1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 観光地
  4. 魅惑のトルコ、エジプト3日目!最近世界遺産に登録されたセリミエモスク

Aptihaj Bellydance HI

~Aptihajは、アラブ語でhappyの意味。暖かい気候、青い海の恩恵を得るここハワイから、ハワイならではの多文化をご紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
Aptihaj
居住地:
ハワイ>オアフ島>ホノルル
性別:
女性
自己紹介:
ハワイで、エジプシャンベリーダンスを広めたい。ゆるく踊りつつ、ハワイでの生活や、お仕事、ダンスのあれこれを語ります。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

魅惑のトルコ、エジプト3日目!最近世界遺産に登録されたセリミエモスク

2012/11/11 17:18
セリミエモスク
エリア:
  • 中近東 > トルコ
  • アフリカ > エジプト
テーマ:
  • 観光地
  • / 世界遺産
  • / 歴史・文化・芸術
2日目、イスタンブールのホテルの朝食で不思議なものを発見した友人。
テリヤキ???

テリヤキ

いやいや、よくよく見てみるとテリヤギ。
パンに塗るためのジャムのセクションにあったこれ、興味本位で手にしたものの、結局食さなかった。一体、テリヤキ、もといテリヤギとはどんな味なんだ?

なんてことはさておき、2日目はトルコでのたびの始まり。
私たちは、イスタンブールから西を目指し、エディルネという街へ。
ここには、昨年世界遺産に登録されたモスクがあるそうだ。
まだ観光地化されていないのか、現地の人もそんなに観光地かぶれしてなくていい。

セリミエモスクの天井

このモスクは、かの有名な宮廷建築家ミマールシナンの晩年の作品で、そのドームはイスタンブールのアヤソフィアのそれをわずかに超えているのだとか。
大きさもさることながら、天井を飾る絵柄の素敵なこと!
ため息もの。写真を撮りまくっていたら、首が痛くなるほどだった。

天井や壁だけではない!
足元の厚みのある絨毯もこれまた素敵。

セリミエモスクの絨毯

同じ柄が続いているのにはわけがあるそうで、信者がお祈りをする際、このひと枠が一人分のお祈りスペースなんだそうです。
そう言われて、突然目の前に、敬虔なイスラム教徒が身をかがめて熱心に礼拝する姿が浮かんだ。

実はこの日、自分の服装にひどく反省しました。
モスクに行く予定と知りながらも、首元や肩が見えるようなトップスをきてきたこと。
お借りしたショールが高級なシルクのもので、肩や頭から何度もずり落ちて、モスクの係員の方の避難めいた視線がいたーーく感じました。
リスペクトを忘れていたつもりはないんだけどね、水着で街をうろつくハワイになんか住んでいると、ついついドレスコードがなくなってくるんです、はい。

すみません。
みなさん、イスラムの国では、是非お互い心地よくいられるよう、特に女性の方は肌の露出に気をつけてくださいね。
タグ:
セリミエモスクワ
ミマールスィナン
エディルネ
トルコ
世界遺産
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
  • 後日談。
    このテリヤギは、ジャムだったそうです。しかも、テリヤーゥとか読むんだそうです。そういえば、パンのそばにあったような。 Posted by Aptihaj 【2013/01/31 11:55:30】
  • もう一つ。
    エディルネって、昔のアドリアのープルです。 Posted by Aptihaj 【2013/01/31 12:14:56】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
タイ(1)
中近東
トルコ(27)
アラブ首長国連邦(8)
ヨーロッパ
アイルランド(3)
オーストリア(1)
イギリス(1)
ギリシャ(1)
スウェーデン(1)
ドイツ(1)
アフリカ
エジプト(3)
チュニジア(2)
ハワイ
オアフ島(11)