1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. シェーンさんの旅行ブログ

  海外エリア: オセアニア > オーストラリア の他のブログはこちら|

シェーンさんのアサートン高原メグリツアー

プロフィール

ニックネーム:
シェーン
居住地:
オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
性別:
男性
会社名:
トゥルーブルーツアーズ
会社英字名:
True Blue Tours
会社所在地:
オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
会社電話番号:
61-401-491-598
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
日本の皆様、こんにちは!
なぜアサートン高原めぐりツアーを企画したのか、まず地元オーストラリア人として日本からのお客様にまぎれもない本当のオーストラリアを体験して頂きたいと思ったのが最初です。というのもケアンズにはたくさんのツアーがあるにも関わらず私達オーストラリア人がオーストラリアらしいツアーだと思えるツアーが残念ながら数少ないからです。
TRUE BLUE という表現は生粋なオージという時に使うなのでどこまでも妥協しない、主義などに忠実であると訳することができます。さてケアンズでそのようなツアーをどうしたらお客様に体験してもらえるのか考えた挙句に私がたどり着いた本当のオーストラリアが皆様をご案内しているアサートンテーブルランドです。アサートン高原には私達オーストラリア人はもちろんのこと世界中からの旅行者が楽しんで頂けるたくさんの魅力が濃縮されています。原始時代から形成された最も古い熱帯雨林をはじめ、チーズ、チョコレート、フルーツ、ピーナッツ,コーヒーやワインといった地元のおいしい名産物がすべて勢揃いしております。一日観光まるで日本の北海道のような美しいのんびりとした景色から過酷なオーストラリアの奥地をあたかも再現しているようなカラカラに乾燥した大草原といった景色まで全く異なる景色をご覧頂き、改めてオーストラリアの雄大さを実感して頂けると思います。他のツアーと比べて一味も二味も違ったユニークなツアーなので是非一度もご参加して見てください。

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(28件中)

グラニット渓谷
グラニット渓谷の動物たち
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
テーマ:観光地 自然・植物 動物 
投稿日:2016/10/06 09:31
コメント(0)
マリーバから南へ10分ほど車を走らせると、今回の目的地『グラニットゴージ』のサインが見えてきます。
ハイウェイを下りて700メートルほどで「グラニットゴージ・ネイチャーパーク」の入口です。
入口を入ると、舗装されていない赤土がむき出しのガタガタ道がレセプションまで続きます。
ここはキャンプサイトとしても有名で、週末やホリデーシーズンはとても賑わいます。

ここでの一番人気は何といっても、岩場に住みついている“ロックワラビー”です。ロックワラビーとは…カンガルーの小型バージョンでオーストラリア国内には約12種類のワラビーが生息していると言われています。


ここのロックワラビー達は、とても人懐っこいので(たまに警戒心の強いワラビーもいますが…)餌をそっと差し出すと差し出した手から直接食べてくれます。その様子がとってもかわいいのです♡♡



グラニットゴージ

岩場からワラビー達がぴょんぴょんとはねて現れます



ワラビー

子供たちでも安心して餌をあげることができます




ワラビー

二匹同時に餌をあげることだって出来ちゃいます(*^_^*)



ワラビー

岩場の陰をそっと覗いてみたら、なんと赤ちゃんワラビーを発見!!
超かわいいぃ〜〜♪♪


かわいいワラビーたちにすっかり癒され満足したところで次なる動物たちとの触れ合いへ・・・



ヘビ

ヘビです。これは「カーペットパイソン」又は、「ジャングルパイソン」と呼ばれるニシキヘビですので安心して触ることが出来ます。

一緒に写真を撮ることが出来ますので興味のある方も無い方も、是非記念にどうですか??


他にも、「スペンサーモニター」と呼ばれるイグアナもいます。


イグアナ

なかなか触れ合う機会もないので、貴重な思い出となること間違いなしです。

Lake Barrine
ケアンズのお勧めリラクゼーションスポット『バリン湖』 後編
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
テーマ:観光地 世界遺産 自然・植物 
投稿日:2016/06/01 12:12
コメント(0)
今回のバリン湖への目的は・・・
もちろんスコーンともう一つはバリン湖のまわり5キロメートルのウォーキング!!


