:
  • 南太平洋>フィジー
テーマ:観光地 お祭り・イベント 鉄道・乗り物 
投稿日:2017/12/07 00:48
1

ついに!待望の南太平洋、フィジーへの直行便が復活が決定いたしました!

就航開始は、来年2018年の7月。

日本は東京成田から〜フィジーナンディ空港まで。
旅行の日程も組みやすい、なんと、週3便を就航という
大変嬉しいニュースが飛び込んで参りました!

以下、正式発表となっておりますニュースサイトより抜粋させていただきます!
(トラベルメディア「トライシー」https://www.traicy.com/20171206-FJnandy)

2

フィジー・エアウェイズは2018年7月3日より、東京/成田〜ナンディ線に新たに就航すると、都内で開催した記者会見で発表した。

現在のフィジー・エアウェイズにあたるエア・パシフィック航空が東京/成田〜ナンディ線を2009年3月まで運航していたものの、経済危機による需要の低下により運航を取りやめていた。東京/成田とナンディ間が直行便で結ばれるのは9年4ヶ月ぶりとなる。

東京/成田発、ナンディ発ともに火・金・日曜の週3便を、ビジネスクラス24席、エコノミークラス249席の計274席を配置したエアバスA330-300型機か、ビジネスクラス24席、エコノミークラス249席を配置したエアバスA330-200型機で運航する。ビジネスクラスは「2-2-2」配列で172度のライフラットシートで、AC電源や15.4インチ個人用モニターを完備する。エコノミークラスは「2-4-2」配列で、10.6インチモニターやUSB電源を設置した。エンターテインメントシステムは日本語にも対応する。客室乗務員は全員フィジー人で、日本語を話す乗務員の採用も検討する。

5

東京/成田を午後9時25分に出発し、ナンディに翌日の午前9時5分に到着する。ナンディ発は午後1時25分に出発し、東京/成田に午後7時30分に到着する。東京/成田発はナンディに朝に到着するため、子会社であるフィジー・リンクで国内各都市への乗り継ぎや、サブサブ、タベウニといった主要観光地、ママヌザ諸島やヤサワ諸島といったリゾートに到着日のうちにアクセスすることができる。所要時間は約9時間。年間供給席数は80,000席となる見込み。

日本とフィジーの間は、2016年7月に行った航空当局間協議で、双方の国の航空会社による週3便の乗り入れや共同運航(コードシェア)の枠組みを設定することで合意した。2019年冬スケジュール以降は週4便の運航が可能になる。

フィジー・エアウェイズチーフコマーシャルオフィサーのマーク・カバリエル氏は、「元は週2便か3便かということで話し合いをしていたが3便が最適ということで結論が出た。週3便でどれだけ席が埋まるかを見た上で、可能性があるということであれば増便を検討したい。」と増便の可能性に含みを持たせた。

就航特別記念運賃として燃油サーチャージ、諸税込みで往復56,200円で発売する予定としている。発売時期は決定次第発表する。通常運賃は83,000円程度からとなる見込み。ウェブサイトはすでに日本語にも対応している。

3

発表会に登場したおのののかさんは「びっくりするくらい海がキレイで感動した。手付かずな島が多く、星空が忘れられない。1回目は韓国、2回目は香港経由で結構遠かった。直行便ができてすごい嬉しい。もっとフィジーが近く、直行便ができたらいいのにと思っていた。9時間で行けるのは素晴らしい。」と興奮した様子で話した。

4

フィジー・エアウェイズは現在69都市に就航している。国際線にはエアバスA330-200型機とA330-300型機を使用し、オーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポール、アメリカ、トンガ、ツバルなどに乗り入れている。南太平洋諸島などへのアクセスができるようになる。ターゲットはハネムーン、家族連れ、熟年層としている。

2

■ダイヤ
FJ350 東京/成田(21:25)〜ナンディ(09:05+1)/火・金・日
FJ351 ナンディ(13:25)〜東京/成田(19:30)/火・金・日

トーホートラベルでも、直行便復活に伴い、お客様に喜んでいただけるキャンペーンも開催を予定しています!

今まで、あんなに好きだけど・・直行便がなくて・・

そんな想いを持ってくださっていた、全てのお客様に
フィジーの素晴らしさ、楽しさ、美しさを、
これからもっともっとお楽しみいただきたいです!

