1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. スナフキンさん
  4. 買物・土産の記事一覧

  国内エリア: 中部・東海 > 愛知 の他のブログはこちら|

旅行ばかりのスナフキンたち

~きれいな景色とゆかいな旅情報を かわいいぬいぐるみと共にお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
スナフキン
居住地:
東京都
性別:
女性
自己紹介:
国内・海外のきれいな景色と美味しいグルメを探しにカメラを持っておでかけしています。温泉ソムリエ。キャラクター研究家。フリーランスなので呼ばれればどこへでも出向きます。お仕事はお気軽にご相談下さい。

カレンダー
4月<2021年5月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

大あさり
【ラグーナテンボス】フェスティバルマーケットのおさかな市場で買い物&おやつ
エリア:
  • 中部・東海>愛知>蒲郡・吉良・幡豆・幸田
テーマ:買物・土産 テーマパーク グルメ 
投稿日:2017/10/05 23:34
外観

蒲郡にあるラグーナテンボスにきたよ。
わっしょい!遊ぶぞー!と行きたいところですが、
今回紹介するのはグルメスポットしても注目したいフェスティバルマーケット。


おさかな市場

フェスティバルマーケットの中には、素敵なレストランもいっぱいあるんだけど
フラっとカジュアルに楽しむなら、おすすめはおさかな市場。
その名の通り地元のお魚をその場で買うこともできるし食べることもできるんです。


いか1

まずは、ガイドさんイチオシのイカの姿焼きを見に行ったよ。
お店の名前は、「海鮮焼工房」。おさかな市場のまんなかくらいの場所です。
これ地元の人も買いに来るという人気の逸品。
いきなりオッチャンにすぐに試食を渡されました。わー、ちょう美味しい!


いか2

お持ち帰り用の真空パックと、すぐに食べる用の焼きたてからチョイスできます。
まとめて買うとちょっとお買い得になるみたいだよ。
ぬいぐるみたちは、すぐに食べたかったので、ひとまず焼きたてをゲットしました!


いか3

まんなかに「海鮮たべりん広場」というフードコートみたいな場所があって、
買ったものを座ってゆっくりいただくことができるのもうれしいポイント。


焼き大あさり

そしたら目の前で「大あさり」を焼いているのを見かけてしまって、こちらも注文。
「あー美味しいんだけれど、やっぱりコレは潮風を浴びながら食べてこそだなぁ」
なんだかすっかりぬいぐるみたちも生意気を言うようになったものだよ。


ういろう

帰りの新幹線で食べる用お弁当類とか、家で食べる用のめずらしい生ういろうも。
海苔とかめかぶとかあさりのオイル漬けとかお友達用土産もいっぱい購入したよ。

ひと仕事終えたねぇ。そうだねぇ。買ったねぇ。いっぱい買ったねぇ。


クレープ

お買い物の後は、クレープでお茶休憩です。外のテラス席でカフェタイム。
「月の花うさぎ」という三河地方の素材をいっぱい使っている和菓子屋さんで
美味しそうなクレープをゲット。
これ、西尾の抹茶をたっぷり使っているんだって。甘いものは癒されるねぇ。うまいねぇ。

今度来るときは、観覧車も乗りたいな。るん♪

《おまけ》
新幹線
帰りの新幹線の中で、「海鮮工房 鰻ま屋」で買った海鮮丼と鰻のおにぎりをいただきました。
お店のおばちゃんが気を使って保冷剤いっぱい入れてくれてありがたかったです。
ごちそうさまでした。

【INFO】
ラグーナテンボス・フェスティバルマーケットのおさかな市場
http://www.lagunatenbosch.co.jp/festival/shop/fish/index.html
三河地方の地のものがいっぱいでした!
グルメもお土産物も、大変充実しています。
タグ:
#もっと話したくなる東三河 #いいじゃんがまごおり 海産物 蒲郡市 カフェ 

