1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. みゅうジュネーブさん
  4. フランスの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

みゅう・スイス発信現地情報

プロフィール

ニックネーム:
みゅうジュネーブ
居住地:
ヨーロッパ>スイス>ジュネーブ
会社名:
みゅうスイス
会社英字名:
MIKI TRAVEL AGENCY SA
会社所在地:
ヨーロッパ>スイス>ジュネーブ
業種:
旅行業
自己紹介:
山ハイキングを中心にスイス全土の旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうハイキングツアー、ホテル、レストラン、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。何なりとご相談下さい。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 5件目まで(13件中)

TOURDULEMAN
ツール・ド・レマン
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>エヴィアン レ バン
  • ヨーロッパ>スイス>ジュネーブ
  • ヨーロッパ>スイス>ローザンヌ
テーマ:観光地 世界遺産 散歩・自転車 
投稿日:2020/08/13 15:23
コメント(2)

レマン湖を自転車で一周するというのはサイクリング好きな人なら一回走ってみたいサイクリングコースの一つです。ということで今日のアクティビティは決まったのですが、177キロは長い・・さすがに完走できないだろうなと思いながら、とりえず行けるところまでチャレンジすることに。。いずれ観光スポットは一杯楽しめる工程なので満喫できる一日になるでしょう。スタート地点のMorgesから出て、まず通過するのはオリンピックキャピタルであるLausanne です。こちらはICOの本部です。湖畔にあるオリンピックミュージアムとパークです。Lausanneの船着き場。船だと30分で簡単に対岸のフランスに行ってしまいますが、今回は自力で行くということなので長い〜旅です。湖畔を30分走ると世界遺産のラヴォーぶどう畑が見えてきます。途中、ラヴォーの可愛らしい村々も通ります。次はVeveyです。Veveyといえば日本でもお馴染みのネスレ社の本社のある、喜劇王チャーリー・チャップリンが晩年の25年間を過ごした町です。最近はチャップリンの世界を紹介するミュージアムも大人気です。Veveyを出て20分。Montreuxが見えてきます。Vevey同様にMontreuxは別の有名人に愛されていました。英国ロックバンドのQueenのリーダーのFreddie Mercuryの銅像が湖畔に立ちます。そのすぐ近くにあるQueen Studio ExperienceのQueen wallです。Montreuxを過ぎると定番観光スポットのシオン城は見えてきます。次の町、Villeneuveです。気になる銅像が。。。そうなんです。 マハトマ・ガンジーの銅像です。なぜこんなところに?となりますが、実はインド政府からの贈り物で1931年にガンジーがこの町で5日間を過ごしたことを記念するものだそうです。今回のコースは46番のTour du Lemanです。Villeneuveを過ぎると風景が一変します。Evian les bainsまでは原生的な自然の場所は多くなります。フランスに近づいてきました。Le Bouveretの船着き場です。国境です。St.Gingolphの町のドン真中にあるのでこの町はスイス側とフランス側の両方が存在しています。フランスに入ると標識も変わります。フランス領内の部分は自転車専用の道は多いので嬉しいのですが、いきなり標識はなくなる所は多いので何回か迷子になりました。フランス側から見たラヴォー地区です。線路が見えてきました。そこでちょっと歴史の勉強。1995年に廃線となったSt.Gingolph-Evianの線路の跡です。19世紀に発足された東京(トンキン)線の一部です。トンキン線とはスイスのSt.MauriceとGenèveを結んでいた、レマン湖のフランス側を通る鉄道でした。トンキンといえば本来はヴェトナムにあった鉄道ですが、なぜ同じ名前は付けられたというと、フランス植民地のインドシナの下にあったヴェトナムのトンキン鉄道の工事を担当していたフランス人の技術者たちはこちらの線路の工事にも参加していました。地質は非常に似ていたために同じ名前は付けられたという説があります。現在のトンキン線はSt.Maurice-St.GingolphとEvian-Geneve間しか運営されていませんが、2027年に廃線になった部分は復旧する見込みで、元の形のトンキン線に戻ります。Evianにやっと到着です。フレンチアルプスのリビエラとも呼ばれています。南仏にあるような雰囲気でとても素敵な町です。Evianといえば同じ名前の水は有名です。Source cachatという泉で実際のEvianの水を誰でも組むことはできます。ここで水の補給することに。こちらは元々のEvian社の本社です。現在、L'espace EvianというEvian社のフラッグシップです。Evianの水と関係するグッズが買えます。冬はしまっている日は多いので注意が必要です。ちょうどランチタイムとなりました。名物の魚、Filet de percheを美味しくいただきました。この地点の走行距離ですが、80キロです。隣町のAmphion-les-bainsにあるEvian社の工場です。見学も可能です。走り続けるとThonon-les-bainsを通ります。また、南仏ムード満載の町です。この日の目玉観光スポットのYvoireです。やはり何度行っても素敵な場所です。まだ走る距離はあるのでエネルギー補給(?)は大事です。 スイスに戻りました。Hermanceで国境を越えて、しばらくGenèveのビバリーヒルズと呼ばれている地区を通って、国際都市のGeneveのシンボルでもある大噴水は見えてきます。ちょっと遠回りでも国連の欧州本部であるPalais des Nationsに寄ってみました。Geneveから25キロ離れているNyonのお城です。すぐ近くにローマ帝国時代の遺跡も残っています。出発して150キロを走ったところですが、ここで今日のツール・ド・レマンが終わります。完走まであと25キロでしたが、それ以上は無理でした。チャレンジ的に残念ですが、一応、有名な観光地はすべて見れたので満足です。


