1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヨーロッパ
  4. イタリア
  5. フィレンツェ
  6. 買物・土産
  7. 【2021】リチャードジノリの可愛いコーヒーカップ♪フィレンツェの隣街でも見どころと自然がいっぱい。

みゅうローマ発信 現地情報
プロフィール
ニックネーム:
みゅうローマ
居住地:
ヨーロッパ>イタリア>ローマ
会社名:
みゅうローマ
会社英字名:
Myu Rome
会社所在地:
ヨーロッパ>イタリア>ローマ
会社電話番号:
+39-335-750-1984
業種:
旅行業
自己紹介:
イタリア国内の旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、レストラン、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。何なりとご相談下さい。

カレンダー
7月<2022年8月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

【2021】リチャードジノリの可愛いコーヒーカップ♪フィレンツェの隣街でも見どころと自然がいっぱい。

2021/06/13 00:00
リチャードジノリ
エリア:
  • ヨーロッパ > イタリア > フィレンツェ
テーマ:
  • 買物・土産
  • / 観光地
  • / 自然・植物

フィレンツェの隣街でも見どころと自然がいっぱい。

皆さんこんにちは!フィレンツェ公認ガイドの福島久子です。

 

私はフィレンツェから約10キロほど離れているセストフィオレンティーノ(Sesto Fiorentino)と言う街に住んでいます。

 

ツアーで来ると時々泊まる郊外のホテルがある街で、ツアー客の方は時間の関係で泊まってすぐフィレンツェとピサ観光をして出発してしまう為、この街を見ることはありません。

 

しかし実は結構よい所があるのです!!

 

まずこの街には磁器で有名なリチャードジノリの工場があります。

 

リチャードジノリは、1735年に公爵で化学に興味があったカルロ、ジノリがイタリアで初めて作った磁器の工場で、その後、経済的な理由により1896年にリチャード商会と合併したために名前がリチャードジノリとなりました。

 

磁器はなかなかヨーローッパで作れず、当時は日本や中国などからの輸入に頼っていたのでとても高価なものでした。

 

磁器を作るのにはカオリンとい成分が必要なのですが、なかなかこれがわからなかったようです。

 

メディチ家のフランチェスコ王子も1500年代にとても近いものを作りましたが、完璧には作れませんでした。

 

しかし2013年に破産してしまい、その後グッチに買い取られています。

ここにはリチャードジノリのアウトレットもあり、とても安い値段で買えるのでお勧めです。←私も使っています♪

 

そして隣には歴代の磁器を展示してある博物館もあります。

 

 

数十年前にいただいたアウトレットのコーヒーカップ。

同じシリーズで白とピンクの大小のお皿、スープ皿などセットでいただきました。

 

色が可愛いです。

 

それとメディチ家のペトライア(Petraia)とカステッロ(Castello)別荘もあり、なんとこちらは無料です。

 

ペトライアは1544年からメディチ家のコシモ一世の所有となり、その後メディチ家、ロレーヌ家、フィレンツェがイタリアの首都になった(1865年から71年まで)時には王家が住み、その時に応じて装飾、庭が改修されています。

 

カレッジの別荘と共にイタリア庭園とイギリス庭園が保存されています。

ペトライアでは宮殿の中も見ることが出来ます。

ペトライア宮殿に入ってすぐの中庭では、ヴォルテラーノ(Volterrano)が描いたメディチ家にまつわるフレスコ画が圧巻です。

 

またイタリア王であったヴィットリオエマヌエーレ2世と妻の寝室なども残っています。


ペトライアの別荘。Wikipediaより


こちらは中庭。Wikipediaより

 

もう一つこの街の良い所はすぐ裏にモレッロ山があり、コロナの現在、あまり外出できなくなった今でも自然の中を散歩することが出来ます。

仕事がなく自由もない今、唯一の楽しみは散歩と言うなんだか年金をもらっていないのに年金者の生活となってしまいました。

 

私の家から歩いて20分くらいで山のふもとにたどり着きます。

 

山と言っても緩やかな山で最高934メートルなので、山と言うよりは丘と言う感じでしょうか?

 

急な坂がない道もあるのでよく年輩の方も散歩しているのを見かけます。

私は家から歩いて行き帰り最大3時間くらいの道のりしか歩いていませんが、7時間くらいかけて違う街まで歩くツアーなども出ています。

 

所どころに行先とどのくらい時間がかかるかを示した標識があるので、それを目安に歩くことが出来ます。

 

季節によって景色も変わるので全然飽きません。

オリーブ畑が多いですが、所どころに大きな邸宅もあります。

一度去年のロックダウンのすぐ後、遠くまでの散歩解禁になった時(それまでは自宅付近のみでした)にはなんと鹿に遭遇してしまいました。

鹿も急に人が沢山出来てたので慌てていたのか、すごいスピードで山の中に消えて行きました。

 

小川もあったりで自然豊かです。


 

遠くに見えるのがフィレンツェ


 

最後に家から自転車で10分くらいの所に沼地を発見。。

どんなに田舎なんでしょう(笑)

 

公園になっていてこの沼ではバードウォッチングが出来ます。

 

大きなネズミみたいのがいました。このあたりは大昔沼地だったそうで、その名残でこのような沼地が残っているのだと思います。

 

 

多分ヌートリアと言う動物なのではと...


 

こんな鳥も

 

今までこんなにゆっくり自宅付近を散策したことがありませんでしたが、結構新しい発見がありました。

 

もしフィレンツェ滞在型で来ることがありましたら、フィレンツェ近郊にもぜひ足を延ばしてくださいね。

  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
  • はじめまして、イタリアの記事を読ませていただいております。
    フィレンツェはツアー旅行で一度だけ訪れたことがあります。おっしゃる通り、フィレンツェとピサを観光して次の街へ向かいました。
    ツアーの中でもフィレンツェは自由に歩ける時間があったのでとても印象に残っています。
    また行く機会があれば、近郊の町も訪れてみたいです。またブログを楽しみにしております。 Posted by AY 【2021/07/11 13:11:17】
  • はじめまして。コメント頂きまして、有難うございます!
    ツアーの良い所もあるのですが、じっくり、ゆっくり1つの街をご覧頂く時間は少ないかも知れませんね。将来、イタリアをゆっくり旅行される機会がございましたら、こちらのブログを参考にして頂けますと幸いです。
    これからも、どうぞよろしくお願い致します。 Posted by みゅうローマ 【2021/07/12 18:09:08】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
ヨーロッパ
イタリア(164)