1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 国内
  4. 中国
  5. 島根
  6. 買物・土産
  7. 11年間足で稼いだ出雲の「ホント」おすすめスポット 役に立つうんちく付き

お箸の国の人だもの 〜日本の魅力を発信〜

~灯台もと暗し!国内旅行、いいえ、日本旅行がやっぱり一番オモシロイ!~

プロフィール

ニックネーム:
オリオン
居住地:
東京都
自己紹介:
「旅行」がライフワーク

時にマニアックな情報も発信すべく
日々情報収集&発信に努めます

カレンダー
7月<2022年8月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

11年間足で稼いだ出雲の「ホント」おすすめスポット 役に立つうんちく付き

2014/10/31 09:43
出雲
エリア:
  • 中国 > 島根 > 出雲
  • 中国 > 島根 > 出雲大社・日御碕
テーマ:
  • 買物・土産
  • / 観光地
  • / グルメ
<出雲大社は拝殿・本殿以外も見どころたくさん>


◇「祓社(はらいの やしろ)」

出雲

参道の右側にある小さなお社です。以前はほんとに目立たなかったのですが
遷宮ブームの頃から行列ができるようになりました。
出雲大社にお参りする前に、身をっ清めてくれる神様だそうで、週末は大行列です。
平日がおすすめ。

◇「拝殿」
参道を進んで大社の本殿エリアに入ると、最初の大きな建物が拝殿です
先日の典子さまの挙式があった建物はこれです。

◇「本殿」
言わずとしれた出雲大社の祭神「大国主大神(大国主命)」のおわします場所
一応正面から参拝しておきましょう。


◇大国主命に正面からお祈りする社
さてウンチクになりますが、 この出雲大社の本殿、他と違うところがあります。
普通祭神の像は当然参拝者の方を向いているものですが、この像は
参拝者からみて左、方角的には西の方角に向かって鎮座しています。
つまり正面からだと、私たちは大国主命の横顔にお祈りしていることになります。
なので、大社の本殿の壁伝いに左に回り込むと、
「ここが大国主命さまと真正面の位置ですよ」という場所に小さな社があります。
そこにお祈りして、ずずずいっと願いを聞いてもらいましょう。

◇本殿の真裏

出雲

その社から更に後ろに回り込むと本殿の後ろに出ます。
ここは大社の背後の山裾のようなところで、いつ来てもここだけ涼やかで、
空気が凛としていて、「気」とかよくわかんない私でも心地いいなぁと思うのです
ここには大国主命の親神様などが祀られている社がありますが、現在はここが遷宮中で
見ることはできません
真裏から見る本殿はまた美しく、大社造りの屋根(屋根の最頂部にX型に木の板がクロスしているのがそうです)
の写真がよく撮れますので是非


◇神様のお宿 十九社 (別名ホテル出雲大社)

本殿の両サイドに並んでいる横幅のある建物は、神在月に集まった全国の神様のお泊り所なのです。
ですので、神在月だけ扉があいています。苔むした屋根が趣があります。
西の社には西日本、東には東日本の神様が入るそうですよ。

◇お守りはお隣でも買えます

西の十九社を過ぎると一旦、大社の敷地をでて、隣の近代的な建物にでます。
お祓いや結婚式を挙げる建物になります。
本殿前のお守り売り場は混んでいるので、こちらでも同じものがあるのでどうぞ。
この建物の前が、典子さんが挙式後にコメントをされていた場所です


<出雲大社周辺でそばを食べなくていい!!!>

大社周辺のお土産売り場に混じって、出雲そばやさんがあります。
参道から続く新門通りにも蕎麦屋がありますが、激混みだとおもいます
そして・・味はそれほどでもないです。
以下が私がこれまで食べて美味しかった蕎麦屋さんです
大社からはちょっと歩くか、出雲市駅の方にあります
(詳細はスマホでどーぞ)

・平和そば本店
大社から稲佐の浜へ向かう方にあります。


出雲

・大梶
旧大社駅の方にあります

・かねや
参道入口から西に少しはいったところにあります

・献上そば 羽根屋
大社周辺にはなくて、出雲市駅付近か、伝承館という車で行くような場所にあります。
出雲


私は個人的には「平和そば」が一番
出雲の地元の方に一番人気なのは上品な「羽根屋」だそうです。。

行列して美味しくないそばより、歩いて美味しいそばを!!


