1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. スナフキンさん
  4. 歴史・文化・芸術の記事一覧

  海外エリア: アジア > 中国 の他のブログはこちら|

旅行ばかりのスナフキンたち

~きれいな景色とゆかいな旅情報を かわいいぬいぐるみと共にお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
スナフキン
居住地:
東京都
性別:
女性
自己紹介:
国内・海外のきれいな景色と美味しいグルメを探しにカメラを持っておでかけしています。温泉ソムリエ。キャラクター研究家。フリーランスなので呼ばれればどこへでも出向きます。お仕事はお気軽にご相談下さい。

カレンダー
4月<2021年5月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

太和門前
トランプ大統領をもてなした!故宮博物院のスケールを体感する丸1日観光
エリア:
  • アジア>中国>北京(ペキン)
テーマ:街中・建物・景色 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/11/12 20:09
天安門
こんにちは。先週の北京はなんだかとっても慌ただしい街に大変身していました。
それもそのはず。10月31日にロシアのメドベージェフ首相が、
その翌週にはアメリカのトランプ大統領がご夫婦でそろって訪中。
天安門広場のところに掲げられている国旗たちも、とっても慌ただしい感じで
入れ替わり立ち替わりなめったにないバタバタっとした雰囲気でした。

さてさて、ニュースとかでもたくさん取り上げられていた
習主席の故宮を貸し切ってのトランプ大統領のおもてなし。
1日最大8万人もの観光客が訪れるという故宮博物院って、どんな場所だか気になりますよね!

今回は、その魅力をあたらめてゆっくり満喫しようと思い、
「真面目にみたら丸1日かかるよ」と言われる故宮を本当にまる1日かけてみてきました。
おてんばなミィのぬいぐるみとともに、そのハイライトをお届けしていくよ。

故宮入口
まずは天安門をくぐった先にある故宮の入口。
あ、そうそう天安門ではパスポートの提示が必要なのでちゃんと携帯しましょうね。

チケット売り場前
午門と呼ばれるもの正面の建物の手前にチケット売り場があります。
事前にネット予約をしていくほうが確実みたいですが、うっかりなミイは当日突撃観光。

チケット売り場
平日の朝の売場の込み具合はこんな感じ。そんなに並ばずに済みました。
一番左のレーンは団体用みたいです。ここでもパスポートの提示要!

チケット
チケットが意外と味気なくって、こんな感じのプリントアウトした紙を渡されます。

太和門前
さぁ、それではいざ!故宮へ!
午門の先には水路にかかる金水橋が5本かかっていて、その先にあるのが太和殿です。
ラストエンペラーの世界が突然現れた感じ。

「故宮博物院」という名前だから、単に大き目の博物館なんでしょ!って思っている人は
大間違いですよ。ここは、明清492年から長きにわたって皇帝たちが過ごしてきたお城なのです。
故宮は今も紫禁城とも呼ばれているんだよ。

獅子
太和殿の前に佇むカッチョいい獅子とも。
彼は皇帝の早いお帰りを祈るために建てられているものなんだそう。
太和殿の両サイドにいらっしゃって、東が雄、西が雌。

走獣
あと建物のオレンジの屋根にもご注目を。
これは走獣といって、この数が多いほど、その建物の重要性が高いという証らしい。
先頭の仙人が結構楽し気でかわいかった。

故宮2
広い広いと言われる故宮がどのくらい広いかというと、
入口の午門→太和門→太和殿→中和殿・・・と縦に直線に連なっていて最後の神武門までは
およそ1キロもあるんだとか。
その間、もちろん建物の内部を見て回ったり、門の前後には階段もあったりするから、
半分まで来た時点でこのまだまだ広がる故宮の残り半分の景色を見たときに、
本当に「ヤバい!こればガチで1日かかる!」と焦りました。

景運門カフェ
でもそんな広い故宮はさすが、世界に誇る観光地!だけあって、
広い敷地のなかに、カフェとかレストランもあるんです。
建物に溶け込みすぎていてわかりにくいけれど、たとえばミイの手の真上にある
景運門よこの建物とか。

カフェ
うっかりしていると通り過ぎそうになってしまうけれど、なかにうっすらCAFEの文字が。

カフェ2
カプチーノを25元と割とリーズナブルに楽しめたりもします。
故宮の風景を眺めながらの一息もなかなかイイものだね。

故宮3
ちなみに入口のところだけ公安(おまわりさん)がいっぱいいて、
写真制限とかパスポートチェックとか、ものものしいくらい警備が厳しいけれど
なかはとっても自由に散策できます。
ぬいぐるみを没収されそうになったパルテノン神殿よりはるかに穏やか。

