1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 国内
  4. 近畿
  5. 京都
  6. その他
  7. 【京都市の企業が地方の地酒を継承】

京都ミステリー紀行

~楽しい古都ばかり話そう~

プロフィール

ニックネーム:
京都ミステリー
居住地:
京都府
性別:
男性
会社名:
京都ミステリー紀行
会社英字名:
Kyoto Mystery Trip
会社所在地:
京都府
会社電話番号:
090-3653-5729
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
「京都ミステリー紀行」という観光案内をやっております。
よく「ミステリーツアー」と間違えられますが、一般に行われている「行き先や内容を告げずに参加者を募集する」いわゆるミステリーツアーとは違うので要注意。
京都ミステリー紀行とは。
「鵺池」「幽霊の子育て飴」など、京都に残された幽霊譚、怪奇譚を紹介するだけではなく、「菅原道真の怨霊伝説はインチキだった」「平清盛は悪い人ではなかった」「応仁の乱で京都は丸焼けにはなっていなかった」など、通説とは違うことや常識とは反対の説明をする異色のツアー。
『今昔物語』や『江談抄』のエピソードを語る他、『群書類従』や『古事類苑』に基づいた「真相の解明」も行うため、「面白くてためになる」とか「目からウロコの謎解きツアー」とも言われています。

最近、観光地域おこしへのお手伝いも始めました。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

【京都市の企業が地方の地酒を継承】

2022/07/08 14:25
エリア:
  • 近畿 > 京都
テーマ:
  • その他
【京都市の企業が地方の地酒を継承】

後継者がいない地方の酒造会社を継承するために設立された京都市の新興企業「夢酒蔵」が、最初の事業として滋賀県で「竹生嶋」ブランドを持つ吉田酒造の経営を引き継いだ。これにより地酒「竹生嶋」は守られることになる。

夢酒蔵の社長・大辺誠氏はこの6月まで月桂冠の取締役であった。特徴のある地酒を造っているのに後継者難やコロナの影響で経営悪化した地方の酒蔵を維持するため大辺氏が起業した。出資者は月桂冠のOBや現役社員約70名の他、京都銀行系のベンチャーファンドも参加している。

今後、中部地方から関西、中四国にかけて5社ないし6社の事業を引き継ぐ構想がある由。

まあ要するに月桂冠の支配が進むということかもしれない。しかし、それで消える運命の地酒が生き残るなら、それで良いのだ。
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
中部・東海
静岡(1)
近畿
京都(81)
滋賀(1)
兵庫(1)