1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. yummyさん
  4. 鉄道・乗り物の記事一覧

  海外エリア: アジア > ベトナム の他のブログはこちら|

ねこたんの足あと

~あちこち行って。いろんなもの見て聞いて歩いて食べて。~

プロフィール

ニックネーム:
yummy
居住地:
東京都
性別:
女性
自己紹介:
本業は小説を書くかたわら、
占いとヨガのサロンを主宰しています。

占いは手相とタロットカード。
ヨガは南インド ケララ州で州公認のインストラクター資格を取得しました。
少人数制のクラスを展開しています。
ご興味のある方は、
http://alvayu.jp
にアクセスしてみてくださいね。


小さい頃からアフリカに憧れていて、海外旅行デビューはエジプト。それからケニアへ行き、念願のサバンナに。アフリカのあとにアジアに行き始め、人からはよくルートが逆だよ、と言われました。

私はその国の何かひとつでも見たいものがあれば、どこへでも行きます。それがきっかけですが、あとは行き当たりばったり。何かをするため、にその国へ行くわけではなく、ただただその国に浸かるような旅をします。
だからこそ、生きた情報をその場で得ることができるのだと思います。

どちらかといえばカオス的な国を旅するのが好きですが、でも近年ヨーロッパも堪能しました。先進諸国もきっちり知り、その両方を知ることが大事だと思ってますから、あまり偏ることもありません。

もうずっとヨガ修行をするため、定期的にインドへ行っています。一回の旅行期間は約2ヶ月ほど。滞在型なのでその地については精通していきます。前回は昨年11月に、今年もまた秋に訪れる予定です。

私が旅先で出会ったできごとや人たち、おいしいものやホテルやショッピング、交通事情、失敗談や病気になったこと、コワかったことなどのトピックや情報が旅する人たちの役に立てばとてもうれしいです。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(9件中)

NoPhoto
ベトナム縦断生リポ〜フエから;ハノイへ
エリア:
  • アジア>ベトナム>フエ
  • アジア>ベトナム>ハノイ
テーマ:鉄道・乗り物 ホテル・宿泊 
投稿日:2012/07/16 17:46
コメント(0)
フエからハノイへ。

統一鉄道で移動を考えていたけれど、
残り少ない日数のために時間を節約、飛行機を使うことに。

午前8時40分のフライト。
国内線は1時間前にチェックインできれば問題ない。
空港へエアポートバスを使おうと思ったが、タクシーをホテルで頼んだ。

フエ新市街からフエ国際空港までクルマで30分以内くらい。
料金は10ドル。
空港は小さく、国内・国際線のターミナルは一緒。

ベトナム航空のサイトから便を予約したのだが、
eチケをプリントする間がなかったので、ipadで提示。
空港内はwifiだったため、カウンターで並びながら画面を準備。
けれど特にeチケの提示は求められず、パスポートと予約したときのクレジットカードを見せるだけで搭乗券を発行してもらえた。

クレジットカード、忘れずに。

フエからハノイまで飛行機だと約50分!
汽車だと11時間、バスもそのぐらい時間がかかるところを
たったの1時間足らず!
飛行機はほんと早いなぁ。。。

ハノイ着は9時30分。

外に出るともや〜〜っと暑苦しい。
でもフエの刺すような日射しよりはラクな気がした。

さて、市内にどう移動しようかなーと考えていると、
おじさんが一人近づいてきて
「ミニバス?」
と声をかけてきた。

ハノイの空港から市内まではミニバス、シャトルバス、タクシーがあるようだ。
ちょうどいいや、と思い、「イエース」と言って、おじさんの後についていくことにした。

ミニバスにはもうだいぶ客が乗っていた。
ミニバスはいっぱいにならないと走らないもの。
今回はタイミングよく、間もなくいっぱいになってエンジンがかかった。

エアポートミニバス…2ドル

こうして私はハノイ市内へ。

本当に飛行機移動のなんとラクなことか。

確かに料金はバスや列車に比べ、高い。

ちなみに今回乗ったベトナム航空のチケットは税金含めて7500円。
6000円のチケットもあったのだが、そちらは売り切れで手に入らなかった。
列車はフエ〜ハノイ、ソフトベッド、最も早いSE3、4などだと約3000円。
スリーピングバスでハノイまで行けば、2000円強。

