1. ι? ???
  2. 国内の旅行ブログ
  3. オリオンさんの旅行ブログ
  4. オリオンさん 沖縄本島の記事一覧

  国内エリア: 沖縄 > 沖縄本島 の他のブログはこちら|

お箸の国の人だもの 〜日本の魅力を発信〜

~灯台もと暗し!国内旅行、いいえ、日本旅行がやっぱり一番オモシロイ!~

プロフィール

ニックネーム:
オリオン
居住地:
東京都
自己紹介:
「旅行」がライフワーク

時にマニアックな情報も発信すべく
日々情報収集&発信に努めます

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(45件中)

RUI
【沖縄・コザ】旧正月でーびる!吉田類さんと祝おう
エリア:
  • 沖縄>沖縄本島>沖縄(コザ)・中城
テーマ:お祭り・イベント グルメ 
投稿日:2018/01/22 10:11
コメント(0)
皆様、吉田類さん、ご存知ですか?酒といえば吉田類 吉田類といえば酒。
『吉田類の酒場放浪記』で酒飲みの間で一躍人気者となった、もう、詩人であり俳人という本業を忘れそうになる、超一級の酒ニストであります。
出身地である高知の観光大使を務めたり、ラジオにも出られたり、才能の多彩っぷりを存分に発揮されている脂ののった、今が旬のおっさんです。
トレードマークは「ハンチング帽」ちょっとでも髪をチリっとしてハンチングを被ると、誰もが吉田類になれる、というくらい、ハンチングがお似合いです。そんな(どんなだ?)吉田類氏が沖縄に!しかもコザにやってくる!

RUI

【旧正月に吉田類】

デデーーン!
「旧正月でーびる!吉田類さんと祝おう」
吉田類
これが告知チラシ!力のある構図です。。
旧正月の2月16日に開催!まさに新年会です。

【コザで吉田類】

会場はコザのど真ん中「コザミュージックタウン」
内容をよく読むと、すぐには飲ませてくれない模様です。
第一部:講演会 「旅と酒と音楽と 吉田流 酒飲み術」
第二部 飲み会 吉田さんと新年会&抽選会
ワンドリンク付きで3500円ということは、
その他のドリンク類は現地で購入というわけですな。
アーティスト並みの価格でございます!流石吉田類!

【おでんに吉田類】

同時開催「コザおでん屋台村」!
類さんの講演+飲み会+抽選会のあとは、コザに繰り出すもよし、おでん屋台で飲むもよし!ってことなんですよね?
それにしても
「寒い寒い2月のコザミュージックタウンで開催!」って
自虐がまたイカしてます。
時間:17時から22時(ラストオーダー21時30分)
会場:ミュージックタウン1階音楽広場

【チケットのお申し込みが難関】

およそ内地からの参加者をまったく見込んでいない販売姿勢がイカします!
驚きの販売要綱はこちら!
発売場所:沖縄タイムスサービスセンター中部営業所
沖縄市胡屋1丁目3-11(沖縄タイムス中部支社隣り)
※平日午前10時から午後5時(1/29-1/3休み)
「平日の昼間にどうやって買いに行けというの!?」
と那覇の友人も叫んでいましたが、ごもっとも。
でも彼女が素晴らしいのは、そこはそれ、酒人脈を生かしてGETしているところ!

コザの知人に聞いたところ、昨年はWEBでもやっていたようだけど、あっさり完売したから今年は店頭だけなのかもね。
とのこと。コザとおでんと吉田類にご興味のあるかた、ぜひ会場でお会いしましょう!


【ミュージックタウン音市場 】
住所:沖縄県沖縄市上地1-1-1
タグ:
吉田類 旧正月でーびる! 

