1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. みゅうローマさん
  4. スパ・エステの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > イタリア の他のブログはこちら|

みゅうローマ発信 現地情報

プロフィール
ニックネーム:
みゅうローマ
居住地:
ヨーロッパ>イタリア>ローマ
会社名:
みゅうローマ
会社英字名:
Myu Rome
会社所在地:
ヨーロッパ>イタリア>ローマ
会社電話番号:
+39-335-750-1984
業種:
旅行業
自己紹介:
イタリア国内の旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、レストラン、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。何なりとご相談下さい。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

エルボリステリア
【現地生活】リーベス・ニグルムRibes Nigrum 〜天然の抗ヒスタミン剤、春の花粉症予防と対策〜
エリア:
  • ヨーロッパ>イタリア>ローマ
テーマ:スパ・エステ 留学・長期滞在 自然・植物 
投稿日:2022/01/31 00:00
コメント(0)

リーベス・ニグルムRibes Nigrum

〜天然の抗ヒスタミン剤、春の花粉症予防と対策〜

 

ローマより発信、カシワタニです。

もうすぐ2月、暦の上では春が始まります。

花粉症でお悩みの皆さん、対策はどのようにされていますか?

 

私は数年前に突然発症してしまい、春がとても辛い季節になってしまいました。

長年花粉症で悩まれている方々の大変さが、ここ数年でようやくわかるようになったのです・・・

 

イタリアには医薬品を取り扱う薬局のほかに、“エルボリステリアErboristeria”と呼ばれるハーブ専門店もたくさんあることをご存知でしたか?

日本でいうところの「漢方薬局」に近いものがありますが、エルボリスタと呼ばれるハーブ専門家が常時し、お悩みの症状に合わせてハーブを調合してくれたり、自然のものだけで作られたサプリメントや自然派化粧品などを売っている、明るい雰囲気のお店です。

 

 

 

このハーブ専門店で手に入るもので本日紹介するのが、花粉症対策に期待できる「リーベス・ニグルムRibes Nigrum」という植物エッセンスです。

「リーベス・ニグルム」という名前はラテン語の学名ですが、植物“カシス”のことです。

和名は“クロスグリ”ですが、“カシス”のほうが聞きなれていますよね。

そのカシスの木のフレッシュな蕾から抽出したエキスが含まれた液体が、リーベス・ニグルムです。

1年ほど前にハーブ学の講座を受講したのがきっかけで、初めてこのエッセンスの存在を知りました。

このエッセンスはハーブ専門家に言わせると「天然の抗ヒスタミン剤、アレルギーにはリーベス・ニグルム!」だそうで、常識中の常識のようです。

花粉症対策の場合、人それぞれ発症する時期が微妙に違うと思いますが、飲み始めて効果がでるのに通常2か月近くかかるので、発症する時期の2か月前、遅くても1か月前から飲み始めると予防効果が期待できます。

また消炎効果もあるので、発症してからの辛い症状も緩和でき、シーズンを通して大活躍してくれるお助けエッセンスなのです。

 

 

飲み方はとても簡単、症状や体型に合わせて1日1回〜3回、少量の水を入れたグラスにエッセンス30〜50滴を落として飲むだけです。

味はほんのり甘いシロップという感じで、全く癖はありません。

 

 

実際どこまで効くのか?

ということで、友人二人も巻き込んで、昨年実験をしてみました。

 

私の症状が始まると予測される約2か月前の2月初旬から飲み始めました。

その結果・・・

なんとビックリ、私と一人の友人は、昨春はまったく花粉症に悩まされなかったのです!

しかし残念ながら別の友人には効きませんでした。

彼女は私たちのレベルとは比べ物にならない重度の花粉症のうえ、飲み始めるのも少し遅かったこともあったかもしれません。

もちろん私もシーズン中たまにくしゃみが止まらなくて辛いときもありましたが、そんな時にリーベス・ニグルムを飲むと、鼻のムズムズがマシになるのです。

一昨年まで薬局で購入した抗ヒスタミン剤を毎日服用していた私が、昨年は全くお世話にならずに済んだのでした!

これはすごい!

ただ100%自然のもの、つまり効果が緩やかです。

体質や花粉症の程度によって、決してすべての人に効くとは限りません。

 

このように、樹木の新芽や蕾に含まれる植物幹細胞から抽出されたエキス(ジェンモデリヴァートGemmoderivatoといいます)を服用する植物幹療法は、「ジェモセラピー」と呼ばれ、体の不調改善、健康維持や美容に役立ち、人間本来の持つ自浄機能や自己治癒力を取り戻すことで心身に働きかける、というものです。

自然療法としての歴史はインドのアーユルヴェーダや中国の漢方に比べると浅いのですが、1950年代にフランスで誕生し、ヨーロッパで発展していきました。

日本で症状によっては漢方薬を勧めるお医者様も多いのと同様、こちらヨーロッパのお医者様も、ジェモセラピーに限らず自然療法には大変理解があり、医薬品ではない自然のハーブ薬を勧めてくることもよくあります。

なんといっても植物は薬の原料にもなりますからね!



