1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 中南米
  4. グアテマラ
  5. グアテマラその他の都市
  6. その他
  7. 山上都市San Mateo Ixtatanサン・マテオ・イスタタン

中米トライアングル??

~中米トライアングル;メキシコ、グアテマラ、キューバの魅力を探る~

プロフィール

ニックネーム:
ますお めのす
居住地:
中南米>グアテマラ>グアテマラその他の都市
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
あまりとりえのない人間ですが、唯一のよりどころとしてこれまで旅にその人生(生きがい?)を託してきました。その経験が少しでもお役に立つのなら、と思って登録いたしました(20年ほど前に一般旅行業務取扱主任試験(?)に合格したのですが結局それをいかす機会に恵まれなかったことを悔いている人生です。旅暦は45年約70ヶ国くらい?といったところです。)

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

山上都市San Mateo Ixtatanサン・マテオ・イスタタン

2019/03/27 09:47
遺跡4
エリア:
  • 中南米 > グアテマラ > グアテマラその他の都市
テーマ:
  • その他
おそらくこの街(?都市ではないのだが、この地域の中心の街なのであえて都市というタイトルをつけた、実際グアテマラには都市と呼べる街はグアテマラシティとケツァルテナンゴ<通称Xelaシェラ>の2都市しかない)を紹介している記事は未だないのではないだろうか?もしかしてWikiで出てくるかどうか?(出てこなかった)なので前回同様、もし初めてこの街を紹介するのだとしたら、これまた無上の喜びである。
もちろん観光地でもなんでもなく旅行者にとっての見どころもあるわけではない(グアテマラ人以外が通過するのも稀であろう、ましてや普通の旅行者がくるようなところではない)、が、この地域の中心をなしていて周辺域を含めた人口は3万を超え、人口からいえば都市といえるかもしれない?、特異な点はそこが3500m越えている山上にあって、しかもどこにも平地(平らなところ)がないところに立地している街ということである。その山岳都市の風景が素晴らしいとも美しいとも、わたしは思ったのである。昔からの伝統がそのまま生きている、純粋なマム系マヤ(キチェに次ぐ純粋マヤの系統)の人々が住む地である。わたしがこの地を訪れるのは2回目であるが、観光地化しておらず、素朴なマヤの人々の日常に接することができる貴重な地、そして限りなく山岳風景の美しい場所だったので、この街の魅力をぜひ紹介したかったのである(2年前に訪れたときは通過しただけだったが)。
さて、前回の記事でわたしはメキシコCarmen XhanからグアテマラGracias a Diosに入国したところまでを書かせてもらった。今回はそこからこのSan Mateo Ixtatanまでの話となる。12時半ころ国境ラインと思しき峠を越えると道は下りとなった。その舗装された自動車道の両側は商店が並び、テノシケからの国境でもそうだったように、主に衣料品を扱う(メキシコとの交易の)お店が多かったように思う、いずれにしろここグアテマラ側はメキシコ側Carmen Xhanのような静かな村ではなく、もっと大きくて人口もそれなり多そうでメキシコとの交易を商う商店が並ぶ街のようであった。このくらいの街なら、たぶんどこかへ行く乗り合いのコレクティボ(ワゴン車)がでているだろうと、それを探しながら坂を下っていった。わたしはその時グアテマラに入ってからの情報はまったくもっておらず、ただどこかへ行く乗り合いはあるはずだ、その行き先に従っていけるところに行こうというつもりでいたのだ。その辺りの地理はだいたい把握していたから、どうにでもなるという自信はあった。