1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. Neomarsさん

  海外エリア: ハワイ > オアフ島 の他のブログはこちら|

フランス紀行

~フランスの社会・生活・文化に関する情報や日本社会との比較分析、世界各地を旅して発見した面白い情報をお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
Neomars
居住地:
ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
性別:
女性
会社名:
Tabet International en France
会社英字名:
Tabet International en France
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
単なるスポット紹介やグルメを堪能することだけに飽き足らない旅慣れた日本人が欲している情報とは何か・・・。それは、「現地とコネクトすること」ことができる情報提供ではないかと思っています。表層に現れる現象の根拠を歴史的、文化的、社会的価値観の観点から探り、ついでに辛口ジョークや捻りの利いたブラックジョークも交えながら、「なるほど・・」と納得しながらクックックゥと笑って楽しんで頂ける情報提供をお約束します!

カレンダー
7月<2022年8月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

記事一覧

1 - 5件目まで(45件中)

ハワイ1
ワイキキでラグジュアリー・ヴァケーション!
エリア:
  • ハワイ>オアフ島>ホノルル
テーマ:観光地 ビーチ・島 ホテル・宿泊 
投稿日:2017/03/15 15:28
コメント(0)
ヒルトン・グランド・バケーションズのハワイ最新リゾート「ザ・グランド・アイランダー」のグランド・オープンを記念して、明日の3月15日(ハワイ時間)にオープニング・セレモニーが開催されます。

ハワイ6

それに先立ち、本日、メディアの注目も熱いこの38階のリゾート・タワーの中を見学させていただきました。最上階にあるペンとハウスからの眺めは・・・・、あまりの素晴らしさに言葉を失いました・・・ただただ、Beautifulを繰り返すばかり・・・。横に並んでこの絶景に感動している(はず)の夫を十数年ぶりのうるうる目で見つめ、心を込めて「さあ今よ、決断は!」とシグナルを送ったにも関わらず、「Shall we go?」と軽くかわされ。。。やはり、どんなに頑張っても、8000万円がワイキキの海に舞うことはありませんでした・・・(涙)。

ハワイ3

とまあ、自分のものにはなりませんでしたが・・(当たり前!)、このようなお部屋を見せていただいただけでも、心が豊かになりました。

ちなみに、今回宿泊したヒルトン・グランド・バケーションズのお部屋は角部屋で、少々体をねじればザ・グランド・アイランダーのペントハウスに匹敵する眺望を堪能することができました。

ハワイ5

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジは、何度もしつこいですが、本当に素敵なところ。家族や大切な人と一緒に素晴らしい体験を楽しみ、心に残る思い出を作ることができる場所です。

レストランが充実しているだけでなく、ショッピングも充実しており、ヨーロッパのハイエンドなメゾンからお手ごろ価格なものまで全て勢ぞろい。でも、品質がしっかりしているのが注目です。

ハワイ10

次回以降、幾つか気に入ったお店をご紹介していきたいと思います。
タグ:
ハワイ ワイキキビーチ ヒルトン ラグジュアリー 

PR
忘れられない旅の思い出をあたなに;・・・
マルセイユ3
マルセイユの港2017
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/01/30 18:10
コメント(0)
フランスでは2017年の春には大統領を控え、各党派での選抜が続いている。

現政権である社会党のオーランド大統領は2017年度の大統領選挙には出馬しないとの決定を公にした。彼が大統領になってから下した決断のなかで、これほどの英断があろうか。第五共和制始まって以来、最低の支持率が続き、過去5年間、何の成果もないまま幕を閉じようとしている。次も出馬すると言っても、誰一人として本気になどしないだろう。

唯一の成果といえば、サルコジによって2000万円まで引き上げられた大統領の年俸を、こんなに高給なことでは国民に申し開きができないと、律儀にも基の1000万円まで減額したことぐらいであろうか。減額は賢い決断だった。1000万円の働きをしたのか?という疑問はぬぐえないが、少なくとも2000万円の働きをしなかったことは確かだ。

サルコジで思い出したが、彼は党派の選抜では勝ち進むことができず、フイヨンに道を譲ってしまった。フイヨンは、討論を聞くだけでは好ましいことこの上ない。彼のスピーチにはキャピタリズムのビートに溢れ、落ちぶれる一方のフランスに明日への希望を見せてくれるようだ。