御花園
奥の方にある御花園といわれるエリアも素敵でしたよ。
いたるところに太湖石を積み上げて作ったといわれる築山があったりして
皇帝や皇后、お妃さまたちが愛でていたという宮廷式のお庭があるんです。

御花園2
この御花園のエリアだけでも1万平方メートルちかくあるんですけど、なんかもう故宮全体が広すぎて
ガイドブックとかには「そんなに広くはない」とか書いてありますけれど、十分広いだろ!
って思ったのは私だけでしょうか?
水辺の風景とかゆったりしててとても落ち着きます。

東筒子
故宮の奥まで言って西エリアをパーっとみて迷子になりそうになりつつ
皇帝たちが京劇を見たという建物とかを一通り見ておきたかったので
この長〜い東筒子を通って、故宮を一気に3分の1くらい戻ります。
ここは、ライストエンペラーでもある愛新覚羅溥儀が自転車にのって遊んだと伝わる場所。
大変有名なスポットですが、歩いているときは感動よりも気が遠くなりそうな長さでした。

珍宝館
さてさてこの珍宝館というところは、また別料金(たしか10元)でまたチケットが必要です。
とくに皇后やお妃さまたちが愛用していたという豪華絢爛な品々を見たいという人は
まさに必見スポット。室内をまわる感じなので、お天気がイマイチなときもココいいかもね。

珍宝館2
私がこの間いったときはどちらかというと海外の人より中国国内の観光客が多い感じでした。
いずれにしてもじっくり見るとここだけでも1日終わっちゃうんじゃないかというくらい
ボリューム満点の展示です。

楽寿堂
さらに奥まった場所にある建物、この「楽寿堂」は、あの西太后が晩年に過ごしていたと
言われる場所で、ベッドなどもそのままに展示してあります。

日時計
これは日時計。ほかにも至る場所に生活感を感じさせられるスポットが。
エンペラーという称号がすごいのはよーくわかるんだけれども、この塀に囲まれた
広くも狭い紫禁城の中での強いられていた彼らの生活を思うと、
はたして幸せだったのかな?ってちょっと複雑な気分にもなりますよ。

故宮博物院、紫禁城をじっくり見てまわった結果、そんな感想をもちました。

朕
故宮のお土産物屋さんでは「朕」のブローチを購入。
エンペラーならではの一人称だよね。

そして最後に…
景山公園
すっかり日も暮れましたが、故宮の出口の向かいにある裏山
「景山公園」の上にも上りました。
ここからは、故宮博物院をずーっと奥まで見渡すことができる場所です。

北京の空気が汚いからではないよ。本当にかすんじゃうほどずーっと遠くまで続き
横にもばーっと広がっているスケール満点な景色でした。ホント素敵。
頑張って登って良かったです!

ちまたには、故宮博物院の半日ツアーとかもありますけれど、
ここはマジで1日とって、ゆっくり観光してみる価値がある場所かなーと思いました。
タグ:
ラストエンペラー 紫禁城 トランプ大統領 習近平 世界遺産 

PR
ASOSUNA(遊んでばかりのスナフキン)
世界のどこにいても変わらぬリズムを刻んで暮らす 
ちょっと役に立つ旅とグルメと生活リテラシーの完全独自レポート
ASOSUNA(遊んでばかりのスナフキン) 世界のどこにいても変わらぬリズムを刻んで暮らす ちょっと役に立つ旅とグルメと生活リテラシーの完全独自レポート
TK1
【パワースポット!蒲郡竹島と八百富神社】憧れの絶景フォトと華麗なる一族
エリア:
  • 中部・東海>愛知>蒲郡・吉良・幡豆・幸田
テーマ:ビーチ・島 歴史・文化・芸術 自然・植物 
投稿日:2017/10/01 22:58
TK1
もし女子旅とかで東三河をまわるのでしたら、ぜひとも押さえたい観光スポットが
この「蒲郡竹島」です。
標高22m、周囲約680m、面積約1.9haというこじんまりした無人島。
なんとあの島全体がパワースポットとして有名な神社なんですって。きゃー♡

この387mの竹島橋を渡って、向こうに遠く見える八百富神社へ行ってみました。

あ、ちなみに、この橋、縁結びの橋とも言われているんだそう。わおロマンチック。
カップルは手を繋いで渡ると恋に効くとか。
うっかりなぬいぐるみたちは、そのジンクスをあとから知ることになったんですけど。
ぜひカップルやご夫婦での訪問なら仲良く手を繋いで渡ってくださいね。

TK2

あ、そうそう、注意すべきポイントがもう一つ。
橋を渡っている最中は、決して振り返ってはいけないそうですよ。
ガイドのおじさんに聞いたらギリギリ横向きまではセーフだそうです(笑)
なので往路はせめて、向こう180°な狭めの景色で我慢のひとときを。