街といってもこの通りだけである、国境から10分くらい下ったあたり、ちょっと大きな建物の前に一台のワゴン車が停まっていた。早速聞いてみると確かに乗りあいでどこまで行くのかと聞くとNentonとの答え、どこへ行きたいのか逆に聞かれたので、山の方、できればSan Mateo Ixtatanにいきたいと答えたのだが、そのときの相手が悪かったのかもしれない、よく情報を知っている奴ならNentonからSan Mateoにいくバスが出ていることを教えてくれてもおかしくなかったはずなのだ。が、そいつはなんともう一社コレクティボが出ているからそこで聞いてみたらと、その場所を教えてくれたのだった(もっともすべてわたしの拙いスペイン語での会話だから行き違いも多々あったと思われるが)。2〜3分のところにあったもう一社にいってみた。ワゴン車が何台も並んでいた。で、このコレクティボはどこまで行くのかと聞くとBarillasとのこと、その場所も知っていたし確かにそこからSan Mateoにいくバスがあることも知っていたが、つまり漸くその時点でそこからいけるのはNentonとBarillasの二ヶ所しかないことがわかったのだった。そこのドライバーらしき男はSan Mateoに行きたいのならNentonに出た方が早いと、ちゃんと教えてくれたのだった。その時点ではわたしも了解していた、Barillas経由だとNentonからの2倍ほど遠回りになり、まずその日のうちに辿りつくことはとうてい不可能なことは明らかだった。で、すぐに先のワゴン車のところに引き返したが、すでに遅しでそれは出てしまっていたのだった。これが致命傷となったのである、、すぐに次のワゴン車がくるといってくれたが(15分おきに出ているといってたが)次のがきて出発するまで20分ほとかかった。その間に少額の両替をし昼食代わりにフライドポテトを買って食べながら待つ、そこからNentonまでは50分くらいかかって(15Qケツァル 1Q=約15円だから200円くらい?)Nentonに着いたときすでに14時を回っていたのだった。そこからバスが出ているのかも何時のバスがあるのかも知らなかったので、とりあえずバスターミナル(といってもただの広場だったが)を探し、5分くらいのところにあったその広場に停まっていたバス(1〜2台だったが)のところにいた人に聞いてみた。San Mateoにいくバスはあるか?、そしたらなんと今出たばかりとの返事、次のバスは明日の朝までないとのこと、しかし次の言葉に勇気づけられた、トゥクトゥクで追いかければ追いつくかもしれないというのだ。この時は聞いた人が正解だったようだ、その人はすぐにトゥクトゥクのドライバーを探してくれて、ことのなりいきを説明してくれ、わたしはすぐにそれに乗って追いかけたのだが、あるいはその人がバスのドライバーにケータイで連絡をとってくれたのかもしれなかったのだ。というのも10分ほど早く出たバスをトゥクトゥク(3輪車)で追いかけるのは容易なことではなく、20分走っても影も形もなかったからだ。途中で追いつくのかどうか心配になって(同時にトゥクトゥクのドライバーにいくら請求されるか心配になって)その若いドライバーに追いつけそうか聞いてみたら、この先に一軒のtienda<お店>があってそこで待っててくれる可能性はあるとのことだったので、とりあえずそこまでいってみることにした。14:40に確かにその店の前で待っててくれて何とか追いついたのだけれど、ターミナルにいた人がtelしてくれてなかったらおそらくそこで待っててくれた可能性はなかったと思う(本当のところはわからない)。ドライバーの請求60Qは事前交渉してあったわけでないから、30分も追いかけてくれたにしては良心的だった。もちろんその痛手はわたしには大きかったのだが、そこで追いつけたことはそれ以上の価値があったことが後からわかった。バスはすぐに出発して、未舗装の悪路を登っていった。