リザンシーパーク
【実録!ホテルレポ】沖縄本島 リザンシーパークホテル
エリア:
  • 沖縄>沖縄本島>恩納村
テーマ:お祭り・イベント ホテル・宿泊 
投稿日:2017/08/10 16:02
コメント(0)
今日は 沖縄の西海岸 リゾートエリアにででーんと建つ、
リザンシーパークホテル谷茶ベイの宿泊体験記です。

最近ぞくぞくとオープンする西海岸のリゾートエリアの中でも
格段にでっかいホテル!その中ではどちらかというと老舗にはいるホテルです。

リザンシーパーク

「おおきくて、団体さんのホテルでしょ?」

え?
そういうと思いましたよ。
私もそう思っていましたよ。行くまでは。
行って見て
「ごめんなさい!」
と思いました。
いいです、リザンシーパーク

確かに大きくて宿泊客数も多いんでしょうけど、
それ以上に器が大きいので、ざわざわした感じがないです。
人が居ないところ、いっぱいあります

フォトジェニックなロビー

リザンシーパークホテル谷茶ベイ

宴会場に近いこちらもロビー

リザンシーパーク

ここなんて、人来ません!
海と空の青に囲まれつつ、屋内の涼しい空気のなかでのんびりくつろげます。
ホテルの幅もでかいですが、ビーチの幅もそれ以上にあるので、海ものんびり。
館内も端から端まではかなりかかります。

リザンシーパーク

お店も沢山あるので長く滞在しても楽しいです

<食事>」
レストランも多数!最大5種あります
中華からBBQまで幅広く用意があって、それも、グレードは高いです。
どれにするか迷いますよ!

リザンシーパークホテル谷茶ベイ

そして朝食も最大2会場
ひとつはガーデンでも食べられる会場で朝から気持ちよく食事ができます。
たしかにね、確かに人が沢山いるんですけど、広いから、全然問題ないっす!
どこぞのおしゃれリゾートで朝食が人気なのに、整理券もって待つってところより、全然いいですよ!

リザン

同じ会場の
ガーデンの夕焼けの風景
目の前が海なのでこんな素敵な景色!

リザンシーパーク

次はお部屋です。
海側と山側がありますが
断然海がおすすめ!

リザンシーパーク
海側はこんな感じの眺めです!

スタンダードはこんな感じです
リザンシーパーク
禁煙・喫煙両方あります

リザンンシーって
いったいどんな由来?
って思いませんか?

名付け親はインドの人!!!??

これほんと!!

名前の由来は中世琉球の役人「謝名親方利山(じゃなうぇかたりざん)」
に由来します
「謝名親方」は役職名なのでお名前は「利山」リザンさん

これほんと!

なんでインド人が!!?
実は創設者がインドの方なんですよね、このホテル
でその方(かその近親者)が
「当ホテル新築にあたっては、愛と犠牲の人生を生きた無名の偉人の名を冠すべし」
とされたそうで、その偉人が「利山」さんだったということです。
深いぃぃぃぃ!ですねぇ。

インドの方が創設したからといって、このホテルの内装がインド風か?というとそうではありません。
いたってシンプルに近代風です。
でも、2箇所 このインドの方の足跡を感じられる場所が・・
1つはビーチの端にある
「ホテル創設の碑」
ここにこのことが書かれています。
もうひとつは、ホテルのランチ

季節代わりのバイキングメニューで
「カレーバイキング」が館内レストランで開催されることがあります。
このカレーのレシピは、創設時代のレシピを受け継いだものだそうです。
なので、とっても美味しいのです!
これほんと!!

「リザンのカレーは旨い」はけっこう周辺の方は知ってる情報なんです。

是非 こんなリザンシーパークに是非どうぞ!
タグ:
リザンシーパークホテル 谷茶ベイ 沖縄リゾート 沖縄ツアー 恩納村 

PR
10/13.14出発限定のリザンシーパーク利用、ガーデンパーティつきのプランが大人気!33800円〜!
ラグナガーデン朝食
【実録!】ラグナガーデンホテル 宿泊体験〜朝食を中心にお届け!〜
エリア:
  • 沖縄>沖縄本島>宜野湾・浦添
テーマ:ホテル・宿泊 グルメ 
投稿日:2015/03/17 17:23
コメント(0)
ホテル宿泊マニアのオリオンスタッフ
今回はラグナガーデンホテルズの 朝食をレポ!

宿泊のお楽しみのひとつ、朝食です。
私の滞在時は、3か所会場がありました。
メインダイニングで洋食バイキング
和の食事処で和食バイキング
中華ダイニングでもバイキングがされていた模様です
おそらくこれは、混み具合で会場を調整しているのかと。


まず初日は人気の洋食ダイニングへ


フロント階から階段を降りて
レストランパセオへ。

明るい雰囲気の開放的なレストラン

ラグナガーデン朝食

窓からはお庭が見えます。

この洋食ビュッフェでは
目玉が
その名も「ラグ菜」というサラダバーです
沢山の種類の野菜と、ドレッシングにトッピング!
野菜好きにはたまりません

ラグナガーデン朝食


そして、ホテルといえば
ホテルパン!

