1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. トーホートラベルさんの旅行ブログ

  海外エリア: 南太平洋 > フィジー の他のブログはこちら|

南太平洋旅行専門店スタッフブログ

~フィジー、ニューカレドニア、タヒチ、バヌアツ、イースター島など南太平洋の魅力あふれる最新情報、旅行社の日常などご案内しています~

南太平洋旅行専門店トーホートラベル
フィジー・ニューカレドニア・タヒチ南太平洋専門の旅行会社です。特典豊富なツアーも満載。オリジナルツアーもおまかせください!
プロフィール

ニックネーム:
トーホートラベル
居住地:
東京都
会社名:
南太平洋旅行専門店トーホートラベル
会社英字名:
South Pacific Specialists toho travel
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5643-8032
業種:
旅行業
自己紹介:
■(株)トーホートラベルは長年の歴史と実績を誇る、国内唯一の南太平洋旅行専門店です。取扱エリアは南太平洋の人気リゾート地、タヒチ、フィジー、ニューカレドニア、クック諸島、イースター島、バヌアツ他、世界の厳選リゾートとしてモルディブも多数のリゾートをご案内中です。日本でどこよりも早く、幅広く取扱っている南太平洋のスペシャリストです。
■スタッフは全員、定期的な視察で現地との繋がりも深く、現地情報にも精通したスペシャリストです。最新のリアルな情報でお得な価格にて、ご提案いたします。
■専門店だからこそ、オーダーメイドの旅やツアーアレンジも自由自在!お好みのホテル、航空会社、離島めぐりもお好み次第!お見積もり無料&迅速に対応いたします。
■日本全国の空港から出発できます!成田、関空、中部、福岡、新千歳の各空港から出発できます!
■営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土曜日)日・祝日休
■東京都中央区日本橋茅場町3-8-5松村ビル2F
ご旅行のご相談は事前予約制となっておりますので、ご来店前にお電話またはメールにてご連絡ください。
トーホートラベル予約担当03-5643-8031
《最寄り駅》
日比谷線 八丁掘駅 徒歩1分
日比谷線 茅場町駅 徒歩1分、
日比谷線 日本橋駅 徒歩10分
JR東京駅 徒歩15分
半蔵門線 水天宮前駅 徒歩10分

旅行企画・実施:株式会社トーホートラベル
観光庁長官登録旅行業第1848号
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
旅行業公正取引協議会会員

カレンダー
12月<2013年01月>2月
12345
67 8 9 101112
1314 15 1617 1819
202122 23 24 25 26
27 28 2930 31

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

1
フィジーの通貨が新しくなりました!
エリア:
  • 南太平洋>フィジー
テーマ:買物・土産 旅行準備 歴史・文化・芸術 
投稿日:2013/01/08 21:24
1

こんにちは!南太平洋旅行専門店のBula Vinakaです。

2013年1月2日より、南太平洋フィジーで使用されている
通貨(フィジードル)のお札、コインが
すべて新しいデザインとなり、取り扱いが開始されました。

上の写真がこのたび新しくなりました
紙幣とコインです。

新紙幣の材質も、フィジー初のポリマー(プラスティック製) に。
こちらは現在のオーストラリア紙幣と同じ紙幣の素材です。
以前のしわしわ〜・・っとなる質感の紙幣も嫌いじゃないですが、
今度は、水にも強くてしなやかな紙幣です。

従来のフィジードルでは、英国植民地時代の名残を残し、
エリザベス女王の肖像が描かれていましたが、
新紙幣では、女王の肖像に変わり、
フィジーに生息する固有の動植物や伝統文化、自然、産業などが描かれた、
南国・南太平洋フィジーらしい
トロピカルな紙幣へと生まれ変わります(⌒-⌒)!

2

すこ〜し紙幣の絵柄のご説明をさせていただきます♪

5ドル紙幣に描かれているのは、
「クラワイ」と呼ばれる、緑色に喉の部分だけが赤いオウムの一種。

大変希少なオウムで、フィジーの離島の山奥に生息する・・そうですが、
なんでも1993年以降、目撃がなく絶滅の可能性もあり、とまで
言われているそうなのです。

10ドル紙幣に描かれているのは、
「ベリ」と呼ばれる、高地の美しい小川に住む淡水魚。
裏側に描かれた建物は、
英国植民地時代に建造された歴史的なホテルです。

20ドルには・・鳥が描かれています。
こちらはフィジーの離島「ガウ島」という島だけに生息する・・という
生存数も、わずか100羽程度しかいない・・という
大変貴重な海鳥が描かれています。
世界中で、わずか100羽のみの海鳥・・
こうした鳥たちも、なんとか守っていってあげたいですね(⌒-⌒)

3

50ドル札に描かれているのは、フィジーの国花である「タンギモウジア」
フィジーの離島(タベウニ島)の湖周辺にしか生息しない・・
数々の伝説を秘めたフィジーの国花、大変希少な花です。

100ドル札は、フィジーに生息するセミの一種です。
またこのセミが、8年に一度だけ大発生することで知られる
不思議な南太平洋フィジーの昆虫です。

4

コインの方も、とってもトロピカル♪

可愛らしい熱帯魚が描かれたり、
人気のナポレオンフィッシュの50セントも南国らしくて、
自分でも、思わず飾っておきたくなってしまいそうです。

今月より、旧紙幣に混ざりながら
新しいデザインの紙幣が流通しておりますが、
完全な切り替えは、年内いっぱいの一年後を予定しているそうです。

これからフィジーへ行かれるお客様は
両方の紙幣に触れる機会があるかもしれません。
フィジーらしさあふれる
新貨幣の絵柄を、どうぞご覧になってくださいね(⌒-⌒)♪
タグ:
フィジー 通貨 ショッピング 

PR
2013年も南太平洋旅行専門店トーホートラベルをどうぞよろしくお願い申し上げます。美しい楽園の宝庫、南太平洋のことならどんなことでもお気軽にご相談ください。

1 - 1件目まで(1件中)


国一覧
アジア
シンガポール(1)
南太平洋
タヒチ(654)
ニューカレドニア(254)
フィジー(240)
クック諸島(57)
バヌアツ(19)
ソロモン諸島(1)
中南米
チリ(18)
ホンジュラス(1)
北米
カナダ(1)
インド洋
モルディブ(14)