ちなみにこの海、季節によっては、潮干狩りができるくらいの干潟になるそう。
この日は思いっきり海の水で満ち満ちているね。

TK3

さ、そうこうしている間に、鳥居が見えてきたよ。
あそこから先が、竹島弁財天として知られる「八百富神社」の入口です。
ペコリと一礼してお行儀よく入場。

開運・安産・縁結びの神を祀った「日本七弁財天」のひとつにも数えられる神社です。

TK4

鳥居を抜けたら、お待ちかねの振り返り。ジャーン。
山の上にある「蒲郡クラシックホテル」が肉眼だとはっきり見えます。
かつて、昭和天皇もご宿泊になられたり、2006年にはキムタクの「華麗なる一族」の
ロケ地にもなったりしたという名門ホテル。

「いつか泊まってみたいねぇ。」
ぬいぐるみたちの野望が広がるー!

TK5

八百富神社の全容は入口の地図に。
ガイドのおじさんがついててくれなかったら確実に迷ってしまいそうな広さ。
それにしても島全体が神社ってすごくないですか?
パワーをビリビリ感じます。

というわけで、ここからはおふざけは控えめにいくよ。

TK6

まずは石の階段を登ります。って、いきなり101段…。神社はこの上に。
「よーし、がんばるぞー!」
ってか、ガイドのおじさん、はえぇ…。さすが、地元の人は慣れてるんですね。
東京のど真ん中・銀座の博品館育ちの牛と羊には険しい道のりが続きます…!

TK7

ようやく境内のエリアに到着。
手水舎で手と口をすすいで、参拝です。

TK8

橋の向こうにいたときから思っていたけれど、本当に自然豊かな場所です。
対岸とは400mほどしか離れていないにも関わらず、この場所には天然記念物の
珍しい植物などもいろいろあるそう。すっごく気持ちのイイ木漏れ日。

TK9
狛犬さまにもご挨拶。

関ヶ原の戦いの前には徳川家康も参拝したそうですよ。
特段、直近に戦いの予定はありませんが、
「何かいいことがありますよーに」と、ぼんやりなお願いをしっかり参拝。

ちなみに右手にはおみくじなども売っていて、
なんと大吉の上の「大大吉」というのがあるそうです。
残念ながら、ぬいぐるみたちは普通の「吉」どまりでしたが、それでも満足度◎

TK10

もうひとつ、境内左手にある、こちらの「福種銭」にもご注目!
「お金が貯まる御守り」なんですって。
無人なので見落としがちですが、直接100円をお納めていただいてきました。

TK11

「お財布に入れて大事にするんだ…!」


TK12

境内のエリアを出るとまた、しっとりとした竹林があるよ。
なんと「竹島」という名前の島ではありますが、実際、竹が生えているのって、
さっきの狛犬様のところと、ココくらいなんだそう。ちょっと意外ですよね。

TK13

少し進むと下り坂に。木々の隙間から見える海がとっても素敵です。

TK14

三河湾の海って不思議ですよね。
果てしなくブルーというより、見る角度や光の当たり方によって
色の感じや煌き方が一瞬一瞬、違って見えます。

TK15

ガイドのおじさんによると、あの向こうの島、
お釈迦様の寝姿に似ているとして、有名なんですって。
写真家の間でも人気のフォトスポットだそうで。。。

ぬいぐるみならではのポージングで記念撮影も楽しんできました。

TK16

あの石塔が見えてきたらその麓に転がっている石もよーく見てみてね。

「大きな石や岩によ〜く目を凝らしてみてください。」
ガイドのおじさんがいなかったら、スルーしちゃいそうなマニアックポイント。

TK17
わかるかな?まんなかの石。

TK18
丸で囲ってみました。どうかな?

TK19
これ、毛利家の家紋じゃないかって言われているそう。
戦国時代かなんかに、海を越えて運ばれてきたんですかね?

なんだか浪漫があるスポットです。そんなこんなの参拝含めて賞味20分。
竹島をグルっとめぐるハイスピード観光でした。

TK20

途中、要所ごとに披露してくださるガイドのおじさんのご自身で撮影されたという
絶景写真も魅力的でしたよ。これを撮影するのに3年もかかったそう。
悠久の時間の流れに思いを馳せる素敵な構図。

とてもじゃないですが、通りすがりの旅人には、こんな人の心を動かせる瞬間は
なかなか訪れてはくれません。
だけど、いつ、どんな季節に、何時ごろ、どんな状況で、
この瞬間のシャッターチャンスを待っていたのか、そんなリアルな体験談を
教えてもらえたのは、とってもラッキーな気分でした。