<もっと出雲を知るには 古代出雲歴史博物館>

出雲大社含め、この地はかなり歴史のある場所で大社自体もまだまだ謎な部分があるようです。
それについて詳しく、ビデオや模型などを使ってわかりやすく説明してくれています。
歴史の教科書に出てきた銅剣や鉾などもあり、飽きることはありません



<ちょっと足を伸ばして 日御碕神社>



出雲

これも車がないと厳しいですが・・・
出雲大社から西へ海岸沿いに車を走らせると
海に続く断崖の途中が開け、神社が見えてきます。
朱色の社が鮮やかな日御碕神社です。
海からの風がここちよく、開けているのでここも心地の良い空間です


<一番お勧め「寿司 日本海」の回転ずし>

出雲

車があれば是非食べに行って欲しい。
最強の回転寿司。
空港や大社周辺で鯖の押し寿司などを販売しているの海産物の大手
それが、出雲大社から出雲市駅の途中に回転寿司を出しています。
ネタが新鮮、日本海の様々な種類の魚があり、また出雲の名産である
うなぎなんかも皿からはみ出るくらいで出してきます。
何気ない回転寿司なのに実力半端ないです!
シジミの味噌汁と一緒に是非!!


<ちょいとウンチク>

うんちくでもないですね、受け売りのようなものですが・・
出雲大社の参拝の仕方、「2礼4拍手」についてのある説です。

そもそも、出雲大社というものが大国主大神のお墓という意味もあるという説があります。
お墓というのはちょっと違うのですが。
昔ここを治めていた大国主大神が、よそから来た別の一族(天照大御神の系統)に滅ぼされました。
今も昔もですが日本古来から「滅ぼされたものは滅ぼしたものに祟をなす」という考え方があり
神様として崇め奉って(ご機嫌をとって)逆に自分たちを庇護して貰おうとした表現の一つが
この日本でも有数の広さを誇る出雲大社なのです。
神話では話し合いで大国主大神が「私は死後の事を司どる神になるから、この地を譲ろう」と言ったとなっていますが
それはすなわち「滅ぼした」側の作り話で、奉りつつも「四」=「死」と柏手を打つことで
「死の国に居てください」と大国主大神を押しとどめる効果があるというのです。
本殿の大国主大神像が西に向かってそっぽを向いているのも
「西」=「死」(西の方角は日没など死や終末的なものとされる)と関係があるという説もあるのです。


「神話」とか「伝承」いうのは架空のことではなくて、昔あった実際の出来事が物語的に、
どちらかといえば勝者の都合のよいように書かれたものだと思うのです。
これはこの出雲大社のお話に限らずですが。

こういうふうに書くと意地悪いですが
出雲大社の宮司のところに、宮家の姫様が降嫁された、というのは
「神道」が結びつけたご縁とも取れますが、
大昔はライバルだった敵味方の系統とも取れてしまうわけですよね。
タグ:
出雲大社
出雲そば
縁結び
寿司 日本海
  • この記事が参考になった人(18)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
北海道
道央(6)
道北(2)
道東(2)
道南(2)
関東
東京(6)
北陸
石川(2)
近畿
兵庫(3)
京都(1)
大阪(1)
中国
島根(4)
鳥取(1)
広島(1)
山口(1)
四国
愛媛(1)
九州
福岡(5)
大分(3)
鹿児島(2)
熊本(1)
沖縄
沖縄本島(45)
沖縄離島(30)