高いけれど、そう差があるわけでもない。
いつも飛行機というわけにはいかないだろうが、時にはコスパを優先させることも旅の秘訣だ。

けど、本当は列車でハノイまで行きたかった。
列車での移動は一番旅情緒があるし。
飛行機は確かにラクちん。
でも、旅って移動する時間も醍醐味だから、バスも列車もやっぱり楽しい。

カフェで
ベトナム縦断生リポ〜ベトナムへどう行くか?
エリア:
  • アジア>ベトナム
テーマ:鉄道・乗り物 旅行準備 その他 
投稿日:2012/07/02 22:48
コメント(0)
今回はベトナム1ヶ国だけなので、まぁふつうに飛行機でしょう。
ただ、どのエアラインを選ぶか、は重要事項。
そこでさっそくトラベルコちゃんでフライトチェ---ック!

直行便ならばベトナム航空、ANAにJAL。
しかし高い。ANAのマイレージにはまだマイルが届かない。JALも値下げ値下げというわりには安くない。ベトナム航空--最もハイプライス。
ならば、乗継便。
検索するとどっと出てきた。
そのほとんどが中国系の航空会社。北京、上海、台北……。
最も安いのが中国東方航空だった。チャイナイースタン。二週間以内のFIXチケットで燃油サーチャージを含めても約四万円。こんなに安くて大丈夫だろうかと心配になるが、中国系航空会社に以前乗り、特に問題もなかったので、まぁ大丈夫だろう……。
上海で乗継。ストップオーバーしてもいいとある。
ああいいな。余裕があれば上海に寄りたいところだ。上海には一度行ったことがあるが、なかなか楽しい街だった。
さっそく旅行会社に電話してみる。
詳しいスケジュールを訊くと、夕方成田を飛んで上海でのトランジットは約三時間、ホーチミンに着くのは深夜一時頃。深夜というのはいささか面倒だが、乗継時間は悪くはない。帰りも深夜二時にホーチミンを発ち、朝六時に上海、トランジット二時間ほどで昼過ぎには成田に着く。悪くない。
しかし本音としてはインはホーチミン、アウトはハノイ、もしくはインをハノイ、アウトをホーチミンにしたいところだ。が、そうなるとこのチケットではダメらしい。他の航空会社のフライトならば、インとアウトを違う場所にすることが可能なのだが、そうなると高くついてしまう。
一万〜二万円の差は大きい。その金額でベトナムに何泊できるのかを考えると、フライトはできるだけ安くおさえたい。
ホーチミンでイン&アウトにするなら、ハノイからまた戻ってこねばならない。
では、と、ベトナム航空のサイトで国内線を調べてみる。
ハノイ〜ホーチミン間は毎日何便も飛んでいた。所要二時間、料金は最も安いもの4000円ほど。
なるほど、時間はロスするが、ハノイに戻ってくる方がオープンジョーを使うより安くあがるようだ。
なら、それでいっか。
こうして私は旅行会社で中国東方航空のチケットを頼み、ベトナム航空のサイトで国内線のチケットをネット予約した。

後日談になるが、ベトナム一ヶ国が目的の場合、やはり直行便をおススメする。
確かに航空券そのものは燃油税も含め高くなるが、利便性は経由便よりはるかにいいし、ムダなおカネも使わなくてすむ。
私は上海でトランジットしたのだが、往きは乗継便の出発が二時間弱遅れ、ホーチミンに着いたのは午前三時近くだった。また、帰りのときに上海の空港でコーヒーを飲んだが、これが一杯750円。往くときはサンドイッチも食べたので、総額5000円近く上海の空港で使った。
しかも往きが遅れたため、ホーチミンのタンソンニャット国際空港にはタクシーもおらず、結局ホテルまで避けるつもりだった白タクに乗らざるをえなかった。まぁ10ドル程度まで値切ったので、それほど悪徳白タクではなかったが。
また、空港の銀行もすべて閉まっており、両替もできなかった。
直行便だって遅れるときはあるし、どのエアラインも帰りは夜発で朝に到着するが、朦朧とした頭でトランジットするよりはずっといい。経由地でストップオーバーするのなら経由便の方が楽しいが、そうでない場合はやはり直行便がいい。

ダダール駅ホームにて
インド生リポ ●エローラ&アジャンタ編#2 ダダール駅狂騒曲
エリア:
  • アジア>インド>ムンバイ
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2012/02/02 19:38
コメント(0)
2011/10/12


