1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. エスプリさんの旅行ブログ

  国内エリア: 関東 > 栃木 の他のブログはこちら|

★いちごロード★編集スタッフブログ

~栃木県へ行ってみたいと思っている方や、近場で体験できる楽しいことを探している栃木県民の方に最適のブログです♪~

いちごロード by Esprit
栃木のイイトコ取りサイト「いちごロード」。とちぎをもっと応援したい!そんな気持ちで始めた情報サイトです。栃木県のコアな情報もありますよ。
プロフィール

ニックネーム:
エスプリ
居住地:
栃木県
会社名:
エスプリ
会社英字名:
Esprit
会社所在地:
栃木県
業種:
その他
自己紹介:
楽しいこと大好きなEspritのスタッフたちが集めてきた栃木県内の情報を提供させていただきます。栃木県を旅してみたい方には、ちょっとした旅のアクセントになるような出来事を、栃木県民の方には、地元で楽しく参加できるイベントを、そんな痒いところに手が届くような情報をこつこつと取材しています。

カレンダー
10月<2010年11月    
12345 6
78 910111213
141516171819 20
2122 2324 252627
282930

記事一覧

6 - 10件目まで(11件中)

社参行列鳥居
再現プレイ!日光社参行列
エリア:
  • 関東>栃木>宇都宮
  • 関東>栃木>日光
テーマ:街中・建物・景色 お祭り・イベント 歴史・文化・芸術 
投稿日:2010/11/08 15:44
コメント(0)
2010年10月24日、「よみがえれ!宇都宮城」市民の会が主催する宇都宮城址まつりの企画のひとつで、江戸時代の日光社参を再現した「社参行列(※注)」が行われました。侍から足軽まで様々な扮装をした市民300名余りが行列に参加していました。

※注:1863年に宇都宮城主の戸田忠恕が将軍の代理で日光参詣へ向かう際、宇都宮城に入城した様子を描いた絵巻をヒントに再現。

社参行列鳥居

↑二荒山神社の境内へ向かう社参行列。江戸時代にタイムスリップした気分に…↑

この再現された社参行列は、午前11時に西小学校をスタート、ユニオン通り、オリオン通りと練り歩き、二荒山神社を経由して午後1時に会場(宇都宮城址公園)に到着しました。

若者の多く集まるオリオン通りでは、とつぜん現れた江戸時代さながらの行列に目を白黒させるギャルの姿や、驚愕の余り呆然と立ち尽くす外国人さんの姿なども見受けられ、ある意味とても面白かったです。

社参行列堰き止め車

↑行列が通過する間、警察官に足止めを食らう車たち。一体何事か?とドライバーたちも目が点↑

【文/写真・AT(Esprit)】
タグ:
戸田忠恕 日光参詣 将軍 江戸 宇都宮城 

PR
オリオン通りを練り歩く「社参行列」のムービーなど、こちらからどうぞ。
オリオン通りを練り歩く「社参行列」のムービーなど、こちらからどうぞ。
も801
もったいないフェア宇都宮2010<後編>
エリア:
  • 関東>栃木>宇都宮
テーマ:街中・建物・景色 お祭り・イベント その他 
投稿日:2010/11/08 14:26
コメント(0)
もったいないフェア宇都宮2010<後編>

(この記事は<前編>からの続きです。)


も765

宇都宮城址公園のイベント会場に戻ると「ミヤリー」ちゅあんもご出勤してました。
大きな桜をつけているので女の子たちに人気です。

も766

めったに見ることができない「モモタン」と「タンタン」の後ろ姿です。
・・・ファスナーは気にしないでね。

も768

栃木SCのブースです。
地元のサッカーチームですが、エコ活動に積極的なんだそうですよ。

も769

河内図書館のブースです。
古書を売ってましたが意外に大人気でした。

も775

さて、いよいよ、クイズラリーの抽選会場へ!
運の良いことに、全問正解してたみたいです。
そして商店街の福引きみたいなガラガラポンをしました。

も776

見事に大はずれ!
ティッシュと100円引き券をゲットです。
ほんとは・・・当選すれば堆肥とかを貰えたのに〜〜。(T_T)

