1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. MTIツーリズムさん
  4. トルコの記事一覧

  海外エリア: 中近東 > トルコ の他のブログはこちら|

トルコ現地にあるMTIからのトルコ情報

~カッパドキアに本社を置くわが社ならではの現地情報満載。 トルコ全域対応しています。~

トルコ国内の手配は弊社にお任せ!
トルコツアー、イスタンブールツアー、カッパドキアツアー、 バルーンツアー、ホテル、洞窟ホテル、国内線手配、空港送迎など国内の手配全て日本語で承ります。
プロフィール

ニックネーム:
MTIツーリズム
居住地:
中近東>トルコ>カッパドキア
会社名:
MTI  エム ティー アイ ツーリズム
会社英字名:
Media Travel International
会社所在地:
中近東>トルコ>カッパドキア
会社電話番号:
0384-341-8993
業種:
旅行業
自己紹介:
MTIエム ティー アイは、カッパドキアにある個人旅行専門の旅行会社です。
日本のお客様にも対応できるよう日本人及び日本語の話せるスタッフがおり、手頃で豊富な種類のツアーやアトラクションを取り揃えております。
お客様の日程、ご希望にあわせてツアーを手配でき、そのすべてが日本語での対応が可能です。当社を1度ご利用戴いたお客様は、お出迎えから宿泊先などご旅行中全ての面で当社の質の違いを感じ取って頂ける事でしょう。また、ご旅行中緊急の事態が起きた際、当社営業時間外にも日本語で対応させて頂ける連絡先をご用意してあります。 品質と信頼のサービスを第一に皆様のご利用をお待ちしております。

カレンダー
6月<2022年7月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

記事一覧

16 - 20件目まで(63件中)

GI4
【トルコ/クシャダス】クシャダス発ギリシャアイランドクルーズ
エリア:
  • 中近東>トルコ>クシャダス
テーマ:クルーズ 鉄道・乗り物 旅行準備 
投稿日:2009/06/23 20:57
コメント(0)
本日は春から10月にかけて運行されるギリシャの島々を巡るクルーズをご紹介致します。

出発はトルコのクシャダスの港になります。


GI6


GI3

GI2

GI1

GI5

クシャダスを毎週土曜日に出発しサントリーニ島、ミコノス島などを回る3泊4日のクルーズ、毎週火曜日に出発しロードス島にも立ち寄る4泊5日のクルーズなどがあります。

トルコの広大な台地を観光した後にクルーズを取り入れてみるのはいかがでしょうか?
タグ:
トルコ クシャダス クルーズ エーゲ海 ギリシャ 

PR
トルコ国内の手配は現地にある弊社エムティーアイにお任せ下さい。クルーズに関してもお問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。上記以外にもご希望の訪問先にあった船お探しします。
トルコ国内の手配は現地にある弊社エムティーアイにお任せ下さい。クルーズに関してもお問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。上記以外にもご希望の訪問先にあった船お探しします。
flower4
【トルコ】書籍のご紹介。トルコの花 FLOWERS IN TURKEY
エリア:
  • 中近東>トルコ
テーマ:旅行準備 書籍・CD・DVD その他 
投稿日:2009/06/11 17:56
コメント(0)
お花が好きでこれからトルコ旅行をお考えでしたら、とても便利な本がありますのでご紹介致します。

「FLOWERS IN TURKEY トルコの花」

flower

著者/撮影 岡田 季代子

トルコ各地に生息する花が写真で紹介してあり、トルコのどこで見ることができるか記載してあります。
タイトルはトルコの花となっていますが、地中海沿岸の花も記載してあるので、ギリシャ、フランス、イタリヤ、スペインなどで見られるお花を調べることもできます。
訪れた先で見かけたあの花は何の花?という疑問にお答えできる内容になっています。