Lake Barrine


さぁ、世界遺産の森林浴ウォーキングへ出発で〜す!


入ってすぐ見えてくるのが2本の巨木・樹齢1000年のカオリマツ。
この高さ46メートルのカオリマツはここオーストラリア最北部の熱帯雨林の中でのみ見ることの出来る珍しい種類のマツです。



Kaori Pine


Kaori Pine


鳥のさえずりと羽音しか聞こえてこない静かな森の中のウォーキングは昼間だというのに空気がひんやりとしていて、とにかく気持ちが良い。
マイナスイオンをたっぷりと吸ってとてもリラックスできます。



Rainforest walk


Rainforest walk


ゆっくりと1時間かけて1周してティーハウスへ戻ってきました。

ティーハウスの裏庭にはポインセチアの花が咲いていて、そこでなんと鮮やかな青い色の羽をひらひらとさせた“ユリシス”を発見!



Poincetia



Flower


大自然のパワーで十二分にエネルギーを充電してケアンズへの帰路につきました♪

Lake Barrine
ケアンズのお勧めリラクゼーションスポット『バリン湖』 前編
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
テーマ:観光地 世界遺産 グルメ 
投稿日:2016/06/01 10:41
コメント(0)
ケアンズから南の町ゴードンベールを抜けて、ギリーズハイウェイという長いくねくね道を上りきるとすぐにバリン湖へのサインが見えてきます。


Lake Barrine Sign


このバリン湖は世界遺産に指定されている熱帯雨林の森に囲まれたカルデラ湖でおよそ1万年前の火山爆発によって形成されたと言われています。
湖で遊覧船に乗ることも出来るし、ティーハウスで賞をもらったスコーンを頬張りながらモーニングティー又は、アフタヌーンティーをするのもお勧め。



Lake Barrine Cruise

遊覧船は1日3便の運航(9:30,11:30,13:30)で所要時間は45分です。
料金は大人16ドル、子供8ドル


Scone

ティーハウス特製スコーンは上にのったクリームがふわっととても軽いので簡単にペロッと食べれてしまうのです…
一度食べると病みつきになること間違いなし!!


ティーハウスに併設されたお土産物コーナーではバリン湖オリジナルのかわいいデザインのティータオルやユリシスが描かれたパッケージに入れられた紅茶などをお土産に買うことも出来ます。こちらで売られているお土産はケアンズの町では買うことが出来ないオリジナル商品なのでお勧めですよ。



Tea towell



Ulicyss tea



ここで余談になりますが・・・

ここのティーハウス及び遊覧船はカリーさんファミリーによって1920年代から運営されています。1年間にかかる諸経費は下水道代だけでもなんと3万ドル(日本円にして約240万円)という莫大な費用がかかっているそうです。
バリン湖を訪れる観光客の皆さんが、ただトイレを使うだけではなく、遊覧船を利用したり、ティーハウスで食事をしたり、お土産物を買ったりして支払って頂くお金がカリーさんファミリーのとても大きなサポートになるそうですのでバリン湖を訪れる際にはちょっと思い出してみて下さいね。



Lake Barrine Sign



※続編ではバリン湖のまわりをぐるっと一周歩いてまわるウォーキングトレックについてご案内をさせて頂きます。

Atherton tabland
ケアンズのお勧めスポット『アサートン高原』へ行こう♪♪
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
テーマ:観光地 世界遺産 自然・植物 
投稿日:2016/05/18 09:34
コメント(0)
ケアンズへ来たからには是非、訪れて頂きたいのが…『アサートン高原』

ケアンズはもちろんグレートバリアリーフへの玄関口としても有名でマリンアクティビティのイメージが強いのですが、それでもやはり『アサートン高原』へも足をのばしてみることを強くお勧めします!!