も774

せっかくの宇都宮城址公園に来たんですから、晴明台櫓に登ってみましょうね。

も777

これが櫓の中に入ってみたところです。
宇都宮市街地方面がのぞけます。

も778

これが内側からのぞいてみたところ。
お堀の向こうに見えるのが栃木県庁です。

も780

土塁の上から会場を見渡してみました。
先程までとはまた違った印象を受けますね。

も784

会場の真ん中ではチェーンソーカービングの真っ最中でした。

も782

チェーンソーカービングの人だかりのとなりで、
ポツンとたたずむ「食丸くん」。
登場する間が悪かったのかもね・・・。

も785

続いて、土塁の上からエレベーターで下へ降りてみましょう。
ペットは乗れないんですね。でも「ご主人さま〜」って萌え系ですかね?

も786

エレベーターの中からも会場が見えます。

も788

チェーンソーカービングの作品が完成していました。
この作品はフクロウだそうです。さすがに素晴らしい腕前です!!
制作していたアーティストは小林哲二さんでした。

も789

海外の国々からもいくつかのブースが参加していました。
写真は左から、台湾、イラン、ペルーのブースです。

も790

これはイランのシシカバブーです。ぐるぐる〜と回ってます。

も791

ペルーのブースでは癒し系動物でおなじみのアルパカの人形や笛が売られてました。
アルパカのひとつひとつの顔が素朴で笑えました。

も795

写真は左から、インド、アルゼンチン、タイのブースです。
インドのタンドリーチキン。美味しそうです〜。

も793

ステージでは次の催し物「ジュニアジャズオーケストラ」の準備が着々とすすめられています。

も794

ステージ袖では、出番を待つオーケストラメンバー。
ドキドキだねーーーー。

も796

いよいよ演奏が始まりました。
子どもたちも演奏のレベルの高さにノックアウトされたみたい。
食い入るように見つめています。

も797

まだガン見しています。

も801

各国ブースから良いにおいがただよってくるので、ちょっと買い食いしちゃいましょ♪
アルゼンチンのエンパナダ。これ今まで食べたことが無かったので初挑戦です!

も803

こんなかんじ。パイみたい。
お肉がメインの具なんですけど、見かけよりもたんぱくな味です。

も805

もう一品ぐらい食べたいですよね。どれがいいかな〜。
写真は台湾の焼きそば。美味しそう♪ でも今回はスルー。

も806

網焼きが食欲をそそる、ペルーのチョリソーに決定!
オーダーするとペルー人のおじちゃんがジュ〜ジュ〜してくれます。

も808

こんなかんじ。中から肉汁と油が滝のように流れてきます。
超粗びき!

も812

「どっとこちゃん」ご出勤です。
このゆるキャラはもったいないフェアのチラシに載ってなかったので分からなかったんですが、
下野新聞のキャラクターなんだそうですよ。
ちなみに下野新聞は栃木県の地元紙です。

も814

「壬雷ちゃん」もご出勤です。
頭はちょんまげですか?

も816

「ルリちゃん」もご出勤です。
瑠璃鳥は栃木県の県鳥です。

も821

「ベリーちゃん」もご出勤です。
県内のゆるキャラが集合して、これからゆるキャラクイズ大会が始まります。

も823

あら?でもクイズ会場に入れないゆるキャラが遠くにいますよ?

も825

おぉぉ!あんなところに、「ぶんべつくん」と「てれすけくん」の姿が!

も826

市民参加の○×クイズがスタートしました!
ぶんべつくん不在でも何事もなかったかのようにクイズはすすんでいきます。
さ〜て、優勝者は誰かな??o(^-^)o

も837

ついに優勝者決定!
○×クイズ主催の?壬雷ちゃんから直々に賞品が手渡されています。

も841

と思ったら、またまた変な人(その2)を発見!
あなた風船を頭につけすぎですよ〜。俗に言う風船おばさんか??
(後日談:あの風船帽子はバルーンアーティストのみなみさんからのプレゼントだそうです)

も844

イベントスケジュールは終了したはずなのに、ステージでは司会のお姉さんらが打ちあわせ中。
まだ何かおまけがあるみたいですよ。
隣りに先ほどのチェーンソーカービングのフクロウの姿もありますね。

も848

待っていた甲斐がありました。
ステージに「食丸くん」と「とちまるくん」が登場です!

