1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヨーロッパ
  4. イタリア
  5. パレルモ
  6. 歴史・文化・芸術
  7. ノルマン王宮ルジェロ王の間は週に数回だけ見学可

旅倶楽部「こま通信」

~旅するように生きていこう~

旅倶楽部「こま通信」
旅するように生きていこう!
プロフィール

ニックネーム:
こまつうしん
居住地:
埼玉県
性別:
男性
年代:
60代
会社名:
旅倶楽部 こま通信
会社英字名:
会社所在地:
埼玉県
業種:
旅行業
自己紹介:
旅倶楽部「こま通信」代表

これまで三千日以上を旅してきて、より良い旅の為に《手造の旅》をはじめました。メンバーからの要望によって、一生モノの旅をつくっていきます。

《手造の旅》のご希望がありましたらご連絡ください。
komatsusin2@gmail.com

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

ノルマン王宮ルジェロ王の間は週に数回だけ見学可

2011/03/19 14:51
オリジナルと思われる豹
エリア:
  • ヨーロッパ > イタリア > パレルモ
テーマ:
  • 歴史・文化・芸術
シチリア王国の栄華を今に伝える、パレルモのノルマン王宮。通常観光で訪れるこのパラティーナ礼拝堂も素晴らしい。
モザイクで覆われた
●主祭壇
パラティーナ礼拝堂アプス
●天井はアラブ文化からの鍾乳石デザイン
パラティーナ礼拝堂天井
しかし、これらすべてが12世紀のオリジナルというわけではない。
●この紋章は1460年のシチリア王、アラゴンのヨハネス?世王のものである。
パラティーナ礼拝堂15世紀の追加部分
それぞれの時代に装飾が加えられたり、修復が行われているのだ。

このパラティーナ礼拝堂は、ノルマン王宮であった現シチリア州議事堂兼用となっている建物の二階に位置するが、三階のルジェロ王の間には議会のある日には行く事ができない。

2011年3月18日、たまたま開いている日にあたって、はじめて訪れる事ができたのだった。

●もっとも印象的だったのはこの豹のモザイク
オリジナルと思われる豹
●初代シチリア王であるルジェロの居室を飾っている。壁全体のデザインはササン朝ペルシャの影響をうけたものとされる。
ルジェロ王の間2
●天井にはノルマン王朝のあとにやってくるドイツ系ホーエンシュタウフェン家の鷲がウサギをつかんでいる。つまりこれはオリジナルの百年以上後に付け加えられたものだとわかる。
フェデリコ王時代の鷲
●天井全体はこのような
ルジェロ王の間1
●すぐ外には「風の間」とよばれる涼しげなアーチがある
風の部屋アーチ部分ここはかつてパレルモの町を見張らせる場所で、噴水も置かれていたそうだ。
●天井にはかつての塔のなごりがあり、風の神のモザイクが見られる。
風の部屋天井部分

●常時公開されているわけではないせいか、まだ修復がいきとどいていないぼろぼろの壁の部屋もある。マリー・アントワネットの三つ年上の姉・マリア・カロリーネはナポリに嫁ぎ、ナポレオン時代にはパレルモのこの部屋に滞在していたそうだ。
マリア・カロリーネの部屋

●2002年の地震で発見されたノルマン王宮時代の壁
ノルマン時代の壁

●シチリア州議会の行われる場所は「ヘラクレスの間」と呼ばれる。
シチリア州議会の間
●1130年というのはルジェロが初代シチリア王に即位した年。その家臣団が会議を行っていた場所が、現在のシチリア州議会場にされている。議員達いつもシチリアの歴史に見守られているというわけだ。
1130年
  • この記事が参考になった人(12)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。