1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. みゅうスイスさんの旅行ブログ

  海外エリア: ヨーロッパ > スイス の他のブログはこちら|

みゅう・スイス発信現地情報

プロフィール

ニックネーム:
みゅうスイス
居住地:
ヨーロッパ>スイス>ジュネーブ
会社名:
みゅうスイス
会社英字名:
MIKI TRAVEL AGENCY SA
会社所在地:
ヨーロッパ>スイス>ジュネーブ
業種:
旅行業
自己紹介:
山ハイキングを中心にスイス全土の旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうハイキングツアー、ホテル、レストラン、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。何なりとご相談下さい。

カレンダー

7月<2018年8月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(75件中)

クライミングジム
ジュネーブ近郊 今流行りの「クライミングジム」
エリア:
  • ヨーロッパ>スイス>ジュネーブ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 ハイキング・登山 
投稿日:2018/03/21 00:00
コメント(0)

こんにちわ。

春分を過ぎましたが、今週のスイスは冬に逆戻り?!

北風が吹き、自転車通勤の特派員の手は凍え、ほっぺは真っ赤です。

旅行中、半日ほどフリー、何かちょっとスポーツしたいあなたへ、今日は最近オープンした室内クライミングジムの紹介です。

TOTEM Versoix Escalade / Bar / Yoga 

こちら、何十メートルもあるザイルやハーネスを使って登る室内クライミングではなく、シューズだけあれば手軽に楽しめるBLOC(ブロック)の壁で、落ちてもクライミングホールの床は全体がマットレスがしかれていて安全です。

こんなかわいい子供もクライミングシューズをはいて登っています。

もちろん、情熱もって登っている若者から年配のカップル、子供連れのい家族まで。。。和気あいあいとした雰囲気です。

広いスペースが印象的!

入り口の受付けがバーになっていて、クライミングしなくてもビール飲みながら見学もできます。夕方は、ワイワイと、スポーツ談議に花が咲きます。

女性も結構見られます♪中には男顔負けのすごい女性も登っています。笑

バーの横には、子供用のブランコやら、筋トレスペースも取ってあります。

行き方:

ジュネーブ・コルナバン駅の1番線から出ているローカル線で20分弱。Versoix駅から徒歩7分。

入場料 :大人18.-sfr ,レンタルシューズ 5.-sfr 

月ー金 :10h-22h、土 :13h30-22h,日:13h30-20h

 

 

 


PR
5月の雪を見に来ませんか?
時計塔
ベルンの時計塔 ーー改修工事で解体中ーー
エリア:
  • ヨーロッパ>スイス>ベルン
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2018/03/12 00:00
コメント(0)

ベルンの時計塔「ツァイトグロッケントゥルム」の改修工事のお知らせです。

1530年からベルン市民に時を告げ、観光客を楽しませてきた美しい時計塔は今現在見られません。

 

(写真:SWISSINFO.CHより)

工事期間 : 2月5日から6月初旬

改修工事のスケージュール
2月5日から:プラットフォーム&足場の建設
3月12日から:改修工事(ファサード&屋根、Victor Surbek絵画の修復、アストロラーベの分解、人形劇の メンテナンス)
 
(写真:SWISSINFO.CHより)
 
(写真:SWISSINFO.CHより)
5月中旬から:足場の解体作業
6月初旬: 工事終了
 
現時点、タワーは完全に足場で覆われています。アストロラーベと人形劇 も見ることができません。タワー内のツアーは通常通り可能です。二つの窓からも景色を見ることができます。
 
**********
今年の夏から、文字盤、装飾や、時計塔の内部の複雑な部品など清掃、修復し再び美しくなった時計塔の仕掛け時計を見られるようになりますので楽しみですね!!

時計塔の前には毎時56分から、しかけ時計の正時の知らせを見に観光客が集まってきますので、みなさん、お見逃しなく。

正式な工事終了の日付がわかり次第、またお知らせいたします。

 

 
 

PR
世界遺産のベルンをガイドと共に散策しませんか?
アヌシー
「ヴェネツィア・カーニバル」IN アヌシー
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>アヌシー
テーマ:観光地 街中・建物・景色 お祭り・イベント 
投稿日:2018/02/27 00:00
コメント(0)

2月24日(土曜日)

今年も、寒波押し寄せる中、第22回ベニス風カーニバルがアンシーで開催されました。1995年に、AnnecyのBerthollet学校のイタリア教師の働きかけで、姉妹校となったイタリアのヴィチェンツァ学校との交流の枠組みの中でアソシエーションが創設され、その後様々な文化活動を提供しています。1996年以来、アネシーの街で大きなイベントになっている、ヴェネツィアのカーニバルもその一つです。

アルプスのヴェニスと呼ばれるアンシーは、ジュネーブから高速道路を使うと車で35分足らずです。旧市街には、運河があり本当に小さなベニスのようです。足りないのは・・・・ゴンドラだけ?!笑

ベネチアンマスクに、煌びやかなドレスと帽子・・・、運河をバックにポーズをとるのは、ボランティアを含める「Carnival Venitien Annecy」のメンバーです。

