1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヨーロッパ
  4. フィンランド
  5. ハイキング・登山
  6. スノーモービルを楽しもう

旅倶楽部「こま通信」

~旅するように生きていこう~

旅倶楽部「こま通信」
旅するように生きていこう!
プロフィール

ニックネーム:
こまつうしん
居住地:
埼玉県
性別:
男性
年代:
60代
会社名:
旅倶楽部 こま通信
会社英字名:
会社所在地:
埼玉県
業種:
旅行業
自己紹介:
旅倶楽部「こま通信」代表

これまで三千日以上を旅してきて、より良い旅の為に《手造の旅》をはじめました。メンバーからの要望によって、一生モノの旅をつくっていきます。

《手造の旅》のご希望がありましたらご連絡ください。
komatsusin2@gmail.com

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

スノーモービルを楽しもう

2011/02/17 15:49
きりっと寒くて気持ちよいドライブ
エリア:
  • ヨーロッパ > フィンランド
テーマ:
  • ハイキング・登山
  • / スキー・スノボ
  • / ドライブ
オーロラは誰にも約束できないけれど、冬の北極圏には昼間にもたくさんの楽しみがある。スノーモービルはその代表格だ。
ルオストにある数少ないスノー・アクティビティ会社、ネイチャーサファリにお願いすることにした。※ルオスト中心にはここと「スノーゲームス」の二社があります。
ネイチャーサファリ社
しっかりした防寒具はとても大切。日本からの防寒具に加え、つなぎ、ブーツ、ミトンの手袋などをさらに貸してくれる。ヘルメットもちゃんと着用。
着替え
スノーモービルは単純な構造なので、車やバイクを運転している人ならば誰でも運転する事が出来る。もちろん個人差はありますが。
スノーモービルのインストラクション

ハンドルまわりはおおむね下記の様。アクセルはバイクと違い右ハンドルの親指ポジションにあるレバー。左ハンドルの黄色いスイッチはハンドルと足の部分のヒーター。これがあるおかげでぐっと快適であります。
スノーモービルのハンドルまわり
運転できなくても、こんな牽引されるそりがあれば、誰でもスノーモービルの楽しみを味わう事が出来るだろう。※これはルオストのもうひとつのスノー・アクティビティ会社「スノー・ゲームス」に用意されていたものです。
牽引そり

ひとたび走り出せば顔を凍らせる寒さも忘れさせるような銀の森を抜けてゆく。
好天のもとスノーモービルはゆく2
ルオスト近くにはアメジスト鉱山があり、観光用に公開されている。そこへ至る道はこんなブルドーザーで毎日整備されている。
アメジスト鉱山への道をひらくブル
町を見下ろす丘の上
好天のもとスノーモービルはゆく
ランピ山からの眺望
行き先はこのアメジスト鉱山やハスキー犬やトナカイの牧場。ここらあたりだと一時間もかからないが、スノーモービルそのものを目的としたツーリングツアーでは三時間以上も走る。

はじめは慣れなくてもだんだんとスピードがのってくる。時速40キロ以上ぐらいが快適に走れる速度だとインストラクター氏が言っていた。
きりっと寒くて気持ちよいドライブ
ただ、そんなに調子良い時ばかりではない。小松の目の前をいくスノーモービルが、あっという間にコースアウトして雪溜まりに転がった時にはおどろいた。
「あ〜びっくりした!何が起こったかわからなかった」と、乗車していた二人がむっくり起き上がってほっとした。
コースアウト
インストラクター氏が戻ってきて雪溜まりからスノーモービルを救出。これ、かなり重たいものです。
コースアウト2
こちらのスポーツツアーは、エンジン付きのスノーモービルであっても、ビジターに最初からかなり自由に乗らせる。自分がどのぐらい乗れるかは自分で判断する事だと、インストラクターもはっきり認識している。
囲い込む過保護な安全ではなく、ある程度自己責任の自由を与えるという方針は日本ではなかなか理解されないのかもしれない。が、自分でコントロールする事さえ出来れば、この方が確実に楽しめるのであります。

★この記事の写真は2008年と2011年両年2月に小松が撮影したものです。
  • この記事が参考になった人(12)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。