PR
ASOSUNA(遊んでばかりのスナフキン)
世界のどこにいても変わらぬリズムを刻んで暮らす 
ちょっと役に立つ旅とグルメと生活リテラシーの完全独自レポート
ASOSUNA(遊んでばかりのスナフキン) 世界のどこにいても変わらぬリズムを刻んで暮らす ちょっと役に立つ旅とグルメと生活リテラシーの完全独自レポート
M1
【ニュー渥美観光】メロン狩り&メロン食べ放題!リーズナブルな地元野菜もお買い物!
エリア:
  • 中部・東海>愛知>伊良湖・田原
テーマ:買物・土産 観光地 グルメ 
投稿日:2017/09/30 16:57
M2


突然ですが、メロンってどんな風になっているのか知ってますか?
見たことありますか?
私は今回、初めてメロン畑にお邪魔してきました。

M14

場所は、「ニュー渥美観光」です。平らですね。平野ってこういうのをいうのか。
というわけで、さっそくメロンがなっているというビニールハウスへGO!

M1

メロンはこんな風になっているんだよ。
ずっしりな重さを支えているビニールひもはそのままに(来年も使うんですって)、
両サイドの枝を切り落とします。

M3

重さに差があるので、どうせなら、重たくって大きくって、
網目がしっかりしているものがいいですよね。
どの子にしようかな〜な、ときめきタイム。
「キミに決めた!」
(↑ポケモン風に叫んでみたよ。)

M4

ポイントは、枝の長さをしっかり残した、Tの字のヘタです。
こうすると、見栄えもよくって商品価値も高いんだそう。
別に売る予定はないけれど、どうせ持ち帰るなら、
カッコよくカットしてあげたいですよね。

M5
最後に葉っぱの部分をチョキンと切り落とします。

M6
できた!軽く感動の瞬間です。

この写真は加工しましたが、私の目には本当にこんな風に見えました。本当に。

M7
とったメロンは、箱に入れて持ち帰れるんだよ。ルーン♪

M8

ぜひニュー渥美観光のビニハで皆さんもメロン狩り体験をしてみませんか?
大人も子供も、わくわくするひとときを過ごせます。


M9

さ、無事にメロンの収穫を終えた後は、一仕事終えた気分で、
思いっきりメロンを食べましょう。なんと食べ放題!
わー!この写真のピンボケ具合も
テンションの上がり方のハンパなさがうかがえますね(笑)

M10

半分にカットしたメロンをいただいたあとは、奥の8分の1カットを。
ペロっと丸1個分いただきました。
ちなみに、メロンの甘さには結構個体差があるみたいです。
周りの皆さんも、ハズレだとか、アタリだとかいろいろ呟いてました。

M11

そして、ここ、すごいのはメロンだけじゃありません。
野菜がまた安い!カボチャがでかい!

M12

とうがんもデカイ!
すごく買って帰りたかったけれど、旅の初日のまだまだ序盤。
この子らを抱えて歩くのはしんどいので、さすがに断念しました。
田原の地元の人たちはいいな〜。

【INFO】
ニュー渥美観光
M13
住所:〒441-3614 愛知県田原市保美町段土165
TEL:0531-32-0636
http://www.kudamono.com/contents/merongari/index.htm
メロン狩り+食べ放題(1玉お持ち帰り)のコースはネットからもお申込できます。
季節によって価格が変わるようですので、旅の計画されるときのご参考に!
タグ:
ニュー渥美観光 メロン狩り メロン食べ放題 #たはら暮らし #もっと話したくなる東三河 

PR
ASOSUNA(遊んでばかりのスナフキン)
世界のどこにいても変わらぬリズムを刻んで暮らす 
ちょっと役に立つ旅とグルメと生活リテラシーの完全独自レポート
ASOSUNA(遊んでばかりのスナフキン) 世界のどこにいても変わらぬリズムを刻んで暮らす ちょっと役に立つ旅とグルメと生活リテラシーの完全独自レポート
T2
【蔵王山展望台】朝の渥美半島を大パノラマで!パワースポットで幸せの鐘が鳴るよ♪
エリア:
  • 中部・東海>愛知>伊良湖・田原
テーマ:買物・土産 観光地 街中・建物・景色 
投稿日:2017/09/29 16:54
T9