も851

おっと。なんと、ステージ横には、あの風船おばさんの姿が…。

も852

食丸くんのポーズを真似る少女。
この子はずっと食丸くんを真似てましたよ。

も854

顔の大きなとちまるくん。
安定感がないせいか、何度も倒れそうになって可哀相な感じ。

も855

というわけで、これから全員で「とちまるくん体操」を踊るようです。
そんなこんなで、このもったいないフェアもいよいよラストです!
皆さんもとちまるくん体操をおぼえて3kg痩せよう!


(おしまい)

【文/写真・AT(Esprit)】
タグ:
エコ もったいない ゆるキャラ 宇都宮城址公園 クイズ 

PR
「とちまるくん体操」など、もったいないフェア宇都宮2010の全容はこちらからどうぞ!
「とちまるくん体操」など、もったいないフェア宇都宮2010の全容はこちらからどうぞ!
も766
もったいないフェア宇都宮2010<前編>
エリア:
  • 関東>栃木>宇都宮
テーマ:街中・建物・景色 お祭り・イベント その他 
投稿日:2010/11/08 11:55
コメント(0)
もったいないフェア宇都宮2010<前編>

9月26日に宇都宮城址後援で開催された「もったいないフェア宇都宮2010」に行ってきました。
宇都宮市は市の活性化のために、こういった催し物を頻繁に開催しています。
ほとんどのイベントのタイトルに「2010」がついてしまうのはご愛嬌?

主催は、宇都宮市もったいない運動市民会議。
後援は、NHK宇都宮放送局や、毎日新聞宇都宮支局、などなど多数。
今回の催しはその名のとおり、「エコ」をテーマに市民の意識の向上を狙ったもののようです。

主なプログラムは、
★よさこい演舞
★ゴスペルコンサート
★大道芸人パフォーマンス
★チェーンソーカービング
★ジュニアジャズオーケストラ
★ゆるキャラによるエコクイズ
他に、無料で食べられる「もったいなべ」や、太陽光発電イベント車の試乗もやってました。

も708

ステージ上ではゴスペルコンサートの真只中でした。
黒人の方達かなとおもってたら全員日本人でした。^^;

も710

会場のごみ箱は細かく分類されていました。
身をもって分別の仕方が学べます。

も709

クイズラリーを開催していました。
会場内の4つのポイントにクイズが設置してあり、それに答えて正解すると抽選会に参加できる仕組みです。
くまなく会場を歩いてもらえるうまいアイデア。

も713

クイズのブースその1です。

も715

向かいのブースでは焼きそばを販売していました。
朝っぱらから焼きそばがバンバン売れていきます。

も717

他のブースでも負けじと焼きそばを焼きはじめました。
完全にかぶってますよ。

も720

こちらはTEPCOのブースです。
エコカーが展示されていました。

も725

変な人を発見!(写真まん中の人)
実は、人間ではなくて樹木なのかも知れませんね。

も728

「玉ねぎ茶」の試飲をしていました。
これは玉ねぎの皮を乾燥させていれたお茶です。
まったく普通のお茶とかわらない良い風味でした。
皮も捨てたらもったいないですね。
(茶葉の立場は?)

も729

「チヂミ」の試食もしていました。
これはカボチャの皮を使って焼いたものです。
ニラも入っているので、宇都宮地方で言う「東京焼き」みたいな味でした。
野菜の皮って、何にでも利用できるんですね。
φ(._.)カキコ

も730

クイズラリーのブースその2です。
けっこう難しい問題かも。

も731

その隣りは国土交通相のブースです。
はぜどんに水鉄砲をぶつけるゲームが子どもたちに大人気でした。
なんとなく国交相っぽい?