トルコは地方によっていろんな気候がありお花の種類も豊富です。これから秋にかけてお花のシーズン!お花好きには大変便利な一冊です。


flowe2

カッパドキアで見られるキオン属ハナノボロギク

flower3

同じくカッパドキアで見られる ユリ科オオアマナ属オオアマナ

PR
トルコ国内の手配は現地にある弊社エムティーアイにお任せ下さい。ツアー、ホテル、ガイドなどご希望に合わせてアレンジいたします。まずは日本語でお気軽にメールにてお問い合わせ下さい。
トルコ国内の手配は現地にある弊社エムティーアイにお任せ下さい。ツアー、ホテル、ガイドなどご希望に合わせてアレンジいたします。まずは日本語でお気軽にメールにてお問い合わせ下さい。
DIVING
【トルコ/アンタルヤ】アンタルヤの観光、ツアーのご紹介2
エリア:
  • 中近東>トルコ>ケメル
  • 中近東>トルコ>アンタルヤ
テーマ:観光地 ビーチ・島 マリンスポーツ 
投稿日:2009/06/08 17:53
コメント(0)
本日はアンタルヤ近郊のリゾートタウンとして人気のあるケメルをご紹介致します。

KEMER1

アンタルヤからケメルまでは、約42キロの道が美しい山の風景の中を貫いています。ケメルは周辺の景色に溶け込むよう入念にデザインされており、とっておきの休暇を過ごすのに絶好の環境と言えます。

又、施設の整ったケメル・マリーナでは、町の南にある自然のままの入り江やビーチでヨットを楽しめます。

アンタルヤのホテルからの送迎付きのスキューバダイビングツアーもケメルマリーナから出発になります。プロのダイバーが同行し、それぞれのレベルに合わせてダイビングをお楽しみ頂けます。

DIVING3

DIVING2

DIVING4

ケメル・ビーチは「ブルーフラッグ・ビーチ」です(EU(欧州連合)による「ブルーフラッグ」という造語は、特にきれいなビーチを意味しています)。


KEMER3

KEMER2

地中海リゾートをお考えでしたら是非とも訪れて頂きたい場所のひとつです。
タグ:
トルコ アンタルヤ 地中海リゾート ダイビング アンタルヤ ツアー 

PR
トルコ国内の手配は現地にある弊社にお任せ下さい。まずは、お気軽にお問い合わせフォームから日本語でお問い合わせ下さい。ご希望に合わせてツアー、ホテル、ガイド、送迎手配いたします。
トルコ国内の手配は現地にある弊社にお任せ下さい。まずは、お気軽にお問い合わせフォームから日本語でお問い合わせ下さい。ご希望に合わせてツアー、ホテル、ガイド、送迎手配いたします。
KEMER
【トルコ/アンタルヤ】トルコのリビエラとして知られるリゾート地アンタルヤのご紹介1
エリア:
  • 中近東>トルコ>アンタルヤ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 ビーチ・島 
投稿日:2009/06/04 17:50
コメント(0)
トルコのリビエラとしてヨーロッパでは大変人気のリゾート地アンタルヤをご紹介いたします。

これからの季節ヨーロッパをはじめ各国のツーリストで賑わうアンタルヤを数回に分けてご紹介したいと思います。

アンタルヤは、日本ではまだまだ知名度が低いかもしれませんが、トルコ観光の中心地のひとつです。ヨーロッパをはじめロシアやアラブから多くの観光客が美しい地中海を目指して訪れます。その為、小さなペンションタイプからデラックスホテルまでニーズに合わせた宿泊施設が揃っています。

イスタンブールから国内線で約1時間。夏のシーズンはヨーロッパ主要都市からダイレクトにアンタルヤへの便もあります。
バスをご利用の際はイスタンブールから約12時間になります。


ANTALYAMAP

アンタルヤ市内をはじめ周辺の街にも宿泊施設が充実しており、お好みの街で
美しい地中海ビーチをお楽しみ頂けます。

KEMER2

ビーチのみではなく、周辺には各時代の遺跡を観光することも可能です。

これからの季節トルコ旅行をお考えの際は一味違うリゾート地としてのトルコをお楽しみ頂けるアンタルヤをプランに入れてみてはいかがでしょうか?
タグ:
トルコ アンタルヤ 地中海 地中海リゾート 地中海クルーズ 

