1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 京都ミステリーさん
  4. 歴史・文化・芸術の記事一覧

  国内エリア: 近畿 > 京都 の他のブログはこちら|

京都ミステリー紀行

~楽しい古都ばかり話そう~

プロフィール

ニックネーム:
京都ミステリー
居住地:
京都府
性別:
男性
会社名:
京都ミステリー紀行
会社英字名:
Kyoto Mystery Trip
会社所在地:
京都府
会社電話番号:
090-3653-5729
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
「京都ミステリー紀行」という観光案内をやっております。
よく「ミステリーツアー」と間違えられますが、一般に行われている「行き先や内容を告げずに参加者を募集する」いわゆるミステリーツアーとは違うので要注意。
京都ミステリー紀行とは。
「鵺池」「幽霊の子育て飴」など、京都に残された幽霊譚、怪奇譚を紹介するだけではなく、「菅原道真の怨霊伝説はインチキだった」「平清盛は悪い人ではなかった」「応仁の乱で京都は丸焼けにはなっていなかった」など、通説とは違うことや常識とは反対の説明をする異色のツアー。
『今昔物語』や『江談抄』のエピソードを語る他、『群書類従』や『古事類苑』に基づいた「真相の解明」も行うため、「面白くてためになる」とか「目からウロコの謎解きツアー」とも言われています。

最近、観光地域おこしへのお手伝いも始めました。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

21 - 25件目まで(45件中)

自画像
【ギア専用劇場】
エリア:
  • 近畿>京都
テーマ:観光地 鑑賞・観戦 歴史・文化・芸術 
投稿日:2015/07/24 23:17
コメント(0)
【ギア専用劇場】
「トリップアドバイザー」の今年のランキングで19位に入った京都の施設だが、不覚にも私は知らなかった。
ノンバーバル・パフォーマンスというのか、要するに、言語以外の表現手段を使って多彩な芸を見せるということのようだ。パントマイムあり、マジックあり、ジャグリングあり。
これが外国人に受けた理由は分かる。日本語が分からなくても楽しめるから。
料金は4000円程度だが、公演時間が70分らしい。ただ、キャパシティが100人ということだから、よほど端っこの席でない限り細かい動きも良く見えて臨場感たっぷりだと思う。
後学のために一度は見ておいたほうが良いのだが、私は俗人なので、つい「まてよ、吉本の祇園花月も4000円ほどだったのではないか」と思って迷いが出て、漫才の方へ行ってしまうかもしれない。。。^^

PR
ギア専用劇場の詳細はこちら。
反りキツネ
【伏見稲荷二連覇。日本一の観光地】
エリア:
  • 近畿>京都>伏見・京都市南部郊外
  • 近畿>京都>洛西(嵐山・金閣寺)
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2015/07/22 23:57
コメント(0)
【伏見稲荷二連覇。日本一の観光地】

「トリップアドバイザー」が選ぶ今年の日本の観光地ベスト30で伏見稲荷が昨年に続き1位となり、二連覇を達成した。最新ランキングは下記の通り。



(1)伏見稲荷

(2)広島平和記念館

(3)厳島神社

(4)東大寺

(5)永観堂

(6)地獄谷野猿公苑(長野県山ノ内町)

(7)高野山奥之院

(8)サムライ剣舞シアター(京都)

(9)沖縄美ら海水族館

(10)箱根彫刻の森美術館

(11)金閣寺

(12)新宿御苑

(13)富士山

(14)成田山新勝寺

(15)兼六園

(16)松本城

(17)横浜みなとみらい21

(18)奈良公園

(19)ギア専用劇場(京都)

(20)弥山(広島県廿日市市)

(21)浅草文化観光センター

(22)長谷寺(鎌倉)

