1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. ライオンツアーさん
  4. 動物の記事一覧

  海外エリア: アジア > スリランカ の他のブログはこちら|

スリランカ&エジプト専門旅行会社 スタッフブログ

~〜スリランカやエジプトの魅力やおすすめの穴場スポットなどを現地に精通したスタッフがご紹介しています〜~

プロフィール

ニックネーム:
ライオンツアー
居住地:
アジア>スリランカ>コロンボ
会社名:
株式会社 リオンロイヤル
会社英字名:
Lion Royal Co Ltd
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3838-8945
業種:
旅行業
自己紹介:
スリランカ航空、エジプト航空 日本支店GSA関連会社で現地に詳しい専門旅行会社(株)リオンロイヤル/ライオンツアーです。
日本本社では、現地スタッフと現地に精通している日本人スタッフが現地支店と連携しながら日々、迅速かつ丁寧にお客様おひとりおひとりのご要望にお応えしております。
専門店だからこそ、ツアーアレンジやオーダーメイドの旅も自由自在!
スリランカ、エジプト、モルディブ、ベトナム旅行のご相談は、是非、お気軽にお問い合わせ下さい。
info@lionroyal.com

カレンダー
7月<2021年8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

1
【スリランカ】珍しい双子
エリア:
  • アジア>スリランカ>ハバラナ
  • アジア>スリランカ>シギリア
  • アジア>スリランカ>スリランカその他の都市
テーマ:ホテル・宿泊 自然・植物 動物 
投稿日:2020/09/08 16:30
コメント(0)
世界遺産シギリヤロックやポロンナルワ遺跡群の間にある「ミンネリヤ国立公園(Minneriya Netional Park)」で、双子とおもわれるゾウが目撃されたとニュースになりました。
3
このニュースは日本でも報道されました↓(下記タイトルをクリックすると該当記事が開きます)

珍しいゾウの双子か、同じ雌から乳飲む2頭を確認 スリランカ(2020年7月8日AFP BBニュース)

動画:珍しいゾウの双子か、同じ雌から乳飲む2頭を確認 スリランカ(2020年7月10日AFP BBニュース)

これは、赤ちゃんゾウ2頭が同じ雌から乳を飲む様子から双子の可能性があり、DNA鑑定の結果、双子と証明された場合、スリランカでは初めての目撃事例になります。

このニュースはスリランカでも明るい話題として多くのニュースで取り上げられ、フェイスブックやインスタグラムなどのSNSでは、来園者によって撮影された写真が多く投稿されています。

実はゾウ以外にも、珍しい双子の事例が報告されています。
いずれもホテルの敷地内で目撃されています。

【シナモンロッジ・ハバラナ(Cinnamon Lodge Habarana)】
1
ミンネリヤ国立公園にも近い、ハバラナにあるデラックスホテル[シナモンロッジ・ハバラナ(Cinnamon Lodge Hanarana)]。10ヘクタールの敷地を持つこのホテルは自然豊かで、ホテル敷地内でも多くの野生動物や鳥類を見かけることができます。

このホテルの敷地内を生息域にしているトックモンキー(Toque Macaque/Toque Monkey)の1頭が7月に双子を出産しました。
トックモンキーは固有種で、スリランカでしか見ることのできないサルです。

通常は1回のお産につき一子で、双子は頻繁にみられるものではありません。
2
双子のトックモンキー(動画)

【ジェットウィング・ヴィルウヤナ(Jetwing Vil Uyana)】
4
こちらは、世界遺産シギリヤロックのあるシギリヤにあるラグジュアリーヴィラ。
シナモンロッジより僅かに小さい9.8ヘクタールの敷地に、33棟のヴィラが建っています。

ラグジュアリーと称されるだけあって、洗練された客室や、食事に定評があるヴィラですが、敷地内がグレイスレンダーロリス(Gray Slender Loris)やスナドリネコ(Fishing Cat)、ユーラシアカワウソ(Eurasian Otter)など、貴重な野生動物が見られることでも有名です。

ここでは、2019年6月にグレイスレンダーロリスの双子の赤ちゃんが誕生しています(ジェットウィルウヤナでは17,18番目の赤ちゃん)。
5
グレイスレンダーロリス(双子1年の成長写真記録)

グレイスレンダーロリスの産子数は通常1〜2頭のため、双子は珍しくありませんが、常駐するナチュラリスト※が定期的に観察を行い、写真や行動についてのまとめあげた資料はとても貴重なものです。

※ナチュラリストChaminda Jayasekara氏は、敷地内の動物を中心に生態観察を行い、多くの研究発表や書籍の執筆をしている方です。
ホテルで実施されている「Loris Trail」などのアクテビティ(宿泊客だけでなく、立ち寄りの参加も可能です)のガイドもされています。