ラグナガーデン朝食

よくばって取ると、食べ切れないくらいの種類があります。
そして美味しい!

そのほか、パスタなど軽食とはいえないくらいのボリュームある料理が並び
ランチも入らないくらい、お腹が膨れますよ!

翌日は、和ダイニグ 「あんのん」での和食バイキングへ。
この「あんのん」は東京にもお店を構えるほどの名店
そんな食事処では朝食もゆったりいただけます。
ラグナガーデンホテル

焼き魚などの和食をメインに、チャンプルーやもずくなどの沖縄のものも
ならびます。

ラグナガーデン
ラグナガーデン

和だけでなはくて、
サラダ・パンもあります。

ここで出てきた「沖縄そば」は私の
「沖縄ホテル 朝食沖縄ソバ ランキング」の1位にランクイン(笑)
おだしの味もよく、落ち着く味です。

お隣の洋ダイニングのパセオガーデンはどんなかというと・・・。
なんといっても名物「ラグ菜畑」!
いろんなサラダ野菜がならぶサラダバーが魅力の一つ。
その他多種多様なパン、パスタなどがっつり系の洋食も並んで、解放感があって明るい会場です。

こちら「あんのん」は、シックな空間で、和の朝食を静かにいただけて、どちらも気分に合わせて選べる素敵な朝食です。



【その他ホテル全体の感想!】
エントランス入った目の前の解放感は
沖縄随一ではないでしょうか?

ラグナガーデン

水を旨く配した空間はラウンジになっていて、
光がさして、明るく開放感があります。
ゆったりしながら自慢のホテルスイーツがいただけます。

その向こうがガーデンプール。
ラグナガーデン

ちょうど見えないところですが
屋内プールや大浴場もあります。

ホテル名に「水路」を意味するLAGUNAを戴いているだけあって、
ホテル全体に水の流れを感じることができます。

さて、沖縄のお楽しみ、ビーチはどうかって?
残念ながら、ホテルの敷地内にはビーチはありません。
隣接するコンベンションエリアの
「トロピカルビーチ」には徒歩でいけますし、
夏季には北谷のアラハビーチにシャトルバスが出ていたようです。
トロピカルビーチはレンタル設備などが整った、沖縄の地元の方にも
人気のビーチですよ。

そしてもう一つの秘密のビーチが近くにありますが、これは次回!

【アクセス】
那覇から車で30-40分(渋滞無しの場合)で到着。
レンタカーが無い方でも空港からのシャトルバスを2社が運航しており、
合計すると5.6本ありますので、アクセスに不便はありません。
バスでも50分強で到着します。


【おまけ】
スタッフさんの制服がかわいいです!
白を基調に、襟元に濃い青が配されてて、南国っぽく爽やかです。
ベルガールさんにお出迎えされると、
「ああ、沖縄来た!」って気持ちになりますよ!
ベルガールさん、ベルボーイさんの動きが機敏で親切なのも、
このホテルの特徴といえるかもしれません。

【おまけ2】
先述のダイニング「あんのん」の東京店は中目黒にあります。
http://www.an-non-nakameguro.jp/
桜並木で有名な川沿いにシックな入口がある、お洒落なダイニング。
沖縄料理から和食まで様々な料理があり、どれも器、味付けが上品。
「いいお店知ってるね」
と言ってもらえること間違いなしですよ!
お財布に余裕のあるとき、もしくは、スポンサーのいるときに行くことに
しています(笑)


【総評】
「広さ」や「空間」って、こんなにも人に解放感とリッチな気分をあたえるんだなぁと実感するホテルさんでした。
ラグナ(水路)ガーデン(お庭)。その名の通り、水と緑を感じる事のできるリッチなホテル。
自分の親を招待で連れてきたりすると喜んでもらえそうな、そんなホテルです。

人気のラグナガーデンホテル
是非ステイしてみてくださいね

※この記事は オリオンスタッフの滞在時のものです。
サービス・お部屋などは変更は入る事がありますのでご了承ください。
また弊社ツアーで利用のお部屋タイプは季節により異なることもあります。

