1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. yummyさん
  4. 歴史・文化・芸術の記事一覧

  海外エリア: アジア > インド の他のブログはこちら|

ねこたんの足あと

~あちこち行って。いろんなもの見て聞いて歩いて食べて。~

プロフィール

ニックネーム:
yummy
居住地:
東京都
性別:
女性
自己紹介:
本業は小説を書くかたわら、
占いとヨガのサロンを主宰しています。

占いは手相とタロットカード。
ヨガは南インド ケララ州で州公認のインストラクター資格を取得しました。
少人数制のクラスを展開しています。
ご興味のある方は、
http://alvayu.jp
にアクセスしてみてくださいね。


小さい頃からアフリカに憧れていて、海外旅行デビューはエジプト。それからケニアへ行き、念願のサバンナに。アフリカのあとにアジアに行き始め、人からはよくルートが逆だよ、と言われました。

私はその国の何かひとつでも見たいものがあれば、どこへでも行きます。それがきっかけですが、あとは行き当たりばったり。何かをするため、にその国へ行くわけではなく、ただただその国に浸かるような旅をします。
だからこそ、生きた情報をその場で得ることができるのだと思います。

どちらかといえばカオス的な国を旅するのが好きですが、でも近年ヨーロッパも堪能しました。先進諸国もきっちり知り、その両方を知ることが大事だと思ってますから、あまり偏ることもありません。

もうずっとヨガ修行をするため、定期的にインドへ行っています。一回の旅行期間は約2ヶ月ほど。滞在型なのでその地については精通していきます。前回は昨年11月に、今年もまた秋に訪れる予定です。

私が旅先で出会ったできごとや人たち、おいしいものやホテルやショッピング、交通事情、失敗談や病気になったこと、コワかったことなどのトピックや情報が旅する人たちの役に立てばとてもうれしいです。

カレンダー
10月<2022年11月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

ビーチ
旅のトラブル対処法・男女トラブル編・1 インドは痴漢が多い!
エリア:
  • アジア>インド
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2013/07/17 01:25
コメント(0)
いろいろなことが起こるインドだが、痴漢には徹底的にご用心!
もし遭ってしまったら、ひるまず戦うべし!

正直、何度痴漢や痴漢まがいなメに遭ってきたか。
私だけでなく友人も。友人の友人も。そのまた友人も。
電車の中で、バスの中で、人通りの多い込みあった場所で、店の中で。
すれ違いざまに胸触ってきたりもするからほんと油断ならない。

私はサールナートで(ブッダが説法した由緒ある場所で)、触ってきた男の腕を締め上げたことがある。

コヴァラムで知人に抱きついてきた店の店員を罵倒し、土下座させたこともある。(ちなみにその知人は抱きつかれ胸を掴まれたことにショックを受け、はじめは泣き寝入りしようとした)

インド人男はコズルイ(奴が多い)ので、こちらが何も言わなかったり、やんわりした態度をとるとつけあがる。まぁ、ニホンの痴漢もそうだろうけど。
しかも彼らは日本人女は軽く、セックス好きで、誰とでもヤルと思っているので、特に日本人は狙われやすいのだ。
ほんっとに失礼しちゃう! そんな女ばっかじゃないっての。
だから、もし痴漢に遭ったら、ぼやぼやしないで「さわってんじゃねー!」と大声で言いましょう。日本語でけっこうです、とにかく反撃してきたことが相手に伝わればいいのですから。

とにかく、インド人はすぐ触ってくるのだ。
別に痴漢というわけではなく、ただ話をしていても、すぐに腕だの肩だのに触ってくる。そう、親しみを込めて、という雰囲気で。
でも、それをこちらがフレンドリーなんだな、と思いやって、なあなあにしてしまうとエスカレートしていく。
だから私はちょっと仲良くなって楽しく会話できるようになったインド人でも、からだに触ってきたら「触るな」というし、たとえ相手が子供であっても突然髪を触ろうとされたら、その手をはたいたりしている。
つまり、自分の身は自分で守る、ということだ。

とはいっても、こちらに非がないわけでもない、と思う。

インドは基本、男女間の規律は厳しい国だ。
そんな国で、たとえビーチといえど、肩をべろっと出したワンピや、半裸に近いカッコで歩いていたら、彼らもつい手を出したくなってしまうだろう。
だからそういうカッコをして歩いてしまうこちらにも非がないとはいえないし、そういうカッコをするのであれば、痴漢に遭うことはある程度想定しなくてはならないとも思う。

