1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 観光地
  4. 魅惑のトルコ、エジプト!温かい人々と出会う 1日目、2日目

Aptihaj Bellydance HI

~Aptihajは、アラブ語でhappyの意味。暖かい気候、青い海の恩恵を得るここハワイから、ハワイならではの多文化をご紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
Aptihaj
居住地:
ハワイ>オアフ島>ホノルル
性別:
女性
自己紹介:
ハワイで、エジプシャンベリーダンスを広めたい。ゆるく踊りつつ、ハワイでの生活や、お仕事、ダンスのあれこれを語ります。

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

魅惑のトルコ、エジプト!温かい人々と出会う 1日目、2日目

2012/11/11 12:21
プラミッド
エリア:
  • 中近東 > トルコ
  • アフリカ > エジプト
テーマ:
  • 観光地
  • / 旅行準備
  • / 世界遺産
エジプト、トルコをまわる15日間のツアーから、帰ってきました!

15日間とは長いような、でもその二つの国をみるにはあまりにも 短すぎるような。

ベリーダンスを愛する者としては、いっておきたいこの2国。
出発前に、デモや暴動、トルコに至ってはシリアとの国境近くでの治安悪化などのニュースをみて、不安に思っていたものの、行ってみたら拍子抜け。
世界遺産はさることながら、なりよりも、得体がしれないなんて思っていた濃い顔の人々が、実は、人懐っこく、茶目っ気いっぱいで憎めなく、なんだか一層大好きになってしまいました。


1日目は、成田空港から夜に旅立つのみ。実際の旅は、2日目からスタートしました。
エジプト航空でカイロに降り立ったのは、早朝も早朝、夜明け前の4時半。

カイロ空港

法律で観光は朝の5時からと決められているので、空港のロビーでしばしまったり。
静かな空港には、顔の濃い方々ばかりだ。
やはり見慣れぬアジア人に興味があるのか、視線が痛い。

寝ぼけ眼で、早速連れていかれたのは、モハメッドアリモスク。

サラハディーンの城壁

素晴らしいモスクなんだけど、個人的には、その周囲を囲む、サラハディーンが作ったと言われる城壁に感動。

サラハディーン

だって、サラハディーンといえば、聖地を十字軍から奪回したイスラムの覇者。
エジプトの人だとは知っていたけれど、よくよく考えると、こんな遠くからエルサレムまで遠征したんだと再認識。
飛行機で移動する距離だよ?本当にご苦労なこった。

お次は、考古学博物館。

エジプト考古学博物館

カメラの持ち込みはだめ。ということで、残念ながら写真はありません。
ガイドさんの説明付きで見所を押さえながら、駆け足に見学すること2時間半。
でも、そんなんじゃ物足りないくらいの展示物の数がず。少なく見積もって2日間は欲しいくらいだ。
ツタンカーメンの黄金のマスクもあったけれど、時差ぼけと疲れで、感動する暇もなかった。
また、エジプトにいかないとなぁ。

2日目は、これで終わり。
トルコ、イスタンブールに移動する。
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
タイ(1)
中近東
トルコ(27)
アラブ首長国連邦(8)
ヨーロッパ
アイルランド(3)
オーストリア(1)
イギリス(1)
ギリシャ(1)
スウェーデン(1)
ドイツ(1)
アフリカ
エジプト(3)
チュニジア(2)
ハワイ
オアフ島(11)