1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. トーホートラベルさんの旅行ブログ
  4. トーホートラベルさん 観光地の記事一覧

  海外エリア: 南太平洋 > フィジー の他のブログはこちら|

南太平洋旅行専門店スタッフブログ

~フィジー、ニューカレドニア、タヒチ、バヌアツ、イースター島など南太平洋の魅力あふれる最新情報、旅行社の日常などご案内しています~

南太平洋旅行専門店トーホートラベル
フィジー・ニューカレドニア・タヒチ南太平洋専門の旅行会社です。特典豊富なツアーも満載。オリジナルツアーもおまかせください!
プロフィール

ニックネーム:
トーホートラベル
居住地:
東京都
会社名:
南太平洋旅行専門店トーホートラベル
会社英字名:
South Pacific Specialists toho travel
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5643-8032
業種:
旅行業
自己紹介:
■(株)トーホートラベルは長年の歴史と実績を誇る、国内唯一の南太平洋旅行専門店です。取扱エリアは南太平洋の人気リゾート地、タヒチ、フィジー、ニューカレドニア、クック諸島、イースター島、バヌアツ他、世界の厳選リゾートとしてモルディブも多数のリゾートをご案内中です。日本でどこよりも早く、幅広く取扱っている南太平洋のスペシャリストです。
■スタッフは全員、定期的な視察で現地との繋がりも深く、現地情報にも精通したスペシャリストです。最新のリアルな情報でお得な価格にて、ご提案いたします。
■専門店だからこそ、オーダーメイドの旅やツアーアレンジも自由自在!お好みのホテル、航空会社、離島めぐりもお好み次第!お見積もり無料&迅速に対応いたします。
■日本全国の空港から出発できます!成田、関空、中部、福岡、新千歳の各空港から出発できます!
■営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土曜日)日・祝日休
■東京都中央区日本橋茅場町3-8-5松村ビル2F
ご旅行のご相談は事前予約制となっておりますので、ご来店前にお電話またはメールにてご連絡ください。
トーホートラベル予約担当03-5643-8031
《最寄り駅》
日比谷線 八丁掘駅 徒歩1分
日比谷線 茅場町駅 徒歩1分、
日比谷線 日本橋駅 徒歩10分
JR東京駅 徒歩15分
半蔵門線 水天宮前駅 徒歩10分

旅行企画・実施:株式会社トーホートラベル
観光庁長官登録旅行業第1848号
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
旅行業公正取引協議会会員

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

記事一覧

11 - 15件目まで(84件中)

1
祝!直行便復活決定!フィジー〜成田線★2018年7月就航!
エリア:
  • 南太平洋>フィジー
テーマ:観光地 お祭り・イベント 鉄道・乗り物 
投稿日:2017/12/07 00:48
1

ついに!待望の南太平洋、フィジーへの直行便が復活が決定いたしました!

就航開始は、来年2018年の7月。

日本は東京成田から〜フィジーナンディ空港まで。
旅行の日程も組みやすい、なんと、週3便を就航という
大変嬉しいニュースが飛び込んで参りました!

以下、正式発表となっておりますニュースサイトより抜粋させていただきます!
(トラベルメディア「トライシー」https://www.traicy.com/20171206-FJnandy)

2

フィジー・エアウェイズは2018年7月3日より、東京/成田〜ナンディ線に新たに就航すると、都内で開催した記者会見で発表した。

現在のフィジー・エアウェイズにあたるエア・パシフィック航空が東京/成田〜ナンディ線を2009年3月まで運航していたものの、経済危機による需要の低下により運航を取りやめていた。東京/成田とナンディ間が直行便で結ばれるのは9年4ヶ月ぶりとなる。

東京/成田発、ナンディ発ともに火・金・日曜の週3便を、ビジネスクラス24席、エコノミークラス249席の計274席を配置したエアバスA330-300型機か、ビジネスクラス24席、エコノミークラス249席を配置したエアバスA330-200型機で運航する。ビジネスクラスは「2-2-2」配列で172度のライフラットシートで、AC電源や15.4インチ個人用モニターを完備する。エコノミークラスは「2-4-2」配列で、10.6インチモニターやUSB電源を設置した。エンターテインメントシステムは日本語にも対応する。客室乗務員は全員フィジー人で、日本語を話す乗務員の採用も検討する。