冷房の効いた高級レストラン(トイレはイマイチ)で心身ともにリフレッシュした私たちは、いざ、ダダール駅構内へ。
駅のゲートにある電光掲示板で再度、列車を確認。
私たちのシャダブディ・エクスプレスは20分後の出発だが、同じホームから出る列車がまだ2本出発していない。時間を確認するととっくに出発しているはずなのだが。
若干の不安を胸にホームへおりる。

インドの駅のホームは果てしなく長い。
毎度感じることだが、ホームへ降りた瞬間にいつも途方に暮れる。
それはホームのどこが自分たちの乗り場なのか、さっぱりわからないからだ。
インドの列車は日本の電車と違い、車両から車両へ中を通って移動することができない。
同じクラスの車両はOKなのだが、違うクラスの車両間は連結部分でクローズされているのだ。これは主に盗難防止のためだそうだ。
そのため、ホームのどこに自分が乗る車両が着くのかを、見極めるのが大事だ。
しかし、およそインドの駅ほど不親切なものはない。
かろうじて番線の表示はあるものの、日本の駅のように車両の表示はない。それらしき小さな電光掲示板はあるのだが、しばらく見ていても“S”“N”や“GEN”といった略称しか出てこない。その略称がいったいなんの略なのかもさっぱりわからない。
私たちが乗るシャダブディ・エクスプレスはインド的には短距離移動の急行列車で寝台は付いていない。今回はAC付セカンドクラス・チェアをとっている。が、そうしたハイクラスの車両はだいたい1両か2両ほどしかない。だから乗る場所をまちがえると青ざめることになる。

ホームには一応エンクワアリー&パトロールのブースがある。
そこにいる女性スタッフに車両のことを訊いてみた。が、彼女たちは英語が通じない。それでもなんとか意志の疎通ができ、「あなたたちの乗る車両はこの辺に止まるよ」と教えてくれた。甚だ不安だったが、それを信じるしかない。

電光掲示板にはまだ私たちの乗る列車名は表示されない。時間はまさに今なのだが、前の前の列車がまだ来ていない。
遅れそうだ。それは受け入れないといけないらしい。
ホームには人がわんさかいて、みな大きな荷物と一緒に地面に座り込んでいる。すでに横になっている人もいる。スナックスタンドには人だかり。みなこれからの長旅に備えて、食うわ、飲むわ……。

いつも混んでいるスタンド。
今食べとかないと、という気持ちはわかる。
駅のスナックスタンド


やがて列車が入ってきた。
青と水色に塗られた長距離列車だ。案の定長い。
先頭に近い車両はたいがいファーストクラスで、黒い大きなシェイドガラスがはめられている。それからセカンドクラス。こちらはいくぶん窓は小さくなるが、やはり薄茶色のシェイドガラス。AC付車両の窓ははめ殺しで開かないしくみ。
そのあとはスリーパーと呼ばれる3等寝台。こちらはACとノンACがある。割合的にはノンAC3等寝台が一番多い。
そしてそのあとに続くのは恐怖のイス席。つまり予約なしで乗れる車両。テレビなどでよく見る、デッキからはみ出さんばかりの満員電車はコレ。
コスト的にも大幅に安い。ファーストクラスとイスだと新幹線と山手線ほどの差がある。
この車両に乗りたいとも思わない。
よくこれに乗ることこそインドの旅の醍醐味だと聞いたり読んだりするが、私は全然そう思わない。そういう経験をすることは悪くないと思うが、それが自慢のタネになり、自分はインドを知っていると勘違いする輩は本当に困る。
ただでさえインドでの移動は大変なのだ。余裕があるなら上クラスの列車や飛行機を使って何が悪い。

列車がゆっくりホームに止まる。
車体には“varanasi-munbai”と書かれたプレートが。
うわぁバラナシから来たのかーーー。
二日半かけてここまで来たのかーーー。いやーおつかれおつかれ。

バラナシ〜ムンバイの長距離列車
なんだか旅愁を感じてしまう。
列車入線



その列車が去ったあと、もう一本列車が来て、そのあとが私たちの番だ。
だが、そのもう一本はなかなか来なかった。

私たちは待ちくたびれてホームにあるベンチらしきものに座り込む。隣には同じように待ち続けるインド人家族。
暑くうるさいホームで軽く一時間。
ようやくそのもう一本がやって来た。
どっと人が降り、どっと人が乗りこむ。
いよいよ次が私たちの列車だ。
しかし待てども待てどもアウランガーバード行きのシャダブディ・エクスプレスは来ない。どうなってるんだ、だいたいこのダダール駅のひとつ前の駅、CST(チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス)駅が始発のはずだろ。途中で止まったりとかそういうことはありえないハズ。

