1. ι? ???
  2. 海外の旅行ブログ
  3. OTOAさんの旅行ブログ
  4. OTOAさん スリランカの記事一覧

  海外エリア: アジア > スリランカ の他のブログはこちら|

OTOA World information

世界80ヵ国・245都市、811拠点に広がるネットワークを活かし、現地の最新情報をご紹介していきます。
プロフィール

ニックネーム:
OTOA
居住地:
東京都
会社名:
(社)日本海外ツアーオペレーター協会
会社英字名:
OVERSEAS TOUR OPERATORS ASSOCIATION of JAPAN
会社所在地:
東京都
業種:
旅行業
自己紹介:
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA=OVERSEAS TOUR OPERATORS ASSOCIATION of JAPAN)とは、海外を訪れる日本人旅行者の皆様を現地で実際にお世話したり、海外旅行を企画販売する全国の旅行会社から依頼を受け、その旅行先の手配を専門に行う旅行会社。言うなれば海外旅行の現地手配サービスの専門集団です。
会員会社は134社(2008年4月01日現在)、賛助会員は71社(2008年4月01日現在)。旅行者の皆様にはふだん、海外での空港とホテル間の送迎、ガイド業務、ツアーデスクなどでお目にかかっています。また、皆様が海外で利用されるホテルや食事の手配をはじめ、日本と海外を結ぶさまざまな国際交流も私たちツアーオペレーターの大切な仕事です。
このような多くの会社で構成された社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会は、世界80ヵ国・245都市、811拠点に広がるネットワークを活かし、現地の最新情報を入手して海外を訪れる皆様が安心して旅行を楽しめるよう安全対策に万全を期す一方、常に新しい旅行地の開拓と受入態勢の整備を図りながら、1人でも多くの日本人旅行者が海外でかけがえのない体験をできるようサポートしています。

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(7件中)

2014「ペラヘラ祭」
スリランカ キャンディ / 仏歯寺の祭典、2014「ペラヘラ祭」8月開催
エリア:
  • アジア>スリランカ>キャンディ
テーマ:お祭り・イベント ホテル・宿泊 
投稿日:2014/05/27 10:34
スリランカの世界遺産都市 キャンディで毎年行われるアジア最大の祭りと称される「ペラヘラ祭」は、今年は2014年8月01日(金)〜10日(日)に開催されます。
仏歯寺に納められた仏教の象徴ともいえる仏歯が象の背中に乗せられ、街を練り歩きます。電飾で彩られたきらびやかな衣装をまとった百頭もの象や多くのダンサーが松明をかざし、太鼓を鳴らして共に行列をする光景は圧巻です。
徐々に盛り上がりをみせるこの祭りは、後半がお勧めです。特に8月10日のポーヤデー(満月)は最高潮に達し、キャンディは熱気に包まれます。
古都の息吹を感じられる「ペラヘラ祭」は、国内外からの観光客でホテルも混雑しますので、早目のご予約を。

2014「ペラヘラ祭」

注: 2012年1月より、スリランカ入国にはビザ(査証)が必要となっております。
ビザの詳細情報は、下記サイトにてご確認いただけます。
URL http://www.immigration.gov.lk/ (英語他)


情報提供:エーペックスインターナショナル株式会社

NoPhoto
スリランカ コロンボ / 「ナワンペラヘラ祭り」ご紹介
エリア:
  • アジア>スリランカ>コロンボ
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2013/12/12 11:38
毎年2月の満月の日にコロンボのガンガラーマ寺院を中心に行われる「ナワンペラヘラ祭り」ですが、2014年は2月13日〜14日に開催されます。
キャンディで行われる有名な「ペラヘラ祭り」より規模は小さめですが、その分、混雑が緩和され、約3時間半に及ぶパレードをじっくりお楽しみいただけるお祭りです。
煌びやかな象のパレードだけでなく、火の輪くぐり、伝統の色鮮やかな仮面を被ったダンサーの踊り、キャンディアンダンスなどを飽きることなく鑑賞することができ、観客も大いに盛り上がります。
是非、この機会にコロンボへお越しください。