西鉄
【実録!ホテル滞在記】 西鉄リゾートイン那覇 ビューバス&ビュートイレ!!?
エリア:
  • 沖縄>沖縄本島>那覇・首里
テーマ:ホテル・宿泊 
投稿日:2014/12/02 20:22
コメント(0)
前回は 首里の丘の大人なシティホテル「日航那覇グランドキャッスル」をご紹介しましたが、今回は那覇のど真ん中のホテルをご紹介

「 西鉄リゾートイン那覇」

とにかく便利で、綺麗なホテルです。
久々にこのランクで大変気に入ってしまいましたので詳細レポ。

このランク、というのは失礼でしたね。
シングルで、6000-8000円/泊で泊まれて、
ゆいレール駅・国際通りが徒歩で行ける。
比較的新しい。
一人旅や出張に条件のいいホテル、という意味です。


まず立地は文句なし


西鉄

58号線沿い
久茂地の交差点にほぼ面して建ち、
ゆいレール県庁前まではがんばれば5分
58号向かいにもファミマがありますが、
道路を渡らなくても、裏手にローソン、ホットモットなどもあります。

1階のフロント、ロビーはビジネス調ではなく、リゾートな雰囲気

西鉄

実際に見かけた宿泊客もほぼすべて観光客でした。

エレベーターは乗る前にカードをかざすタイプのセキュリティ。
深夜は、玄関でカードをかざさないと入れません。なかなかしっかりしてらっしゃる。

さて、お部屋ですが
今回は「セパレートシングル」というタイプ。

13平米というのは、決して広いほうではないのですが、
バス・トイレ・洗面ブースが一番部屋の窓側にあり、そことの区切りが
ガラスなので、さえぎるものが無く広く感じます。

西鉄

太陽光も入って明るいです。

ご覧のように、
バス・トレイがセパレートなのがうれしいですね!

西鉄

バスタブは、広々とは行かないですが十分湯につかれる広さです。

西鉄

ただ、ちょっと面白かったのは、ここは那覇のど真ん中
ビル群の真っ只中、私の部屋は10階でしたが、隣のビルの最上階くらいに位置していて、人が来ないとも限らない・・。
ブラインドをあけっぱなしで用を足す勇気は無かったですね(笑)
ただ、このタイプ、 海が見えるくらいの上層階や、58号側などさえぎるものがない向きもあるそうですので、そういうお部屋になったら、ぜひともワイドオープンでどうぞ!!

西鉄
洗面台にも明かりが差し込んでますし、デザインがおしゃれなので、こういう部屋に住みたーい!と思うほどです。

さて、アメニティチェックターイム!

バスルームのシャンプー類はたしか資生堂でした。
洗面台には歯ブラシ、ハンドソープなど最小限のものしかありません。
その代わり1階に、こんなコーナーが

西鉄

コットンセット、シャワーキャップ スポンジ、ウォッシュタオルなど、必要なものは自分で持ってくることができます。
化粧落しもありました。

部屋着はワッフル生地のワンピース スリッパも厚手のタオル生地で大変快適

西鉄

そのほか調度品が
ちょとおしゃれなんですよね。

電話

西鉄

カップやソーサーも

西鉄

ちょっとかわいい

時計も

西鉄

秒針はあるけど、カチカチしないタイプ

細かいところで工夫があって、
服をかける場所は入り口のほうにもあるんですが、
バススペース近くにも

西鉄

ガウンやバスタオルをかけるフックがありました。

また、
枕もとのボタン類ですが

西鉄

シンプルですが、部屋中のものがここで操作できるのでとってもベンリ。
ボタンもかわいいでしょ!??
当然コンセントも枕元にありスマホ握りしめるタイプには必須!

