1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヨーロッパ
  4. イギリス
  5. イギリスその他の都市
  6. 観光地
  7. セント・アンドリュースのオールドコース(イギリス)

ユーラシアの旅ブログinトラベルコちゃん

~世界130ヶ国を舞台に活躍するユーラシア旅行社添乗員の生の声をブログでお届け! ※毎週火曜・木曜更新!各記事は当社サイト内の7つのブログから転載しております。~

株式会社ユーラシア旅行社
ユーラシア旅行社は世界130ヶ国を舞台に、遺跡、自然、伝統文化、芸術などさまざまなテーマで、お客様の知的好奇心を満たす旅を提案しています。
プロフィール

ニックネーム:
ユーラシア旅行社
居住地:
東京都
会社名:
株式会社ユーラシア旅行社
会社英字名:
Eurasia Travel Co.,Ltd,
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3265-1691
業種:
旅行業
自己紹介:
世界130ヶ国を舞台にテーマ性の深いツアーに添乗するユーラシア旅行社の添乗員のブログから抜粋した記事を毎週火曜・木曜更新!

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

セント・アンドリュースのオールドコース(イギリス)

2010/07/22 19:04
セント・アンドリュースのオールドコース
エリア:
  • ヨーロッパ > イギリス > イギリスその他の都市
テーマ:
  • 観光地
  • / ゴルフ
全英オープンはいくつかのゴルフ場で持ち回り開催されているが、今年は5年に一度ゴルフ発祥の地セント・アンドリュースのオールドコースで開催される記念すべき年だ。ちなみに直近の2000年、2005年のセント・アンドリュース開催ではタイガー・ウッズが優勝している。

セント・アンドリュースは、スコットランドの中心エジンバラの北方にある小さな港町だ。伝説では、約600年前にこの地でゴルフが誕生したと言われている。ゴルフの競技としての起源はともかく、セント・アンドリュースの7つあるゴルフコースの内、オールドコースが世界で最も古いコースである事は確かなようだ。

16世紀頃から記録にも登場するセント・アンドリュースのオールドコースは、当初12ホールだったようだ。その内10ホールは2回づつプレイを行い、計22ホールで争われていた。
セント・アンドリュースのオールドコース
しかし18世紀後半に10ホールの内4ホールを合体させ、22ホールから18ホールに変わり、その後定着した。定着したのはセント・アンドリュースにおいてだけでなく、世界のゴルフにおいて18ホールを定着させたのだ。19世紀に入ると現在の全英オープン(The Open)が開催されるようになり、現在ではゴルフの聖地として崇められている。聖地故にプレイをするのは容易ではないが、セント・アンドリュースまで足を伸ばせば、コースを見る事は出来る。

セント・アンドリュースを訪れたら、まず併設されているゴルフ博物館をちらっとでも覗いてみたい。ゴルフや全英オープンの歴史に関する展示、過去の名手たちのクラブを握った手形などが並んでいる。ゴルファーにはもちろん垂涎の場所だが、ゴルフをやらない人でもなかなか興味深い。
セント・アンドリュースのゴルフ博物館
博物館を一通り眺めたら、オールドコースを見渡してみよう。過去の全英オープンの中継で悪天候のもと難コースを回る選手たちを見た事がある方も少なくないと思うが、セント・アンドリュースのオールドコースは意外に他の全英オープン開催地と比べて難関コースではなく、優勝も通常アンダーパーである。時折変なバンカーがあるが、見晴らしも良く、起伏も大きくなく、気持ちいい場所だ。しかし、歴史ある聖地故にオールドコースでのプレーには独特の緊張感が漂っている。

【ブログ:倶楽部ユーラシアより】
http://bit.ly/4mfB0e
セント・アンドリュースのオールドコース
タグ:
イギリス
ゴルフ
セントアンドリュース
  • この記事が参考になった人(4)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。