マルセイユ3

しかし他にも期待の星が登場しつつあり、フランス政界の行方は予断を許さない。オーランド政権の重鎮の一人である経済大臣のエマニュエル・マクロンが、無党派で立候補しているということだ。身内に裏切られる社会党はどれだけポンコツ・・・と思うが、オーランドと一緒にされてイメージが失墜することを恐れるが故の決断だと思う。また、社会党が打ち出す政策では、フランスを救うことは不可能だという当たり前の事実に気がついたからでもあるだろう。

私は実は、バルス首相とマクロン経済大臣の両方に会ったことがある。会ったことがあるなどと書くと、さも親しい中のようだが、残念ながらそんなことは全くない。一昨年、彼らがお台場のみらい館を訪問した際に、そこで彼らの目の前、1メートルもしない至近距離で仁王立ちの姿勢でバチバチとスマホで写真を撮ったことから、お互い「顔見知りになった」というだけだ。もっとも、彼らは私のことなどとおの昔に忘れているだろうが。もしかしたら、みらい館で一番うっとおしい背の高いハイヒール日本人ぐらいは覚えているかもしれない・・・。

マルセイユ2

バルスとマクロンはかなり背が低い。オーランドも高くないので、同じぐらいかそこらで高くはないと知ってはいたが、それでも、マクロンなど170センチあるかどうかで、私より背が低いかんじだ。

しかし、しかしである。男の価値は背の高さじゃないというのを実感させてくれるのがマクロンなのだ。彼は、オーランドなど貧乏・一般ピープルを装うなんちゃってではなく、正真正銘の小市民出身で、自身の頭脳と器量でフランス政界をのし上がってきた。年齢は忘れたが、確かまだ40代の前半だったと記憶している。若くして、オーランドの右腕だ。

奥さんは、舞台女優の美人・・・といいたいところだが、これがまた「どうして?」というぐらい整形に失敗した年増のようなちょっと気持ちの悪い相貌。しかし、マクロンと何十年以来のおしどり夫婦で、彼が大統領に当選すれば、列記としたフランス共和国のプレミエ・ダムになる。こんなところからも、表面的な要素にながされないマクロンの人間の厚みが伺われると思うのは私だろうか。

とまあ、2012年から5年。フランス政界のランドスケープは大きく変わった。他にも、極右はますます元気付いて、大躍進が予想されている。マリヌ・ルペンもホクホクだ。

私は極右を支持する人たちの気持ちが良くわかる。いわゆる「純粋」なフランスを望んで何が悪いのか。確かに人種差別だし、彼女のロジックを通せば、アジア人の私やミックスの私の娘など居場所もなくなるのだろう。それでもいい。

マルセイユ1

なぜなら、フランス、特にパリがない世界はあまりにも味気ないから。パリの美しさは比類ない。この世でパリぐらい美しい街があるだろうか?私はミクロの世界を言っているのではない(よく見るとゴミや犬のフンがているので)。マクロに見た場合、パリを凌ぐ街はほかにない。全てが絵になる。この状態を守りたいという思いを私は否定できない。

実は先々週から2週間マルセーユにいたので、マルセーユについて書きたかっただが、なぜかフランスの政界の話になってしまった。いつもそうだ。アメリカに行くと、その土地のことについて書きたいので、ともするとホテルの部屋にこもってテレビに釘付けになり、アメリカの政治・世論を追う。マルセーユでも同じでした・・・(涙)。寒いので、夏とちがってカフェに行くのも億劫になり、娘や夫と連れ立って散歩に行ったり、友人宅に及ばれに行く以外は、ひたすら家でテレビ番組の鑑賞。

子供面倒を嬉々としてみてくださった義理の両親や近所の知人に感謝、感謝!お陰で多くの自由時間を満喫することができました!
タグ:
フランス パリ マルセイユ 観光 地中海 

PR
素敵な旅のご紹介!
トランプ1
ラグジュアリー溢れるトランプタワー
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>ラスベガス
テーマ:観光地 テーマパーク ホテル・宿泊 
投稿日:2017/01/30 15:17
コメント(0)
アメリカのネヴァダ州はラスベガスにあるトランプタワー。米国45代大統領に就任したトランプ氏の会社であるトランプ・インターナショナルの所有です。

トランプ1

ハワイのオアフやニューヨークはマンハッタンで見たことがあるという方も多いかと思いますが、このラスベガスのトランプタワーはあまりないはず。

ラスベガスは一昔前のギャンブラーのパラダイスとは一変し、今や、家族向けの一大行楽地。まさに、家族全員で楽しむことができる、地上のパラダイスになりました!

