1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 国内
  4. 近畿
  5. 京都
  6. 洛東(祇園・清水)
  7. 街中・建物・景色
  8. 歩く-祇園風情

お寺行こう。

~今日もてくてく。明日はどこへ行こうかな。~

プロフィール
ニックネーム:
hamako
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
40代
自己紹介:
お寺や神社、建築物、爽やかな風を感じるスポットなどをご紹介。

この度、滋賀県観光交流局さんから「歴女ブロガー」に選ばれ、滋賀県を旅してきました!
滋賀県歴女旅行記はこちら↓
http://katematsu.exblog.jp/tags/%E6%BB%8B%E8%B3%80%E6%97%85%E8%A1%8C/

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

アーカイブ

歩く-祇園風情

2010/08/05 02:48
お茶屋の玄関通路
エリア:
  • 近畿 > 京都 > 洛東(祇園・清水)
テーマ:
  • 街中・建物・景色
  • / 歴史・文化・芸術
  • / 散歩・自転車
京都でも海外からの観光客率がかなり高く、“はんなり”な京都風情を感じられるスポットをご紹介。

■祇園
八坂神社から、河原町からともに、四条通り沿いに鴨川方面へ。
花見小路あたりで三条方面へ曲がると、ちょうど風情のよい白河沿いにぶつかります。

祇園白川の流れる白川南通は、きれいな遊歩道に整備されており、サラサラと流れる白川と柳の葉っぱを眺めながらのんびりお散歩ができます。
白川沿いにはお茶屋が並んでおり、昼間はカフェスペースになり誰でも入れるお店もあります。

白川南通と白川沿いのお茶屋


白川南通と白川橋を挟む位置に、小さな鳥居と神社があります。
そこを曲がると新橋通に。

白川の橋


新橋通りは重要伝統的建造物保存地区に指定されており、
花町の伝統的なお茶屋が軒を連ねています。
2階部分にすだれがかかっているのが大きな特徴。
そして、それを撮ろうと、みんな少し上を向いてカメラを覗きながら歩いているのも特徴(苦笑

新橋通

新橋通の様子


祇園は桜の名所としても有名で、春のシーズンにはたくさんの人で賑わいますが、個人的には、柳の青々とした葉がゆったりと揺れる初夏〜夏がおすすめ。暑い暑いと言われる盆地の京都でも、それを見ているとなんだか涼しい気分に。

夏は、お茶屋の奥まった玄関へ向かう通路に打ち水がされていることも多く、余計に涼しい気分にさせてくれます。
新橋通沿いのお茶屋さんはさすがに格式も高く、通りには観光客が多いものの、奥まった玄関を境にピンと結界のようなものを感じさせる雰囲気があります。

お茶屋の玄関通路


祇園界隈には、舞妓さん体験ができるお店も近くにあるようで、なんちゃって舞妓さんに遭遇できる確率も高し!
本物の舞妓さんはどうだろうなぁ、会えたことがあるのかどうかわかりません・・・


四条通沿いには、おなじみ『茶寮 都路里』の本店があるので、
疲れたらそこで順番待ちをしながら休憩し、美味しい和スイーツでパワーチャージをするのもおすすめです。

■茶寮 都路里
京都市東山区祇園町北側275 倭美坐(わびざ)祇園くろちくビル2F 地図
京阪電車、祇園四条駅5分四条通沿い
タグ:
祇園
白川
重要伝統的建造物保存地区
  • この記事が参考になった人(4)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。