PR
スイスのオプショナルツアーの予約はこちらで!
スイスのオプショナルツアーの予約はこちらで!
Mont Blanc
モンブラン観光最新情報
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>シャモニー
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 
投稿日:2020/07/06 08:26
コメント(0)

名峰、モンブランの麓の街シャモニーから最新情報お届けします。

まずヨーロッパアルプス最高峰、標高4810mのモンブランに臨む展望台のエギーユ・デュ・ミディ展望台へのロープウェイ乗り場です。カメラで体温チェックされます。シャモニーはフランス領なのでスイス国内とは違い、乗り物内はマスク着用義務です。

ロープウェイに乗るところです。こうやってソーシャルディスタンスは保たれています。

途中駅も同じです。

展望台では至近距離で人がすれ違わないように矢印で人の流れは管理されています。

 

次はメール・ド・グラス氷河を一望できるモンタンヴェール展望台への列車の車内です。

こちらはモンタンヴェールの駅のホームです。

?


PR
スイスのツアーの予約はこちら!
スイスのツアーの予約はこちら!
アヌシー
「ヴェネツィア・カーニバル」IN アヌシー
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>アヌシー
テーマ:観光地 街中・建物・景色 お祭り・イベント 
投稿日:2018/02/27 00:00
コメント(0)

2月24日(土曜日)

今年も、寒波押し寄せる中、第22回ベニス風カーニバルがアンシーで開催されました。1995年に、AnnecyのBerthollet学校のイタリア教師の働きかけで、姉妹校となったイタリアのヴィチェンツァ学校との交流の枠組みの中でアソシエーションが創設され、その後様々な文化活動を提供しています。1996年以来、アネシーの街で大きなイベントになっている、ヴェネツィアのカーニバルもその一つです。

アルプスのヴェニスと呼ばれるアンシーは、ジュネーブから高速道路を使うと車で35分足らずです。旧市街には、運河があり本当に小さなベニスのようです。足りないのは・・・・ゴンドラだけ?!笑

ベネチアンマスクに、煌びやかなドレスと帽子・・・、運河をバックにポーズをとるのは、ボランティアを含める「Carnival Venitien Annecy」のメンバーです。

インスピレーションを研ぎ澄まし、ボランティア達は自分たちの衣装を創作・披露し、彼らの姿を一目見ようと押し寄せる何千人という観光客を楽しませています。

マスクの奥に光る怪しげな目は、ミステリアスですね・・・。

旧市街地は、マルシェをやっていました。

毎月最終土曜日には、食品、装飾品に加えて、骨董市をやっています。

本や昔のレコードなども・・・

その中を、ベネチアンドレスをまとったマダム達が優雅に歩き観光客の目を惹きます。

運河と湖のほとりのアンシー、風が吹くと、体感温度はマイナス10度くらいでしょうか・・・。洒落たバーやレストランが軒を連ね、ホットワインで体を温めます。

 