いずれにしても待つしかない……。

待っている間、「世界一すさまじいムンバイの駅」をナマで見ることができた。
ホームには長距離列車が着く間合いにローカルが頻繫にやって来る。日本でいう、いわゆる山手線や中央線的な電車だ。
はじめそれとはわからずに、ホームの線路際に人が集まり膨れ上がるのを見て、私たちはいよいよ自分らの列車が来るのかと思い、人だかりに近寄った。
するとそばにいたインド人青年が、
「キミたち、ローカルに乗るの? それなら女性専用車両に乗った方がいいよ」
ローカル? いや、乗らないけど。
「そう、それなら下がってた方がいいよ。ここは危険だ……来たッ。キミたち、もっと下がってーーそ、それじゃ!」
私たちが呆気にとられていると、滑り込んできたローカル電車に青年は駆け寄っていった。……というより人の渦に飲み込まれていった。
人の一丸が怒涛のように電車のデッキに押し寄せる。
聞こえてくる怒号と絶叫。我先にデッキに足をかけようとするインド人を、他のインド人が突き飛ばし手すりを掴もうとする。が、他のインド人がその手を払いのける。
すごい殺気。
なんとか電車内におさまるインド人たち。が、ものすごいぎゅうぎゅう。日本の満員電車もすごいが、それ以上。まるで秩序がないのだ。
デッキから人がはみ出したまま、電車は発車する。当然ドアは手動で開けっぱなし。
電車が去ると、ホームは落ち着きを取り戻す。
そしてまた数分後、さっきと同じように人が集まりだし、ローカルがやって来て、再び怒号と絶叫。すごい迫力。
これが延々と繰り返されるのだ。

以前、某女タレントがTV番組のロケで、この満員電車に乗ったそうだ。もちろんはちゃめちゃになったのは言うまでもない。
いやー女の子にはムリでしょ。
あの密着度、スリはもちろん、他に何されるかわからないし、何もされなくても死にそうになる。
そう、だからなるほどちゃんと「女性専用車両」があるのだ。
意外に思うかもしれないが、インドでは痴漢は重罪なのだ。

そんなインドの通勤通学風景を見ながら、私たちは辛抱強くエクスプレスを待った。
午後4時、ゆうに2時間遅れて、シャダブディ・エクスプレスはその姿を現した。
最近は、あまり電車は遅れないと聞いていたが、改めてここはインドだと実感。遅れてすみません、なんていうアナウンスも当然ないしね。

腹が立つとかそうはならずに、ああ電車が来てくれてよかった〜〜と思わされてしまうところこそが、インドのスゴイところ……か。


シャダブディ・エクスプレス AC付2ndチェア
けっこう座り心地のよかったシート。
けど座りっぱなしの6時間はやはりだる〜〜。
シャダブディエクスプレス内1
シャダブディエクスプレス内2

ダダール駅前から
インド生リポ ●エローラ&アジャンタ編#1 14年ぶりのムンバイ
エリア:
  • アジア>インド>ムンバイ
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2012/01/20 15:55
コメント(0)
2011/10/12


コヴァラムからエローラ&アジャンタ5日間のウィークデートリップを決めた私たち。
重いスーツケースは常宿のSEA VIEW PALACEに預けていく。また戻ってくるから、部屋とっといてね。そうお願いするとマネージャーのジーバンは快くOKしてくれた。常連だと、こういうときに強い。
持っていくのはサブバッグとして使っている中サイズのバックパック。そこに4泊分の荷物を詰める。
……もうはちきれんばかり。ラップトップは置いていく。しかし、ぶ厚い「歩き方」は持っていかないわけにはいかない。それでもなんとか収まった。けっこうパッキングが上達したのかも。

出発の日。
まずは午前8時発のTRV(トリヴァンドラム)発のインディアン・エクスプレスでムンバイへ。
インディアン・エクスプレスはインドのナショナルフラッグであるエア・インディアに属するエアラインであるようだ。他の国内航空会社よりもかなり安く、しかも早く、おあつらえ向きだった。ちなみにムンバイまで4000ルピーほど。

