1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヨーロッパ
  4. スイス
  5. スイスその他の都市
  6. 観光地
  7. オードリー・ヘプバーンの軌跡

みゅう・スイス発信現地情報
プロフィール

ニックネーム:
みゅうジュネーブ
居住地:
ヨーロッパ>スイス>ジュネーブ
会社名:
みゅうスイス
会社英字名:
MIKI TRAVEL AGENCY SA
会社所在地:
ヨーロッパ>スイス>ジュネーブ
業種:
旅行業
自己紹介:
山ハイキングを中心にスイス全土の旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうハイキングツアー、ホテル、レストラン、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。何なりとご相談下さい。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

オードリー・ヘプバーンの軌跡

2021/05/09 16:03
TOLOCHENAZ
エリア:
  • ヨーロッパ > スイス > スイスその他の都市
テーマ:
  • 観光地

女優であり人道的な活動家でもあったオードリー・ヘプバーンの名は、
その才能と芸術面での輝きにより、映画史に刻まれています。
います。ヘプバーンは埋葬されているモルジュから数キロにある村、
トロシュナで30年近く暮らしました。
1950年代と1960年代、ヘプバーンは数多くの映画に出演しました。
その中でもアカデミー主演女優賞を受賞した「ローマの休日(1953年)」、「戦争と平和(1956年)」、「ティファニーで朝食を(1961
年)」、「マイ・フェア・レディ(1964年)」は最も有名なものだと
言えるでしょう。
1969年、ヘプバーンが挙式したモルジュの市庁舎から生前よく通って
いた市場、そしてパパラッチから逃れるために裏戸を利用していた
食料品店「デュマ」まで、いたるところにオードリー・ヘプバーン
のエレガントでシンプルかつソフトな面影を見ることができます。

トロシュナ編

トロシュナ村の中心にあるオードリー・ヘプバーン広場です。

 そこに記念プレートと胸像があります。

広場にある案内板です。マップと日本語の説明は掲載さています。

バス停留所も彼女のお名前になっています。モルジュ駅から702番のバスで簡単にアクセスができます。

 ラ・ペジブルという名を持つという彼女が30年を住んでいた家もそのすぐ近くにあります。村の上を走る国道に面しています。

村のすこし外れに位置している墓地にあるお墓です。今だに大事にされています。

モルジュ編

 「デュマ」のチーズ屋さん。

毎週に通っていたというメインストリートの朝市です。

 同じメインストリートに面しているお気に入りの喫茶店の「フォルネロー」です。

1969年にプバーンが挙式したモルジュの市庁舎です。記念プレートもあります。

  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
スイスの個人旅行はみゅうでどうぞ。
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
ヨーロッパ
スイス(103)
フランス(13)
イタリア(2)