1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 中南米
  4. グアテマラ
  5. フローレス
  6. 歴史・文化・芸術
  7. グアテマラ最奥を行く/ミラドールEl Mirador 遺跡 3 , 三日目ミラドール遺跡を歩く

中米トライアングル??

~中米トライアングル;メキシコ、グアテマラ、キューバの魅力を探る~

プロフィール

ニックネーム:
ますお めのす
居住地:
中南米>グアテマラ>グアテマラその他の都市
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
あまりとりえのない人間ですが、唯一のよりどころとしてこれまで旅にその人生(生きがい?)を託してきました。その経験が少しでもお役に立つのなら、と思って登録いたしました(20年ほど前に一般旅行業務取扱主任試験(?)に合格したのですが結局それをいかす機会に恵まれなかったことを悔いている人生です。旅暦は45年約70ヶ国くらい?といったところです。)

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

グアテマラ最奥を行く/ミラドールEl Mirador 遺跡 3 , 三日目ミラドール遺跡を歩く

2013/02/19 03:49
頂上にて 2,
エリア:
  • 中南米 > グアテマラ > フローレス
テーマ:
  • 歴史・文化・芸術
<三日目>不思議なもので、このミラドール行の期間中、わたしはことの他よく眠れて、年よりなものでいつもなら2,3回トイレに起きることがあるのに、それが一度もなかった、、ほとんど毎日熟睡できたのです、、
で、その日(三日目)の予定はほとんどリラックス&休養日といった感じで、ゆっくり起きてゆっくり食事して、午前中はこの遺跡最大のテンプルLa Dantaに行くだけでした。ま、このミラドール遺跡自体は巨大で、それこそすべて発掘されたら一日で回りきるのはほとんど不可能かと思われますが、幸か不幸か今の段階では見るべきものがほとんど手付かずのため限られてしまっているのです、、なのでそのキャンプサイトから3〜40分?のところにある(基壇まで)テンプルLa Dantaを見物して、その途中にある遺跡を2,3周るだけの予定しか午前中は組まれていませんでした。それでもみんな早起きで、早起きついでに昨夕落日を眺めたところから今度は日の出を見ようと再びテンプルTigreへ登ったのでした(わたしはよくわかっていなかったのかもしれないのですが、もしかしたらそのために早起きしたのかもしれない、で、わたしも同行しましたが、当然そこからは日の出も落日も見ることができたのです)。が、この日あいにく雲がかかっていてそれは叶わなかった、、で、朝食後気を取り直して全員でテンプルLa Dantaに向かいました。もちろん道は続いているのですが遺跡エリア内であってもジャングル状態であることは変わりません、所々でウーゴの説明を聞きながら歩いていると突然ヘリコプターの轟音、、わたしはてっきりこのあたりを遊覧飛行しているのかと思っていたら、なんとその一行と数時間後に出会うことになりました、、

このテンプルLa Dantaの大きさが昨夕と今朝登ったテンプルTigreよりさらに大きいことは、そこに登ってわかりました。それは昨日Tigreに登ったとき東のほうに小山状の高みがあってそれは今いるところより高そうだということはわかっていたのですが(ウーゴの説明もあった)、実際にその基壇部分でウーゴから説明を受けて、そこから設けられた階段をだいぶ登って上部テラスに着くと、そこに見上げるようなピラミッドが建っていて、その架設の階段を登って漸く頂上(まさに山の頂上といったところなのでそう書きますがピラミッドのてっぺんのこと、基壇から100m越えてる?30分くらいかかったか?)に着いたのです。つまり下の基壇部分からがひとつのピラミッドとしたら、これはとてつもなく巨大な建造物で、いまだ樹木に覆われた小山でしかないのでイメージはわきにくいのですが、もしそれが復元図どおりだったとすると、まさにここが巨大都市だったことがいやおうなく実感できるのです。が、そんなことよりわれわれはおそらくマヤの遺跡の中ではもっとも高い所となるその場で、まるで日向ぼっこでもするような感じで1〜2時間リラックスしていたでしょうか?遠くを眺め、サルの咆哮・鳥の囀りを聞き、そよ風を肌に受け、何するでもなく時の過ぎゆくままに‥、、しばし悠久の時の流れに身を任せ、時空を越え2000年ほど時間を遡ってみると、そこはこのすべてを呑みこんでしまう緑の魔物を退治した人間の営みがあったのです、、まさにそれこそが、このどこまでも続く緑の地平を人々が作物の実る大地に作り変えたというその事実が・その歴史が驚異であり想像を絶するものに他なりません、、その人たちが・その社会がこのピラミッドを造り上げた、、しかしその1000年後にはだれも住まない・住めない地となって現在に至っています、、このマヤ最大の謎(どうしてそれほど発展していた社会が滅ぶにいたったか)は、マヤに興味を持っている人々の最大の関心ごとで、いまだその確定的な説はないようです、、が、いくつかの説がマヤ学者のあいで論じられていて、その中に同様の説もあったかと記憶していますが、わたしの趣味的見解はそれを抽象的な言い方に変えて表現しておきたいと思います、、即ち、この緑の魔物の復讐にあったのではないか(具体的にも述べられますが)と‥??