本当に待ちに待った!
最高に嬉しいニュースがお知らせできて、本当に嬉しく思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜タヒチ・フィジー・ニューカレドニア・クック諸島 旅行専門店〜
【トーホートラベル】
https://www.tohotravel.com/
■お問い合わせ専用ダイヤル 03-5643-8032
■ご予約専用ダイヤル 03-5643-8031
営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土)
タグ:
フィジー 直行便復活 フィジー・エアウェイズ 成田 トーホートラベル 

PR
フィジー直行便就航祝いキャンペーン!お楽しみにお待ちください♪直行便就航開始は2018年7月!来年の夏休みはフィジーを是非、お楽しみください!!!
フィジー直行便就航祝いキャンペーン!お楽しみにお待ちください♪直行便就航開始は2018年7月!来年の夏休みはフィジーを是非、お楽しみください!!!
1
【タヒチ】ハッシュタグ「#タヒチの時間」キャンペーン実施中!
エリア:
  • 南太平洋>タヒチ
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2017/11/30 21:53
1

イアオラナ!

ハネムーンやアニバーサリー、節目のときやリタイア後の余暇、など・・・
タヒチを訪れる方の目的は様々。

また、ずっとタヒチへの渡航を夢見て、いつか行きたい!と、今も憧れている方も
たくさんいる、南太平洋に浮かぶ“楽園”

そんな、皆様の想い、イメージをシェアしませんか?
いま、エア・タヒチ・ヌイでは、
ハッシュタグ投稿キャンペーン「#タヒチの時間」を実施中!!

キャンペーンにご参加された方の中から、5組10名様に、
エア・タヒチ・ヌイ「タヒチ往復航空券(エコノミークラス)」プレゼントがあります!

2

「#タヒチの時間」

《〜タヒチに行ったことがある方〜》
あなたがタヒチを訪れた際に撮った、お気に入りの写真を、
ハッシュタグ「#タヒチの時間」を付けてInstagramへ投稿!

《〜タヒチに行ったことがない方〜》
タヒチに関連する、エアタヒチヌイ・キャンペーンページにあるタヒチの画像の中から、
あなたの好きな画像を選び、
ハッシュタグ「#タヒチの時間」を付けてInstagramへ投稿!

3

キャンペーン実施期間はすでにスタートしており、今年12月28日までです!
この機会に、皆様のタヒチに対する思いの丈を投稿してみては!?

マウルル!

エア・タヒチ・ヌイ公式HP 関連ページ
⇒http://www.airtahitinui.jp/time-for-tahiti/#!/mainvisual

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜タヒチ・フィジー・ニューカレドニア・クック諸島 旅行専門店〜
【トーホートラベル】
https://www.tohotravel.com/
■お問い合わせ専用ダイヤル 03-5643-8032
■ご予約専用ダイヤル 03-5643-8031
営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土)
タグ:
タヒチ キャンペーン エアタヒイヌイ プレゼント 

PR
12/11まで期間限定オンラインスペシャル!クレジットカード決済限定★1月出発限定・特別価格ボラボラ島!燃油費込みでこの価格!タヒチがなんと¥114,000!!!
12/11まで期間限定オンラインスペシャル!クレジットカード決済限定★1月出発限定・特別価格ボラボラ島!燃油費込みでこの価格!タヒチがなんと¥114,000!!!
6
【ニューカレドニア】2018年の祝日のご案内
エリア:
  • 南太平洋>ニューカレドニア
テーマ:お祭り・イベント 旅行準備 
投稿日:2017/11/29 10:47
6

Bonjour!!
本日は2018年のニューカレドニアの祝日をご案内いたします。
(写真はイルデパンの神秘的な天然プール「ピッシンヌナチュレル」)

2018年のニューカレドニアの祝日はこちらになります。
★は移動祝祭日で毎年変更となります。

1月1日(月) 新年
4月1日(日) イースターサンデー★
4月2日(月) イースターマンデー★
5月1日(火) メーデー
5月8日(火) 第2次世界大戦戦勝記念日
5月10日(木) キリスト昇天祭★
5月20日(日) 聖霊降臨祭★
5月21日(月) 聖霊降臨祭翌日の月曜日★
7月14日(土) フランス革命記念日
8月15日(水) 聖母被昇天祭
9月24日(月) ニューカレドニアナショナルデー
11月1日(木) 諸聖人の祝日
11月11日(日) 第1次世界大戦戦勝記念日
12月25日(火) クリスマス

祝日が日曜日でも基本的には翌日が振替え休日とはならないのが日本とは違います。

12月から2月上旬までは成田からは
直行便が毎日運航となります(関西からは週2便運航)

これからがベストシーズンのニューカレドニアへぜひお出かけ下さい♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜タヒチ・フィジー・ニューカレドニア・クック諸島 旅行専門店〜
【トーホートラベル】
https://www.tohotravel.com/
■お問い合わせ専用ダイヤル 03-5643-8032
■ご予約専用ダイヤル 03-5643-8031
営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土)
タグ:
ニューカレドニア 直行便 年末年始ツアー お得 お正月 