PR
トルコ国内の手配は現地にある弊社エムティーアイにお任せ下さい。まずは日本語でお気軽にお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。国内線、ホテル、ツアーなどご希望に合わせてご用意致します。
トルコ国内の手配は現地にある弊社エムティーアイにお任せ下さい。まずは日本語でお気軽にお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。国内線、ホテル、ツアーなどご希望に合わせてご用意致します。
ANADOLU
【トルコ/ボアズカレ】ヒッタイト遺跡 ハットウシャシュとヤズルカヤ
エリア:
  • 中近東>トルコ>トルコその他の都市
テーマ:観光地 旅行準備 世界遺産 
投稿日:2009/05/21 18:20
コメント(0)
ハットウシャシュ:

ハットウシャシュは初めて鉄を製造した民族として知られているヒッタイト人の首都だった遺跡のある村です。トルコの首都アンカラから約200kmの位置にあり、トルコ語でボアズカレは峡谷の城という意味で、自然の要塞とも言える峡谷を挟む両側の台地上に遺跡は広がっています。

1986年にはユネスコ世界遺産に登録されました。1906年に本格的な発掘が始まるにつれ粘土板などからヒッタイト人の首都ハットゥシャであることが明らかになりました。

この地域は紀元前6000年頃から人が住んでいた形跡が見つかっています。その後紀元前2500年頃からは小さいながら町を形成し生活していた幾つかの集団がありました。その中の一つの集団はハッティと呼ばれていました。
紀元前1900年頃、彼らを支配したのがインド・ヨーロッパ語族の一派であるヒッタイト人でした。彼らは町を破壊し一時は放棄したのですが、1650年頃王ラバヌラ(ハットゥシリ1世)の時代に再びこの地に舞い戻りここの自然の要塞という地の利に目をつけヒッタイト帝国の首都としました。1530年にはメソポタミアのバビロニア王国を滅ぼし、1285年にはラムセス2世のエジプト王国とシリアのカデシュで衝突し撃退しました。
大帝国を築いたヒッタイト人ですが、1190年頃地中海起源の民族混成集団といわれる「海の民」により滅ぼされたと言われています。


HAT

遺跡は2つに分れており初期建に設された下の町、スフィンクス門周辺は上の町と呼ばれています。


ヤズルカヤ:

ハットゥシャシュの北東2km程の地点にトルコ語で碑文のある岩と言う意味のヤズルカヤ遺跡はあります。ここはヒッタイト帝国ハットゥシャシュの神々を祭る屋外神殿で様々な儀式が行われていました。その儀式の様子が岩に刻まれているレリーフからも伺えます。内部は大ギャラリーと小ギャラリーから成っています。


YAZLI

YAZ3

ハットウシャシュとヤズルカヤ遺跡の入場券は共通で朝08:00から夏は19:00まで入場できます。冬は日没まで入場可能です。

又、ハットウシャシュから約35kmほど離れた場所にはボアズカレに比べて小規模な遺跡ですが、貴重な出土品が発掘されたアラジャホユックがあります。出土品はアンカラのアナトリア文明博物館に保管されており、アラジャホユックにあるものはレプリカになります。

ALACA

ハットウシャシュ周辺は道路事情が悪いためこれからの季節から秋ごろに訪れることをお勧めいたします。
タグ:
トルコ ヒッタイト遺跡 ボアズカレ ハットゥシャシュ ヤズルカヤ 

PR
トルコ国内のツアー、ホテル、国内線手配は現地にある弊社エムティーアイにお任せ下さい。ご希望にあわせてツアーご用意致します。まずは日本語でお気軽にお問い合わせ下さい。
トルコ国内のツアー、ホテル、国内線手配は現地にある弊社エムティーアイにお任せ下さい。ご希望にあわせてツアーご用意致します。まずは日本語でお気軽にお問い合わせ下さい。

16 - 20件目まで(63件中)


国一覧
中近東
トルコ(63)