情報提供:エーペックスインターナショナル株式会社

2013「ペラヘラ祭」
スリランカ キャンディ / 仏歯寺の祭典、2013「ペラヘラ祭」ご紹介 (8月)
エリア:
  • アジア>スリランカ>キャンディ
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2013/03/08 14:10
スリランカの世界遺産都市 キャンディで毎年行われるアジア最大の祭りと称される「ペラヘラ祭」。今年 2013年は8月11日〜8月21日に開催されます。
仏歯寺に納められた仏教の象徴ともいえる「仏歯」が象の背中に乗せられ、街を練り歩きます。電飾で彩られたきらびやかな衣装をまとった100頭もの象と共に、多くのダンサーが松明をかざし太鼓を鳴らして行列をする光景は圧巻です。
徐々に盛り上がりをみせるこの祭りは、後半がお勧めです。特に8月20日のポーヤデー(満月)には祭りも最高潮に達し、キャンディは熱気に包まれます。
古都の息吹を感じられる「ペラヘラ祭」は、国内外からの観光客でホテルも混雑しますので、早目のご予約を。

★注
2012年1月01日より、スリランカ入国にはビザ(査証)が必要となっております。
1) ビザはオンラインでの事前申請になり、本人、又、第三者の申請も可能。
ビザ発給手数料は30日まで滞在の場合は、US$30(クレジットカード支払決済)となります。
尚、旅行会社等、第三者に申請手続きを依頼した場合には、上記とは別に手数料が必要となります。
2) スリランカ到着後、空港にてビザを取得する場合は、US$35かかります。

※ビザに関する詳細な情報は、以下のサイトにてご確認ください。
URL http://www.eta.gov.lk/ (日本語のページあり)

2013「ペラヘラ祭」

情報提供: エーペックスインターナショナル株式会社

ペラヘラ祭
スリランカ キャンディ / 7月23日〜〜8月01日、仏歯寺の祭典「ペラヘラ祭」開催
エリア:
  • アジア>スリランカ>キャンディ
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2012/03/22 11:01
スリランカの世界遺産都市 キャンディで毎年行われるアジア最大の祭りと称される「ペラヘラ祭」ですが、今年は2012年7月23日〜8月01日に開催されます。
仏歯寺に納められた仏教の象徴ともいえる仏歯が象の背中に乗せられ、街を練り歩きます。電飾で彩られたきらびやかな衣装をまとった百頭もの象や多くのダンサーが松明をかざし、太鼓を鳴らして共に行列をする光景は圧巻です。
徐々に盛り上がりをみせるこの祭りは、後半がお勧めです。特に8月01日のポーヤデー(満月)は最高潮に達し、キャンディは熱気に包まれます。
なお、古都の息吹を感じられる「ペラヘラ祭」は、国内外からの観光客でホテルも混雑いたしますので、早目のご予約をおすすめいたします。

ペラヘラ祭

情報提供: エーペックスインターナショナル株式会社

NoPhoto
スリランカ / スリランカ入国査証(VISA) 事前取得の義務化導入について
エリア:
  • アジア>スリランカ
テーマ:旅行準備 その他 
投稿日:2011/10/07 17:11
この度外務省より、スリランカ入国の際に事前に査証の取得を義務づける旨の情報がまいりましたので、ご連絡いたします。
詳細につきましては、以下にてご確認ください。


----------------------------------------------------------------------


平成23年10月5日
在スリランカ日本国大使館 領事班


スリランカ入国手続の変更について(事前VISA取得要件の開始)

去る9月30日スリランカ入国管理局は、来年1月1日より、日本を含めた二国間取極めのない国籍者に対し、スリランカ入国の際に事前に査証の取得を義務づける旨発表しました。概要を以下のとおりお知らせいたします。
つきましては、本件変更事項につき日本から訪問予定のご親族やご友人、出張者等に周知していただくことをお勧めいたします。
モルディブよりスリランカに入国する日本人も同様に今回の変更に伴い、スリランカ入国前にVISAの申請が必要ですので、ご注意ください。

なお、この度のスリランカ入国に関しての制度上の変更についてのお知らせは、本来スリランカ国側が渡航者に周知を行うべきであり、その詳細について当館が責任をもって説明する立場にありませんが、在留邦人の皆様への便宜の一環として概要をご説明することといたしました。
つきましては、本件についての詳細は、スリランカ入国管理局へお問い合わせ下さい。

1. 来たる2012年1月1日より、スリランカ国を短期滞在目的にて入国する、二国間取極めにて査証免除となっている国籍者(シンガポールおよびモルディブ)及び航空便の運航乗務員、船舶の乗員を除く全ての外国人に対し、スリランカ入国前に予め入国のための査証の取得を義務づける。
これにより、申請する査証の種類によって手数料が併せ課せられる。