コヴァラムでは毎朝だらだら9時だの10時だのに起きていたので、この日の早起きは辛かった。出るのが若干遅れ、しかもてっきりドメスティックだと思い、TRVの国内線空港へ行ってみると、インディアン・エクスプレスは国際線空港から飛ぶという事実を知り、がーーーん! 慌てて国際線空港へ向かうハメに。
考えてみればTRVの国際線空港へそれまで行ったことがなかった。
焦って拾ったリキシャのドライバーは、ここからだと20分くらいかかり、料金は200ルピーだと言う。

200ルピー???
べらぼうに高い。
コヴァラムから国内線空港までは20〜30分で100ルピーかからなかった。
こいつ、足元見やがって。
けれどもう時間がなかった。しかたない。

ところがリキシャに乗ってから、空港まで見送ってくれるというインド人の友人がドライバーに食ってかかり始めた。

「おい、200ルピーはどう考えても高すぎるだろ。ちゃんとした値段にしろよ。……ガソリンが高くなったから、だって? そんなこたぁオレだって知ってるよ。それにしたって高すぎる。あんたさぁ、彼女たちがツーリストだからってふっかけようとしてんだろ? ふざけんなよ。……空港から戻ってこなくちゃならないから? 何ゆってんだよ、それがあんたの仕事だろうが。そんなことゆうなら、リキシャの運転手なんてやめろよ。
じゃあ180ルピーにするって? バカじゃねーの、オレは知ってるの、政府が決めた料金っていうのを。1km=10ルピーなんだよ。あそこからインターナショナルまで10kmもねーんだよ。めちゃくちゃボッてるじゃねーか。
あのなぁ、あんたみたいなヤツがいるから、いつまでたってもインドは先進国になれねぇんだよ、わかるか、この」

……的な内容の会話を彼とドライバーは英語とマラヤラム語のちゃんぽんで怒鳴りあっていた。
結局、彼の剣幕に押され、ドライバーは200ルピーを撤回した。
彼は私に、「70ルピー以上払う必要ないから」
ドライバーは哀れな表情で恨めしそうに私たちを見ていた……。

こんな珍事があったが、私たちは無事にインディアン・エクスプレスに乗ることができた。
が、インドの国内線でのセキュリティチェックはとても厳しい。
最近、あちこちでテロが起きているせいで過敏になっているのだ。
ゲートで、もうあと出発まで15分もないというのに、友人はせっかく詰めたバックパックからほとんど全てを引っ張り出されてしまった。セキュリティのインド人男たちは彼女のポーチまでひとつひとつ開けていった。
けど、彼らは楽しそうで、どうも半分は興味本位で開けているようだ。
その証拠に相棒の荷物チェックに時間をかけすぎたせいで、私のバックパックを見る時間がなくなってしまい、私の荷物チェックはおざなりだったのだ。それでもうっかり入れてきてしまった眉毛カット用の小さなハサミを取り上げられてしまった。あぁ迂闊。

インディアン・エクスプレスの飛行機は、エア・インディアそのものだった。
機内に入ってみると、シートの色やシートカバー、全体的な雰囲気がなぜか懐かしい。席に座り、リクライニングを操作しようとしたがバカになっていて動かない。
そのとき記憶がよみがえった。
これはかつてのエア・インディアの航空機だ。
私が初めてエア・インディアに乗った頃のあの飛行機。まだムンバイがボンベイと呼ばれていた頃の。
リクライニングや肘掛けの部分がよく壊れていたっけ。
それはトイレに入ったときに確信に変わった。狭く古くさいトイレ……。
まちがいない、インディアン・エクスプレスの航空機はエア・インディアの払い下げなのだ。……ちゃんと飛んでくれればいいが。

2時間後、機は無事にムンバイの空港に着陸した。
機内の冷房のあまりの強さに相棒は鼻をぐずぐずさせている。空港内もピーンと冷房が効き、ストールを手離せない。
が、ムンバイの空港には目を見張った。
私がかつて訪れたときの空港とは、まるで変わっていたのだ。
昼間でも薄暗い、灰色のコンクリートの壁に囲まれたあの空港とは。そもそもにおいが違う。あの強烈な脱臭剤のにおいはどこにもない。明るく広々としたロビー、そして玄関を出てまた驚いた。
かつては玄関前にリキシャが列をなし、客引きであふれていた。が、今はロータリーがきちんと整備され、花壇やコジャレたカフェスタンドもある。みすぼらしい格好をした客引きの姿もリキシャもどこにもなく、わかりやすい場所にプリペイドタクシーのカウンターがあるだけだった。
そしてにおい。
かつての空港を取り巻いていた排泄物のにおいも全くない。