写真説明;上から1,La Dantaの説明をするウーゴ氏(わたしはほんの少ししか理解できなかったが)、彼が指差しているところが上部テラス、2,そこから基壇上部へ行く階段が架設されていたが、この山・この写真全体が遺跡ということ、、3,だいぶ登ったところのテラスに建つ最上部のテンプル、4,その頂上までは右側から回り込むかたちで階段が架設されていた、頂上からの眺め南方面、5,頂上からの眺め西方面、ちょっとした高みがテンプルTigre、6,頂上からの眺め東方面、カラクムル遺跡が見えないかと望遠鏡で眺めてみたがわからなかった、、方角を間違えていた可能性があり、実際は見えるらしい、、7,8,寛ぐ仲間たち、9,頂上から真下のテラスを覗く、
ちなみにタイトル画像は頂上での記念撮影、わたしが特別に頼んだらみんな気軽に応じてくれた、、&ここの高さを示す指標として、眼下の樹海がどの位置に見えるかという尺度があります、、即ち樹海の木の高さはそれほど変わらないので、確かにティカルより高く思えた、、興味のある方は写真などで確かめてみてください、、なお、この頂上はsea levelつまり標高でいうと300mくらいだそうです、、
La Dantaの説明を受ける
基壇から上部テラスへの階段
上部寺院(祭壇?)
頂上からの眺め 1,
頂上からの眺め 2,
頂上からの眺め 3,
頂上にて 1,
頂上にて 3,
ピラミッドからしたのテラスを覗く

さて、しばらく各々想い想いに時空を彷徨った後、ピラミッドを下っていったところで先ほどのヘリコプターの一行と出会ったのでした。わたしは知らなかったので、そのとき初めてヘリコプターで来る人々がいること・来ることができることを知ったのでした、、しかしその中には高齢の方もおられたから、ま、それにたいして少し疑問視もしましたが、ひとつの方法論として認められてしかるべきなのでしょう‥??、でも一言だけいいたい、、ヘリコプターに限らず、車で来る道ももう近くまで迫っているのではないか?つまり今のように手付かずの自然・手付かずの遺跡が残されている状態がいつまで続くのだろうか?ということです、、早晩ここは第2のティカル、グアテマラ4番目の世界遺産となることが目に見えています、、ま、しかしそれも一概にどうのこうのとは言えません、、わたしだって自然を荒らし・遺跡を荒らした一人に他ならないからです、、グアテマラにとっては、ここの住民にとってはそれが生きる道となるでしょう、、難しいですね、この問題は。開発か?自然保護か?古くて新しいこの問いに2000年前(正確にいうと紀元前2000年からだから4000年前)から1000年前まで生きた古代マヤの人々はどう答えたのでしょう‥??

帰り道に2,3手がつけられている発掘跡を見学しました、、そのひとつに古書ポポルウフに出てくる場面のレリーフが見つかった現場がありました、、どうもこれはそうとう重要な発見だと思われます、、また当時の役所?中央広場辺りにあったパレス跡、また往時の幹線道路の行き来を監視した関所?ゲート?(これは往路に通った)等々ウーゴ氏が熱心に説明してくれましたが(すべてスペイン語)わたしの理解度は半分くらいでした、、

午後は2〜3時間自由時間?昼寝の時間となり、夕方から出かけたテンプルTigre近くのテンプルJaguarもだいぶ発掘の手が入っていました。が、ちょうどそのころにはわたしのカメラのバッテリーが尽きてしまって*、残念ながら写真は残っていない、、その後再びというか三タビというか、またまたテンプルTigreに登り夕日を眺めて時を過ごしたのですが、ことほど左様に今現在発見・発掘され見学に値するor見学できるところかはそんなに多くなかったということです、、三番目に大きいピラミッド、テンプルMonoへ行かなかったのは行っても登れないか、またはそこまで行く道がついていないかで、たぶん行けなかったからでしょう‥??、なのでガイド・ウーゴ氏としてもどうしようもなく暇つぶしの手を考えていたのではなかったかと思われます、、ということでこのキャンプサイトの入り口あたりに掲げられていた復元想像図を以下に添付し、参考にされたらと思っております、、
<*カメラのバッテリーチャージについて;実はその前日の段階でわたしのカメラのバッテリーは切れていた、前日に泊まったTintalのキャンプサイトは太陽光発電だったので充電できなかったが、ここミラドールのキャンプサイトでは発電機があって有料で充電ができた、、1時間30Q、で、その日の朝時間がなく30分だけ充電したのだけれど一日は持たなかった、、次の朝また30分充電した、、>

写真説明;上からポポルウフ神話のレリーフ、パレス跡、パレス跡で説明してくれるウーゴ氏、往路で通った関所跡?そこまでがずっと塀?壁?で囲まれた市街で、その出入りのチェックポイントだったとの説明あり、、
ポポルウフ神話のレリーフ
パレス跡
パレスの説明をするウーゴ氏
街道の関所(街の入り口)
遺跡全体の復元図、下;簡単に説明すると図左上のピラミッドがテンプルTigre、ちょうどその下あたりがキャンプサイトの位置、右下の二つのピラミッドは未発掘・未整備で今回訪れていない、、最大のピラミッド、テンプルLa Dantaが右上遠くに見えている、、この図にあるようにマヤの遺跡はどこでも赤色に着色されていたらしい、、その名残りがテンプルLa Dantaの側壁に見られた、、写真一番下
Mirador遺跡復元図
2000年前の赤が残る?
  • この記事が参考になった人(2)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
ネパール(3)
インド(1)
アフリカ
モロッコ(1)
中南米
グアテマラ(38)
メキシコ(15)
ベリーズ(6)
コロンビア(1)
北米
アメリカ西部(2)