2. 明年1月1日の完全実施を前に、10月1日より12月31日までの3ヶ月間、試行期間として現行の「VISAなし渡航(Visa On Arrival)」と併用する形で、オンラインによる査証申請(Electronic Travel Authorization (ETA))の受付を開始する。
ウェブサイトは、www.eta.gov.lk からETA申請用の頁にアクセスし、説明を熟読の上指示に従い手続を行う。
なお、日本語を含む主要言語に対応している(試行期間は英語のみ)。
また、同試行期間中は査証申請手数料が免除される。

3. 外交、公用旅券所持者については、入国目的が外交・公用の場合は現行通り、最寄りのスリランカ国在外公館にて入国査証を所得する必要がある。
この場合は、査証手数料は免除される。右以外の観光目的の場合は、一般旅券所持者と同様にETAの申請が必要とされ、査証申請手数料が課せられる。
但し、一般旅券所持者であっても渡航目的が公用の場合は、事前に当事国間で協議され同意された場合には査証申請手数料を免除する。

4. 今回の改正によりETAによる査証申請が課せられる短期滞在の渡航目的は以下の3種類
(1) 観光(Tourism)
観光、休暇、知人・親族訪問、医療(アーユルベーダ、ヨガを含む)
スポーツイベント、競技や文化的活動への参加
(2) 商用(Business)
商談、商取引に係る協議、会議、ワークショップ、セミナー、短期研修
芸術、音楽、舞踊等への出演
(3) 通過(Transit)
スリランカを経由し第三国へ渡航途次立ち寄り

5. ETAには以下の6とおりの申請方法が設けられる。
(1) 申請者による申請
(2) 第三者による代理申請
(3) 指定旅行代理店等による申請
(4) スリランカ在外公館での申請
(5) スリランカ入 国時の申請
(6) 第三者によるスリランカ入国管理局での申請

6. ETAによる短期滞在査証申請で発給される滞在許可期間等
(1) 観光目的: 30日間滞在・有効 2回入国査証
(2) 商用目的: 30日間滞在・有効 数次入国査証
(3) 通過目的: 7日間滞在・有効 1回入国査証

7. 短期滞在目的による渡航者に共通する要件
いずれの目的でも、短期滞在でスリランカ国を訪問する者は、以下の要件を満たす必要がある。
(1) 旅券の残存有効期間が最低6ヵ月以上あること
(2) 予約が確定している復路の航空券等を所持すること
(3) 滞在期間に応じた十分な滞在費用を所持すること

8. ETAによる申請手順(概略)
(1) ETA専用ウェブサイト(www.eta.gov.lk)にアクセスし、必要事項を入力する
(当館注:承認通知が申請後24時間以内に発送されることから、遅くとも入国予定日の24時間前までには申請手続を了していることが必要であると考えられる)
(2) 渡航目的に応じた査証申請手数料の支払いに関する情報入力(クレジットカードによる精算)
※納付済み手数料は、査証発給拒否の場合を除きリファンドされない。
(3) 即座に申請受領通知が発行される
(4) 24時間以内にETA承認通知または審査保留中(referral)通知が届く
(5) ETA承認通知を印刷し、スリランカ国入国審査時に旅券等の書類と共に提出
審査保留中の通知が届いた場合は、最寄りのスリランカ在外公館に照会する
※なお、入国時に査証申請する場合は、申請後に「審査保留中」の通知が届いた場合は、手続の関係上入国が認められず、直近の便にて出発地等に強制送還されるので注意が必要
(6) 申請中の状況については、ETAウェブサイトにログインするか、ETA事務所(+94-719967888)に照会する

9. 査証申請手数料について
ETAによる査証申請には、以下のとおり滞在目的毎に定められた手数料が課せられる。
また、申請手段によっても異なる手数料額が設定されているので要注意。いずれも上記6の査証発給の手数料額である。
なお、下記11の査証にあっては査証申請手数料に加え、国籍別に定められた査証料が課せられる。詳細は下記11に明記
(1) 上記5(5)を除く全ての申請手段
ア. 観光目的 50米ドル
イ. 商用目的 60米ドル
ウ. 通過目的 25米ドル
(2) 上記5(5) <入国時の申請>
ア. 観光目的 75米ドル
イ. 商用目的 75米ドル
ウ. 通過目的 25米ドル
※手数料納付はクレジットカードの他、主要通貨現金による支払いも可