ムンバイ チャオラパティ・シヴァージー国際空港玄関前
チャオラパティ・シヴァージー国際空港1
チャオラパティ・シヴァージー国際空港2

カフェスタンドもあり
カフェスタンド


ムンバイからアウランガーバードへはシャタブディ・エクスプレスという急行列車で行く。ムンバイにはいくつか主要駅があるが、私たちはそのなかのダダールという駅からのチケットを予約していた。
ダダールはムンバイの中心地から北寄りにある。なので今回は以前訪れたインド門やマリーンドライブにはお目にかかれない。
プリペイドタクシーのカウンターでダダールまでのタクシーを頼む。エアコン付きかナシかを訊かれ、エアコンなしを選択。所要40分で150ルピー。それほど高くない。
時刻は11時近い。列車はダダール発14時。まず問題はないだろう。
小型のタクシーに乗り、空港を出た。
空港周辺はどこも工事中だった。だだっ広い土地に大きなクレーン車やトラックが砂塵を巻き上げている。さしずめ大規模開発中というところか。
ああ、ここら辺一帯にはかつて巨大なスラムがあった。
汚れたテントが隙間なく並び、下半身まるだしの小さな子供が走りまわり、大人が側溝に小便をしていた。すぐに物乞いがバスを取り囲むので、ドライバーはわざとスピードを上げて、スラムを突っ切るように走った。
そんな風景は今ではどこにも見当たらない。
あと数年もすればこの一帯はデリーのようにエアポートエクスプレスが走り、ホテルが立ち並ぶようになるのだろう。
ムンバイは確実に変化しているのだ。
スラムなどない方がいいし、スラムなど必要ないくらい人々の生活が豊かになった方がもちろんいい。が、あのとき私が受けた衝撃を、これから初めてムンバイを訪れる人たちに与えられないのは、少しだけ残念な気がする……。相当勝手な言い草だが。


空港周辺は全工事中
大規模開発中1

10年前はここら一帯はスラムだった。
大規模開発中2


市内に出ると道路が混んできた。
クルマが止まってしまうと、開けた窓からどっと埃が入ってくる。窓を閉める。途端に社内の温度は急上昇。また窓を開ける。埃。マスクをつける。よかった、マスクをバックパックに入れておいて。だが、暑い。蒸し暑い。さすがムンバイ。
「エアコン付きにすりゃよかったね」相棒が言う。確かに。
ほんの数十ルピーをケチッただけで不快な思いをする……インドとはそういうところなのだ。
定期的に現れるマクドナルドの看板。オレオの入ったマックフルーリーの写真がでかでかと載っている。
以前はバンガロールにしかなかったマックも今では大都市にフツーにあるのだ。デリーの空港にもムンバイの空港にもあった。先進国のファストフードの味が懐かしく、ベジタリアンだというのにダブルチーズバーガーとフライドポテトが無性に食べたくなった。
インドのレストランにはバーガーもフライドポテトはあるのだが、マックのように細く絶妙な塩味は、ない。
インドの変化の象徴であるマックの看板の向こうに、今にも崩れ落ちそうな汚れたマンションが折り重なるように建ち、赤や青のサリ-がひらひらとベランダに干されてあった。

タクシーは繁華街に入っていく。
小さな店が増えるにつれ、道行く人々も増えていく。路上では野菜が売られ、所々にはチャイ屋も見える。
いくら都市開発が進んでも、庶民の生活はやはり庶民の生活だ。こんな風景を見るとホッとする。もう駅が近いのだろう。人もクルマもリキシャもぎゅうぎゅうになってきた。
ダダール駅の前でタクシーを降りる。結局空港からここまで1時間以上かかってしまった。時間に余裕があってよかった。
しかし、降り立った瞬間、人込みと熱気と騒音に圧倒された。
さすがインド第二の商業都市ムンバイだ。TRVの喧騒などかわいいものだ。タクシーの客引きの声、クルマのクラクション、めまいを起こしそうなほどの人、人、人の数。ただでさえ暑いのに、それらがいっそう不快指数を上昇させた。
1秒もじっとしていられない。
私たちは自分たちの列車番線を確認するとすぐに駅前の高級そうなレストランに逃げ込んだ。

