1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. MTIツーリズムさん

  海外エリア: 中近東 > トルコ の他のブログはこちら|

トルコ現地にあるMTIからのトルコ情報

~カッパドキアに本社を置くわが社ならではの現地情報満載。 トルコ全域対応しています。~

トルコ国内の手配は弊社にお任せ!
トルコツアー、イスタンブールツアー、カッパドキアツアー、 バルーンツアー、ホテル、洞窟ホテル、国内線手配、空港送迎など国内の手配全て日本語で承ります。
プロフィール

ニックネーム:
MTIツーリズム
居住地:
中近東>トルコ>カッパドキア
会社名:
MTI  エム ティー アイ ツーリズム
会社英字名:
Media Travel International
会社所在地:
中近東>トルコ>カッパドキア
会社電話番号:
0384-341-8993
業種:
旅行業
自己紹介:
MTIエム ティー アイは、カッパドキアにある個人旅行専門の旅行会社です。
日本のお客様にも対応できるよう日本人及び日本語の話せるスタッフがおり、手頃で豊富な種類のツアーやアトラクションを取り揃えております。
お客様の日程、ご希望にあわせてツアーを手配でき、そのすべてが日本語での対応が可能です。当社を1度ご利用戴いたお客様は、お出迎えから宿泊先などご旅行中全ての面で当社の質の違いを感じ取って頂ける事でしょう。また、ご旅行中緊急の事態が起きた際、当社営業時間外にも日本語で対応させて頂ける連絡先をご用意してあります。 品質と信頼のサービスを第一に皆様のご利用をお待ちしております。

カレンダー
2月<2009年03月>4月
123 4 5 67
8910 1112 1314
151617 18 1920 21
222324 25 2627 28
293031

記事一覧

1 - 5件目まで(11件中)

SİMİT5
【トルコ】トルコのB級グルメ その1
エリア:
  • 中近東>トルコ>イスタンブール
テーマ:観光地 グルメ その他 
投稿日:2009/03/27 20:27
コメント(0)
地元トルコ人も大好物!気軽に食べられるSIMIT(シミット)はトルコにいらしたら味見をして頂きたいもののひとつです。
シミットとは写真でもお解かりだとは思いますが、簡単に言えば硬めのゴマ付きリングパンです。いろいろ食べ比べると好みにもよりますが、アンカラのシミットが好きだとかイスタンブールの方が美味しいなど、いろんな意見があります。

SİMİT4

特にイスタンブールの街を歩いていると必ず出会うシミット売り。
沢山のシミットを頭の上に乗せて歩いています。

simit

最近はこんなオシャレな感じのシミット売りも多いです。
でも、本当のことを言うと正直言ってあまり衛生的ではないということもあります。最近はシミットを売り物にするシミット専門店があっちこっちにあるので、そちらでお味見を。

それともテイクアウトをして・・・・

SİMİT3

こんな感じはいかがでしょうか?
シミットとは相性の良いチャイもお忘れなく。

PR
トルコ国内の手配は弊社にお任せ下さい。まずは弊社のWEBからお問い合わせフォームにて日本語でお問い合わせ下さい。
トルコ国内の手配は弊社にお任せ下さい。まずは弊社のWEBからお問い合わせフォームにて日本語でお問い合わせ下さい。
EBRU
【トルコ】エブルアート
エリア:
  • 中近東>トルコ>カッパドキア
テーマ:観光地 旅行準備 その他 
投稿日:2009/03/25 20:14
コメント(0)
本日はトルコの伝統芸術のひとつであるエブルアートについてご紹介致します。

EBRU4

エブルとは水に塗料を浮かべ、その表面に大理石模様や花の咲き姿、ラクダやモスクなどを描いて、紙や布に染め写したものです。


EBRU2

水と作り手の動きによって水面に現れる模様は、全く同じものは二度と出来ない、偶然が生み出す芸術と言えます。

EBRU3

トルコ以外の国々では、エブルはマーブリングやマーブルペーパー、トルコペーパーなどの名前で知られています。その起こりは、中央アジアで誕生して、シルクロードを経てトルコに伝わったという考えや、日本の墨流しが発祥で、それが大陸に渡ってトルコまで伝わったという意見など、諸説あります。

最近ではエブルを利用したネクタイやスカーフも作られています。

EBRU5

このエブルを実演、ご希望の方には有料で体験をできるEBRU SANAT EVI(エブル サナトゥ エヴィ)がカッパドキアのユルギュプの町にあります。
観光の合間にトルコ伝統芸術を体験してみるのはいかがでしょうか?
タグ:
トルコ カッパドキア エブルアート マーブリング ユルギュプ 

PR
カッパドキアの手配は弊社にお任せ下さい。お気軽にお問い合わせフォームから日本語でお問い合わせ下さい。
カッパドキアの手配は弊社にお任せ下さい。お気軽にお問い合わせフォームから日本語でお問い合わせ下さい。
hamam1
【トルコ】ハマム
エリア:
  • 中近東>トルコ>イスタンブール
テーマ:スパ・エステ 旅行準備 その他 
投稿日:2009/03/24 19:27
コメント(0)
本日はトルコの昔ながらのスパとも言えるハマムをご紹介致します。

ハマムの基本的な構造は、入り口に番台があり、内部に脱衣所と浴室があり、浴室は蒸し風呂で、浴槽からのぼった蒸気で汗を出し、あかすり師(日本でいう、いわゆる「三助」)によるあかすりやマッサージのサービスを受けることができます。


hamam3

hamam2

控えの間の休憩室ではコーヒーや茶、タバコなどの接待があり、コーヒーハウスのように長時間くつろぎながら楽しむ交際、娯楽の場として庶民に愛されてきました。

歴史的には、特に男性社会から隔離され、自由に外出することを制限されてきた女性たちにとっては、素顔をさらして集うことができ、女性同士でくつろいで会話を楽しむことのできるハマムは貴重な社交と情報収集の場でもありました。母親が息子に相応しい嫁を探すというような実用的な機能や、結婚式前の女性が親族の女性に囲まれて身づくろいしたりする儀礼的な機能もありました。

今現在では観光客が気軽に訪れることができるよう観光客向けのハマムがあります。又、ホテル内にハマム施設がある場合もあります。

トルコにいらした際はハマムで旅行の疲れを癒すと言うのはいかがでしょうか?