5

東京/成田を午後9時25分に出発し、ナンディに翌日の午前9時5分に到着する。ナンディ発は午後1時25分に出発し、東京/成田に午後7時30分に到着する。東京/成田発はナンディに朝に到着するため、子会社であるフィジー・リンクで国内各都市への乗り継ぎや、サブサブ、タベウニといった主要観光地、ママヌザ諸島やヤサワ諸島といったリゾートに到着日のうちにアクセスすることができる。所要時間は約9時間。年間供給席数は80,000席となる見込み。

日本とフィジーの間は、2016年7月に行った航空当局間協議で、双方の国の航空会社による週3便の乗り入れや共同運航(コードシェア)の枠組みを設定することで合意した。2019年冬スケジュール以降は週4便の運航が可能になる。

フィジー・エアウェイズチーフコマーシャルオフィサーのマーク・カバリエル氏は、「元は週2便か3便かということで話し合いをしていたが3便が最適ということで結論が出た。週3便でどれだけ席が埋まるかを見た上で、可能性があるということであれば増便を検討したい。」と増便の可能性に含みを持たせた。

就航特別記念運賃として燃油サーチャージ、諸税込みで往復56,200円で発売する予定としている。発売時期は決定次第発表する。通常運賃は83,000円程度からとなる見込み。ウェブサイトはすでに日本語にも対応している。

3

発表会に登場したおのののかさんは「びっくりするくらい海がキレイで感動した。手付かずな島が多く、星空が忘れられない。1回目は韓国、2回目は香港経由で結構遠かった。直行便ができてすごい嬉しい。もっとフィジーが近く、直行便ができたらいいのにと思っていた。9時間で行けるのは素晴らしい。」と興奮した様子で話した。

4

フィジー・エアウェイズは現在69都市に就航している。国際線にはエアバスA330-200型機とA330-300型機を使用し、オーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポール、アメリカ、トンガ、ツバルなどに乗り入れている。南太平洋諸島などへのアクセスができるようになる。ターゲットはハネムーン、家族連れ、熟年層としている。

2

■ダイヤ
FJ350 東京/成田(21:25)〜ナンディ(09:05+1)/火・金・日
FJ351 ナンディ(13:25)〜東京/成田(19:30)/火・金・日

トーホートラベルでも、直行便復活に伴い、お客様に喜んでいただけるキャンペーンも開催を予定しています!

今まで、あんなに好きだけど・・直行便がなくて・・

そんな想いを持ってくださっていた、全てのお客様に
フィジーの素晴らしさ、楽しさ、美しさを、
これからもっともっとお楽しみいただきたいです!

本当に待ちに待った!
最高に嬉しいニュースがお知らせできて、本当に嬉しく思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜タヒチ・フィジー・ニューカレドニア・クック諸島 旅行専門店〜
【トーホートラベル】
https://www.tohotravel.com/
■お問い合わせ専用ダイヤル 03-5643-8032
■ご予約専用ダイヤル 03-5643-8031
営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土)
タグ:
フィジー 直行便復活 フィジー・エアウェイズ 成田 トーホートラベル 

PR
フィジー直行便就航祝いキャンペーン!お楽しみにお待ちください♪直行便就航開始は2018年7月!来年の夏休みはフィジーを是非、お楽しみください!!!
フィジー直行便就航祝いキャンペーン!お楽しみにお待ちください♪直行便就航開始は2018年7月!来年の夏休みはフィジーを是非、お楽しみください!!!
1
年末年始のニューカレドニアは・・キラキラ!
エリア:
  • 南太平洋>ニューカレドニア>ヌメア
テーマ:観光地 街中・建物・景色 お祭り・イベント 
投稿日:2017/11/07 11:56
2

皆様、今年の年末は、もう旅行先を決めていらっしゃいますか?