も733

イベント会場から櫓をのぞんでみました。

も734

ここで「モモタン」と「タンタン」がご出勤です。
ゆるキャラ1番乗りですね!!

も735

「とちぎレジ袋減らし隊」のブースです。
アンケートに答えると「エコバッグ」が貰えちゃいます。

も736

これが貰えるエコバッグです。
わりとマチが広くて使いやすそうです。素材は不織布か?

も737

エコグッズ工作のコーナーです。
子どもたちがドングリを使ったオモチャを作っていました。
自分が子どもだった大昔を思い出してしまいした。

も738

太陽光発電のNPOのブースです。
今まで知ることのなかった太陽光発電の仕組みがよくわかります。

も739

積水ハウスのブースです。
ここでは積水ハウス独自のクイズをやっていましたよ。

も741

NHK宇都宮放送局のブースです。
お姉さんが「うちわが入ってますよ!」とキャッチーなひとこと。
暑い日だったので、みんな先を争って袋をゲットしていました。

も742

これが皆様の日本放送協会の袋。
ちょっと宣伝くさいけど、可愛いうちわが入っていたから良しでしょう。

も743

毎日新聞宇都宮支局のブース。
「もったいない」と言えば毎日新聞が黙ってませんよね。
ここでも粗品をゲット!

も744

でもただのティッシュでした。m(_ _)m

も745

「もったいないポスター絵画」のブース。
子どもたちの絵はなかなか上手で、
テーマを的確にとらえていました。

も746

「もったいない川柳」のブース。
こちらも子どもたちのエコ川柳の作品集で、
読んでる大人もみんな感心していました。

も747

エコクイズのブースその3です。
いくらなんでも選択肢の中に「ダイジョーブ博士」は無いでしょ〜。
ちょっとお笑いに走ったクイズでした。

も748

フリーマーケットの広場にも来てみました。

も749

エコの原点はフリマですもんね。

も751

エコクイズのブースその4です。
これで全てのクイズラリーを制覇です!!!

も753

太陽光発電イベント車の試乗会場です。
太陽の光線だけで走ってます!

も754

母と子が挑戦してました。
お母さんが運転して、娘さんが心配そうに後についてました。
はやさは、人間が歩く速度の半分以下ぐらいでした。

も755

入口近くでは、風船お兄さんがパフォーマンス中。
風船がほしい子どもたちが行列をつくってました。

も756

フリマ会場からのぞむ宇都宮市役所。
超〜立派です。

も759

フリマに出店していた「手作り和雑貨うぶかた」。
ここで個人的に携帯入れをゲット!

も762

フリマ会場とイベント会場は、宇都宮城のお堀をまたぎます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


この記事は「もったいないフェア宇都宮2010<後編>」に続きます。
タグ:
エコ もったいない ゆるキャラ 宇都宮城址公園 クイズ 

PR
「もったいないフェア宇都宮2010」の全容はこちらへどうぞ♪
のらっせ号11
のらっせ号の一日乗車券で栃木市を堪能!の巻
エリア:
  • 関東>栃木>小山・栃木
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 散歩・自転車 
投稿日:2010/11/05 17:02
コメント(0)
のらっせ号01

久し振りに栃木市に行ってみると、駅舎が新しくなっていてびっくり。
JRと東武鉄道の乗り換えもこれなら、らくちんです。

のらっせ号02

↑「のらっせ号」の駅前バス停。のらっせとは栃木弁で乗っていって下さいの意味

栃木駅前のバス停から「のらっせ号」に乗っていざ出発!
バスの運転手さんから直々に「一日乗車券」を購入しました。
首からカメラをぶら下げていた私は、いかにも観光客といった風貌だったせいか、
運転手のおじさんがマンツーマンで栃木市内の説明をしてくれました。
何だか申し訳なくて、結局「地元の人間です」とは言い出せませんでした。

