1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. Neomarsさん
  4. 散歩・自転車の記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

フランス紀行

~フランスの社会・生活・文化に関する情報や日本社会との比較分析、世界各地を旅して発見した面白い情報をお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
Neomars
居住地:
ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
性別:
女性
会社名:
Tabet International en France
会社英字名:
Tabet International en France
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
単なるスポット紹介やグルメを堪能することだけに飽き足らない旅慣れた日本人が欲している情報とは何か・・・。それは、「現地とコネクトすること」ことができる情報提供ではないかと思っています。表層に現れる現象の根拠を歴史的、文化的、社会的価値観の観点から探り、ついでに辛口ジョークや捻りの利いたブラックジョークも交えながら、「なるほど・・」と納得しながらクックックゥと笑って楽しんで頂ける情報提供をお約束します!

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

トイレ
フランスのトイレでは・・・
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
テーマ:街中・建物・景色 留学・長期滞在 散歩・自転車 
投稿日:2012/09/18 19:21
コメント(0)
トイレの設備が整い、とても清潔であることは何にも代え難い貴重な財産です!

長らく日本に住んでいて感謝の気持ちを忘れていました・・・が、フランスを含む外国と比較すると、日本のトイレのハイテクぶり、清潔さ、美しさには目を見張るものがあります。

もう、日本のトイレに住んでもいいぐらいです!!!

フランスのトイレの恐ろしく汚いこと・・・・。子供に優しいフランスと世界には宣伝されていますが、子供どころか大人にも優しくないのがフランスの設備です。

まず気がつくのは、トイレットペーパーがないところがほとんどであるということです。日本で当たり前に見かけるトイレットペーパーが山積みになっているトイレなど、まずフランスではお目にかかりません・・・。

でも、山積みにしてたら全て盗まれてしまい、逆にペーパーレスが常態化してしまうでしょうから、最初から何も置かないという選択がベストなのかもしれません。

日本では使用する前に便器を拭かなければ・・・などと思うことは稀ですが、こちらでは、拭かないで使用することは絶対に考えられません・・・。

そのため、掃除道具を常に携帯しておく必要があります。ペーパーレス対策としてティッシュを常備しておくことはもちろんのこと、最近では、除菌効果がある水溶性のウエット・ティッシュも欠かせないお出かけの友となりました。

手順としては、便器に顔を近づけ、じっと目を凝らして怪しいしみや危険な水滴がないかを確認します。そして、何もなければホッと一息ついて、ふき取り作業に取り掛かります。

どうせふくのなら、いちいち確認する必要なんてないんじゃないの?と思われるでしょうが、それは公共トイレが常にピカピカであるのが当たり前になっている日本人が考えることであり、何でもありきのフランスでは、行為を始めるまえに、まずは立ち止まって良く観察することが肝心です。はずみに何かに触れて、しまった!!と思ってからでは遅いのです。

そのため、フランスのトイレでは、石橋は壊れるまで叩いても叩きすぎるということはありません。便器は拭いて拭いて、ついに壊れたとしても別段問題はありません。むしろ、拭いて壊れるような便器に座らなかった幸運を喜ぶべきだからです。。。

そして、極めつけは、体力の限界に挑戦して便器を拭いたにも関わらず、最終的に「やっぱり便器に肌を触れることは控えよう・・」という結論に達することです。

そうなると、便器からお尻を浮かせ、脚が痙攣するのを我慢しながら用を足すことになります。そして、トイレを出る頃には、脚が筋肉痛か神経痛で作動不可となることも多々あります。

オムツ交換のための台など想像を絶する贅沢で、いまだかつて見たことがありません。。。公共のトイレはともかく、病院でも設置されているところは稀です。

一度、病院で娘がウンチをしてしまい、その時は運良く夫が一緒だったので、二人で協力して便座カバーを掃除し、 娘をそこに寝かせ、ひとりが彼女をささえ、もうひとりがオムツを変えるという離れ業を成し遂げました。

あの時ぐらい夫婦が一丸となって協力し、一つのことを成し遂げたことはいまだかつてなかったように思います・・・。

ちなみに、チップが要求されるトイレでは、それなりのレベルが期待できます。もっとも、日本のレベルには遠く及びませんが・・・。

トイレ

利用するたびに、ああ、150円(1.5ユーロ)も払う価値がったのか・・?と、ウジウジ何度も自問自答することになり、無意味な疲労感と気疲れに苛まれることになります。

とにかく、頭も体もフルに活用し、瞬時の判断と瀬戸際の決断力が要求されるのがフランスのトイレだといえるでしょう。

人間としていわゆる「well round」になる訓練がしたい方には取っておきの場所、それがフランスのトイレだといえます。
タグ:
南仏 プロヴァンス フランス観光 マルセイユ パリ 

PR
フランスに関する面白い情報が満載です!

1 - 1件目まで(1件中)