10. 短期滞在許可の延長について
上記6の滞在許可を延長することを希望する場合は、スリランカ入国管理局にて申請を行うことで、入国日から90日間の滞在期間に延長することができる。
更に最長90日の延長まで許可され、最長6ヶ月間の滞在が認められることがある。

11. 上記6の滞在許可期間および入国回数以外の査証を希望する場合
スリランカ国在外公館での申請に限り、以下の査証を申請することが出来る。
(1) 観光目的: 90日間滞在・有効 1回入国査証 50米ドル+25米ドル
(2) 観光目的: 90日間滞在・有効 2回入国査証 50米ドル+50米ドル
(3) 商用目的: 90日間滞在・有効 1回入国査証 60米ドル+25米ドル
(4) 商用目的: 90日間滞在・有効 数次入国査証 60米ドル+75米ドル

12. いずれの場合も、本件ETA制度に関し不明な点があれば、スリランカ入国管理局のHP(www.immigration.gov.lk)または、ETAウェブサイト(www.eta.gov.lk)を参照するか、最寄りのスリランカ在外公館に照会して下さい。


※ETA制度の概要(日本語、PDFファイル)
URL http://www.lk.emb-japan.go.jp/jp/contents/ryoji/etanotice2.pdf
※ETA制度についてのスリランカ入国管理局の説明(英語、PDFファイル)
http://www.lk.emb-japan.go.jp/jp/contents/ryoji/immig.PDF

以上

1 - 5件目まで(7件中)


国一覧
アジア
ベトナム(406)
台湾(347)
カンボジア(209)
タイ(122)
ミャンマー(97)
ラオス(83)
インドネシア(78)
中国(77)
マレーシア(74)
シンガポール(71)
香港(39)
マカオ(31)
インド(26)
ウズベキスタン(17)
スリランカ(7)
韓国(4)
ブルネイ(4)
ネパール(3)
フィリピン(3)
モンゴル(2)
ブータン(1)
中近東
トルコ(91)
アラブ首長国連邦(30)
イスラエル(12)
ヨルダン(8)
イラン(8)
バーレーン(2)
パレスチナ自治区(1)
キプロス(1)
イラク(1)
サウジアラビア(1)
シリア(1)
ヨーロッパ
イタリア(923)
スペイン(553)
ドイツ(515)
フランス(426)
オーストリア(300)
イギリス(242)
ロシア(170)
ベルギー(140)
クロアチア(106)
チェコ(100)
スイス(100)
バチカン市国(95)
ハンガリー(84)
ノルウェー(81)
スウェーデン(72)
オランダ(58)
ポルトガル(51)
モナコ(43)
ギリシャ(43)
ポーランド(40)
フィンランド(40)
デンマーク(22)
アイスランド(21)
アイルランド(20)
ルーマニア(10)
スロバキア(10)
ラトビア(9)
エストニア(6)
ブルガリア(6)
ウクライナ(6)
マルタ(6)
リトアニア(3)
スロヴェニア(2)
カザフスタン(2)
アンドラ公国(2)
ベラルーシ(2)
ルクセンブルク(1)
サンマリノ共和国(1)
アゼルバイジャン(1)
アルメニア(1)
アフリカ
エジプト(72)
モロッコ(34)
ケニア(11)
チュニジア(11)
タンザニア(4)
リビア(3)
ハワイ
オアフ島(432)
ハワイ島(114)
マウイ島(55)
カウアイ島(21)
ミクロネシア
グアム(46)
サイパン(20)
パラオ共和国(13)
ロタ(3)
テニアン島(2)
オセアニア
オーストラリア(354)
ニュージーランド(241)
サモア独立国(2)
パプアニューギニア(1)
南太平洋
フィジー(116)
タヒチ(89)
ニューカレドニア(9)
バヌアツ(1)
カリブ海
キューバ(19)
中南米
メキシコ(115)
ペルー(33)
アルゼンチン(23)
ブラジル(18)
パラグアイ(13)
グアテマラ(12)
チリ(7)
ホンジュラス(4)
ウルグアイ(3)
エルサルバドル(2)
コロンビア(2)
ボリビア(1)
北米
アメリカ西部(203)
アメリカ東部(58)
カナダ(24)
インド洋
モルディブ(2)
関東
東京(3)
近畿
大阪(1)