のらっせ号03

↑乗船口。平日でも混んでました。土日は順番待ちは覚悟かもです

幸来橋の袂でバスを降りると、うわさの遊覧船のりばがありました。
ここから乗船して、巴波川を往復して戻ってきてくれるのです。
受付をしていたおばさま(お姉さん?)に「乗ってって下さいよ」と誘われましたが、
時間がないので泣く泣く先を急ぎました。次回は乗るからね。

のらっせ号04

↑三桝屋本店。
ここでは女の子っぽいキュートなお土産も売られていました。

のらっせ号05

↑巴波川。
栃木市といえば巴波川。現在は改修されて綺麗な流れに戻りました。

のらっせ号06

↑鯉が泳いでいました。
なんだか気持ち良さそうです。

のらっせ号07

↑鴨も泳いで(?)いました。
見ているだけでも和みますね。
ゆっくりした時の流れを堪能できる良いロケーションです。

のらっせ号08

↑とちぎ山車会館。入口の時計が目印です。
関東3大「小京都」の栃木市ではお祭りも有名です。
山車会館ではお祭りの山車が展示されています。

のらっせ号17

↑ここの中庭には「こいの泉」があります。
ひらがなで「こい」になっているところがミソ。

のらっせ号09

↑ビッグな鯉がたくさん泳いでます。人間位の大きさかも?

のらっせ号10

↑なんと、恋が成就する泉だそうですよ。まぁなんてベタな・・・
って言っちゃいけませんよ。ありがたや。

試しに願をかけてみては?

のらっせ号11

↑おたすけ蔵(蔵の街美術館)。
3つの蔵が並んでいます。
茨城の天狗党の焼き打ちに遭った際、唯一無事だったのが、このおたすけ蔵です。
栃木市内に現存する建物では、もっとも古い建造物です。
今は、美術館としても使われています。

のらっせ号12

↑栃木市役所。当時の面影そのままで、しかも現役です。
お仕事の邪魔をしないように観光しましょう。

のらっせ号14

↑平柳河岸の説明板。
これは巴波川沿いの細い道を渡らないとお目にかかれない貴重な(?)説明板です。
巴波川沿いを歩いてみると色んな発見が…。

のらっせ号15

↑午後になり、鴨もいい感じで疲れた様子です。

そんなこんなで私もそろそろ帰ることにしました。
最寄りのバス停から「のらっせ号」で駅へ。
乗り降り自由の乗車券だから気軽に利用できますね。

のらっせ号16

さて、次はどこをお散歩しようかな。

【文/写真・AT(Esprit)】
タグ:
蔵の街 バス 乗車券 巴波川 小京都 

PR
栃木のお散歩コース、これからもっともっと見つけていきますよ♪
栃木のお散歩コース、これからもっともっと見つけていきますよ♪
芹沼の大わらじ
芹沼の大わらじ〜日光の隠れたパワースポット
エリア:
  • 関東>栃木>鬼怒川温泉
  • 関東>栃木>日光
テーマ:街中・建物・景色 お祭り・イベント 歴史・文化・芸術 
投稿日:2010/11/05 14:53
コメント(0)
国道461号線沿いを利用されている方でお気づきの方もおられるかも知れません。
芹沼交差点のサルスベリの木に大きな草鞋が吊り下げられていることを…。

芹沼の大わらじ

↑芹沼の大わらじ

この大わらじは地元の辻固祭に関連したもので、厄除けのお守りのようなものなのです。
「この草鞋を履くような大男がいるから、悪者は立ち去れ…」ということなんだそうですよ。とても昔話チックで素敵ですよね。
実際にこの大わらじを見てみると、そのスピリチュアルパワーに圧倒されてしまいます。
芹沼交差点の他にも、富士浅間神社の鳥居の近く(国道からも見れます)にもありますので、ぜひ一度ご覧になって下さい。

富士浅間神社の大わらじ

↑富士浅間神社の大わらじ

【文/写真・AT(Esprit)】
タグ:
草鞋 民俗 日光 厄除 伝説 

PR
栃木県のパワースポットなどなど、情報満載でっす♪
栃木県のパワースポットなどなど、情報満載でっす♪

6 - 10件目まで(11件中)