ドアマンがドアを開けてくれるようなレストランだった。
中に入った途端、気持ちのいい冷房に生き返る。白い清潔なテーブルクロスと静かな音楽、落ち着いた照明。私はおなかが減り、ノドが渇いていたことに急に気が付いた。
出発の14時まではまだ2時間ほどある。
私たちはここでゆっくりごはんを食べ、リラックスすることに決めた。


ダダール駅前には高僧ビルが
ダダール駅前から

駅前にある高級レストラン。上階はホテル。
隣には庶民はベジレストランがあった。
ダダール駅前のレストラン

※詳細情報
チャオラパティ・シヴァージー国際空港〜ダダール駅
プリペイドタクシー ACナシ 200rs
AC付き 250rs
所要40分〜1時間

駅前レストラン…ロータリ-を挟んだ向かい側
カレー90rs〜 少々高いが量はがっつり
冷房の効き目は上々
名前は忘れてしまいました。

NoPhoto
インド生リポ ●デリー編#1 じいさん、現る
エリア:
  • アジア>インド>デリー/ニューデリー
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2011/12/06 18:08
コメント(0)
2011/10/01


正直デリーは好きではない。
できることならホテルから出ないで、翌日すぐに移動したい。が、今回はインドが初めての友人が数人いるので、彼女たちのために少しだけデリーで時間をとった。パハールガンジのメインバザールを歩いてもらえば、まずはインドの雰囲気を味わってもらえることだろうから。

デリーにインした翌日、友人たちを迎えにインディラ・ガーンディ国際空港へ再び行った。友人たちは時間差でデリーに着くので、まずは最初の一人を迎える。
が、私は少々遅れてしまった。すでに友人は到着ロビーを出たロータリーの約束の場所にぽつんと立っていた。不安にさせてごめん、と謝ると、
「大丈夫。親切な人がさっきまで一緒にいてくれたから」
日本人?
「そう。機内で隣の席だったの。ごはんのときに私がCAの英語を聞き取れなくてまごまごしてたら、助けてくれて。その人、インドに会社があるらしくて」
その日本人男性は自分の連れのトランジットを手伝いに行き、間もなく戻ってくるのだという。
「迎えがいなかったから、その人すごく心配してくれてね。もし、友達と会えなかったら、僕の知ってるホテルに連れていってあげるって言ってた」
それはそれはずいぶんとご親切に。でも、私が遅れたので、そう言われてしまってもしかたがない。インドが初めてで英語も話せない日本人の女の子を放っておけない、と思う気持ちはよくわかる。
しかも友人はかわいいのだ。
そこまで心配してくれたのなら、このまま無視していくのは憚られる。とりあえず挨拶ぐらいはしていこうか。