ニューカレドニアの年末から年始に準備されている催しについて、
少しだけ情報が観光局のサイトに掲載されていましたので、ご紹介します。

ニューカレドニアでの年越しは、華やかで明るい雰囲気になりそうです♪

----------------------------------------------------------------------------------------------

ヌメアの一年は、たくさんのカラーと光で締めくくられます。

◆クリスマスの魔法と新年の花火
クリスマスの魔法は、クスノキを設置とLa Marne広場に用意された
サンタクロースへの郵便受けの開封とともにはじまります。

12月23日に手紙を送り、サンタさんの到着は24日、
そして、新年の花火は2018年1月1日です。

◆スペクタクル(催し)
毎晩、ローカルアーティストまたは外国からのアーティストたちが、
みんなのために、サーカス、人形劇、ダンスなどの催しをします。

場所は、ココティエ広場、ヌメア市立博物館、モーゼル湾などを予定しています。

1

◆光の祭典
光のマジシャンの杖でたくさんの光がココティエ広場を照らします。
明るい雰囲気、La Marne広場やシンボル的な建物(美術館や市庁舎)での
プロジェクトマッピング、ダイナミックな光の演出、などなど。

3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜タヒチ・フィジー・ニューカレドニア・クック諸島 旅行専門店〜
【トーホートラベル】
https://www.tohotravel.com/
■お問い合わせ専用ダイヤル 03-5643-8032
■ご予約専用ダイヤル 03-5643-8031
営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土)
タグ:
ニューカレドニア 年末年始 イベント クリスマス 

PR
ニューカレドニア旅行が安い!予約期間限定★12月5日まで/11月12月出発限定【出発直前】ニューカレドニア・キャンペーン(例)ニューカレドニア3泊 ¥66,000〜
ニューカレドニア旅行が安い!予約期間限定★12月5日まで/11月12月出発限定【出発直前】ニューカレドニア・キャンペーン(例)ニューカレドニア3泊 ¥66,000〜
6
タヒチにオープンした、新ビストロ風レストラン
エリア:
  • 南太平洋>タヒチ>パペーテ
テーマ:観光地 ビーチ・島 グルメ 
投稿日:2017/11/07 11:19
イアオラナ!

今日はタヒチ(パペーテ)に新しくオープンした
ビストロ風レストランをご紹介させていただきます!

現地でも人気のお店という「アルファ・ベー/L alpha B」
是非、タヒチ旅行に訪れたら、
立ち寄るお店の候補のひとつにしてください♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜現地スタッフからのレポート&写真でご紹介いたします〜

1

タヒチの街に、この度、新しいレストランがOPENしました!

その名は、「L alpha B」(アルファ ベー)

フランス・パリの街中にあるような雰囲気が漂う、ビストロ風レストランです。

2

フランス料理って“大きなお皿にちょこっとの量”というイメージですが、
ここは、とにかく量がとても多い、フランス料理屋さんです。笑

地元タヒチアンは、大満足な量の料理でしたが、実際に私が訪れたときは、
フランス人のお客様も多かったです。

5

日本人の方ですと、とても量が多く食べ切れない方が多いと思いますので、
ご友人や恋人と分けあって召し上がってみてはいかがでしょうか。

場所は、少しわかりづらいところにありますので、タヒチ島へ来た際には、
現地日本語係員に、お気軽にお尋ねください♪

6

営業時間:月曜日〜土曜日 昼11:30〜 / 木曜日・金曜日 19:00〜
*営業時間は予告なく変更する場合があります。

4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜タヒチ・フィジー・ニューカレドニア・クック諸島 旅行専門店〜
【トーホートラベル】
https://www.tohotravel.com/
■お問い合わせ専用ダイヤル 03-5643-8032
■ご予約専用ダイヤル 03-5643-8031
営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土)

3
タグ:
タヒチ レストラン カフェ パペーテ 

PR
まだまだ間に合う、年末年始ツアー!トーホートラベルでは多数のツアーもご紹介中ですが、既製のツアーだけでなく、お好みにぴったりのあなただけのオリジナルプランもお任せ下さい!
まだまだ間に合う、年末年始ツアー!トーホートラベルでは多数のツアーもご紹介中ですが、既製のツアーだけでなく、お好みにぴったりのあなただけのオリジナルプランもお任せ下さい!
1
【フィジー最新情報】フィジーの航空会社・フィジーエアウェイズ来日〜東京セミナー開催
エリア:
  • 南太平洋>フィジー
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 旅行準備 
投稿日:2017/11/01 13:19
2

Bula!!