渥美半島の絶景といえば、まずチェックしておきたいのが「蔵王山展望台」です。
新幹線で豊橋駅に到着してから、車で1時間ほど。ひたすらのどかな風景が流れます。
この展望台の入口までは、険しい山道をグルグルと登っていく感じ。
途中チャリで登っているスポーツマンたちを見かけたよ。

入口からは2Fのエントランスまで、スロープになっている遊歩道か階段で向かいます。

T1

朝のみどころは、4Fの展望フロア。
ガラス越しではありますが、三河湾の海に遠くで風力発電の風車、
そして田原の町並みをグルっと360°のパノラマビューで見渡すことができます。
この施設を紹介してくださったおじさんの話によると、
空気が澄んでいる日には富士山が見えることもあるそうです。

「ほかにはコレといって目印になるような観光スポットはないんだけど…」と、
控えめなプレゼンをされていましたが、
逆に「そこがいいんじゃな〜い!」って思いました。

T2

ちなみに富士山がみえるというのは、2Fの「富士見デッキ」という場所だそうで、
最近流行りのパワースポットなんだそうですよ。
微妙に運が悪いのか、雲が邪魔してきて、この日は富士山が見えなかったうえに、
「幸せの鐘」を見るだけ見て満足してしまって、鳴らすのを忘れてしまいました。

まったく…!どこまでもウッカリなぬいぐるみたちです。

T5

しかし、入口にあったノートにはしっかりとその足跡ならぬサインを記録。
インスタとかやってないから、いいね♡って誰もつけてくれないけれど、
勝手に自分で書き込んできたよ。ちゃっかりしてるでしょ。

T6

ノートの隣には、こんな感じの認定証もありました。
「健脚を称え…」的なことが書いてあったので、
さすがにバスでここまできちゃった人はダメかな。と、自重しました。エライ。

T4

さきほどのスロープに戻ってみると、こちらは海の風がとっても気持ちいい。
牛の前髪が思いっきりそよいでますね。

T3

エントランスには「蔵王panorama Café」があります。

観光できたからにはぜひチェックしておきたい「渥美半島のお土産」コーナー。
メロン餅やメロン羊羹、メロンの漬物までありました。
すっごく気になるけれど、試食でもしないかぎり、
なかなか手が伸びなさそうな摩訶不思議な特産品が並んでいます。

T8

そうはいっても、こんだけメロンを推されると食べないわけにはまいりません。
シャーベットを買ってみました!美味しい。

「せっかくだから〜!」と思って、外のベンチで。

景色もいいけれど、やはり潮風が最高です。海の匂い×メロンシャーベット。
至福のひととき。早めのおやつ。ココでしか味わえないひとときです。

向こう側のスロープは夜になると、足元の畜光石が光り輝くらしく
「星空の散歩道」として、恋人たちに人気のロマンチックなスポットなんですって。
だけど、朝もとっても素敵だったよ。

【INFO】
蔵王山展望台
住所:〒441-3403 愛知県田原市浦町蔵王1−46
TEL:0531-22-0426
公式サイト:http://www.zao3.net/
T7
*ペットの入場お断りだそうです。ぬいぐるみはOKでした。
タグ:
#もっと話したくなる東三河 渥美半島 #たはら暮らし ビュースポット パワースポット 

PR
ASOSUNA(遊んでばかりのスナフキン)
世界のどこにいても変わらぬリズムを刻んで暮らす 
ちょっと役に立つ旅とグルメと生活リテラシーの完全独自レポート
ASOSUNA(遊んでばかりのスナフキン) 世界のどこにいても変わらぬリズムを刻んで暮らす ちょっと役に立つ旅とグルメと生活リテラシーの完全独自レポート

1 - 3件目まで(3件中)