Gracias a Dios 3
国境を越えると衣料品を扱う露店を多く目にする

Gracias a Dios 4
下り坂の両側に商店が並ぶ、、

Gracias a Dios 1
ワゴン車が停まっていたあたりから下ってきた道を振り返る

Gracias a Dios 2
Barillasへ行くワゴン車のターミナル?

Nentonへの道
Nentonへの道から

Nentonのパルケセントラルと市庁舎
Nenton Parque Centra
Nenton Tokutoku
その脇にToktokの溜まり場

待っててくれたチキンバス
待っててくれたチキンバス(グアテマラの最大の魅力チキンバスについては、たぶん他のところで書いてると思う)

Gracias a Dios〜Nenton間はほとんどアップダウンはなく、平地の舗装路をいったが、Nenton〜San Mateo Ixtatanは未だにこんな道があるのか、よくまあこんな道をバスが通ると驚くほどの世界でもまれな悪路(もちろん未舗装路)、しかも山岳路(2000mほどの登り)であった。トータルタイムはNenton〜San Mateo Ixtantanは4時間、わたしが乗った地点からでも3時間半かかっており、恐らく時速10〜20kmくらいしか出せなかったのではないかと思う。しかし、わたしにいわせるとこんな悪路経験も貴重な体験に華を添えているように思う、、この悪路が故に、ほとんど旅行者は通らないが故に、素朴さは残されているのである。そして車窓からはさえぎるもののない山岳風景を堪能させてくれたのである。そこから見える山々は線で引かれたグァテマラ国境をはるかに超えてグアテマラから続くメキシコ側の山々の連なりである。悪路に揺られながらの車窓に魅入られずにはいられなかったのだ。この悪路〜山岳風景〜素朴な山の民とその生活、そしてたどり着いた先の山上都市San Mateo Ixtatanが、おそらくまだ誰にも紹介されたことのない、ま、ただのひねくれものの絵空事としてかたずけられてしまうかもしれないが、わたしの推奨するルートとなったのである。到着は18:15、すでに暮れかけた街でホテル探しに苦労する。人に聞くとarriba<上>にあるというのだが看板も何もでておらず、行ったりきたり、漸く一軒見つけてその日の寝床を確保する。レストランも一軒あって教えられたところで食事もとれた。
そして次の朝何やら外がざわついていたので6時ころ起きてみてビックリ、昨夜誰もいなかった下の路上に人が溢れていた、朝市であった。その市は日曜と木曜に開かれているようで、つまりあのバスを追いかけて乗らなかったらこの光景は目にすることはなかったのであった。そんな昔からの伝統に守られたSan Mateo Ixtatanの街並み、人々、朝市の様子、そして遺跡があるというので訪れたマヤの遺跡(それと前日のバスからの山岳風景)などの写真を載せておきますので、少しでもその感じを味わっていただけたら幸いです、、


分岐
バスに乗ってすぐ、San Mateo方面と別の村(Finca)へ行く道との分岐あり、このあとは山の上まで分岐はなし、このあたりで標高は2000mくらいか?

山道を行く;4枚(とんがった岩山が、何となくマチュピチュを思い出させ、余計山上都市、山の上の民を喚起させた)
山道 4
山道 5
山道 6
山道 7

山の民;4枚
山の住人追加
山の住人 1
山の住人 2
山の住人 3バスが運んできた荷物を受け取る

この辺はすでに4000mくらい? 遠くに見えている山々はすでにメキシコ領;4枚
山道1
山道 9
山道10
山道12

舗装されてないダートロードを行く
道路

路傍に建つ家;こんな装飾の家も多い
路傍の家

暮れゆく山並み;3枚
暮れ行く山1
暮れ行く山2
暮れ行く山3

夕刻にパルケセントラルとカテドラルのある街の中心に着いた
市庁舎
パルケ

山の中のレストランで上等な夕食(グアテマラではどこも同じメニューなのだが、ここのステーキ定食は25Q=350円くらい、安くてうまかった)
夕食

日の出;6時半ころだったか?
朝日

朝市は6時ころから始まっていたようだ;7枚
朝市4
朝市1
朝市5
朝市7
朝市6
朝市2
朝市3

そのあとマヤ遺跡にいってみる(歩いて15分くらい、ここは高度があってアップダウンが多いので、けっこう行きつくまで苦労する);4枚
遺跡3
遺跡5
遺跡1
遺跡6

San Mateo Ixtatanの街;7枚
サンマテオの街5
サンマテオの街7
バス4
サンマテオの街3
遺跡7
サンマテオの街2
サンマテオの街6

チキンバスのターミナルと到着するバス・出発するバス、9時半のバスでHuehuetenangoへ向かった;4枚
バス5
中心街
バス3
バス2

なかなかレベルの高かったレストランを次の朝外から写す
食堂
看板も何もなく、ほとんど宿泊客もこないホテル(この日はわたしだけ、泊まる客はほとんどないようだ)
ホテル
前のtienda<商店>のオヤジがホテルのオーナーだった
ホテルのオーナー
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(3)
インド(1)
アフリカ
モロッコ(1)
中南米
グアテマラ(38)
メキシコ(15)
ベリーズ(6)
コロンビア(1)
北米
アメリカ西部(2)