13平米のなかにもぎゅうっと工夫が凝縮されています。
窓が広いので、普通のビジネスタイプよりも開放感があって、
リゾートみたいに部屋でのんびりするのも快適でした。

クッションも 南国風で
華やかさを添えています

今回朝食はつけず。
別にとると900円のようですが、内容はかなり充実しているようですので次回は食べてみようと思います。

このホテルには部屋タイプがいろいろあるようで
ツインはもっと広々しているようです
ぜひお試しあれ!!
タグ:
西鉄リゾート 那覇 

日航
【実録!ホテル滞在記】ホテル日航那覇グランドキャッスル 大人になるとグっとくるシティホテル!
エリア:
  • 沖縄>沖縄本島>那覇・首里
テーマ:ホテル・宿泊 
投稿日:2014/11/26 19:45
コメント(1)
実録!ホテル滞在記

大人にグっとくるシティホテル
「ホテル日航那覇グランドキャッスル」について書きます。


私が沖縄に通い始めたのは今から20年ほど前。
沖縄初心者だし、若いし、貧乏だしで、とにかく安くいかに国際通り近くに泊まるか!っていうのが必須で宿選びをしていました。
那覇の遊びといえば国際通り!だと思ってた頃。
その頃は、価格的にも立地的にも選択肢から正直このホテルは外さざるを得なかったのですが・・。
やはり歳はとるもの、といいますか・・。
今、ここに泊まりたいって思います!
これは金銭的余裕、もありますが、那覇の遊び方がわかってきた&那覇の面白スポットが増えてきたというのもあります。
下が 各スポットとホテルの配置です

言わずと知れた 国際通り
1度は行きたい 世界遺産首里城
そしてグランドキャッスル

map

この日航那覇グランドキャッスルは
国際通りを那覇の中心とすると、そこから丘の上にある首里城に向かう道の中腹にあります。
「国際通りからは遠い」と言われてしまうのはその辺なんですよね。
ただ、逆に首里城にはお散歩がてら歩いていくことができます。
首里城は観光客の多い場所。週末は駐車場を探すのに本当に苦労します。
私もかつて連休にいって、公式の駐車場は行列で諦め、かなり離れたモグリのような駐車場に1500円も出してとめたことがあります。道の細い小道ばかりで、その後空港に行くのに
「もしかして乗り遅れる!!?」
というくらいの混雑に巻き込まれました。
グランドキャッスルに宿泊すればそんなストレスからは開放!!
綺麗に赤瓦屋根に整備された道を歩いていけば首里城に着きます。
パーキング代も不要!混雑も心配なし!

国際通りって考えてみると滞在中そんなに何度もいかないですよね?
帰りに土産を買う程度なら、駐車場も周囲にたくさんあるし、行きか帰り際に寄ればいいんですよね。ホテルから近い必要も、冷静に考えればないわけで。

ご飯はどうするの??

さてそこです!

ご飯のために国際通りに行く??
いいえそんな必要はございません。

今、居酒屋含めナイトスポットでイチバンの注目は
「栄町」です。 ゆいレールの安里駅前にある市場の周辺をさします。

栄町

一時期古い市場が寂れてシャッター街になりかけましたが、地元の方が協力してイベントを起こしたり、広告したりし、今は若者にも受けるようなお店や、安く美味しい餃子屋など、繁盛店が集結しています。最近の沖縄のガイド本にも「ディープスポット」として紹介されるほど、人気のエリア。
なんとその栄町まで、このグランドキャッスルからはタクシー500円程度であっという間!混雑もない!2,3名で乗れば、ゆいレール代より安い!

沖縄の地元食材の居酒屋から、ディープなおでんや 美味なぎょうざ、びっくりするほどうまい串焼き、 バー、 スナック、 イタリアンなどなんでも揃っています。

あだん
(↑は私のお気に入り「あだん」 串焼きを自分で選んで焼きます!)

特筆すべきは その価格!
国際通り中心で観光客価格で食べるより断然安い!そしてうまい!!
地元民が通っているエリアだからこそ、ちゃんとした料理と価格じゃないと生き残れないんですよね!
私もこれまで国際通りでもこのエリアでも食べてきましたが、美味しい店はやはり栄町に集まっています。

んじゃ〜ホテルでご飯食べないなら、
いいホテルじゃなくていいんじゃない??

いいえいいえ!!
まず、夜のお話ですが、
栄町でディープに食事したあとはホテルでシックに締めてみませんか?

日航

20階に こんな素敵なバーが入っています!
一面ガラス張りのデザイン!眼下には那覇の夜景が広がります。
カウンターでも窓際のソファでも幸せな気分になれること請け合いです!
沖縄のホテルのバーで、一番の眺めと言っていいでしょう!

彼女なんか連れてたら、
ディープな居酒屋も知ってて、シックな絶景バーも知ってて!
ステキー!!
株が上がることは間違いないでしょう!