リーベス・ニグルムは各ハーブ専門店によって取り扱いメーカーも異なり、値段も若干変わってきますが、50MLサイズで10ユーロ前後100MLサイズで18ユーロ前後といったところです。

日本でもヨーロッパから輸入されたものがオンライン等で手に入るようですが、ご旅行でこちらにいらした際にErboristeriaの看板を見かけて、もしご興味あれば覗いてみてエルボリスタ(ハーブ専門家)にお尋ねくださいね。

ハーブティーや石鹸、自然派化粧品等もたくさんありますので、覗いてみるだけでもおもしろいですよ。

 


イタリア最大の湖ガルダ湖
【イタリア】イタリア最大の湖ガルダ湖に行ってみた!
エリア:
  • ヨーロッパ>イタリア>イタリアその他の都市
テーマ:観光地 スパ・エステ ビーチ・島 
投稿日:2021/07/21 00:00
コメント(0)

やっと旅行が少し自由にできるようになったので、フィレンツェから2泊3日でガルダ湖シルミオーネという街に行ってきました。

 

フィレンツェからヴェローナまで列車で1時間30分。

そこからローカルバスにて1時間ほどの所にある、ガルダ湖の南に位置する小さな街です。

 

ただ朝10時以降はバスがダイレクトにシルミオーネまで行かず、手前のColombare(コロンバーレ)までしか行かず、ここで乗り換えてシャトルバスに乗らないと行けないので、公共の交通機関で行かれる方は気を付けて下さいね。

 

 

ガルダ湖はイタリアで一番大きな湖になり、370平方キローメトルあります(琵琶湖は670平方キローメトル)。ロンバルディア州、ヴェネト州、トレンティーノ・アルトアディジェ州にまたがって広がっています。

 

その南のすごく細く突き出た人口8千人の街がシルミオーネです。



まず私達を迎えてくれるのがスカリジェーロのお城です。

 

 

ガルダ湖の中で一番よく保存された湖上の要塞ですが、1300年代の半ばにこの辺りを広く支配していたスカラ家が作ったた要塞です。

1387年から1404年まではミラノの君主だったジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティがシルミオーネを含むヴェローナ、スカラ家、(またはスカリジェーリ家)の治めていた土地を支配します。

1405年より1797年まではヴェネツィア共和国の支配になり、その後フランス、オーストリアの支配を経て1861年にイタリア共和国となりました。


要塞を建てた後すぐに造船所も作られています。

 この要塞と中庭はぐるっと回る事が出来るようになっており、ここから綺麗な景色が見渡せます。

 

 

ローマ時代の木の船の遺跡も展示されていました。

 

 

小さな博物館なので20分ほどあれば観光できます。

 

もう一つの観光場所は街の最北にあるローマ時代の別荘の遺跡です。

 

 

この街はとても小さいので歩いてもこのお城から25分程度で到着できますが、この城から10分位歩いたところに9人くらい乗れるチンチン電車みたいなバスがあるのでそれに乗ると楽です。

(片道1.20ユーロ) こちらは紀元前1世紀から紀元後1世紀頃に建てられたローマ時代の別荘で北イタリアにあるローマ時代の遺跡としては一番壮大な遺跡となっています。

この別荘はもう3世紀には使われなくなり、ここの別荘の飾りはシルミオーネの他のローマ時代の別荘を作る時の材料として再利用されています。 

地下の柱廊やお風呂の跡、または別荘の水を供給していた43メートルの長さの水溜、住んでいた部屋などの跡が見られます。私が時にはまだ床を発掘していました。



そこまで行くとすぐ下にジャマイカビーチが見えます。

 

 

何故ジャマイカと言う名前なのかは不明ですが、シルミオーネでも一番水が綺麗なビーチで、この遺跡から見ても透明感がよくわかり、その上遠浅なので泳ぐには最適です。

ビーチ用の椅子も貸しているのと、ところどころに木があるので木陰でも過ごすことが出来そうです。

 

時間に余裕がある方は是非湖水浴に行って下さいね。

 

海ではないので水もサラサラで快適です。

 

その他のおすすめは一日あれば船で他の街巡りをすることです。

 

モータボートで少人数で湖をまわるツアーも出ていますが、ちょっと割高なので今回はガルダ湖の他の街を行き来している連絡船みたいのを使って一日3つの街をめぐってみました。

 

船の乗り場に行くとモデルコースと時刻表と切符の値段が出ているのでとても便利です。

 

今回は南の街3つをまわることにしました。

 

シルミオーネから出発して、Lazise(ラジーセ)、Bardolino(バルドリーノ)、Garda(ガルダ)の3つの街に行きました。

 

10時40分に出発して18時30分に帰ってくる時間配分になっています。

 

 

最初に行ったラジーゼでは市場も出ておりすごい人出でしたが、ここにムール貝専門レストランがあり、食べたかったのですが、まだ時間も早く開いておらず、また船の出発時間もあり残念ながら行けませんでしたが、次回行くことがあれば是非リベンジしたいです。

 

 

 

2番目のバルドリーノは湖畔の道が広く散歩するのが最高です。ここでランチをしました。

 



最後の街ガルダですが、湖畔に沢山のバールが出ていています。

 

 

ここの名物はアペロルスピリッツです。

 

 

こんなに沢山の種類のアペロルスピリッツは見たことがありません。

 

是非ここでは湖畔のバルで湖を見ながらこのアペロルスピリッツを楽しんで下さい!

 

それとは別に25分間でモーターボートでシルミオーネをぐるっと回るツアーもありこちらもお勧めです。

 

こちらは10ユーロなのでお手頃でした。

 

 

あと是非行ってほしいのが温泉、スパAquaria Thermal SPAです。

 

こちら携帯をホテルに置いていったので写真が撮れませんでしたが、湖を見ながら温泉につかれるとてもリラックスした場所です。

 

ほんのりと硫黄の匂いがしました。肌や粘膜、また呼吸器官、血管系に良いようです。



2度目、3度目のイタリア旅行に来られる方、是非この辺りの小さな街に2~3日滞在してみて下さいね。

 

ちなみに湖畔に突き出ているテラスのあるホテルがお勧めです。

 

 

 


1 - 2件目まで(2件中)


国一覧
ヨーロッパ
イタリア(164)