1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ベトナム
  5. 鉄道・乗り物
  6. ベトナム縦断生リポ〜フエから;ハノイへ

ねこたんの足あと

~あちこち行って。いろんなもの見て聞いて歩いて食べて。~

プロフィール

ニックネーム:
yummy
居住地:
東京都
性別:
女性
自己紹介:
本業は小説を書くかたわら、
占いとヨガのサロンを主宰しています。

占いは手相とタロットカード。
ヨガは南インド ケララ州で州公認のインストラクター資格を取得しました。
少人数制のクラスを展開しています。
ご興味のある方は、
http://alvayu.jp
にアクセスしてみてくださいね。


小さい頃からアフリカに憧れていて、海外旅行デビューはエジプト。それからケニアへ行き、念願のサバンナに。アフリカのあとにアジアに行き始め、人からはよくルートが逆だよ、と言われました。

私はその国の何かひとつでも見たいものがあれば、どこへでも行きます。それがきっかけですが、あとは行き当たりばったり。何かをするため、にその国へ行くわけではなく、ただただその国に浸かるような旅をします。
だからこそ、生きた情報をその場で得ることができるのだと思います。

どちらかといえばカオス的な国を旅するのが好きですが、でも近年ヨーロッパも堪能しました。先進諸国もきっちり知り、その両方を知ることが大事だと思ってますから、あまり偏ることもありません。

もうずっとヨガ修行をするため、定期的にインドへ行っています。一回の旅行期間は約2ヶ月ほど。滞在型なのでその地については精通していきます。前回は昨年11月に、今年もまた秋に訪れる予定です。

私が旅先で出会ったできごとや人たち、おいしいものやホテルやショッピング、交通事情、失敗談や病気になったこと、コワかったことなどのトピックや情報が旅する人たちの役に立てばとてもうれしいです。

カレンダー
10月<2022年11月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

ベトナム縦断生リポ〜フエから;ハノイへ

2012/07/16 17:46
エリア:
  • アジア > ベトナム > フエ
  • アジア > ベトナム > ハノイ
テーマ:
  • 鉄道・乗り物
  • / ホテル・宿泊
フエからハノイへ。

統一鉄道で移動を考えていたけれど、
残り少ない日数のために時間を節約、飛行機を使うことに。

午前8時40分のフライト。
国内線は1時間前にチェックインできれば問題ない。
空港へエアポートバスを使おうと思ったが、タクシーをホテルで頼んだ。

フエ新市街からフエ国際空港までクルマで30分以内くらい。
料金は10ドル。
空港は小さく、国内・国際線のターミナルは一緒。

ベトナム航空のサイトから便を予約したのだが、
eチケをプリントする間がなかったので、ipadで提示。
空港内はwifiだったため、カウンターで並びながら画面を準備。
けれど特にeチケの提示は求められず、パスポートと予約したときのクレジットカードを見せるだけで搭乗券を発行してもらえた。

クレジットカード、忘れずに。

フエからハノイまで飛行機だと約50分!
汽車だと11時間、バスもそのぐらい時間がかかるところを
たったの1時間足らず!
飛行機はほんと早いなぁ。。。

ハノイ着は9時30分。

外に出るともや〜〜っと暑苦しい。
でもフエの刺すような日射しよりはラクな気がした。

さて、市内にどう移動しようかなーと考えていると、
おじさんが一人近づいてきて
「ミニバス?」
と声をかけてきた。

ハノイの空港から市内まではミニバス、シャトルバス、タクシーがあるようだ。
ちょうどいいや、と思い、「イエース」と言って、おじさんの後についていくことにした。

ミニバスにはもうだいぶ客が乗っていた。
ミニバスはいっぱいにならないと走らないもの。
今回はタイミングよく、間もなくいっぱいになってエンジンがかかった。

エアポートミニバス…2ドル

こうして私はハノイ市内へ。

本当に飛行機移動のなんとラクなことか。

確かに料金はバスや列車に比べ、高い。

ちなみに今回乗ったベトナム航空のチケットは税金含めて7500円。
6000円のチケットもあったのだが、そちらは売り切れで手に入らなかった。
列車はフエ〜ハノイ、ソフトベッド、最も早いSE3、4などだと約3000円。
スリーピングバスでハノイまで行けば、2000円強。

高いけれど、そう差があるわけでもない。
いつも飛行機というわけにはいかないだろうが、時にはコスパを優先させることも旅の秘訣だ。

けど、本当は列車でハノイまで行きたかった。
列車での移動は一番旅情緒があるし。
飛行機は確かにラクちん。
でも、旅って移動する時間も醍醐味だから、バスも列車もやっぱり楽しい。
  • この記事が参考になった人(3)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
インド(21)
ベトナム(7)
台湾(3)
ネパール(2)
カンボジア(2)
タイ(1)
ヨーロッパ
イタリア(2)
アフリカ
マダガスカル(2)
ケニア(1)