巨大なアミューズメント・パーク、あらゆる味覚を満たす各種グルメ・レストラン、ナイト・デイタイムショーの数々など、カジノ以外にも楽しみ満載の大規模エンターテイメント・コンプレックスへと変貌を遂げたわけです。

近場ではマカオもラスベガスと同じ道を辿っています。カジノが解禁になる(もうなりましたっけ?)東京もこの方向性に見習って、「ギャンブルで素行が悪くなる」と嘆くのではなく、この総合エンターテイメント・コンプレックスを目指すべきだと思います。

このトランプタワー、ラグジュアリーの王道を驀進しています。どの角度から見ても、マンハッタンのトランプ家のリビングを髣髴させる金ぴかの豪華絢爛。品質とセンスの良さを豪語するだけあって、ケチの付け所がない高品質・高ラグジュアリー。

トランプ3

昨今では、ブランドのライセンス契約で売上を伸ばしているトランプ・インターナショナル。ビルの建設をしないでブランド名だけ貸す姑息な商売という頓珍漢な意見がメディアで流れたが、そんなことは全くない。リアルステート・デヴェロパーの間では当たり前のこと。

不動産を建設するのは時間がかかるし、キャッシュ・フローも減るし、アセットのバランスが身重に傾いてしまう。そんななかで、ブランド名と一緒に建物の質やデザインを管理し、運営まで請け負うFee for Serviceとも言うビジネスが盛んだ。これだと、身軽にできるし、キャッシュフローも潤沢、しかもリスクも少ないときている。しかし、これはもちろん、ブランド力のある企業に限られる殿様ビジネスであることは間違いない。

トランプ2

もちろん、彼は税金の申告書を絶対に公開しないので確実なことはいえないが、この種のサービスでかなりの利益を上げていることは確かだ。

ちなみに、ラスベガスのトランプ・タワーには、かの有名なヒルトン・グランド・バケーションのタイムシェア・リゾートも入っている!やはり、ラグジュアリーなデヴェロッパーどうし、何が価値あるものなのか良くわかっていると思った。

タイムシェアのお部屋もラグジュアリー溢れるアナザー・ワールド!こんな部屋を「第二の我が家」としてゆっくり滞在し、ラスベガスで家族みんなで楽しく遊ぶことができれば最高だ。

内装のラグジュアリー溢れるシックさは、概観の高級感を裏切ることがないばかりか、「私、脱いでもすごいの!」ばりのため息もの。

トランプ4

ヒルトン・グランド・バケーションズのタイムシェア・リゾートをどこかで購入すれば、ヒルトン・ポイントでこのラスベガスのトランプタワーにあるタイムシェアに宿泊することも可能です。もちろん、トランプタワーのタイムシェアを買うことだってできます!

とにかく、これまでのバケーションのあり方を再考してみる価値は大いにあると思います。ラグジュアリー・コンフォートに囲まれ、ゆったりした時間を家族と一緒に過ごしてみませんか?

生涯の忘れられない思い出を毎年積み重ねていく人生。タイムシェアだからこそできるようなきがします。
タグ:
ラスベガス トランプタワー ラグジュアリー ヒルトン カジノ 

PR
新しいバケーション・スタイルをご提案します!
hgv4
ラグジュリー・リゾート The Grand Islander 登場!
エリア:
  • ハワイ>オアフ島>ホノルル
テーマ:街中・建物・景色 ビーチ・島 ホテル・宿泊 
投稿日:2017/01/26 18:17
コメント(0)
今年3月1日にオープンを予定している「ザ・グランド・アイランダー」。世界的に有名なヒルトン・グランド・バケーションズ・ワイキキ・リゾートの中に建設された38階建てのタイムシェア・タワーで、上階のペントハウスからは、ワイキキ・ビーチを一望することができます。

朝日に光り輝くワイキキの町並み、スカイブルーとの対比が美しいワイキキのエメラルド・グリーン、そして、黄昏に沈み行くワイキキの海辺・・・全てがロマンチックで、ゴージャスで、それでいてエネルギッシュで、一度訪れたら忘れられない場所・・

HGV1

既に売り出しが始まっているとかで、日本人をはじめ世界の旅行好きが殺到しているようです。

私もモデル・ルームを見せていただきました。ハワイアンのモチーフが現代的にアレンジされていて、高級感とモダンの幸せなマリアージュを見せていただいた感じ。全体的にとてもシックで落ち着いており、ラグジュアリーに浸りつつリラックスできること請け合いです。

タイムシェアといえば、キッチンとジャクジが重要!

