1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヨーロッパ
  4. フィンランド
  5. サーリセルカ
  6. 観光地
  7. 雪の丘から橇でダウンヒルしよう!

旅倶楽部「こま通信」

~旅するように生きていこう~

旅倶楽部「こま通信」
旅するように生きていこう!
プロフィール

ニックネーム:
こまつうしん
居住地:
埼玉県
性別:
男性
年代:
60代
会社名:
旅倶楽部 こま通信
会社英字名:
会社所在地:
埼玉県
業種:
旅行業
自己紹介:
旅倶楽部「こま通信」代表

これまで三千日以上を旅してきて、より良い旅の為に《手造の旅》をはじめました。メンバーからの要望によって、一生モノの旅をつくっていきます。

《手造の旅》のご希望がありましたらご連絡ください。
komatsusin2@gmail.com

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

雪の丘から橇でダウンヒルしよう!

2011/02/10 15:28
かなりなスピードで滑ってきます
エリア:
  • ヨーロッパ > フィンランド > サーリセルカ
テーマ:
  • 観光地
  • / ハイキング・登山
  • / 鉄道・乗り物
オーロラを待つばかりでなく、昼間もいろんな楽しみ方が出来る北極圏の町サーリセルカ(フィンランド)。
カウニスパーの丘から1.2キロの世界最長ともいわれる橇用のコースはいかが?

朝のトナカイ橇体験を終えてた皆さんと。プラスチックの橇を持って整列!
橇を手に出発!

カウニスパーの丘へ行くには、サーリセルカの町からスキーバスを利用するのが便利。町のいろいろな場所をめぐるスキーバスは、5年ほど前まで無料だったが、数年前有料一回2ユーロになり、今年はまたあがっていた。終日利用券のみで料金は4ユーロ。運転手さんに直接払い。
バス券、終日で4ユーロ

バスは雪の丘をぐんぐんのぼってゆく。
バスからの眺め

頂上にはカフェと評判の良いレストランも。
カウニスパーの丘

スキー用のゲレンデは町から少し離れた方向へ向かっておりていく。こちらを橇ですべるのはだめ。
スキーのゲレンデ、リフト

橇用のゲレンデはこの看板の方へ。
橇用ゲレンデへの道しるべ

橇はプラスチックのごく簡単なつくり。どこかで借りるのではなく、ゲレンデやホテル入り口などに置いてあるものを(ほっぽり出してあるものを)自分で調達して用意する。ご覧の様にごく単純な造り。
プラスティックのシンプルな橇
コースの終わりは上からは全く見えない。
ふもとまで1><br />
<br />
トレイに座り足を前に出して両手で地面をこぐ。と、最初はゆっくりだと思うかもしれないがすぐにスピードがついてくる。<br />
体重を後ろにかけると自転車で猛スピードで走るぐらいの速さになる。<br />
「あれ〜〜〜!」<br />
<img loading="lazy" src=

足や手を地面につけてスピードや滑る方向をコントロールするのだが、スピードが出ている時にはすごい雪煙が上がる。
足でブレーキをかけると

当然、雪の粉つぶてがもろに顔面を襲うことになるのでご注意あれ。
雪煙をかぶることも・・・

このコースに入るのには、入場料も誰のチェックもない。つまり、自分の責任で安全に滑る事が最も重要だ。「私はここは無理」と判断された方は、急な箇所はちゃんと下りて歩いておられた。こういう判断が出来るのが大人です。
歩いてゆっくり下ってもよし
すばらしい青空の下、樹氷で覆われた雪原を歩くだけでも充分に楽しめる場所であります。
  • この記事が参考になった人(19)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
  • フィンランドでしか体験出来ない橇滑り!スゴイですね!迫力満点の写真に 私も想像力を全開にして赤い橇で滑ってみました。気分爽快ですね! Posted by atuko 【2011/02/13 02:12:44】
  • 記事では触れませんでしたが、今年2011年2月はほんとうに寒いですよ。マイナス25度というところです(笑) Posted by こまつ 【2011/02/14 00:55:35】
  • 小松さん、フィンランド旅行ではお世話になりました。楽しかった体験、美しい風景等々、仲間に話しては思い出に浸っています。今までとは違う感動を得た旅でした(ありがとうございました)
    あれから1ヶ月、日本は今揺れてます! 美しい東北が、そして関東が・・・悔しい!! Posted by Tsuka-Y&K 【2011/03/16 22:59:41】
  • 自分の体をつかって得たものは、ただ見るだけよりも、ずっと強く心に残りますよね。同じ場所へ行ってもそういう旅をしてもらいたいと思っています。

    今、多くの人が感じている苦しみを、どれだけ自分のものとして感じられるか、ひとりひとりが問われる時に思えます。 Posted by こまつ 【2011/03/17 09:13:58】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。