1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. トーホートラベルさんのブログ
  4. エアパシフィック・新機種導入機材A330就航スケジュールのご案内

  海外エリア: 南太平洋 > フィジー の他のブログはこちら|

南太平洋旅行専門店スタッフブログ

~フィジー、ニューカレドニア、タヒチ、バヌアツ、イースター島など南太平洋の魅力あふれる最新情報、旅行社の日常などご案内しています~

南太平洋旅行専門店トーホートラベル
フィジー・ニューカレドニア・タヒチ南太平洋専門の旅行会社です。特典豊富なツアーも満載。オリジナルツアーもおまかせください!
プロフィール

ニックネーム:
トーホートラベル
居住地:
東京都
会社名:
南太平洋旅行専門店トーホートラベル
会社英字名:
South Pacific Specialists toho travel
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5643-8032
業種:
旅行業
自己紹介:
■(株)トーホートラベルは長年の歴史と実績を誇る、国内唯一の南太平洋旅行専門店です。取扱エリアは南太平洋の人気リゾート地、タヒチ、フィジー、ニューカレドニア、クック諸島、イースター島、バヌアツ他、世界の厳選リゾートとしてモルディブも多数のリゾートをご案内中です。日本でどこよりも早く、幅広く取扱っている南太平洋のスペシャリストです。
■スタッフは全員、定期的な視察で現地との繋がりも深く、現地情報にも精通したスペシャリストです。最新のリアルな情報でお得な価格にて、ご提案いたします。
■専門店だからこそ、オーダーメイドの旅やツアーアレンジも自由自在!お好みのホテル、航空会社、離島めぐりもお好み次第!お見積もり無料&迅速に対応いたします。
■日本全国の空港から出発できます!成田、関空、中部、福岡、新千歳の各空港から出発できます!
■営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土曜日)日・祝日休
■東京都中央区日本橋茅場町3-8-5松村ビル2F
ご旅行のご相談は事前予約制となっておりますので、ご来店前にお電話またはメールにてご連絡ください。
トーホートラベル予約担当03-5643-8031
《最寄り駅》
日比谷線 八丁掘駅 徒歩1分
日比谷線 茅場町駅 徒歩1分、
日比谷線 日本橋駅 徒歩10分
JR東京駅 徒歩15分
半蔵門線 水天宮前駅 徒歩10分

旅行企画・実施:株式会社トーホートラベル
観光庁長官登録旅行業第1848号
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
旅行業公正取引協議会会員

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

エアパシフィック・新機種導入機材A330就航スケジュールのご案内

2013/03/07 00:52
4
エリア:
  • 南太平洋 > フィジー
テーマ:
  • 鉄道・乗り物
  • / 旅行準備
1

こんにちは!南太平洋旅行専門店トーホートラベルです。
本日は南太平洋フィジーの最新情報をご案内いたします。

〜エアパシフィック・新機種導入機材A330就航スケジュールについて〜

フィジーの国営航空会社エア・パシフィック(FJ)では
現在リース運用しているB747-400×2機を置き換えるべく、
新造のエアバスA330-200
(ビジネスクラス24席、エコノミークラス249席)を3機発注しており
その1機目(納機後の機体登録DQ-FJT)は、
すでにフランスのトゥールーズにあるエアバスの工場で完成。
テスト飛行中で、納機を待つばかりとなっております。

そしてこのほど、同機の就航スケジュールが発表になりました。
最初の営業フライトは4月2日のFJ411便
ナンディ〜オークランド(0845/1245)で、以降同路線に週5便運航
さらに、4月4日よりナンディ〜香港路線に週2便、
4月21日よりナンディ〜ブリスベン路線に週5便就航いたします。

また、5月に予定されている2機目の受領にともない
6月8日よりナンディ〜シドニー路線に、
7月1日よりナンディ〜ロサンジェルス路線にも就航の予定
11月に予定されている3機目の受領に伴い、
12月からナンディ〜メルボルン路線に、
2014年1月からは、ナンディ〜香港路線の週3便目にも就航の予定です。

2

同社では、ナショナルキャリアとしてのアイデンティティーを強化し
同時にディスティネーションとしてのフィジーを世界的に印象づけ、
発展させるための戦略として、昨年から本年末にかけて
その名称を、かつて1970年まで使用されていた
「フィジー・エアウェイズ」に変更していく事は既報の通りで、
公式な変更時期は本年6月を予定しております。

従いまして、新機材の内外装には既に新社名とロゴと
イメージカラーが採用されており、
従来の鮮やかなレインボーから一転して
フィジーの伝統工芸であるタパのデザインをモチーフにして
シックで洗練されたものとなっております。

新しく生まれ変わる「フィジー・エアウェイズ」

その新しい名前に込められた想い、フィジーの歴史
そしてフィジーが益々楽しみに思えるプロモーションビデオが、
こちらのオフィシャルサイトの中でご覧いただけます。

◆オフィシャルサイト・新機種ご案内ビデオ
http://www.fijiairways.com/about-us.aspx

3

今年末には既存のB737も新デザインに変更し、
B747-400を引退させ、クルーやスタッフのユニフォームも一新。
新「フィジー・エアウェイズ」を浸透させていくとのことです。
楽しみです♪

4
タグ:
フィジー
フィジーエアウェイズ
香港
空港
  • この記事が参考になった人(12)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
フィジー、ニューカレドニア、タヒチ旅行は南太平洋旅行専門店「トーホートラベル」へおまかせください。現地に精通したコンセルジュが大切な旅を全力でサポート致します!
フィジー、ニューカレドニア、タヒチ旅行は南太平洋旅行専門店「トーホートラベル」へおまかせください。現地に精通したコンセルジュが大切な旅を全力でサポート致します!

国一覧
アジア
シンガポール(1)
南太平洋
タヒチ(654)
ニューカレドニア(254)
フィジー(240)
クック諸島(57)
バヌアツ(19)
ソロモン諸島(1)
中南米
チリ(18)
ホンジュラス(1)
北米
カナダ(1)
インド洋
モルディブ(14)