最新のテクノロジーを駆使した作り、日本人には嬉しい炊飯器も装備。ただ、お料理にこだわられる方はマイ包丁を持参したほうが良いかと思われます。

HGV3

そして、ヴァカンスでは欧米人にとって欠かせない、ジャクジ。細胞の芯までリラックスするには欠かせないアイテムNO1。

そしてもちろん、アラモナなどのショッピングセンターにも近いので、エンターテイメントやグルメなニーズも即解決。

タイムシェア・リゾートで世界的に有名なヒルトン・グランド・バケーションズ一押しのプロペティということで、ヒルトン・ブランドの名のとおり本当に全てが超一流でした。

まさしく、高級版の第二の我が家で暮らすように滞在するというのを実現できそう。。
タグ:
ヒルトン 高級ホテル 

PR
素敵なバケーションをご紹介いたします!
ワイコロア1
ハワイ島の大自然との融合を楽しむ!
エリア:
  • ハワイ>ハワイ島>ハワイ島
テーマ:街中・建物・景色 ビーチ・島 ホテル・宿泊 
投稿日:2017/01/24 18:00
コメント(0)
日本人の間で大人気のオワフ島。でも、ハワイ島も捨てたものではありません。

昨年末にかけて、待望の羽田とハワイ島はコナの間で直行便が就航しました。これにより、ハワイ島がグーンと近くなりました。もちろん、既にハワイ島の手付かずの自然に魅せられ、リピーターになられている方は多くいらっしゃるはず。また、ゴルフ好きの方にはゴルフコースがあることからも、たまらない旅先として認知されています。

このハワイ島にも、ヒルトン・グランド・バケーションズのタイムシェアがあります!私もオワフからハワイ島に立ち寄り、見てきました!

第一印象は、とにかく広大!広々としたリゾートに建つ「ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ」。キングス・ランドの第三期ヴィラが昨年6月にオープンし、施設は充実の一途にあります。他のプロペティとは少々ことなり、3階建てのヴィラ形式がゆったり感を誘います。まさしく、自分の家の豪華版に来た!という感じ。

ワイコロア3

第三期ヴィラはチャンピオンシップ・ゴルフコースに隣接していることからも、ゴルファーの方も多く滞在されるとのこと。毎年ご家族でゴルフを楽しみにこられるオーナーも多くいらっしゃるらしいです。誠に、優雅なことです!

また、ヒルトンのワイコロア・ビレッジでは、人気のアクティビティであるドルフィン・クエストが楽しめます。イルカと戯れるなんて・・・、子供にとっては一生の忘れられない思い出になります。

我が家の子供も当初の興奮はどこえやら、いざイルカに直面すると怖気づき・・、でもイルカの思慮深い優しさに触れ、直ぐに慣れ、生まれた時から一緒にいるみたいな親しみを感じたよう。もちろん、終了する頃には分かれる寂しさで、涙、涙・・・「ママ、私はここに住んで、イルカさんとずーっと一緒にるの」の強いひと言に、イルカの類まれなる才能、存在感を改めて実感しました。

ワイコロアの敷地内は、広大であるがために、モノレールやボートを移動手段として利用することができます。素敵でしょう!また、レストランやプール、ショッピングモールも充実しており、敷地内だけでも十分にヴァカンスを満喫することができます。

しかし、ハワイ島の雄大な大自然は必見の価値があります。活火山を間近に見たり、トレッキングに行って自分の体力のなさを痛感したり・・・(私です・・・涙)、とにかく、大自然との融合を思う存分愉しみ、汚れのない空気を胸いっぱい吸いながら、体中の細胞が隅々まで生き返るのが実感できるんです!

ワイコロア2

オワフのコスモポリタンな雰囲気も良いけれど、ハワイ島の大自然に包まれる心地よさにはまた違った魅力があります。

そう、お勧めは、両方に行ってみること!ハワイの多彩な魅力に触れてみることこそ、旅の醍醐味だと思います。そして、リピーターが増えることも納得!
タグ:
ハワイ島 ラグジュアリー ビーチ ゴルフ タイムシェア 

PR
素敵な旅をあなたにお届けします!

1 - 5件目まで(45件中)