PR
トルコ国内の手配はお気軽にお問い合わせフォームから日本語で承ります。
トルコ国内の手配はお気軽にお問い合わせフォームから日本語で承ります。
iskender k2
【トルコ】世界三大料理にも数えられるほどバラエティー豊かなトルコ料理4
エリア:
  • 中近東>トルコ>イスタンブール
テーマ:観光地 旅行準備 グルメ 
投稿日:2009/03/20 18:57
コメント(0)
トルコ料理の代表とも言えるケバブ。日本でもトルコ料理のレストランがかなり増えているので食べたことのある人も多いとは思いますが、やはり本場で味わうケバブは一味違うと思います。一言でケバブと言ってもその種類は豊富で
ケバブレストランでは何を食べようかと迷ってしまうほどです。

本日はケバブの中でも最もポピュラーなケバブをご紹介致します。

doner2

日本でも最近見かけることのできるそして最も有名なドネルケバブ。


doner

トルコのファーストフードとも言え街角で見かけることも多いと思います。
でもやはりおいしいドネルとそうでないドネルがあるので街角で食べるときは
地元のトルコ人が並んでいる所を選んでください。レストランではピラフの上にドネルがのせてあるピラフ ウストゥ ドネル もシンプルでおいしいです。

iskender k2

こちらはケバブの王様?と言っても過言ではないイスケンダーケバブ。イスケンダー大王が好物だったとか・・・
ピデの上にドネルケバブ、その上に特製のトマトソース、サービスされてからは溶かしバターを希望によってはかけて食べます。横にはヨーグルトがついていて、一緒に食べます。ボリュームたっぷりのケバブです。イスケンダーを売り物にしているレストランでお試し下さい。

adana k1

こちらはアダナ地方名物アダナケバブ。ひき肉を串に刺して炭火焼で焼いたもので、ピリ辛です。

sis

こちらはシシケバブ。トルコ語でシシは串になるので串焼きと言う意味になり、羊、鶏と選べます。

p kebeb

こちらはパッテジャンケバブ。茄子のケバブと言う意味で、茄子の間にミートボールがはさまっていて、茄子の皮をむいてミートボールと一緒にピデに巻いて食べます。シンプルですが、炭火焼の茄子がクリーミーです。

testi

testi3

こちらはカッパドキア名物テスティケバブもしくはチョムレックケバブ。
独特の壷で野菜と肉を長時間かけて煮込んだケバブで、カッパドキアにいらした際には是非お試し頂きたい1品です。

代表的なケバブを紹介しましたが、やはりおいしい店といまいち・・・と言うお店があります。できれば地元の人にお勧めのお店を聞いていかれた方がいいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ
にほんブログ村

PR
トルコ国内の手配は弊社にお任せ下さい。お問い合わせフォームから日本語で
承ります。
トルコ国内の手配は弊社にお任せ下さい。お問い合わせフォームから日本語で 承ります。
CAPP2
【トルコ/カッパドキア】カッパドキアツアーに関して
エリア:
  • 中近東>トルコ>カッパドキア
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2009/03/18 21:00
コメント(0)
トルコの中でイスタンブールと共に人気のあるカッパドキア。カッパドキアーに関して本日はご紹介したいと思います。

CAPP3

カッパドキアは1都市の名称ではなく、トルコ中央のアナトリア高原に広がる奇岩地域の名称になります。トルコのネヴシェヒールと言う地方都市がその中心になります。
ですので、観光する場所は広範囲に広がっている為、効率良く観光をするには
ツアーに参加される必要があります。

CAPP4

カッパドキアツアーはレギュラーツアーと呼ばれる英語ガイド付きの混戦ツアーと、他のお客様とは一緒にはならない日本語ガイド付きプライベートツアーになります。

カッパドキアレギュラーツアーは朝9時ごろ出発します。
カッパドキアプライベートツアーはお客様のご希望に合わせてアレンジできるものです。

ガイドの言葉が英語、日本語のちがいと言うだけではなく、料金、訪問先の数も違うので、ツアーにお申し込みになる場合はその点をよくご確認下さい。

CAPP6

カッパドキアを満喫するには2日間は観光の為にはあったほうが良いです。
1日でもプライベートツアーの場合は無理ではないですが、やはりゆっくり満喫されるには2日間をお勧めします。


にほんブログ村
タグ:
トルコ カッパドキア 世界遺産 カッパドキア日本語ツアー カッパドキア観光 

PR
カッパドキアの手配は本社がカッパドキアにある弊社にお任せ下さい。ツアー、ホテル、国内線などご希望に合わせて手配いたします。日本語でお気軽にメール下さい。
カッパドキアの手配は本社がカッパドキアにある弊社にお任せ下さい。ツアー、ホテル、国内線などご希望に合わせて手配いたします。日本語でお気軽にメール下さい。

1 - 5件目まで(11件中)


国一覧
中近東
トルコ(63)