このようにスリランカでは、ホテルでも多くの動物を見ることができます。

是非次にスリランカに行く機会があったら、ホテルでの動物観察も楽しまれてはいかがでしょうか。
タグ:
スリランカ 国立公園 ホテル 自然 野生動物 

PR
お客様の「旅のスタイル」に合わせたオリジナルのオーダーメイドプランを、一瞬の感動を心ゆくまで自由にご堪能いただける専用車でご提案いたします。
食べる
【大解説】ピンナワラ ゾウの孤児院 
エリア:
  • アジア>スリランカ>スリランカその他の都市
テーマ:観光地 鑑賞・観戦 動物 
投稿日:2015/06/27 07:39
コメント(2)
世界遺産の街キャンディから1時間ほどのところに、世界的にも珍しいゾウの孤児院がある。

この施設では、親を亡くしたり、はぐれてしまった仔ゾウや、ケガをしていたり、違法に飼育されていて保護されたゾウなど約100頭のゾウが暮らしている。

多くのゾウを見ることができることや、赤ちゃんゾウへのミルクやり、大人のゾウへの餌やりが体験できることから、人気の観光スポットになっている。

「ゾウの水浴び」「ゾウの大行進」「仔ゾウへのミルクやり」「ゾウの餌やり」

これらのキーワード、それぞれ場所や時間が異なるので注意が必要だ。
下記に記す見取り図とともに、説明を加える。見取り図

まず、図の右にある孤児院施設内にすべてのゾウが暮らしている。
開園時間は8時半から18時まで(入場券販売終了は17時半)。内景
オスや他個体との関係性によって、係留されていたり(↑)、広い敷地にに自由に放されていたりする(↓)。放牧地


「赤ちゃんゾウへのミルクやり」は、施設内の一角で行われている。
公示されている時間は9:15/ 13:15/ 17:00だが、哺乳頭数によって回数が増えていたり時間の変動がある。「フルーツの給餌」12時から12時45分まで施設内

そして、よく写真に使われている「ゾウの水浴び」は図の左のマハオヤ川で行われている。
沢山のゾウたちが川にいる時間は、10時から12時まで14時から16時まで。(12時から14時の間も、群れ以外のゾウを水浴びさせているので、数は少ないがゾウはいる)

見ごたえがあるのが「ゾウの大行進」
孤児院の施設からマハオヤ川まで、沢山のゾウが一般道を横切り、お土産物店の前の道を通って行くのだ。その時間は
10時(施設から川へ)、12時(川から施設へ)、14時(施設から川へ)、16時(川から施設へ)
この時間になると、お土産物店街にブザーが響き渡り、警備員が交通整理を始める。
観客が、道路わきに寄ったのを確認して、マフー(ゾウ遣い)がゾウを連れてやってくる。

狭い道をたくさんのゾウが通過していく。
ご入場
足音や、匂い、ゾウが横切るときに巻き起こる風と砂煙、間近にみるゾウは迫力満点だ。

川に着いたゾウたちは、水を飲んだり、水浴びをしたり、仔ゾウ同士遊んだり、それぞれの時間を過ごしている。
イモ洗い

水浴び

2時間ほど川を満喫したゾウたちは、マフーの合図でまた施設へと戻っていく。
帰りがけ こっち
時々、好奇心旺盛なゾウが列からはみ出し、観客にちょっかいをだしては、マフーに怒られ慌てて列に戻ったりしている。
間近

「川の方だけ見に行けば、施設には入らないから無料でゾウが見られる!?」
以前はみられた。でも、現在は「見られない」
川の手前のお土産物屋で買い物するだけと言っても、入園券を提示しないと通してもらえない。
唯一、川沿いに建つ、2つのホテルの宿泊者だけは入園券がなくても入れる(ただし、孤児院の施設側に入るならば、入園券が必要)。

PR
多彩なモデルプランからオーダーメイドまで、お客様のご要望に沿った旅作りをご提供いたします
多彩なモデルプランからオーダーメイドまで、お客様のご要望に沿った旅作りをご提供いたします
場所
空港近くでボートサファリ
エリア:
  • アジア>スリランカ>ネゴンボ
テーマ:観光地 自然・植物 動物 
投稿日:2015/06/20 06:51
コメント(0)
スタート