だからやはり、要は自分の身は自分で守れ、ということだ。
そして痴漢に遭ったら、決してやり過ごさないこと。
インドでは、特に大事なことだろう。

実はヨギニです
インド生リポ ●アシュラム編#1 アシュラムで風をひく
エリア:
  • アジア>インド>ティルヴァナンタプラム(トリバンドラム)
テーマ:街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/12/23 17:04
コメント(0)
2011/10/02〜


夕方の便でデリーからアシュラムのある南インドのケララ州、トリヴァンドラム(TRV)へ。
飛行機はおなじみのエア・インディア(AI)だ。
ここ数年、AIの料金はうなぎのぼり。国内線も例外ではない。
デリーからTRVまではフライトで4時間。列車なら3日間。そう考えるといかに距離があるかわかるのだが、それにしても片道だけで2万円近くかかる。
が、今回はマイルが貯まっていたので、ラッキーなことに片道はタダだった。

余談だが、本当は必要なマイル数に足りてなかったのだが、問い合わせをすると足りない分はルピーで払えばよいとのことだった。それを了承したら、とてもラッキーなことがあった。AIのマイルが貯まってる人は、ぜひお試しを。いいことがあるかもしれないよ。

何度となく使っているTRV国内線空港。
外に出るとケララらしい、みずみずしくやわらかな空気が肌に触れる。
タクシーのドライバーたちが集まってきてあれこれ言ってくるが、控えめな客引きと人なつこい笑顔に、デリーで北のインド人にくさくさしていた私の心もほぐれていく。

--やっぱりケララはいいなぁ。
たったこれだけのことでそう思ってしまう。

空港からアシュラムへはプリペイドタクシーで行く。
私と相棒以外の友人たちは初めてのインド、初めてのアシュラムなので準備に余念がない。今夜アシュラムにチェックインしたあとはシャワーは使えない旨を伝えると、空港のトイレで30分かけて洗顔&スキンケアをしていた。銃をかついだセキュリティのおっさんたちも苦笑。

アシュラムへ向かう間、寝静まった小さな町や村を通り抜けながら、初めてアシュラムへ来たときのことを思い出していた。
1ヶ月間のティーチャーズ・トレーニングコース(TTC)。何をするのか、やらされるのか、どんな勉強ができるのかという期待と不安。
苦しくとも充実した時間だった。
けれど二度とTTCは受けたくない。
もし万が一次があるとすれば、アドバンスに挑戦してみるかもしれないが。
タクシーはいつのまにか山道を上り始めている。ヘッドライトだけを頼りに右に左に車体が揺れる。
今回はTTCでもなんでもない、ただのYogaVacationヨガ・バケーション(ヨガバケ)だ。
朝夜のサットサン(瞑想など)と朝と夕方のヨガクラスに参加することだけ。これらさえも任意だ。昼間には哲学などのレクチャーがあるが、もちろん参加自由。どうしてもやらなければならないのは、カルマヨガと呼ばれる奉仕活動だけ。これはアシュラムでそれぞれ仕事を振り分けられる。
ヨガバケは、ただアシュラム生活を楽しめる。規則さえ守れば、あとは何もない。逆にいえば、どんなふうに過ごすかは自分次第であり、アシュラムが合うか、合わないかが自分ではっきりわかってくる。

私にとっては、アシュラムは実家のようなものだ。
なつかしくリラックスできるけど、そんなに長くいたいとは思わない。めんどくさいこともあるけど、近くまできたら顔を出さないわけにはいかない場所。
そしてやはり離れるときは、また来ようと思ってしまう場所--だ。


アシュラムにチェックインし、ドミトリーに荷物を運び、ベッドの準備をし終えたときには、すでに深夜1時近かった。
ドミにはもちろん先客が何人かいたので、彼女たちを起こさないように気をつけながらの準備だった。その夜は思った以上に涼しく、天井のファンを回す必要はなかった。
私はベッドに横になった途端、意識を失うかのようにすぐに眠りに落ちた。
早朝、毎朝5時20分に鳴り響く鐘の前に、目が覚めた。
寒くて、目が覚めたのだ。腕時計を見るとまだ5時前。
チェックインしたときに、アシュラムから枕、シーツ2枚、蚊帳を渡されるのだが、前回来たときはからだに何もかけなくても暑いくらいだった。が、今朝はシーツ1枚では寒く、私は持ってきたストールを重ねる。
そのあとは、あの恐怖の鐘が鳴るまでうつらうつらしただけだった。
遅く着いた翌朝なので、今朝は6時からのサットサンには出ず、8時からのヨガクラスから活動を始めるつもりでいた。が、結局鐘の音のあとはもう寝ていられず、6時には起きてしまった。