インスピレーションを研ぎ澄まし、ボランティア達は自分たちの衣装を創作・披露し、彼らの姿を一目見ようと押し寄せる何千人という観光客を楽しませています。

マスクの奥に光る怪しげな目は、ミステリアスですね・・・。

旧市街地は、マルシェをやっていました。

毎月最終土曜日には、食品、装飾品に加えて、骨董市をやっています。

本や昔のレコードなども・・・

その中を、ベネチアンドレスをまとったマダム達が優雅に歩き観光客の目を惹きます。

運河と湖のほとりのアンシー、風が吹くと、体感温度はマイナス10度くらいでしょうか・・・。洒落たバーやレストランが軒を連ね、ホットワインで体を温めます。

 

寒空の下、天気はいまいちでしたが、この週末アンシーは大賑わいでした。

ゆき


PR
アルプスのヴェニス、水の都アヌシーへ♪
シテ・デゥ・トン
ジュネーブ散策? シテ・デゥ・トン --- Cite du temps ---
エリア:
  • ヨーロッパ>スイス>ジュネーブ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2018/02/20 00:00
コメント(0)

2月20日。

気温5度。今日も良い天気です。ランチタイムの散策その?です。

ジュネーブの元水道局を改装して作られたイベントセンター、「シテ・デゥ・トン --- Cite du temps ---」のご紹介。モンブラン橋から徒歩5分もかかりません。16世紀に始まるスイスの時計産業の中心地として栄えたジュネーヴの、レマン湖上にある歴史的な橋につくられた「スウォッチ・グループ」の展示・イベントセンターです。

中に入ると、天井はガラスで吹き抜け、非常にモダンな建物で驚きます。また、館内には、カフェ・レストランや多目的ホールもあり、定期的にさまざまなイベントが開催されています。

本日、2階は、テンポラリーのエクスボジション会場となっていました。

3階へ上がると、1983年から現在までリリースされたスウォッチの全モデルをみることができる常設展があります。

オシャレなカフェ・レストランもあります。

数多くのアーティストが手がけた個性的な作品は必見。

スイスの時計産業に関して少し触れておくと・・・・・60年代後半に、企業1500社、9万人の雇用を抱えるピークを迎えていましたが、70年代に入り日本製のクォーツ時計が出現したことで、大きな衝撃を受け(クォーツショック)、スイスの時計産業は危機を迎え、80年代半ばには、企業数は500〜600社、雇用は3万人にまで減少、大危機に陥りました。そこに現れたのがスイス時計業界の救世主、Swatchの創設者、ニコラス・ハイエック!!

彼は、皆さんもご存知の、一世風靡した「スウォッチ」の創設者です!!これが世界で大ヒット!世界最大の時計製造会社となりました。ニコラス・ハイエックは後にスウォッチグループを創設し、ブレゲ、ブランパン、オメガ、ロンジン、ラドー、ティソ、ハミルトンなどの息絶え絶えだった数々の有名ブランド会社の立て直しを図り、スイス時計業界を救ったヒーロー的存在です。

「スウォッチ・グループ」が、満を持して世界初となる“時”をテーマにプロデゥースしたミュージアムが、ここなのです。名前は、“時の都(時間の都市)”を意味するフランス語で「シテ・デュ・タン Cité du Temps」と名付けられました。
時計の聖地といわれるスイスの中でも中心地として栄えたジュネーヴの町の中心にあるマシーヌ橋(機械橋)Pont de la Machineに位置しています。

ちょっと時間がある旅行者の方、swatchファンの方、一見の価値ありです。

ゆき


PR
ジュネーブでチーズフォンデゥーを♪
ジュネーブでチーズフォンデゥーを♪
春はそこまで
ジュネーブ散歩道 ー春はもうすぐー
エリア:
  • ヨーロッパ>スイス>ジュネーブ
テーマ:街中・建物・景色 自然・植物 散歩・自転車 
投稿日:2018/02/19 00:00
コメント(0)

2月19日 ジュネーブ。

最低気温はまだ朝夕マイナスを切ることもありますが、日中は5-6度まで上がり、晴れていると、ローヌ川沿いでコートを羽織りながらも日なたぼっこしている人達が見られ始めました。

今日は、ちょっと時間のある方に、駅からのんびり1時間弱の散歩道ご紹介です。(私はランチタイムに早足で30分で行ってきました。)

コルナバン駅から、モンブラン通を下り、レマン湖に向かって真っすぐ降りて、湖に突き当たったら右側へ。つまり、湖から注ぎ出ているローヌ川沿いの散歩になります。

奥に見えるのは、レマン湖の噴水です。

透明に透き通った綺麗なローヌ川のほとりを歩きます。水が、本当に透き通って美しいです。ここは、ちょうど両側の建物に風が遮られ、日向ぼっこに最適です。

あれ?もしかして花??? と、近づいてみるとクロッカスでした。ジュネーブで見る今年初のクロッカスです。

ミツバチも、この川沿いで仕事始め〜♪笑

10分も行くと、川の水量を調節するダムがあります。昔は水力発電をしていた建物 Batiment des forces motricesですが、今は、内装され、劇場や多目的ホールの役割をしています。

川の橋を渡り、向かい側の川沿いをpont de la machine通りまでいきます。有名な昔水道局だったCite de tempsがあり、中はSWATCHの展示など見られます。そこから、駅まで10分弱。ぐるりと一周ちょうど1時間弱の水辺の散策道です。

本日は、いい天気で、市役所の園芸係の職員さん達が春芽が出る前のプラタナスの伸びた枝を切る作業を始めていました。

春も、もうそこまで来ています・・・。

ゆき


PR
ジュネーブから水仙を見に行く!!

1 - 5件目まで(75件中)