PR
2018年、新たな年のスタートを南太平洋の楽園、天国にいちばん近い島「ニューカレドニア」で過ごしてみませんか?まだ間に合う、年末年始ツアーも只今ご案内中です!どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。
2018年、新たな年のスタートを南太平洋の楽園、天国にいちばん近い島「ニューカレドニア」で過ごしてみませんか?まだ間に合う、年末年始ツアーも只今ご案内中です!どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。
2
【クック諸島】毎週土曜に開催される、ローカル御用達のマーケットへ!
エリア:
  • 南太平洋>クック諸島>ラロトンガ
テーマ:買物・土産 街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2017/11/28 10:23
1

今回の視察の旅では、タイミング良く。
アイツタキ島からラロトンガ島へ戻ったのが土曜日・・!

・・・ということで、空港に到着した足で、クック諸島在住の日本人スタッフの岡崎左希子さんと一緒に、
賑わう週末のマーケットへ行って参りました!

2

毎週土曜日の朝から正午頃にかけて、空港からアヴァルアに向かう途中に開く「プナンガ・ヌイ・マーケット」!。

地元で獲れた野菜や果物の生鮮品のほか、パレオや工芸品など・・クック諸島ならではのものが一同に並ぶ地元の方、御用達のマーケット。すごく広い範囲に色々なお店が並んでとっても賑やか!

雰囲気を見ながら楽しませてもらったマーケット。歩きながら、いくつか現地在住の岡崎さんオススメのお店も教えていただきました♪

3

こちらは、クック諸島の工芸品のハンドメイドのうちわやバック、アクセサリーのお店です。

4

5

こちらもクック諸島ならではのハンドメイドの帽子のお店。地元クックの人々は極めて敬虔なクリスチャン。日曜日の朝には多くの人が教会に集まるそうで、そのときにこうした帽子を被って、正装していくのだそうです。

ひとつひとつ同じ物はない繊細な帽子。だいたいお値段は200ドル〜300ドル、350ドルといった価格。自分でも一つ欲しいと思いながら、今回は迷って時間切れになってしまいましたが、次回訪れた際には一つ買おう!と思う美しい帽子でした。

6

美味しそうなフルーツも!スムージーのお店です

7

そして、クック諸島の特産品、ブラックパールのお店にもお邪魔させていただきました!
なんと・・こちらは、クック諸島在住の日本人、向井さんが作られている黒真珠のお店です。

クック諸島の北部の島、マニヒキ島という黒真珠の生産地にいらっしゃるという向井さん。この日は、特別にラッキーなタイミングでお目にかかることが出来ました。

8

・・・♡ 本当に素敵な黒真珠のアクセサリー。シンプルなものから、凝ったデザインのものまで、「ど、どれか欲しい〜〜♡」目移りしてしまうアクセサリーに目がすっかり真剣になってしまいました。クック諸島の黒真珠の中でも、日本人、向井さんの手掛けられる黒真珠はひときわ色味なども美しいと評判だそうです。

週に一度のマーケット以外にも、ラロトンガの街中にも常設のお店がありますので、是非そちらも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

9

こちらは地元でも人気のアクセサリーショップ。黒蝶貝の貝殻を素材にしたネックレスなどのお店です。

10

南の島らしいカメのモチーフや、マオリ伝統の形をモチーフにしたものに、精巧な彫刻が施されています。

そして、こちらで人気なのは、その場でお名前等を購入したアイテムに掘ってくれるサービスをしてくれるところ。価格も意外とリーズナブルで15ドル〜30ドルくらいのアイテムが多かったです。

1

購入した方が、こうして目の前で希望の名前やイニシャルなどを掘ってもらっていました。自分への記念はもちろん、贈り物にも素敵ですね♪

2

マーケットの会場内のイベントブースでは、子供たちによるポリネシアンダンスショーも開催。途中から見学してるお客様を誘って一緒に踊ったりもしていて、とっても楽しそうでした!

クック諸島の伝統的なダンスをご覧になられた記念に・・曲を日本でも聴きたいな・・そんな方におすすめのCDもマーケットで並んでいました♪

3

土曜の午前中だけ開催されるマーケット。お昼前の11時くらいになると、お店も閉め始めてしまうようですので、行かれる方はそんな時間も是非目安に・・。

土曜にラロトンガ島に滞在されたら、是非訪れてみてください。

4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜タヒチ・フィジー・ニューカレドニア・クック諸島 旅行専門店〜
【トーホートラベル】
https://www.tohotravel.com/
■お問い合わせ専用ダイヤル 03-5643-8032
■ご予約専用ダイヤル 03-5643-8031
営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土)
タグ:
クック諸島 旅日記 お土産 ショッピング マーケット 