ノドが痛い。

イヤな兆候だ。頭もスッキリしない。からだも重い。
寝不足のせいか……。

ゆうべはシャワーを浴びていないが、あとでヨガクラスに出るので、とりあえず洗顔だけする。水はひんやりし、ドミ内はまだ涼しい。
7時半になり、ヨガウェアに着替えてから中庭へ。
この時間は朝のティータイムでチャイが飲める。
温かく甘いインド式ミルクティーは全インド共通の飲み物で、インドではこれが一番おいしい。
友人たちも集まってきた。みな寝不足だろうに溌剌とした顔をしている。が、一人だけ欠けている。彼女はどうしたの、と尋ねると、おなかの調子が悪いみたい、という回答。
あちゃ。さっそくインドの餌食……いや、洗礼を受け始めたか?

ヨガクラスはビギナーとアドバンスのふたつのクラスがある。
私はアドバンスクラスを受け、たっぷり2時間近くからだを動かした。
その後すぐにブランチなのだが、私はいったんドミに戻り、シャワーを浴びた。アシュラムでは例外なく水シャワーだ。慣れるまではやはり冷たい。
からだはスッキリしたが、やはり体調がいまいちなのか、ノドの痛みはおさまらず、くしゃみも出始め、そしてダルい。

どうやら完全に風邪を引いてしまったらしい。
インド入りしてまだわずか四日。体調を崩すなんて想定外だった。

NoPhoto
インド生リポ ●カジュラーホー編#1 11年ぶりのカジュラーホー
エリア:
  • アジア>インド>カジュラホ
テーマ:街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/11/05 13:35
コメント(0)
傷心のバンダウガルから一路カジュラーホーへ。
快適さがクセになりそうなプライベートタクシーで約5時間。
着いてビックリ、私の記憶にあるカジュラーホーとは全然別の町になっていた。

北インドと東インドのちょうど境目にあるカジュラーホーはエロティック彫刻の寺院遺跡が有名な村。この遺跡群は世界遺産に登録されている。
私は……そう、もう11年も前になるだろうか、初めてインドを長旅したときカジュラーホーを訪れていた。
のどかで静かな片田舎の村。
あのときはバラナシから来たので、そののんびり感や人の少なさが余計に際立った。
ちょうど暑い時期で、日中の気温は48度。西群寺院遺跡の前にある巨木の木陰で、この暑いのにチャイを飲みながら村の人たちが休んでいたのを覚えている。
レストランもホテルも多くなく、夜は8時を過ぎると村は暗闇に沈む。
なんでわざわざカジュラーホーにあるんだかわからないイタリアンレストランのイルミネーションが暗闇をわずかに明るくしていた。

その印象のまま今回来たのだが、あまりの変わり様にただただ呆然。

湖の前はただの土手だったのに、今はきれいに舗装され遊歩道になっており、レイクサイドのシケたみやげ物屋通りがホテルにレストラン、ショップが並ぶ。
客引きたちのしつこさ、うるささも以前では考えられないほど。
夜9時になっても10時になってもにぎやかな音楽が聞こえてくる。
もはやのどかな村ではなく、インドのよくあるツーリストタウンだ。

客引きたちをあしらいながら、あの巨木を探した。
それは前と同じ場所にあった。
ただその周りはショップがズラリ。

もうひとつ探してみる。
暗闇をわずかに照らしていたあのイタリアンレストラン。
あのとき知り合った日本人夫婦とディナーを食べた店。
ルーフレストランで、確かピザを食べたっけ。
巨木のところを右に折れて少し歩いたところにあったような……。
うるさい客引きに、ここら辺に昔からあるイタリアンレストランはないか、と尋ねた。
客引きは張り切って頭上を指差す。
そこにはイルミネーションに縁取られた、イタリアンのメニューを掲げたレストランがあった。
うろ覚えだが、もしかしたら本当にここかもしれない……。

11年。
そりゃあインドでなくても変わるだろう。
というより、やはりインドも変わるのだ。その変化は都市だけではない。
あのときは遺跡を見たら他に何もない退屈な村だった。
が、今回はそうでないかもしれない。
ただ、あののどかで退屈で静かなカジュラーホーが失われてしまったのは残念だ、勝手な言い分ではあるけれども。

1 - 3件目まで(3件中)


国一覧
アジア
インド(21)
ベトナム(7)
台湾(3)
ネパール(2)
カンボジア(2)
タイ(1)
ヨーロッパ
イタリア(2)
アフリカ
マダガスカル(2)
ケニア(1)