しばらくしてその日本人男性がやって来た。
35〜40歳の間というところか。中肉中背のごく普通の日本人だ。
ご迷惑おかけしてすみません、と挨拶すると、彼は快活に笑い、
「いやぁ、まぁよかった。彼女、泊まるホテルの名前もわからなかったみたいで。初めてのインドでそれじゃかわいそうだから。あ、僕、Y田です」
はぁ、すみません。
「インドはねー、いろいろ危ないところだから女の子はね特に。僕はもうインド長いから、助けてあげられるところは助けてあげようと」
……はぁ。いろいろどうも。
じゃ、私たちはこれで、とそう言おうとした瞬間に、
「ホテルまで送りますよ。僕のドライバーが迎えに来てるんで」
見ると、彼の後ろにじっと立っているインド人がいる。彼がそのインド人に何事かいうと、インド人は慇懃に頷いた。
いえ、いいですよ、これ以上ご迷惑かけるのも……。
「いやいや大丈夫。ホテルはどこ?」
パハールガンジの方ですけど。
「あ、そう。僕はコンノートプレイスにあるホテルなんだけど、パハールガンジならそこから近いし。送っていきますよ」
私は咄嗟に計算した。
友人は大きなスーツケースを持っている。
予定では空港からエアポートエクスプレスでニューデリー駅まで行き、そこからホテルまで歩くつもりでいた。駅からホテルまでは距離的には遠くはないが、エアポートエクスプレスのニューデリー駅を降りてから、長距離列車のターミナルを越えていかねばならない。ターミナルは階段しかないので、大きな荷物を持っていると大変なのだ。
ならば、これは利用させてもらった方がいいかもしれない。
男は私の友人から目を離さない。それから私に向かって、
「ホテルの名前は?」
「コテージ・イエス・プリーズってホテルなんですけど」
「イエス・プリーズ?」
彼は怪訝な顔をして首をひねる。
「聞いたことないな。パハールガンジの? イエス・プリーズねぇ」
しばらく考えてから、私を見ると、
「わからないな。そのホテル、本当に大丈夫? インドは危ないホテルも多いからね」と、友人に目をやる。
「いえ、心配ないです。以前にも泊まっているので」
男はあれ? という顔をし、
「あなたはインド初めてじゃないの」
「もう何度か来ています」
「あぁ、そうなんだ。じゃあ彼女もあなたがいれば大丈夫だね」
はぁ、まぁ。
彼はそこでくるりとインド人運転手に向き直ると、早口の英語で「イエス・プリーズというホテルの場所を確認してくれ」
その頃になって私は面倒になってきた。
場所がわからないのでは時間がかかるだろう。しかもすでに午後7時近い。ちょうどデリーは渋滞の時間で、空港からパハールガンジまで1時間はかかるだろう。エアポートエクスプレスなら20分で着く。
友人の表情にも疲れがみえる。私はY田に、
「あのー、もし場所がわからなければ、けっこうですよ。エクスプレスでもすぐですし」
「いや、大丈夫。今、確認とってるから」
「えーっと、クルマ渋滞してると思いますし、Y田さんもお疲れでしょう。だから送っていただかなくても……」
「心配しないで。じゃ、とりあえずクルマまで行きましょうか」
彼はくるりと向きを変えると、ドライバーと共にパーキングへ向かって歩き出した。手にはケータイを持ち、しきりに「イエス・プリーズ」「イエス・プリーズ」と大声で話している。
友人が私に耳打ちしてきた。
「なんだかかえってごめんね。私、クルマじゃなくていいよ、なんかめんどくさい」
「私もクルマよりAPの方が早くホテルに着くとは思うんだけど。でも今さら悪くない? 私より、あなたが気を使うんじゃない?」
友人は首を振り、
「いいよ、別に。もう二度と会わないし。それに全然興味ない」
私たちは顔を見合わせた。

パーキングは空港内の、AP乗り場へ行く途中で分岐する先にある。
Y田たちは迷いもなくパーキング方面の動く歩道に乗り、ずっと先にいた。
「このまままっすぐ行くと、もうAP乗り場なんだけど」私が言うと、友人は、
「いいよ、電車で行こうよ、私、Y田さんに断ってくる」
彼女はY田を追って走り出した。私も後を追う。
そしてパーキングに入り、ほら、あれが僕のクルマ、と振り向いたY田に向かって、
「ごめんなさい、やっぱり送ってもらわなくてけっこうです。ありがとうございました!」友人はぺこりと頭を下げ、彼に背を向けた。
私たちも愛想笑いを贈って、きびすを返す。
えーーーーー!!! 背後から追ってくるY田の声。
「それならそうともっと早く言ってくれよ。せっかくホテルの場所もわかったのに。ねぇーーー!!!」
友人はもう一度振り返ると、
「本当にありがとうございましたぁ。お元気でー」
ちょっとぉおお〜〜〜いぃぃ……Y田の声が遠くなっていった。

いい人だった……と思う。
しかし、どうも上から目線なおせっかい、という印象しか残らない。
まるで「最近の若いモンはなにも知らん」が口癖のじいさんのようだった。
まぁ確かにこちらもコズルイことを考えたので申し訳なかったけど。
でもあの強引な感じは、途中からインド人かと思わされた。

コンノートプレイスあたりに泊まるような人にとっては、パハールガンジもメインバザールもインドの貧困や悪の巣窟というイメージだろうけど、いいところも楽しいところもあるんだよー。
あなただけがインドを知っているわけじゃないんですよーー。

どうもインドが長い日本人は親切がインド人化している気がする。
すなわち、親切とおせっかいのボーダーがわからなくなっているってことか。それと空気を読めなくなりつつあるというか……。

1 - 5件目まで(9件中)


国一覧
アジア
インド(21)
ベトナム(7)
台湾(3)
ネパール(2)
カンボジア(2)
タイ(1)
ヨーロッパ
イタリア(2)
アフリカ
マダガスカル(2)
ケニア(1)