1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. 中近東
  4. トルコ
  5. カッパドキア
  6. 観光地
  7. 【トルコ/カッパドキア】カッパドキアツアーの見所!地下都市について

トルコ現地にあるMTIからのトルコ情報

~カッパドキアに本社を置くわが社ならではの現地情報満載。 トルコ全域対応しています。~

トルコ国内の手配は弊社にお任せ!
トルコツアー、イスタンブールツアー、カッパドキアツアー、 バルーンツアー、ホテル、洞窟ホテル、国内線手配、空港送迎など国内の手配全て日本語で承ります。
プロフィール

ニックネーム:
MTIツーリズム
居住地:
中近東>トルコ>カッパドキア
会社名:
MTI  エム ティー アイ ツーリズム
会社英字名:
Media Travel International
会社所在地:
中近東>トルコ>カッパドキア
会社電話番号:
0384-341-8993
業種:
旅行業
自己紹介:
MTIエム ティー アイは、カッパドキアにある個人旅行専門の旅行会社です。
日本のお客様にも対応できるよう日本人及び日本語の話せるスタッフがおり、手頃で豊富な種類のツアーやアトラクションを取り揃えております。
お客様の日程、ご希望にあわせてツアーを手配でき、そのすべてが日本語での対応が可能です。当社を1度ご利用戴いたお客様は、お出迎えから宿泊先などご旅行中全ての面で当社の質の違いを感じ取って頂ける事でしょう。また、ご旅行中緊急の事態が起きた際、当社営業時間外にも日本語で対応させて頂ける連絡先をご用意してあります。 品質と信頼のサービスを第一に皆様のご利用をお待ちしております。

カレンダー
12月<2022年1月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

【トルコ/カッパドキア】カッパドキアツアーの見所!地下都市について

2009/04/16 17:48
UG1
エリア:
  • 中近東 > トルコ > カッパドキア
テーマ:
  • 観光地
  • / 旅行準備
  • / 世界遺産
カッパドキアの見所は自然が造り上げた奇岩群としての自然遺産のみではなく、人工的に作られ、文化的にも価値がある地下都市や、フレスコ画が残っている岩窟教会が多数あることからユネスコの世界遺産の中でも複合遺産とされています。

本日はカッパドキアのハイライトとも言える地下都市をご紹介致します。


UG8

上の図は地下都市の断面図です。
まるで蟻の巣のようにカッパドキアの地下に広がっています。

その存在は確認されてはいても発祥は未だに謎が多く、紀元前400年頃には既に存在していたとの説もあります。しかし、その内部に礼拝堂などがあることから、アラブ人から逃れたキリスト教徒がその信仰生活を続けるために造ったという説が一般的です。

カイマクル、デリンクユが特に有名でその他にもオズコナック、サラットゥル、アジギョル、タトゥラリン地下都市が一般公開されています。

各地下都市内には各階に通じる通気孔、礼拝堂、厨房、食糧倉庫、敵の侵入を防ぐための丸い石の扉などがあり、大規模な共同生活が行われていたことが窺えます。


UG6

こちらは地下都市内に幾つもある通気孔のひとつ。


UG2

こちらも地下都市内の要所要所にある敵の侵入を防ぐ為に作られた扉。

UG3


UG7

各部屋をつなぐ通路。


UG5

多目的に使われた広場。

デリンクユ地下都市は4万人、カイマクル地下都市は2万人が暮らしていたと
言われています。

まだまだ謎の多いカッパドキアの地下都市。お越しの際は是非とも訪れて頂きたいお勧めの場所です。
タグ:
トルコ
カッパドキア
カイマクル地下都市
デリンクユ地下都市
世界遺産
  • この記事が参考になった人(24)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
トルコ国内をはじめカッパドキアの手配は地元にある弊社MTIにお任せ下さい。バナーリンク先のお問い合わせフォームから日本語でお気軽にまずはお問い合わせ下さい。
トルコ国内をはじめカッパドキアの手配は地元にある弊社MTIにお任せ下さい。バナーリンク先のお問い合わせフォームから日本語でお気軽にまずはお問い合わせ下さい。
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
中近東
トルコ(63)