カトゥナーヤカ国際空港から、わずか20キロメートルほど南下したところに、ボートサファリができる場所がある。

そこはムトゥラジャウェラ ビジターセンター
ここで、2時間ほどのボートサファリを楽しむことができる。

メインは主に鳥類。カイツブリや、レンカク、セイケイなど水辺に棲息する種を多く見ることができる。
また、マングローブ林など多様な植生も見ることができる。

ボートツアーの始まりはハミルトン運河。オランダ植民地時代に物資を運ぶために作られた運河だという。

ここから、ニゴンボ礁湖目指して進んでいく。



最初は、両脇に植えられたココナツ林や、民家が続く。
民家

キリスト教徒が多いネゴンボ。いたるところで十字架を多く見かける。
墓地

ミズオオトカゲ
ミズオオトカゲ

鳥
ムラサギサギ、シロハラクイナ、インドトサカゲリ、ヒメヤマセミ


約20分ほど進むと、川幅が広くなりニゴンボ礁湖に到達。湾入り口

魚網を船(カヌー)に乗せ、釣りへと向かう漁師達。
漁師

マングローブの木陰でエンジンを止め、一休み。
空港が近いため、離着陸していく飛行機が間近に見える。

奥でガサガサと動く気配がある。正体はトクモンキー(固有種)。
トック
しばしの休憩の後、再び来た道を戻ってサファリは終了。


前日遅くにスリランカに到着し、ネゴンボのホテルに泊まった方、もしくは、帰国日前日など、ネゴンボに泊まっていてチェックアウトからフライトまで時間が空く方など、是非訪れてみてはいかがだろうか。

PR
多彩なモデルプランからオーダーメイドまで、お客様のご要望に沿った旅作りをご提供いたします
多彩なモデルプランからオーダーメイドまで、お客様のご要望に沿った旅作りをご提供いたします
守る
エレファントギャザリング「ミンネリヤ国立公園」
エリア:
  • アジア>スリランカ>ハバラナ
  • アジア>スリランカ>ポロンナルワ
  • アジア>スリランカ>シギリア
テーマ:観光地 自然・植物 動物 
投稿日:2015/06/10 10:56
コメント(0)
スリランカといえば、
紅茶の国、宝石の国、そしてゾウの国

スリランカは100㎢あたりのアジアゾウの生息頭数1位の国。
北海道の8割ほどの面積の国に、約3500頭の野生のゾウが生息しているという。
それだけに、ゾウに会える場所はスリランカに沢山ある。
とりわけある時期のある場所は沢山のゾウに会うことができる。
それは 8月から10月のミンネリア国立公園。
乾季となるこの時期、公園内の貯水池に近隣のジャングルから多くのゾウが集まる。

その時期をねらって9月にミンネリア国立公園に出かけた。
公園入口から、道路の両脇に背の低い木々が続く。
しばらくすると、ぱっと目の前が開けた。そこには…
ゾウ、ゾウ、ゾウ
全景

左から右に視線を動かしても視線の中にゾウの姿がが途切れることがない。
ガイドの話では公園内に300頭近く集まっているという。ピーク時には500頭以上にもなるというから驚きだ。

最初は数の多さに圧倒されていたが、しばらくするとそれぞれ個々の動きに目を奪われていく。

ひたすら草を食べているゾウ、母ゾウにミルクをねだっている赤ちゃんゾウ、食べるのに飽きて遊び始める子ゾウたち。
遊ぶ
ちびっ子たちは食べることよりも遊ぶことに夢中


この時期の水は貴重。みんな心行くまで水浴びを楽しんでいる。
さっぱり
あー さっぱりした!!

目の前で、思い思いの時間を過ごす沢山のゾウたち。
これだけの数が集まっても、なくなることのない豊かな緑、それぞれが戻っていく場所があるということ、スリランカがいかに自然豊かであるかを、実感させられる。

乾季が終わるに近づき、少しづつ数が減っていき、恵みの雨季へと変わるころ、ミンネリア国立公園ではゾウの姿を見るのが難しくなるという。

ミンネリアにゾウがいなくなると、近隣の カウドゥッラ国立公園 もしくは フルルエコパーク で見ることができるが、数は少ない。

ちなみに、12月に再度この地域を訪れた際、ミンネリアやカウドゥッラはゾウが見られる確率が低いということで、フルルエコパークに案内されたが、そこで見られたゾウは20頭弱であった。
(余談になるが、エコパークからの帰り道、県道に野生のオスゾウが出没しバスも車も道路わきに停車し、オスゾウが道路中央を闊歩するという、嬉しくもスリリングなサプライズを体験)

必死
必死に仲間についていく赤ちゃんゾウ、距離が離れそうになると小走りになっていくのがかわいらしい

閉園時間が近づき、ドライバーに促されるように公園出口に向かう途中、何かが飛び出てきた。 ゴールデンジャッカルだった。
スリランカサファリでは、最初にジャッカルを見ると、その日希望の動物に出会える というジンクスがある。

この日のジャッカルとの出会いは最後。
でも、ゾウはもちろん、グレイラングールインドトキコウなど他に多くの動物を見ることができた。

生き物にとって欠かせない水。
貯水池が多くの動物を引き寄せる乾期には、ジンクスはいらないようだ。
タグ:
ミンネリア国立公園 スリランカ ゾウ カウドゥッラ フルルエコパーク 

PR
多彩なモデルプランから、オーダーメイドの旅まで、お客様のご要望に沿った旅をご提案いたします
多彩なモデルプランから、オーダーメイドの旅まで、お客様のご要望に沿った旅をご提案いたします

1 - 4件目まで(4件中)