1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. マレーシア
  5. コタキナバル
  6. 自然・植物
  7. コタキナバル ピグミー象

<スマたび@ウェンディーツアー>アジアの情報ブログ

~東南アジア(タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、台湾、カンボジア、ベトナムなど)のいろいろな情報をお届けします。ご旅行ならスマたびへご相談・お問い合わせください。~

プロフィール

ニックネーム:
スマたび
居住地:
東京都
性別:
男性
会社名:
エスエムアイトラベルジャパン
会社英字名:
S.M.I TRAVEL JAPAN
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5425-2339
業種:
旅行業
自己紹介:
スマたびは東南アジアを中心に手配業務を行っておりますランドオペレーターが運営するウェンディーツアーの日本発信サイトです。
スマートパッケージ(宿泊パック)、オプショナルツアー、送迎サービス、クーポンなどをウェブサイトで販売しております。
アジア各都市に事務所を構え、日本人スタッフが常駐し、アジア渡航の際はより快適な旅行、安心、安全をご提供できるよう。たとえばスマートパッケージとは現地での空港からホテルへの送迎、ホテル、観光などをセットにした現地参加型のパッケージツアーですが、現地では通常の海外ツアーと同じように当社のスタッフがしっかりサポートいたします。さらに、現地で事故に巻き込まれた場合の補償も、通常の海外ツアーと変わりません。
東南アジア専門会社だからできる幅広いネットワークと人材を生かして、柔軟性とスピード感のある手配を心がけています。多様化するマーケットにおいてあらゆるニーズにお応えするために付加価値のある特徴的な商品をご用意しております。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

コタキナバル ピグミー象

2014/03/03 19:30
コタキナバル タビン ジャングル
エリア:
  • アジア > マレーシア > コタキナバル
テーマ:
  • 自然・植物
  • / 動物
象といえば、アフリカにいるアフリカ象、タイなどのアジア象がイメージとしてありますがボルネオ島にも野生の象がいます。

アジア象より小型、ボルネオ島にしか生息していない絶滅危惧種で世界最小の象といわれるピグミー象です。成人の象でも体高2.5mしかなく(アジア象より50cmほど低い)、性格も温厚でより丸い顔が愛くるしい容姿をしています。

コタキナバル タビン ピグミー象


絶滅危惧種といえばオランウータンやマレーバク、ボルネオサイなど多くの動物たちが危機に瀕しています。ピグミー象も現在1500頭あまりの生息が予想されるのみになっています。

日本から一番近い都市コタキナバルをゲートウェイとし、国内線でタビンやダナンバレー、キナバタンガン川流域などに行くエコツアーが欧米人に人気です。コタキナバルに行かれた際は、深緑のジャングルへ足を延ばされてはいかがでしょうか。
タグ:
ボルネオ島
タビン
ダナンバレー
ピグミー象
  • この記事が参考になった人(5)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。