10月27日(金)に東京都内にて
フィジーエアウェイズセミナーが開催されました。

フィジー本国より大使、航空会社、観光局のマネージャーが来日し、
フィジーの魅力などを改めてたっぷりと紹介していただきました。

1

フィジーエアウェイズは現在、香港〜ナンディ間を週5便運航しております。

往路は左側の座席に座るとナンディ到着前に
きれいな島の景色を見ることができるとのことでした。

フィジーセミナーでは、マナ・アイランド・リゾート&スパの日本人マネージャーも来日し、
豪華なホテル宿泊券が当たる抽選などもありました。

3

フィジーにはきれいな海、豪華なホテルが当然ありますが、
ナンバー1の魅力はまたリピートしたくなる現地の人の良さだと思います。

フィジーへの日本人渡航者数は2016年は6,274人だったそうですが、
2022年は22,000人を目指すとの話がありました。

かなり大きな目標ですが、
そのためにぜひ日本からの直行便の就航を期待したいと思います!!

Vinaka vakalevu
タグ:
フィジー 直行便 フィジーエアウェイズ 航空 マナ 

PR
330以上の島々が南太平洋上に浮かぶフィジーは、色鮮やかな自然に恵まれた癒しの楽園。名立たる世界のセレブリティをも虜にするフィジーヘ、日本のお客様をご案内いたします。
330以上の島々が南太平洋上に浮かぶフィジーは、色鮮やかな自然に恵まれた癒しの楽園。名立たる世界のセレブリティをも虜にするフィジーヘ、日本のお客様をご案内いたします。
2
【タヒチ】エア・タヒチ(タヒチ国内線)新デザインの機体誕生!
エリア:
  • 南太平洋>タヒチ
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/10/13 13:30
2

イアオラナ!

タヒチの様々な離島へのアクセスを担う、タヒチ国内線「エア・タヒチ」

そのエア・タヒチの航空機が、
この度、ポリネシアの伝統的なタトゥーからインスピレーションを受けた、
新しい《制服》を纏い、生まれ変わります。

役目を終えたエア・タヒチの全ての航空機全ての生まれ変わりを祝うための新しいドレス、
そしてフランス航空機メーカーATRとのパートナーシップ30周年記念。

3

盛大なお祝いは、エア・タヒチの従業員や関連グループの招待客が集まり、
金曜の夜、空港の格納庫でエア・タヒチによって催されました。
局長によってカクテルが振舞われ、エア・タヒチの従業員によるダンスや歌が披露されました。

航空会社エア・タヒチは、自社の新しい機体デザインを誇らしく祝福し、宴の最後に、すでに塗装が完了した
2つの航空機をお披露目しました。

この宴は、エア・タヒチと1987年以来、航空機をエア・タヒチに提供しているフランス航空機メーカーATRとの
パートナーシップ30周年をお祝いする機会でもありました。

エア・タヒチのこれまでの航空機すべてと取り替えるため、最近の9つの新しい航空機の注文を通じて、
2社の協同関係は新しく生まれ変わりました。
この機体の入れ替えは、10月末にすべて完了されるとのこと。

Centre des métiers d'art (芸術職業センター)の生徒たちによってデザインされた、
ポリネシアのモチーフからインスピレーションを受けたというオリジナリティ溢れるデザインが
皆様のお目にかかる日も近いかもしれません。

4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜タヒチ・フィジー・ニューカレドニア・クック諸島 旅行専門店〜
【トーホートラベル】
https://www.tohotravel.com/
■お問い合わせ専用ダイヤル 03-5643-8032
■ご予約専用ダイヤル 03-5643-8031
営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土)
タグ:
タヒチ エアタヒチ エアタヒチヌイ 直行便 最新情報 

PR
【タヒチ直行便増便キャンペーン開催中!】2018年2月〜3月期間限定!タヒチへの直行便が週3便に増便されます!HPではおトクなタヒチツアーをご案内中!是非お気軽にお問い合わせ下さい♪
【タヒチ直行便増便キャンペーン開催中!】2018年2月〜3月期間限定!タヒチへの直行便が週3便に増便されます!HPではおトクなタヒチツアーをご案内中!是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

11 - 15件目まで(84件中)


国一覧
アジア
シンガポール(1)
南太平洋
タヒチ(654)
ニューカレドニア(254)
フィジー(240)
クック諸島(57)
バヌアツ(19)
ソロモン諸島(1)
中南米
チリ(18)
ホンジュラス(1)
北米
カナダ(1)
インド洋
モルディブ(14)