PR
トーホートラベルではクック諸島の魅力を最大限お楽しみいただけるおトクなツアーを多数ご案内中です。是非お気軽にお問い合わせ、ご相談くださいませ。驚く程美しい楽園へご案内いたします!
トーホートラベルではクック諸島の魅力を最大限お楽しみいただけるおトクなツアーを多数ご案内中です。是非お気軽にお問い合わせ、ご相談くださいませ。驚く程美しい楽園へご案内いたします!
2
クック諸島で見つけたお土産〜スーパーマーケット編〜
エリア:
  • 南太平洋>クック諸島
テーマ:買物・土産 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/11/27 16:53
昨日に続きまして、クック諸島からのお土産をご紹介させていただきます!
クック諸島で1番大きな町の様子と一緒にご覧くださいませ♪

2

歩いて10分弱くらいの距離に、レストランやお土産屋さんがまとまってある町を歩いてみました。

地元のスーパーマーケットへ。想像していた以上に、すごく色々なアイテムが揃ってました。ニュージーランドの製品も多く、カラフルなビーチアイテムも沢山ならんでいて、思わず手に取ってみたり・・♪

3
4

スーパーマーケットで、クック諸島の地ビール「MATUTU(マツツ)」を見つけました!1本4ドル。「MATUTU」は地元の言葉で「強い」っていう意味の言葉。その言葉の通り、結構がつん!と来る(笑)南国特有の軽いビールとは違う感じのディープなビールです!

スーパーで、少しだけお土産用に購入。ビンなので、割れる危険も承知の上でスーツケース内に厳重にパッキング。無事日本まで持ち帰ってこれました。

ちなみに・・クック諸島では、日曜日にはアルコール類の販売は禁止になるそうです。こちらの地ビールは空港でも販売がありませんので、購入されたい方は、このような町のスーパーが良いかと思います。

5

もうひとつ見つけたクック諸島のもの。コーヒーです。豆のままのものや、挽いてあるものもありましたが、あまりアチコチのお店では見かけなかった稀少なコーヒーです。

クック諸島の離島「アチウ島」という所で作られるコーヒーとのことで、やはり数も稀少なのかもしれません。スーパーマーケットで29.50ドル。なかなかの高級品かもしれませんが、コーヒー好きな方へのお土産にいかがでしょうか。

6
7

町にはパレオのお店や、木工品、ブラックパールのお店など、南国の香りのするお土産屋さんが並びます。

クック諸島の名産の黒真珠を、旅の記念にいかがでしょうか。クック諸島の離島の美しい海で育まれた美しい真珠が並んでいました。

8
9
10

南の島のお店でも、なかなか目にしたことの無かった、、「↑」こんなアイテムも見つけました。ポリネシアンダンスでダンサーの方が身につけている、腰ミノです!

やっぱり伝統文化、ダンスの盛んなお国ならではですね!この腰ミノ(すみません・・正確な名前が判らず)、お値段を見てみると、100ドル近く。「高っ!!」そんな声を上げてしまいましたが、聞けば中々作るのには手が混んでいるものだそうで、皆さん、これを購入して自分の丈などにカットして使われるそうです。こんな本場のアイテムも面白くて目が行ってしまいました!

1

日本でいう竹箒のようなものも発見・・クック諸島の掃除アイテム?兼オブジェでしょうか

2


次回のブログでは、クック諸島の町で週に一度、土曜日に開催されるマーケットの様子をご紹介致します〜♪ よかったら、またご覧になって下さい〜♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜タヒチ・フィジー・ニューカレドニア・クック諸島 旅行専門店〜
【トーホートラベル】
https://www.tohotravel.com/
■お問い合わせ専用ダイヤル 03-5643-8032
■ご予約専用ダイヤル 03-5643-8031
営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土)
タグ:
クック諸島 年末年始 旅行記 お土産 ビール 

PR
まだまだ間に合う、年末年始ツアー!出発日によっては、まだご予約可能な年末年始ツアー若干数ございます!年末年始を南の島で過ごそう!お気軽にお問い合わせください。お急ぎのお客様はお電話でどうぞ!
まだまだ間に合う、年末年始ツアー!出発日によっては、まだご予約可能な年末年始ツアー若干数ございます!年末年始を南の島で過ごそう!お気軽にお問い合わせください。お急ぎのお客様はお電話でどうぞ!

1 - 5件目まで(1134件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
シンガポール(1)
南太平洋
タヒチ(632)
ニューカレドニア(250)
フィジー(220)
クック諸島(44)
バヌアツ(20)
ソロモン諸島(1)
中南米
チリ(14)
ホンジュラス(1)
北米
カナダ(1)