そういう地元の気合入っているカメラマンの人に出会えるチャンスは
普通にフラっと旅行しているだけでは、なかなかない機会からね。

いつか、ぬいぐるみのシルエットと共に、素敵な風景を撮影できたらいいな。
蒲郡クラシックホテルに泊まりたいな。
あ、それを神様にお願いすればよかった…(笑)

【INFO】
蒲郡竹島
http://www.gamagori.jp/look/detail_4_0_1_0_0.html

八百富神社
http://www.yaotomi.net/

三河湾に浮かぶ無人島です。でも観光地なので人はいっぱいでした!
三河湾国定公園でもあり、とても自然豊かなスポットです。
タグ:
#もっと話したくなる東三河 #いいじゃんがまごおり 蒲郡 デート 縁結び 

PR
ASOSUNA(遊んでばかりのスナフキン)
世界のどこにいても変わらぬリズムを刻んで暮らす 
ちょっと役に立つ旅とグルメと生活リテラシーの完全独自レポート
ASOSUNA(遊んでばかりのスナフキン) 世界のどこにいても変わらぬリズムを刻んで暮らす ちょっと役に立つ旅とグルメと生活リテラシーの完全独自レポート
托鉢の様子
世界遺産の街ルアンパバーンの朝 托鉢の見学と喜捨体験
エリア:
  • アジア>ラオス>ルアンプラバン
  • アジア>ラオス
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2016/01/08 22:23
町そのものが世界遺産というラオスの田舎ルアンパバーン。

ここでまずびっくりしたのは町の清潔さ。
早朝から掃き掃除をしている国、日本以外で初めてみましたよ。
というのも托鉢の僧侶の皆さんが裸足なので、
近所の人がまだ陽も昇らぬうちから、掃除して、お米を炊いて
こんな感じで準備しているのです。これ朝の5時半だよ。

朝の様子

これが観光客向けのハリボテじゃなくてこの町の文化として
生活の中に根付いているので、本当にスバラシイな〜と感動しました。

そして私もせっかくなので、喜捨の体験。
観光客向けにこんな感じのセットが30000〜80000キープ(200円前後)で
売られています。値段は売り子さんと交渉次第。
私はこの日現地通貨を持っていなかったので5ドルで購入。

托鉢セット
お菓子がザル2皿とうるち米1カゴ。

道端にはピクニックシートみたいなのとお風呂の椅子みたいなのが
こんな感じで地元の人によって準備されていて、托鉢の開始を待ちます。
ワクワク(*'▽')
喜捨体験

ワット・シエントーン ( Wat Xieng Thong )という
1560年にラーンサーン王朝のセーターティラート王によって建立された
由緒正しい寺院の前で待ちました。
5時45分になるとゴーンという鐘の音共にスタート。
オレンジの装束に身を包んだ僧侶の皆さんがひたひたとやってきました。

ワットシェーントーン

ワーン。思っていたよりも皆さん歩くペースが速くて、配るの大変。
アワアワしながら、一生懸命喜捨。
服装は露出の少ないもので、地元の人が托鉢のセット購入の時に
肩にかける布も貸してくれます。
あと女性は僧侶に触れてはいけないとか、
托鉢の通路をふさいで写真をとってはいけないとか、
決まりを守って、謹んでの貴重な喜捨体験となりました。

ホテルから見学
朝ごはんを食べながらも托鉢見学。

というわけて私はあっという間に配り終えてしまって、ぶらぶらと
散歩しながら6時半には宿泊していたヴィラサンティに戻ったんですが
欧米系の観光客の中には托鉢セットを次々とおかわり購入して
真面目に喜捨をするツワモノも!

けっこう遅めの時間でもパラパラ僧侶の方々がくるので
ちょっと寝坊してもご心配なく!(^^)!

そんなわけで、ルアンパバーンの朝は早く、
なんか一日がめちゃめちゃ充実しそうなスタートとなりました。
道端の落っこちたお米を拾いに鳥たちがピヨピヨ幸せそうにしてて
改めてイイ町だなぁとじんわりほっこりしますよ。

カオソーイの朝ごはん
おまけ
朝食のとき、オムレツのコーナーの横で、
ヌードルとかもその場で調理してくれるんだけど
この出来立てのカオソーイが最高においしかったよ。
タグ:
托鉢 喜捨 ルアンパバーン 僧侶 カオソーイ 

PR
ASOSUNA(遊んでばかりのスナフキン)
世界のどこにいても変わらぬリズムを刻んで暮らす 
ちょっと役に立つ旅とグルメと生活リテラシーの完全独自レポート
ASOSUNA(遊んでばかりのスナフキン) 世界のどこにいても変わらぬリズムを刻んで暮らす ちょっと役に立つ旅とグルメと生活リテラシーの完全独自レポート

1 - 3件目まで(3件中)