『アサートン高原』と一口にいっても、その大きさは64,000平方キロメートル(タスマニアをほんの少し小さくした感じの大きさ)もあり、大まかにエリアを北部・中心部・南部に分けることが出来ます。



Atherton tabland Map




その中心部にあるのが、アサートン高原の中心の町『アサートン』

人口約7300人が暮らすこの町の主要産業は農業。
肥沃な土地を利用して作られる農作物はどれもトップクオリティで、
ここで作られる野菜やフルーツがケアンズのラスティーズマーケットに並びます。



Atherton town

Atherton tabland



そして同じく中心部にある小さな町『Yungaburra(ヤンガバラ)』

車で通ったらあっという間に通り過ぎてしまうほどの小さな町なのですが、古い建物が立ち並ぶおしゃれな通りにかわいいお店があったりして、ただぶらぶらと歩きまわるだけでも楽しいのです・・・
また、近くには大きな湖があるのでB&Bや貸別荘も多く、ケアンズの地元の人達や国内からの旅行者にも人気があるエリアです



Yungaburra

映画に出てきそうな田舎町の警察



Yangaburra

思わず覗いてみたくなる薬局です



Yungaburra

セカンドハンドショップで掘り出し物が見つかるかも・・・



それからアサートン高原の南部エリアに位置する町『Malanda(マランダ)』

海抜740メートルに位置する人口1900人のこの町には、ごく限られた場所でしか見ることの出来ない珍しい野生の木登りカンガルーが生息しています。また酪農産業が盛んで、どこまでも広がるのどかな牧草地帯では牛たちがのんびりと草を食んでいます。このあたりの風景は日本の北海道とどこか似ている気がします。



Tree Kangaroo

普段は木の上で暮らすとても恥かしがり屋の木登りカンガルー


Atherton cows


なかなか1日で見てまわるのは広すぎて難しいのですが、いくつかのスポットを効率よく回ることのできる1日のツアーに参加するのも良し、ドライブしてみるのも良し・・・
是非、『アサートン高原』へ出掛けてみて下さいね!!

マイクロライト
スリル満点 マイクロライト☆
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 グルメ 
投稿日:2016/05/13 09:08
コメント(2)
ケアンズから車でドライブすること50分🚙🚙

今回の目的地『Jaques Coffee Plantation(ジャークス・コーヒー農園)』へ到着です。



JAQUES



Termite Avenue(ターマイトアベニュー) とサインにある通り、巨大アリ塚
が並んでいます



Termite Avenue



一面に広がるコーヒー農園を抜けると・・・




Coffee tree




Jaques Coffee (ジャークスコーヒー) のカフェに到着〜〜



Jaques Cafe

コーヒー豆をイメージしたと思われるキャラクターがお出迎え (^_^)/



Jaques Cafe


ちょうど小腹の空いたランチの時間帯だったので、ソルト&ペッパーのカラマリ(イカのフライ)を頂きました。



JAQUES Lunch



そしてお腹が幸せに満たされたあと、今回の目的“マイクロライト”に挑戦です!!



Micro light


二人乗りのヘリコプターにJaques(ジャークス)のオーナーでもあり、パイロットでもあるナットさんに手伝ってもらいながら乗り込みます



Micro light width='500'>



ヘルメットをかぶり、シートベルトをして準備万端。さぁ、出発です!!


Micro light



滑走路で加速して、いよいよ離陸します



Micro light



ふわっと浮いたと思ったら、またたく間に上空へ。
眼下に風景が広がります。



Micro light


遠くにマリーバの街も見えます。


Micro light



このマイクロライトは地上5000〜10000mを最高速度時速160kmで飛行します。上空で肌に風がびゅんびゅんと当たる感じは、以前体験したスカイダイビングとどこか似た感じでスリル満点のライドでした。



Micro light



注:飛行中の操作は全てパイロットにお任せして、くれぐれもギアなどには触れないように…



Micro light





着陸もとてもスムーズで、楽しかった20分間のフライトが無事に終了しました。


そして、もちろん最後はカフェでコーヒータイム♪



Jaques Coffee


Jaques Cafe width='500'>




コーヒーの木にはたくさん実がなっていました。7月に収穫シーズンを迎えるそうです。



Coffe beans




今回のミッションを無事に終了し、大満足でケアンズへの帰路につきました(^_^)v

1 - 5件目まで(28件中)


国一覧
オセアニア
オーストラリア(28)