寒空の下、天気はいまいちでしたが、この週末アンシーは大賑わいでした。

ゆき


PR
アルプスのヴェニス、水の都アヌシーへ♪
やま
世界で一番美しい景色のテラスの一つ、「レストラン・パノラミック」シャモニー
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>シャモニー
テーマ:観光地 スキー・スノボ グルメ 
投稿日:2017/03/17 00:00
コメント(0)

こんにちわ、MYUスイスです。

今日は、シャモニーの素晴らしい景色のレストランをご紹介します。

世界で一番美しい景色を見ながらお食事できるテラスの一つと確信をもって言えます。

シャモニーの街から一番簡単に徒歩でいけるスキー場でもあるブレバン“Le Brevent ”の頂上に位置するレストラン・パノラミック(2525m)は、スキーヤーだけでなく、たくさんの一般客もこの眼前に広がる息をのむ景色を見ながらお食事するためにやってきます。

お天気が良いと、満席になりますので、予約をおすすめします。

こんな感じで、テラスが張り出しています。

こんなゴージャスな眺望テラスで、ワインの一杯でも・・・・心が癒されます。

 干し肉セットと、ポテトフライ+ワインで、約25.-euroくらいでした。メニューは、日替わりランチから、地元料理などいろいろチョイス

あります。食事は、3時で終了。その後は、飲み物だけでも注文可能です。

テラスは安全のために、テラス周辺にガラスがはめ込んでありますが、下のシャモニーの街まで見下ろせます。凄いスリルです。笑

正面は、この通り、絶景です。モンブラン山群と流れ落ちる氷河、山頂にかかる雲が動く様子までよく見えます。左のとがっている山頂は、モンブラン展望台のAiguilleu du midiです。

Aiguille du Vert

このテラス、冬だけでなく、ブレバンがオープンしているときは、夏も開いています。

ちなみに、下から見ると・・・・こんな絶壁にあるテラスです。

どうぞ、一度行ってみてください!!

夏のマップは、以下の通り。

 

Le Brevent 

往復ゴンドラ+ロープーウェイ料金 :31.50.-Euro

オープン:4月17日まで。6月10日から9月17日2017

シャモニーで一日楽しむなら、モンブラン・マルチパスがお得です!!

 


PR
シャモニーへ行こう!
狩人の峠
山スキー「狩人の峠」へ!
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>シャモニー
テーマ:ハイキング・登山 スキー・スノボ 自然・植物 
投稿日:2017/03/07 00:00
コメント(0)

こんにちわ、myuスイスです♪

今日は、スキー場から外れて、ヨーロッパアルプスのワイルドな景色をお楽しみいただきましょう。

快晴の週末、パウダースノーを求めて、狙いを定めた場所は、Col des Chassures 「狩人の峠(2520m)」と呼ばれるコルからの北斜面!ツールド・モンブランでおなじみのルート上を通り、3時間ほど登っていきます。雪崩ビーコン等装備しての本格的な山スキーです。

山スキースタート地点は、コンタミンの谷のどんずまり、ノートルダム教会の前(1,210m)から。

前方には、ラケットをつけて歩いているおばあーちゃん!

そうです、とてもポピュラーなルートです。

スキー板に、シールを貼り付けて、一歩一歩登っていきます。

スキー場と違い、本格的に山を愛する登山家達の世界です・・・。のんびりと、おなかがすいたら腰を下ろして休憩も♪

遠くから見えた斜面が目の前に!小さく前方にはスキーヤーがジグザグと、登っているのが見えます。

太陽が射さないので、立ち止まると寒いですが、なんせ動いていますから、汗かきます〜〜笑。

上部にくると、雪斜面が35度から40度!山スキーをつけての方向転換(コンバージョン)は、結構難しくなってきます。でも、こ〜んなにパウダースノーが!!

峠に到着!!非常に開けていて、広くて快適。

はい、正面のなだらかな三角の山は、モンブランです。見る角度が違うと、違う山のように見えますね。

さあ、お楽しみのスキー滑走!!自分の思うようにスキートレースをつけて優雅に滑ります。

3時間もかけて登りましたが、下りは40分!あっという間にスタート地点のノートルダム教会の前に到着!つかの間のお楽しみでした。

もうそろそろ、気温が上がってきましたので、春スキーとなりますが、アルピニストにとっては、今から高山に向かってシーズンが始まります。

 

 

 


PR
スノーハイキングしてみませんか?

1 - 5件目まで(13件中)


国一覧
ヨーロッパ
スイス(103)
フランス(13)
イタリア(2)