1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 街中・建物・景色
  6. ソウルからのオススメ日帰り旅行1全州(チョンジュ)[全羅北道]

【韓国専門・三進トラベルサービス】

~自分で創るオリジナルの旅の計画・手配のお手伝いが得意な当社が一歩踏み込んだ韓国情報をお届けします!テーマのはっきりしたツアーで韓国の新たな魅力を発見してみませんか?~

韓国のことなら三進トラベルサービス
韓国専門[三進トラベルサービス]の強みはオーダーメイド旅行!あなただけの韓国旅行を創るお手伝いを誠心誠意させて頂きます(お見積りは無料です)
プロフィール

ニックネーム:
三進トラベルサービス
居住地:
東京都
会社名:
株式会社 三進トラベルサービス
会社英字名:
SANSHIN TRAVEL SERVICE Co., Ltd.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3243-0450
業種:
旅行業
自己紹介:
韓国専門旅行会社「三進トラベルサービス」では、ソウル、釜山、済州島などを巡るスタンダードなツアーはもちろんのこと、韓国お寺巡りの旅、金剛山トレッキングツアー、韓国世界遺産を巡る旅などの個性的なツアーを多数取り揃えております。

また、韓国ドラマ・韓国映画のロケ地ツアーやK-POPコンサート関連ツアーなど、韓流に関するツアーもございます。そして何より弊社の強みはオーダーメイド旅行。あなただけの韓国旅行を創るお手伝いを誠心誠意させて頂きます。お見積りは無料です! お気軽にお問い合わせください!

【三進トラベルサービス】
◆フリーダイヤル◆
0120-988-134
◆お問い合わせ専用eメールアドレス◆
otoiawase@sanshin-travel.com

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

ソウルからのオススメ日帰り旅行1全州(チョンジュ)[全羅北道]

2012/05/21 15:29
1
エリア:
  • アジア > 韓国 > 全州(ジョンジュ)
  • アジア > 韓国 > ソウル
テーマ:
  • 街中・建物・景色
  • / グルメ
  • / 歴史・文化・芸術
ソウルから日帰りできる観光地は数多くありますが、最近人気のある街並みを散歩するコースとして、古くからの街並みが残り、ビビンバや軽くて健康にも良いと注目されている酒・マッコリ等、料理の美味しい所で有名な全州(チョンジュ)をご紹介します。全州は韓国の南西部にある全羅北道(チョルラ・プクト)の道都で、西は平野でその先には黄海が広がっており、東は山々が連なっています。海と山の接点に位置するため物資の集積地として古代から開け、短い期間ではありますが、韓国を構成する小国家の首都にもなりました。また、朝鮮王朝[1392〜1910]の国王・李氏の故郷としても知られています。

2

全州観光の楽しみは何と言っても韓国の古い町並みが残る韓屋村の散策でしょう。約700棟現存し曲線の瓦屋根と木造建築、人の背丈ほどの土塀が特徴です。思いのままにゆっくりと、入ってみたいなと思った路地裏の狭い道をぶらりと歩き、行き止まりのようでその先に道が続き、また別の場所に出てきてしまった・・・ 静けさと落ち着きが心地良く、どんどんその先へその先へと歩いてしまうでしょう。
観光スポットとしては朝鮮王朝初代国王・李成桂(イ・ソンゲ)を祀った慶基殿(キョンギジョン)、韓国で古くからあるカトリック教会の殿洞聖堂(チョンドン・ソンダン)、李成桂が倭寇を撃退した時に宴会を開いたとされ、街並み一帯を見渡せる梧木台(オモクテ)、城郭都市・全州の南門・豊南門(プンナムムン)、王朝時代から続く南部市場(ナムブ・シジャン)などがあります。
屋内施設は韓紙や陶磁器など伝統工芸を展示した工芸品展示館、韓国式漢方薬を展示した韓方文化センター、木版書画体験舘などがあり、制作体験できる施設も数多くあります。これらをすべて見学すると一日では足りないくらいでしょう。

34

全州は料理の美味しい所でも有名です。海や山が近く、街の西側一帯に広がる湖南平野は昔から上質の米が採れる所として知られています。このため、かつてはしばしば争いが起き、日清戦争のきっかけとなった東学党の乱もこの地方で起こりました。このような豊富な食材を使った料理が全州ビビンバです。温かいご飯の上に色とりどりの野菜や肉をのせ、食べる時に唐辛子味噌[コチュジャン]に絡めながら混ぜます。これにたくさんのおかずとスープが付きますので食べ応えがあります。

ソウルから全州までのアクセスは高速バスなら江南の高速バスターミナル[セントラルシティ]から5〜10分間隔で、東ソウルバスターミナルからは30分間隔で共に所要時間は3時間弱です。列車は龍山(ヨンサン)駅から高速鉄道KTXや一般列車がありますが、本数はバスから比べると少ないです。
朝早くソウルを出発し、午前中から全州を散策。ビビンバの昼食をとって、またぶらぶら歩き、疲れたら少し休憩。夕方に全州を発ち、夜にソウルに戻る。このような一日地方を満喫する旅行中の旅行をしてみてはいかがでしょうか。
タグ:
ソウル
全羅北道
韓国
  • この記事が参考になった人(9)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
韓国(121)
北朝鮮(2)