(23)白川郷

(24)三十三間堂

(25)明治神宮

(26)渋谷センター街

(27)トヨタ産業技術記念館

(28)嵐山

(29)両国国技館

(30)東京シティビュー



30位の中に京都が7ヵ所(伏見稲荷、永観堂、サムライ剣舞シアター、金閣寺、ギア専用劇場、三十三間堂、嵐山)ということでお目出度いのだが、恐らく多くの人が「それ何? どこにあるの?」と言いそうなのが二つ入っている。まあ、これは改めて紹介しよう。

しかし、清水寺はランク外だったな。

ユニークなのは浅草文化観光センターであろう。だいたいここは観光案内所である。観光地を案内する場所が観光地としてランクインしたのだから、中々のパラドックスではないか。

自画像
魔界ナイトウォーク始まってます。
エリア:
  • 近畿>京都>洛中(京都駅周辺)
  • 近畿>京都>伏見・京都市南部郊外
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2015/07/07 13:25
コメント(0)
京都ミステリー紀行の新企画が下記の通り始まっています。

【京都魔界ナイトウォーク】
◎土曜日・日曜日の夕方限定です。
◎必ず予約をお願いします。当日予約はなるべく午後2時までにお願いします。
1名様より催行いたします。
◎参加料・2000円+移動交通費
◎午後4時、京都駅北口駅前広場 The Cube 前方集合
所要3時間程度(ご希望があればこの後に祇園ナイトウォーク)
◎予約・お問合せは下記にメールか電話で。

brutakowag@ybb.ne.jp
090-3653-5729(谷口)

[内容]
京都ミステリー紀行各コースのダイジェスト版です。
色々なコースの見所・聞き所をコンパクトに紹介しながら伏見稲荷の裏参道に向かいます。もちろん、このコースだけの「秘話」もあります。

[行程]
京都駅⇒文子天満宮⇒キリシタン殉教地⇒豊国神社⇒瀧尾神社⇒(電車)伏見稲荷⇒(オプション)祇園ナイトウォーク(追加料金不要)

自画像
【愛宕神社の巨大絵馬復活】
エリア:
  • 近畿>京都
テーマ:観光地 その他 歴史・文化・芸術 
投稿日:2015/06/18 23:18
コメント(0)
【愛宕神社の巨大絵馬復活】
江戸時代に東北の有力武家・片倉氏が愛宕神社に奉納したという巨大絵馬の複製が完成した。
その絵馬は伊達政宗の重臣だった片倉重綱が元和元年(1615)5月24日に戦勝祝いで奉納したと伝わっている。
その後、火災で焼失したが、寛政12年(1800)に重綱の子孫が改めて奉納した。ところが近年はその絵馬も劣化が激しかったという。
そこで今回完成したのはその複製なのだが、最近襖絵などで流行っているデジタルアーカイヴスではなく、日本画家や漆工が伝統の技を駆使した「手作り」である。
大きさは縦2.5メートル、横3.5メートル。
住民や学者などで作る「京都愛宕研究会」が企画し、寄付金を募ってこのたびの完成にこぎつけた。
心より「おめでとう」と申し上げる。

自画像
【五芒星を写して金運ゲット】
エリア:
  • 近畿>京都
テーマ:観光地 お祭り・イベント 歴史・文化・芸術 
投稿日:2015/06/17 23:22
コメント(0)
【五芒星を写して金運ゲット】
安倍晴明ゆかりの晴明神社が身近な場所にある五芒星を写真に撮ってインスタグラムに投稿してもらうというイベントを開催している。8月20日まで。
五つ見つけると金運上昇のお札がもらえる。
洋服などの各種デザインや植物、食品など、五芒星の形に見えるものなら何でもOK。
スマホで撮影した写真に「‪#‎五芒星‬」と付けて送信するだけ。
どんな写真があるかは
http://www.seimeijinja.jp/instagram/
で確認できる。


しかしまあ、いただけるご利益が金運というのがご時勢ということだろうかな。

PR
五芒星を写して金運ゲットの詳細はこちら

21 - 25件目まで(45件中)


国一覧
中部・東海
静岡(1)
近畿
京都(81)
滋賀(1)
兵庫(1)