1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. 京都ミステリーさんのブログ
  4. 【京都市 VS 京都府警】

  国内エリア: 近畿 > 京都 の他のブログはこちら|

京都ミステリー紀行

~楽しい古都ばかり話そう~

プロフィール

ニックネーム:
京都ミステリー
居住地:
京都府
性別:
男性
会社名:
京都ミステリー紀行
会社英字名:
Kyoto Mystery Trip
会社所在地:
京都府
会社電話番号:
090-3653-5729
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
「京都ミステリー紀行」という観光案内をやっております。
よく「ミステリーツアー」と間違えられますが、一般に行われている「行き先や内容を告げずに参加者を募集する」いわゆるミステリーツアーとは違うので要注意。
京都ミステリー紀行とは。
「鵺池」「幽霊の子育て飴」など、京都に残された幽霊譚、怪奇譚を紹介するだけではなく、「菅原道真の怨霊伝説はインチキだった」「平清盛は悪い人ではなかった」「応仁の乱で京都は丸焼けにはなっていなかった」など、通説とは違うことや常識とは反対の説明をする異色のツアー。
『今昔物語』や『江談抄』のエピソードを語る他、『群書類従』や『古事類苑』に基づいた「真相の解明」も行うため、「面白くてためになる」とか「目からウロコの謎解きツアー」とも言われています。

最近、観光地域おこしへのお手伝いも始めました。

カレンダー
11月<2019年12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

【京都市 VS 京都府警】

2015/06/19 23:16
自画像
エリア:
  • 近畿 > 京都
テーマ:
  • 観光地
  • / その他
【京都市 VS 京都府警】

京都市と京都府警が熱い戦いを繰り広げている。

きっかけは京都市が設置した観光客のための無料Wi-Fiである。



京都市は観光客の利便性のため手続きを簡略化して個人情報の登録などを不要にした。

ところがこれに京都府警が反発。

「犯罪に使われた場合、追跡捜査が困難」として京都市に抗議し、改善を求めたのである。

京都市は「利便性も重要」として、今のところ府警の抗議を受け付けていない。



確かに、Wi-Fi経由で児童ポルノ画像がアップされた場合など、パスワードを使ってログインされていればそれが発信者特定の手がかりになるが、今の京都市の方式では発信者が「KTOTO Wi-Fi」を利用したとしかわからないから、それ以上の捜査が困難になる。

京都府警の改善要求に対して京都市は



「現行方式は利用者の評判がよく、犯罪発生の報告はこれまで一件もない」



として方式を変えることは考えていない、という。



さて、規約に同意するだけで誰でも自由に利用できる利便性か、それとも悪用されることもあるという前提で悪意の利用者を特定する手段を確保しておくか。

この戦い、どちらに軍配が上がるのか?
  • この記事が参考になった人(2)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
中部・東海
静岡(1)
近畿
京都(66)
兵庫(1)