さて、こちらのこのホテル
さすが日航というだけあって、ランチのバイキングもとってもステキ。
地元の方でいつも賑わっています。
レストラン「セリーナ」

日航

自分でアレンジできる牛丼

日航

チーズフォンデュ


日航
洋食から、

日航
中華から


日航

スイーツまで!!

写真はごく一部です。
その他、目の前で作ってくれるパスタやローストビーフ
ドレッシングが充実したサラダバー
種類の多いドリンク類
2回行っても全部は食べきれない!という種類があります。

私は年に1度仕事で必ず食べに行くのですが、毎年ガラリと雰囲気が変わっているので、料理や配置なども考えて年に何回かは変えているのでしょうね。
だから地元の方も足繁く通んでしょう。

そんなリッチなランチを滞在中1度くらいいかがでしょうか?
このボリュームで1850円。 東京なら軽く3500円は超える内容です。
ちょっと遅く起きて朝ごはん逃した、とか、
沖縄料理にちょっと飽きた時にぴったりです。


さて、国際通りから離れてて心配なのが
「周りに何もなくて不便じゃない??」

おっしゃる通り、なにもなーい!!です。
日航那覇グランドキャッスル周辺。

でもさすが痒いところに手が届く日航クオリティ!!

なんとフロントの正面にコンビニ入ってます
しかも「売店」ではありません
「ファミリーマート」です!
ファ・ミ・マ!
あなたとコンビニ ファミリーマート♪
です。

日航

話に聞いてましたが、
シックなフロント周辺がざわざわしない?
コンビニっても小さいんじゃない?
大したもの売ってないんじゃない??
って
思ってました。ついこの間まで。

ホテルの「売店」ってたいがい狭いし、
レストランの売上響くから
結局食べたくないようなカップ麺と
日持ちするようなパンくらいしか無いのよね〜
ワタシ 知ってんだから って
これまでの経験で思ってました・・

スイマセン
間違ってました

行ってびっくり!
ファミマ!です。
ちゃんとオニギリからサンドウィッチから
市街にあるコンビニの一通りのものがあり。
店も、L字になっていて、奥が広くとにかくいろんなものがあります。
コンビニATMもあり
まさにファミマ 日航那覇店です!
ないのは
「ちゃららららら〜ん♪ ららららら〜♪」という
入口の音だけ(多分鳴ってないと思う・・・)

シックな日航那覇のフロント前ラウンジエリアにちゃんと収まってて
しかも内容充実
さすがプロ仕事です。

よく市街のホテルが、自ホテルの自慢として
「近くにコンビニもあり・・」って書きますが
こっちは「フロント前にアリ!」だもん〜。

おっと一番大事な ホテルの部屋について忘れてました。

日航

お部屋スタンダードツインが約30m²あり、とにかく広々しています。
調度品の色が統一されているのか広く感じ、実際30m²以上に感じます。

ユニットバスですが 広く、バスタブも大きいので私もいつもお湯に浸かります。

バーと同じ那覇の夜景側の部屋だと
こんな景色が見られます
日航

今回 あれ?とおもったのがコチラ

日航
コンセント・・
前は絶対なかった!!

最近出来たホテルは
ベッドサイドボードに、携帯充電用のコンセントが付いていることが多いですよね。 これってまさに「時代」ですよね。
寝る直前まで携帯握り締めて、目覚ましも携帯で!なんて時代だからこそ
枕元にコンセントが欲しいって要望が多かったんでしょう。

サイドボード全体を作り変えるのは難しかったけど
要望に応えようとしているところがさすが!!

常に進化を遂げる日航那覇グランドキャッスル
大人になったからこそその価値がわかる!
そんなシティリゾートです。

さて 大人なアナタ
那覇ステイももう数度目というあなた
次回の滞在は是非、日航那覇グランドキャッスルへ!

略して
グラキャン!!
はい!大きな声で
グラキャン!!

1 - 5件目まで(45件中)


国一覧
北海道
道央(6)
道北(2)
道東(2)
道南(2)
関東
東京(6)
北陸
石川(2)
近畿
兵庫(3)
京都(1)
大阪(1)
中国
島根(4)
鳥取(1)
広島(1)
山口(1)
四国
愛媛(1)
九州
福岡(5)
大分(3)
鹿児島(2)
熊本(1)
沖縄
沖縄本島(45)
沖縄離島(30)